ペパーミントの魔術師

ご挨拶が遅くなりました。
引っ越し先でも同じタイトルで
継続しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ごあいさつ~ごあいさつ~。(笑)

2011-12-31 10:28:43 | 日記
ブログを引越しはしたものの、
結局そんなにUPできないまま1年が終わろうとしています。

生活環境の変化ゆえに(いやぶっちゃけ先立つもんがないという話で)
映画鑑賞が減ってしまいましたが(笑)
その反面で、マジでカメラもって飛び回った1年でした。

少しはうまくなったでしょうか?

このいっこ前の記事でも書きましたが
体調も気分もなんだか不安定で
遊んでばかりに見られていても
なんていうかそういう、
夢中になれることを何かしていないと
どよ~んとなってしまうんですな。


ホンマに551のあるときとないときなんですわ(オイ)

突っ走って限界までハイスピードでいるのかと思うと
突然ガク~ンととまってしまって、
「燃え尽きたよ、まっしろにな」なわけで。
・・・そんなかっこええもんちゃいますけど。

マイペースで歩きたいんですが
実はこのむちゃくちゃなテンションが
「マイ」ペースだから
自分で自分を持て余しています。

自分で自分がこんな厄介な奴だと思ってるから
周りはなおさらだろうなと。

もっともそれがわかってたって変わりようもないのですけど(コラコラ)

十分リア充でいるやんけとよく言われます。
それでも足りない。
よくばりです。(笑)
体や心が言うことを聞かないから
何か今のうち今のうちってどっかで思ってるんでしょうね・・・。

それでもおつきあいいただいてるすべての方へ

ありがとね。
あらたまってなんか言うガラではないですが
リアルであれ、ネットであれ
感謝してます。いやマジで。


更新が不定期ではありますが
また遊びに来てください。


来年もよろしくお願いします。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

近況・・・・・愚痴かな?

2011-12-28 11:12:47 | 日記
12月のAgenaさんて
カメラもって文字通り夜な夜な飛び回ってました

十分好きにしてるつもりなんですが。

なんというか・・・

好き勝手してるときは寒いもしんどいも当然なくて
日頃家にひきこもってるときはPCの前に何時間もすわってたりして
ホント動かないのに
外出するっていうと、万歩計は20000ちかくカウントする
・・・いやまあ、歩かないと体力落ちるし
ダイエットにはならないけど
あれが見たいこれが見たいってときなら
ホント再現なく歩きまわるので。(笑)

で、

イヴが済んだらもう年末のカウントダウン
あと4日で今年も終わろうとしてます。

ただ今大掃除の真っ最中~~~、
でも、戦力がないのでかなりちまちま。
これがけっこうイライラするんです・・・。

もともと、百貨店勤めでみそかまで働いて
元旦しか休めないダーリンなぞ
はなから当てにはしてないんですが
なにぶん、コビトの掃除は
180cm以上の方ならひょいってとれるものに
ハシゴ持ってきたり(笑)
やっぱ年々いっぺんにできたことができなくなってきたり。
体力も気持ちも
妙にガクンと落ちるときがあるんです・・・


イルミのハシゴをしてたときの体力と気力(笑)をみんな知ってるから
同情の余地なしは仕方ないとして、


熱もないのに
急に寒気がしたり、同じ室温で汗かいたりと
体調を崩したら最後
何もする気がなくなるときがあるんです。
年末やのにヤベ~~と思うから
気持ちだけあせるんだけど体がうごかない。


・・・って、言いながら
こんなにもここでしゃべってる。
これもまた言い訳かな・・・

だもんで、ほんとは今日も
片づけなきゃって思いながら
まだのんびりしてます。
しゃべってしまえば軽くなる程度の悩みなんですが
なんというか・・・

ハイ、終わりっ。

まだ書けてないレビューと
年末のあいさつはまた改めて。

すいません、ちょっとここで
荷物おろして家事にもどります~~~☆


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

おばちゃんも泣いた。(ははは)~「friends  もののけ島のナキ 3Dバージョン」

2011-12-22 11:31:06 | 映画






悪者の出てこないアニメで唯一、もののけ退治のハンターが
登場するんですが。

どっかできいたことある声だと思ったらFROGMANかいっ!
・・・と、あとでツッコミ。(鑑賞中はものすご~く気になって
ここまででてるのにわから~~~んでした。ははははは)





