ペパーミントの魔術師

ご挨拶が遅くなりました。
引っ越し先でも同じタイトルで
継続しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

佐藤健の終活。(コラコラ)~「世界から猫が消えたなら」~

2016-05-21 16:08:52 | 映画


ぶっちゃけもっと泣くかと思ったけど、ものすごく冷静にみてましたね~。
(ちはやふるで泣くのもどうかと思うんだけどね・・・(^_^;))

余命わずかの青年の前に悪魔が現れて、命を一日ひきのばしてあげるかわりに
この世界から何かひとつモノを消すという。
消すモノは悪魔が決めるわけで自分で選べないのだけども、
「自分の命より大切なモノなんてないでしょ」っていわれて承知したものの、
電話、映画、・・・と消えていくうちに
それを通してつながっていた人々の記憶から自分が消えていき・・・。



たとえば映画。そこにあるセリフだったり、そこで見た主人公の生き様だったり
そういうものが自分の人生を変えることだってあるし、
感想を書いてる自分は顔も名前も知らない誰かに
こうやって呼びかけている、誰かと繋がりたくて、気持ち共有したくて。
何がしかのツールはそれ自体に意味がなかったとしても、いくらでも取って代わるものがあるのだとしても、
それを使って自分が起こしたアクション、共に過ごした誰かとの思い出、
「モノの後ろにある大切なこと」に気がつく作品だったかと思います。


・・・・これ、時計や猫を消してしまったら
そもそも主人公の両親もいなくなって結果自分の存在そのものも消えちゃうんとちがうの?
っていう、ちょっとヾ(・∀・;)オイオイな部分もあって
劇場版は原作を読んだときほどの切なさがなかったんですよ。残念だけど。



ただね、ツタヤ(タツヤだけども)が必死になって
人生最後に見る映画をさがしてあげてるシーンだけはうるうるしました。
あれは感動したな~。やっぱ濱田岳はうまいわ。
あと、父親役の奥田瑛二。もうね~、不器用ですからというかなんというか。
息子目線で見ていれば、妻の危篤状態のときに時計かよっておもうけど、
あれも愛情。カメラを向けながら泣いていたのも本心。うまれてくれてありがとうも
とにかく泣けました・・・そのへんは健くんがきっかけでこの映画をチョイスしたのだとしても(またですか(^_^;))
親の目線でこの作品をみていたんでしょうね。

キャベツのくだりはちょっととってつけたみたいで原作と違ってたのはなんだかな~でしたけどね。


あとね~。トムさんだったかな。かっこよかったな。いや外見とかそういうんじゃなくて
生き方が。
人生最後に日本に帰りたいとか思いませんかって聞かれて
日本には18年いた、それで十分だろってサラっと言えちゃうってのは。


宮崎あおいが「生きてやる~~!!!!!」って予告でも叫んでますけど
ほんとはそこも泣けるところなんでしょうけどね、不思議と冷めた目でみていました。
音楽の盛り上がるとこと自分の泣きポイントはちょっとズレましたね。
お母さんと息子の関係ももっと温かみのあるものだったと思うのですが
お母さんの遺書がありきたりなものになってしまったのは残念でした。


普段は忘れているけど、どんな孤独なひとでも
きっと誰かとつながっているんだってこと思い出させてくれるような作品だったかと思います。


現実が受け入れられなくて泣き喚き絶望し・・・っていうのは大切なひとたちの余命宣告ならば
その気持ちの起伏は半端ないと思いますが
「自分が死に直面する」っていう”キャパオーバーの事態”にはかかえきれなくて
逆にほえ~っとぼーっとしてしまうのかもしれませんね。
淡々としてるな~って最初は思っていたんですが、案外こういうものなのかもしれません。
むしろリアルだったんだなと。

自分の死を穏やかに受け入れられるまでの時間稼ぎをしてくれた悪魔は案外天使かもしれず、
もうひとりの自分かもしれず。
いずれにしても、人生最後のときにこんなふうに優しい気持ちになれたらいいなと
そんな思いでみていました・・・・。
モノがなくなって思い出が消えるに至って、大切なことに気がつき、
知らず知らずのうちに「死ぬまでにやりたいこと」(というよりはやっておかなきゃという心残り)を
ひとつひとつやっていく、終活映画ってとこかな。
もしも明日自分が死ぬとしたら、やり残したことはなんですか?
そこさえクリアしたら自分の死を穏やかに受け入れられるような、大切なことはなんですか?


