ペパーミントの魔術師

ご挨拶が遅くなりました。
引っ越し先でも同じタイトルで
継続しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

迷子の迷子の中崎町。(^^;

2013-01-28 15:50:56 | フォト・大阪
えっと、ちっちゃすぎてようわからんやんけと思うかもしれませんが
オリジナルサイズでUPしてますので
ポチッとクリックして拡大してみてください。
スマホのピクトコラージュってやつを使ってみました。
ホントは1枚の額のなかに
7枚も8枚もいれるもんちゃうんですが
なんというか
「このフォトのこの部分だけでええねん」っていう写メばっかで。(^^;
でも枚数やたら多くて。


中崎町って、最初はようわからんとちゃんと地下鉄乗っていったんですが
実は茶屋町梅田のLOFTからすぐ。
劇場飛天の入ってるビルがのっぽでどっからでも見えるから
帰り道を見失わずに済むので実は行きも帰りもなんてことない場所。
今回は2回目だったので梅田から歩いていったんですが
前回来たとき寄った「太陽の塔」というカフェ
・・・結局たどりつけずじまい。なんでだよ。(@_@。(?_?)
今回みつけたのは同じエリアにあったもう一つ別の店舗でした・・・。え~~~?!




このエリアにあるお店って
ものすごく普通の家だったり、
ウエルカムボードみないとお店とわからなかったり、
そんな細い路地入るんかいっていうところにあるので
ただでさえ、地図は読めないわ、近視で乱視の目では
目の前を何度も通り過ぎてそこでんがなのオンパレード。
さらにいうと、立て看板が小さくて足元にちょこんとあってコッチ→みたいな矢印があったりして
ど~こ~~~???ですんげーさまよいました。

コラージュでUPしまくった写メは
このエリアにあった雑貨屋さんやカフェのホントにほんの一部です。
んで、もいっかい行こうと思っても
きっとまた迷うようなちっちゃな店で
細い路地の中で
その前で立ち止まらないと目的の店だと気がつかなかったりするような
慎ましさです。

たまにド派手な色で黄色く塗ってたり(カフェ「黄色い家」って
ま~ひねりのないそのまんまやんていう・・・わらいました。)
メニューの立看板がなければ、単純に目立ちたがりの古い家やと
思われてもしゃ~ないみたいな。(^^;)

チェゲバラのイラストが家の外壁に描かれてるようなとこも
ありましたけど(^^;

全体的にレトロ、悪く言えばかなり年季のはいったボロそうな家屋や高架下のスペースを
とにかくオシャレに改装してしまっていて
でも古さもちゃんと生かしていて
看板1枚、店の入口だけでも、カメラに収めたくなるようなそういうものが
いっぱいいっぱいありました。
雑貨屋さんやカフェの中や食べ物ももちろん興味あるんですけど
外観だけでもパシャパシャやりたくなるようなそういう場所です。

・・・実際1日にカフェめぐりいうたかて
1、2軒でしょ?
ここにあるちょっと気になるお店を片っ端から行こうとおもうと
何回通うことになるやら。・・・ってくらい飽きない場所ですね。
マップももらったんですが
どんどん新しい店ができてるのか地図にない店もいっぱいで
結局はあてにならずで。(おいおい・・・)

目的の店を特にもたずにフラッと訪れると
え、こんなとこにこんなかわいいお店があるんだ~の連発で
とってもワクワクするとこです。
ただ、私みたいな方向音痴は
この店どこですか~?ってことになると
ほんとみつからない。(私だけかもしれんが
今度は誰かナビになってもらってお友達と行くことにします。

PS:けっこう女性誌やテレビに取り上げられた店があるので
休日のお茶の時間はどこも混んでます。
この日行った雅楽茶というお店も昨日の日曜日4時すぎてたんですが満員ではいれませんでした。
多少時間をずらすか平日にってお店もありますのでご注意を。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ミスチルな記念日。

2013-01-26 00:25:04 | JPOP


誕生日から5日、あ、日付かわったから6日目か。
キッチンには不釣り合いなバラの花は
まだ鮮やかに咲いてます。ニマニマ・・・・・。


無理やりこじつけみたいなエントリなんですけど
一つ目は
ミスチルの「彩り」
歌詞リンクしときますね。☆
B000FQ5FF4HOME(通常盤)
Mr.Children
トイズファクトリー 2007

by G-Tools


ダーリンはめったにミスチルは歌ってくんないんだけど、
なぜかこれはチョイスするんだよね。


♪僕のした単純作業が回り回り回り回って
今僕の目の前のひとの笑い顔をつくっていく♪


あのうたのなかのただいま、おかえりっていう
桜井さんの語りかけることばはめっちゃ優しい。
それ自体が特別な言葉じゃなくても
実はそんなやりとりのなかにも幸せはあるんだ・・・。

世の中のダーリンてやつはみな
自分の今やってることの価値だとか意味だとかに迷いながら
それでも誰かを幸せにしてるって信じながら働いてるんだろなって。
それが身近な人の笑顔ならなおうれしいって。
で、私は家でのほほ~んとできるわけです