先に余談から入りますけど
実に面白いキノコがいくつか登場します。

手でガシガシやって投げると花火になるやつとか、
食べると体が膨らんで風船みたいにうかんじゃうやつとか、
んでこの画像の天女ダケ。
ナキたちにとってもレアもので
まあそれ食べたときの幸せそうな顔って。
…こっちが食べたくなりました。(笑)

お母さんの病気治療にお金稼ぎがしたくて
禁忌をおかしてまでもののけ島にキノコ狩りにでかけた兄弟
ナキたちにみつかってお兄ちゃんは命からがら自力で村に帰ったが
コタケはおきざりにされてしまう。

オニの子育て奮闘記?
そういや香取くんて慎吾ママだったよね~(違)
聞いてすぐ香取君の声ってわかるんだけど
これが意外とハマってましたね~。鬼らしくというか
若干ダミ声でいっしょうけんめい迫力と哀愁を出しちゃうんだから。


人間ともののけは共存できないってのは
むかしむかし某ジブリアニメでもやっとりましたが
これはかなりハートフルでかわいらしくて
ものすごく円満解決・・・しちゃいましたね~。

それを物足りないと思う方もいるかもしれませんが
冬休みのファミリー映画としてはバリおすすめです。
コタケとナキの漫才はなんだかトトロを見てるみたいでした。


すでに亡くなってる父と病弱な母と
んで、まあ遊んではくれるだろうけどきっとここまで面倒みてくれない兄と、
コタケにとってのナキはその足りない部分を補ってあまりある
友達だったんでしょうね。
なつきかたといい、なれなれしさといい
その子供らしさでもってどんどんナキと仲良くなっていく。
そしてともすれば逆に説教し元気づける。
・・・コタケにとっての成長物語でもありました。

グンジョーがいっしょうけんめいナキとまわりをとりもち
コタケとナキをもとりもったように
コタケもまたナキと人間をつないでいく。
ナキの心に温かいものがあふれていく。
いや~いい映画でした。



原作の泣いた赤おにそのものを知りません(オイ)
だもんだからてっきりもののけたちがいじめられたり死んじゃうのかと
思ってました。
コタケがめっちゃくちゃかわいいので
てっきり別れるときに号泣するのかなと思ってたんですが
それもはずれた。
87分の映画で結局泣かしてくれたのはグンジョーでしたね~・・・。
かなりおばちゃんのハートをグッとわしづかみにしてくれました。

山崎貴監督だったんで3D期待したんですが
これは別に2Dでいいかも(わわわわわ)
白組×ROBOTって文字をコタケが振り回してる本編前のワンカットくらいしか
おお3Dだって思わなかったし(わわわわわ)
スピード感、高低差、奥行きがあるのにあまりありがたみがなかったのが残念。
この作品で唯一のいちゃもん(わわわわわ)

レディースディ鑑賞しといて贅沢いうなってか?(笑)


コメント (2)   トラックバック (5)
この記事をはてなブックマークに追加

んなアホな~はひとまず置いて。~「ミッションインポッシブル ゴーストプロトコル」~

2011-12-19 16:02:53 | 映画






パルナ~スパルナ~ス、モスクワ~のあじぃ~~♪


(「定番 ★ 海外旅行ツアー のススメ」おちあいさんのフォトを
お借りしてきました・・・)


まあそれはさておき。

いや~~そこまでするのかというオンパレードで
トムちんは走る走る飛ぶ落ちるドッカ~ンですよ。
48歳だっけ?オッチャンの体に鞭打って頑張ってました。(オイ)

トムクルーズがガニガニ走ってるとね、
ジャッキーチェンとかぶってきて切なくなってきたな~。
この手のアクション映画って
絶対前作のスケールを上回る派手で激しくて難易度の高いものを
どうしても要求されるでし?
もちろん、CGでどないでもなるんだろうけど、
絶対自分でやるねんってひとにはある意味「時間がない」
肉体はどんなに鍛えてもどんどん衰えていくから
無茶なことするたんびに気持ちはわかるけど
あんたに何かあったら終わりやねんで~って。
このシリーズが続く限り、トム本人もまた
不可能を超えていくんだろうな~。

ドバイのアクションシーンをスタントなしでやったで~ってのを
ある種ウリにしてて、
実際すごいんだけど、まあありえね~の連続で
共演した俳優さんたちのほうが「どうか無事でいてくれぃ~」って
リアルに祈ってたっていうからトム本人以上に
まわりがどんだけ緊張してたことか。