PS:
原作と比べちゃいけないと頭では思ってるんですが、
猫が喋るシーンがあったんだけどな・・・・。そこはちょっと期待してただけに残念。゜゜(゜´Д`゜)゜


コメント (2)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
« ポスターと予告に騙された。... | トップ | 引き金をひいたのは奥さんち... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ファンタジーではなく… (BROOK)
2016-05-21 16:54:10
悪魔と取り引きするので、一見ファンタジー作品かと思いきや、
結局のところは自分の内面との“対話”的なお話でしたね。

映像は非常に綺麗でした♪
ただ、ちょいちょい気になる点があったりと…。

原作が読んでみたくなりました。
Unknown (Ageha)
2016-05-22 12:35:29
BROOKさん、どうも。

ですね。死を受け入れるまでの内面の葛藤だった気がします。

実際のとこ、ドラマや映画で見るほど
感情的にはならないものなのかもしれませんね。淡々と進んでいくなかで妙に濱田岳と奥田瑛二がめだってました。
いや、それをねらっての演出だったのか
このふたりの演技力だったのか
そこは泣けたのですが、あんがい冷静にみてましたね~。

PS:
原作では猫を消すかどうかちょっとだけひっぱるので
猫がしゃべるくだりがあるんですが
正直そこがカットされたのは残念でした。
映画はお母さんと息子の関係よりも
こじれているお父さんとのことをメインにしたかったようですね。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

10 トラックバック

劇場鑑賞「世界から猫が消えたなら」 (日々“是”精進! ver.F)
世界は、かけがえのないモノで出来ている… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201605140000/ 世界から猫が消えたなら オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナル・サウンドトラック) ]価格:2500円(税込、送料無料) ...
『世界から猫が消えたなら』 2016年5月12日 ニッショーホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『世界から猫が消えたなら』 を試写会で鑑賞しました。 泣けはしなかったが、眠かったのに寝なかったのは良い映画の証か 【ストーリー】  ある日、余命いくばくもないごく平凡な30歳の郵便配達員(佐藤健)の前に、自分と同じ容姿を持つ悪魔(佐藤健)が出現する。そ...
世界から猫が消えたなら~DVDを巡る物語 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。川村元気原作、永井聡監督。佐藤健、宮崎あおい、濱田岳、奥野瑛太、石井杏奈、奥田瑛二、原田美枝子。30歳の主人公の僕(佐藤健)は郵便配達員で手紙が重要な役割を ...
世界から猫が消えたなら (あーうぃ だにぇっと)
世界から猫が消えたなら@ニッショーホール
消したくないモノ。『世界から猫が消えたなら』 (水曜日のシネマ日記)
余命宣告された青年が悪魔と取引して世の中から一つ何かを消す事で一日の命を得る物語です。
「世界から猫が消えたなら」:なんとマーケティング的な (大江戸時夫の東京温度)
映画『世界から猫が消えたなら』は、うーん、ピュアな外見なのですけれど、観てみたら
映画「世界から猫が消えたなら」 (FREE TIME)
映画「世界から猫が消えたなら」を鑑賞しました。
『世界から猫が消えたなら』を新宿ピカデリー10で観て、見る前に過大評価ふじき★★★... (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲悪魔は「電王」のウラタロス風でもあり、、、か? ネタバレです 五つ星評価で【★★★猫の消失トリックがどうであるか】 猫がどう消えるかについて興味があった。 大病を .....
「世界から猫が消えたなら」:なんとマーケティング的な (大江戸時夫の東京温度)
映画『世界から猫が消えたなら』は、うーん、ピュアな外見なのですけれど、観てみたら
映画「世界から猫が消えたなら」 (FREE TIME)
映画「世界から猫が消えたなら」を鑑賞しました。