アクションだけやなくって、ラストにちょこっと
憎いラブラブなカットがあって
さすがこういうとこはトムはキメてくれます。
女子胸キュンな、せつない、でもあったかいラストシーンです。
できれば前作を見てから行かれることをオススメします。

ジェレミーレナーが
今でもまだ「かっこいい、金髪の、”濱田岳”」に見えるため
どうも笑っちゃうんですが、このひともさすがに
「ハートロッカー」で無茶な軍人だっただけに
アクションさすが。(笑)

んで、サイモンベッグ演じるベンジーが
緊張だらけのアクションシーンに適度な笑いをふりまいてくれるので
これがまた楽しい。

・・・映画観終わってね、でてきたおばちゃんたちが
「あんなにあちこちぶつけたら痛かったやろな~」って

・・・そこかいっ!って思わずツッコミたくなるようなことを
言うててプッと笑っちゃいましたが
映画観終わってトムの体を心配してくれるひとが
いっぱいいましたと報告しときましょ~


コメント (10)   トラックバック (22)
この記事をはてなブックマークに追加

一番近くてわからないあなた。~「RAILWAYS愛を伝えられない大人たちへ」~

2011-12-09 15:36:23 | 映画




えっとね~、なんというか。号泣でした。

こういうの、弱い。

ドラマ自体は地味かもしんない。
でもね、

自分もええとしになってしまったせいか、
同じ名前のせいなのか、
むっちゃ内容がリアリティをもってど~んときちゃったんですよね。(笑)

年老いた叔母と同居してるとね、
どんどん、背中が曲がっていって
体が言うことを聞かなくなって
去年までつい最近まで、いや昨日までできていたことが
どんどんできなくなってくさまを目の前で見てると
年をとることが怖くなるんだ。
管につながれた長生きなんてしたくない。
思い立ったときに頭より体が先に動く自分にとって
一人で自分のことすらできなくなること
家から出られなくなること、いや病院から出られなくなること
うわ~勘弁してよって思う。

それをこっちにおいても、今度は中身で悩む。
生きてきた長さの分だけ、体にも心にも
なにがしか積み重ねてきたものがあるはずなのに
誇れるものが探せないと
自分の人生が急激に無意味に思えてしまう。


瀧島は、一つのことしかできなかったといった。
なりたいものにもなれなかった。
でも、1つのことを貫きとおしたからこそ
後輩に言えることがある。
その仕事を誇りに思えるし、後悔もしてないだろう。

ラストランはかっこよかったよ。感動もんだった。


生きがいってなんだろ。
この先やりたいこと、やれることはなんだろ。
そんなことをほんと真剣に考えちゃいました・・・。
自分もそうだけど、定年後のダーリンの姿なんて想像つかないや。
これはきっと誰にでもおこりうる夫婦の物語。


ただね、
短期集中型の凝り症で、
できないと思うと投げちゃう自分が
唯一25年以上つづいているものが夫婦の関係だとしたら
せめてここくらいはきちんと
自分の命の終わりまで添い遂げたいなって
あんがいそんなことをおおまじめに誓っちゃったりして。
・・・そういうことを考えさせてくれる作品でした。

佐和子のいうてることはわがままかもしんない。
でも、長年連れ添ってきて
言うても無駄やとあきらめてしまうことは多々あるし
今更変えられない性格もある。
妻が強硬手段にでた結果、やっと夫は
妻のこと自分のこと改めてここまでの夫婦生活を顧みることになるんだけど

レンジでチンとか、部屋の明かりみてうれしそうにあわてて走って
転んでも、何事もなかったように玄関からムスッとはいってくるのを見たら
もうこっけいでかわいくて、かわいそうで。
偉そうにしてるひとほど、哀れなんだよね~。誰かいないとダメなんだよね~。
んで、黙って必要なものを察知して受け止めてくれるのって
長年つれそった妻しかしてくれんのよね、あんなに言葉の足りないひとには。(笑)

「これからの人生短いとおもってるだろ。
長いぞ~~」
↑コレ、意外と深いです。

ただの長生きやなくて、ほんとにリア充な余生を送るのって
きっと難しいですよ。
健康でいること、幸せでいること、
横で笑ってる誰かのいるくらしって
当たり前で平凡で
今はありがたみないかもしんないけど、
離婚届までいかずとも、何かあったときはじめて気がつく。

わかったつもりでいることが一番やばい。
でもそれだってちゃんと向かい合う気持ちがあれば
いつからだって話を聞く時間はきっとある。・・・でしょ?
ちゃんと言わなきゃダメです。
そんなことくらい言わなくてもわかるやろ?・・・わかりません。
わかってないことっていっぱりあります。

世の中のダーリンへ。
男は黙ってなんたら~なんてCMが昔ありましたけど、
沈黙は金だなんて思ってたら
奥さんにそっぽ向かれちゃいますよ。
かっこつけてエラそうにしてられるのは
そうさせたげてる奥さんが後ろで笑ってるからだって。

世の中の奥さんへ。
我慢して爆発しちゃったら取り返しのつかないことになりまっせ。
言わなくちゃいけないことは
時間かけて方法考えて言いましょ。
自分にだってやりたいことはある。
でもそれ、周りを全部無視して
愛するひとをほったらかしてそれでも貫きたいことですか?
大切な人を失うまえに、「いっしょに歩く、一緒に考える」
もいっかい冷静になりましょ。



ペットだと思えばええがや。
…サイコーの名言いただきました。(わわわわわ)


自由って孤独と紙一重ですから・・・。
やっかいでもめんどくさくてもうるさくても
ぜったい誰かと手をつないで歩くほうが人生は豊かです。
・・・・・ヘンなオチになってもたな~・・・愚痴だよ、コレじゃ。

ムキになってしまったぶん、いつもよりさらに
長くなっちゃいました・・・。




コメント (8)   トラックバック (11)
この記事をはてなブックマークに追加

プリンセストヨトミの風景。その2

2011-12-06 15:49:04 | フォト・大阪
B005GO56ZYプリンセス トヨトミ DVDスタンダード・エディション
万城目学
ポニーキャニオン 2011-11-16

by G-Tools


さて、こっからはめっちゃ細かいシーンとコテコテな映像で
お届けします。


冒頭のひょうたんのシーンでさらっと流される
JR大阪駅前と南海なんば駅。


ここもちょこっとしか出ませんが
中之島中央公会堂と鉾流橋から水晶橋を撮ったもの。

梅田ナビオ阪急前

ここは難波駅前。
ここらへんは細かすぎですけど、公会堂以外は
ほぼ映画の通りの場所で写してます。(笑)


道頓堀とならんで「ザ・大阪」のイメージは新世界。

余談ですが、新世界と道頓堀を結ぶバスがあるなんて
この時まで知りませんでした。
さっきUPした難波駅前でもたまたまみかけてびっくり。



ジャンジャン横丁へ行ったのは映画みてから3か月もあとで
DVDが出る前だったんで場所確定ができず。(笑)
道頓堀はもう、見てのとおりですね。
ただ、知らないうちに戎橋通称ひっかけ橋のたもとにH&Mが出来てたなんて!

くいだおれ太郎ちゃんも帰って来てました。
ここ以外にもグランド花月前とか映像には出ていたんですが
実際の場所よりもさらに映画ってコテコテに飾りまくってましたね。
道頓堀、千日前あたりはたしかに大きなド派手な看板が多いんですけど
意外とそこは使ってなかったりして
ふ~んこういう風に作ってるのかと確認。

コレは映画には出てきませんが、まあこういうとこなんですよ、
このあたりって。
大阪やないひとにはやっぱりコテコテの世界でしょうね。

けっして映画関係者でもまわしもんでもありませんが
ちょっとは映画本編見たくなった?
それとも大阪来る?



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プリンセストヨトミの風景。その1

2011-12-06 15:16:12 | フォト・大阪

もう、小説は文庫版になってるし、DVDも出ているので
既にご覧になった方もいるのではと。
で、地元大阪なんで、
映画公開前から何度か足を運んでロケ地めぐりしました。
あ、茶子と大輔が通っていた学校は高槻だか京都だかで撮ってるんで
この中にははいってませんが。

まず大阪城近辺。

オリコンの画像を拝借してきました、コレアウトだったらあとで削除します。
映画の試写会イベントでは赤くライトアップされた城をバックに
橋下さんと平松さんが仲良く並んでたんですけどね~・・
このころから大阪都構想はあったんでしょうか(わわわ)


昨日のフォトでもぼやいてたんですが、マジで
天守閣の上、カラスが多すぎ。比較的少ないときになんとか撮ったんですがあれはいただけない~。
映画の中で何度も玉木宏が呼び込みやってるタコ焼き屋の前で
主役の3人が大阪城見ながらタコ焼きやソフトを食べてるシーンが
登場します。おそらくここ。

大坂城大手門をでると、府庁と府警、NHKがあります。
中井貴一さんと堤真一さんが対峙していたあのシーンはエキストラ5000人をあつめて
府庁前を道路封鎖して徹夜でロケしたはずなんですが
自前の衣装であつまった大阪のひとらは
カットの声がかかるたびにワ~ッともりあがり~の、拍手し~の
それは夜が更け、夜が明けてもどんどんハイになってったらしく
めっちゃテンションが高かったそうです。(笑)




さて、こちらは空堀。
ここは映画公開前の2月に行ったんですが
本の章の挿絵のシーンと映画で使われたよっていうお好み焼き屋を
カメラに収めたんですがなんと
大輔が毎日お参りしてた大明神は
映画では茶子ちゃんの語りでスルーされてしまいました。(笑)
てっきり出てくると思ったんですけどね~。

映画のロケで盛り上がってた商店街そのものは
どこにでもありそうな庶民的な通りですが
カフェと雑貨のオシャレな複合ビルが近くに何か所かあって、
おそらく今でもにぎわってるのでしょうね。
また行きたいです。この時はカメラ片手にスルーしてしまったので。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今月の鑑賞予定は未定・・・あはは。

2011-12-06 11:17:36 | 映画
正直、バイトやめてから当然のことながら鑑賞本数は減ってます。
ただ、カメラもってランチ作って出かけることは頻繁になったので(え)
PITAPA大活躍です。(オイ)

今月も多分イルミネーション撮りに夜な夜な行きまっせ~の予定がとりあえず今3つ。

さて、映画見れるのかな~と思いながら
やっぱし1年の最後ってクリスマス~お正月への年またぎは
それなりの大作が来るんだよね~~

とりあえず、というか
これだけは絶対行きます
ベタですが、「ミッションインポッシブル/ゴーストプロトコル」(笑)

それから「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」
・・・試写会最近ことごとくはずしてるな~。さみしいよぅ~

「friends もののけ島のナキ」も行きたいな~。

気になる2本がコレ


☆「永遠の僕たち」(12月23日(祝)から公開)
http://sonypictures.channel.yahoo.co.jp/index.php?itemid=208
最近、「エンディングノート」にしろ、「50/50」にしろ、
どうも余命物が続いてるな~・・・
ただ、カナシイだけじゃなく、
別のスタンスから描く物語を選んでみてる。
泣かせるような音楽やら、いかにもなセリフを使わないものをね。

☆「ピザボーイ 史上最凶のご注文」(こちらはすでに公開中です) 
http://sonypictures.channel.yahoo.co.jp/index.php?itemid=216
時間厳守!!しがないピザ屋の店員が命を懸けるご注文
―― それは銀行強盗!?

↑「ソーシャルネットワーク」のジェシー・アイゼンバーグが
「ゾンビランド」のルーベン・フライシャー監督と再びタッグを組んだとあっては
見るっきゃないでしょ~。(そこかいっ!)
伊坂さんの小説にも通じるようなクライムコメディみたいだし。

さて、この5本のなかでどんだけ見れるかな~。
なかなかUPできてない状態ですが、また見に来てくださいね~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フォト散歩  天満橋~大阪城

2011-12-05 17:38:48 | フォト・大阪


いつもならフォトチャンネルへまわすんですが、今回はこっちで。




たまたまネットで見た切子のツリーと
それからモーニングを食べにいったカフェで雑誌でみた記事と
たったそれだけの理由で
何も予定のなかった昨日、いきなり思い立って行くかって話なんですが。

あ、まあいちおう午前中にやっつけ仕事はしてと。(笑)

・・・ところがね~。
切子のツリーをさがしにOAP行くよりもさきに
大阪城行っとけばよかったと。
スイーツマラソンは実は8時15分からだったんで
スイーツだけに3時くらいまではあるだろうと思ってたら
片付け始めてたのよね・・・



おけいはんを天満橋でおりて川沿いを歩いてる間に
かもめ撮ってたり、ネコおっかけたり、
桜のはっぱってこんなに赤かったっけと
カメラ向けてる間にどんどん時間は経ってしまって。




このスイーツマラソンてやつ、「走ったひとにごほうびを」ってコンセプト?で
食と運動がコラボする新しいイベントらしい。
走る距離はそないに長くないらしいが、景色を楽しみながら走ったあと、
ゴールにはスイーツのテントがずらっと並び
ケーキでも焼き芋でもどら焼きでもぜんざいでもすきなもんお食べ~って
…むちゃくちゃ甘い誘惑がまっているという・・・アハハハハ。
最初から見たかったな~スイーツやいうから3時くらいまではやってるとおもったら
2時過ぎに閉幕でお菓子のテントだけがもうちょっと残ってただけで、
祭りのあとでしたね~。
ちゃっかり「ぜんざい10円でええよ~」って
もらっちまったけど。(笑)


この日はサントリー10000人の第9も実は大阪城ホールであったらしい。
(そこは現地ついたときに看板で知っただけですが)


大阪城やたら銀杏の黄色が鮮やかでした。
んでまた、城ホール前の橋のたもとで季節外れのさくらをみつけました。
最近やたらこの季節ドッチラケの桜をカメラに収めています・・・ホント異常気象だよね・・・。


またプリンセストヨトミ縛りでフォトUPしますが
大阪城・・きれいなんだけど、どうして天守閣の上に
あんなにたくさんカラスが飛んでるんだろな~・・・悲しくなるよ。ホント。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

笑えてリアルな闘病記。~「50/50 フィフティ・フィフティ」~

2011-12-03 22:14:23 | 映画

あのな~、そんなものを剃ったバリカン渡すなって。(笑)

5年生存率50%、脊椎のガン。
再発した場合は10%、
腰が痛いとは思ってたけどまさかそんなの病気。

平静を装ってはいるものの、体調も気分も当然すぐれない。
そんな時に明るくふるまえ言うても無理で。

ところが主人公のアダムにいきなり俺ガンやねんって言われても
この親友カイルくんは
それを聞く前とその後のアダムへの「接し方が全く変わらない」ってのは
ある意味すごいこと。
・・・いや、ホントは影でガン患者への接し方を書いた本を
ちゃんと読んでるあたりが実はすごいんだよな。

抗がん剤の投与でひどい吐き気に襲われたり
怒ったり泣いたり叫んだりと
そのへんは当たり前に起こりうる、
その病状も心境もそのまま描いてはいるものの
しんみりにならないのは
この親友の気遣いあるエロのおかげ(オイ)

病気をネタにナンパしたり、
酒も普通に飲むし、ともすればハッパまで。
余命だの、闘病だのという重さをまるで感じさせない
ってか、そんなことしてええんの連続。ある意味不謹慎だけど
27歳でまだまともな恋愛もしてないアダムには
これほどええ友達はおらんわけで。




浮気がばれて
「闘病に付き合う心労に耐えられなかった」という恋人。
すぱっときるために彼女が描いた絵をカイルとふたりでボロボロにするシーンがあるんだけど
個人的にはものすごく気持ちよかったし笑えた。
その反面で彼女の「言い訳」もあるあるな気がしてね。
嫁さんとかならともかく、恋人それも
どっちかいうとアダムのほうが世話やいてたような彼女だったから
「覚悟」がなかったし、「見捨てることが自分として許せない」だけで
しんどいと思った段階でそこにはもう愛がなかったんだよな・・・

自分が病気になったとき、周りの人が見えてくるってコワイね。
でもそれを責めることもできないとこがアダムのつらいとこでバカみたいに優しいとこで。

・・・てかどうしてアダムは
きれい好きなくせに
だらしないオンナを好きになるのかね~。
セラピストのキャサリンだって
食べたものを診察室でも車でもどっちらかしてたのに。

小さな恋のはじまりと何があってもそこにいてくれる親友。
とにかく、そこにある、ちいさくとも確かな希望のおかげで
ラストにみせたアダムの微笑はホントに幸せそうだった。
いわゆる難病ものにありがちなドラマチックで感動のセリフとか
もりあがりはないかもしれない。
でも笑ってほろっとして最後にはハッピーな気分になれるええ作品でした。


PS:キャサリンどっかで見たと思ったら「マイレージマイライフ」か~
このフォトはそうでもなかったけど、
やたら胸の見えるようなシャツをきていたり、ボタンはずしてたりで
それはどうみても「どや」って見せてるようにしか見えなかったんですけど~~~


コメント (4)   トラックバック (15)
この記事をはてなブックマークに追加