で、そんなダーリンとの27回目の結婚記念日が21日だったわけで。
いきなりバラの花束もってただいま~って帰ってきたもんだから
キャ~~~~(≧∇≦*)だったわけですよ。
誕生日にほしいもん何も言わへんからプレゼントなんもなかったやろって。
こういうことしてくれるから
日頃ブツブツブツブツ思ってることがひとつやふたつあったとしても
ぱあっと飛ぶ。ってか私の扱い方がうますぎる。

気がついたら子供はそれなりに歩きはじめて
こっから先はどんだけ二人が仲良くくらしていけるかなんだよな~って
今しみじみ思ってるわけで。

んで、もひとつのミスチルセレクトが「Sign」

B00022GRC6Sign
Mr.Children
トイズファクトリー 2004-05-26

by G-Tools



♪残された時間が 僕らにはあるから
大切にしなきゃと小さく笑った
君が見せる仕草 僕を強くさせるサイン
もう何ひとつ見落とさない そうやって暮らしていこう
そんなこと 考えている・・・♪

この歌が流行ってた頃はそんなに好きでもなかったんだけど
いきなり老けるわけじゃないが「残された時間」を考えることだってあるわけで。
この年になったらなんかもっと違う歌にも聞こえてきたんだ。

育児だの進学だの就職だの子供のことばっか口にしてた頃って
どっかでほったらかしになってた部分てあって
子供が一人前になった今
二人の時間を恋人気分で過ごせるのだとしたら
それはきっと素敵なことで。
不満がないわけじゃない、でもダーリンはもっともってるはずで。
ぶつかっても、わかりあえなくても、
隣にいることが空気みたいでも
ここまでこれたのはやっぱりいっしょにいたいからで。
正直、喧嘩したことはなくて。いや一方的だから何も言えなくてなんだけど
それでもいいやって思えるものがもっともっとあるからなんとかなってるわけで。

もうこんな恥ずかしいことはしないといいながら
今までにだって花束をくれたことは何度もあった。
もちろんめっちゃうれしかったけど、
花持って帰ったろって思えるような嫁さんでいなきゃね。☆

どんな決意やねんて話ですが、そんなことを考えさせてくれたんですよ。
このバラは。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムーミンとえべっさん。(^^;

2013-01-13 13:12:48 | フォト・兵庫

週1、最低でも10日に1度はどっかへフラッとでかけてしまうのが
すっかり習慣になってて。
それも、なんたらWalkerとかでチラッとみたとかいうレベルで。


もともとは去年のクリスマスイヴに
ダーリンと上本町近鉄でやってたムーミンクリスマスフェアに行ったのが
きっかけで。
でもこれは美術館の催事。
大真面目にインテリアと芸術を楽しんできました。(ほんまかいな)
でもかわいい「森の家」もありましたよ。
チケットブース前に写メOKの展示があったので撮ってきました。



余談ですが、これ「美カエル」といいます。
道頓堀や新世界にあったら地味かもしれないが
美術館の上に鎮座してるコレ・・・でかくてド派手です(^^;

さて、この日はここだけやなくて
帰りの電車を途中でおりて
西宮神社へ。
この日は1月11日。福男が走り抜けたあの神社の翌日の風景です。


いまだよくわからん、まぐろに小銭をはりつけてくというもの(笑)


えっと、これは期間限定の「鯛みくじ」なんだそうです。
福娘さんたちが笹売ってる風景を横目でみながらいかにもここならではの光景を楽しんでおりました。


さらにこのあと西宮ガーデンズへ。

美術館の半券をもってくと紅茶がもらえるっていうんで(おいおい)
フィンランドの食事楽しみませんかっていう、コラボ企画のカフェがあって
ライ麦パンとシチューのセット食べてきました。

美術館とカフェで買ったおみやげがこちら。
あ~紅茶はクッキーに変わってましたけど(催事公開2日目だったかと思うんだが
どんだけにぎわってたんだろう?)

そうそう、ムーミングッズにはまだつづきがあって
去年のフェアのときに飲みそびれたタピオカドリンクがあって
お土産で持って帰ったドーナツも食べそびれて
その時に持ち帰ったチラシにユニバーサルシティウォークにもカフェがあるってのを知って。


これは昨日、ゲキ×シネを見るまえにはるばるUSJ前まで来たよと。(笑)
ニョロニョロのついたストローはもって帰ってきちゃった。(^^;


残念ながらムーミンパスタはゆで卵とマヨネーズでわけわからんことになりましたが(^^;

信心ぶかくなくたってなんかこう初詣行かないと気がすまない。
いや一応成田山は行ってきたけど
ダーリンが正月5連休で行くのかとおもいきや出かけなかったんでいかにもにぎわってるとこへ行ったと。
おみくじもまだだったし。
(ここの屋台はめちゃくちゃ多いし・・・って子供かいな)

ムーミンだってイルミのついでに行ったはずがかわいい~~で
そっから連鎖であれこれ買ってしまった。
それもまたアリです。☆

さて。
誕生日までおとなしくしとこ。(^^;

一人で行ったことないとこはスマホで地図検索できても読めないから結局聞きまくって(おい)
大冒険してきました。
これが私のストレス解消と気分転換でござます。(^-^)/




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワカドクロのドライブ感はすごいよ☆~「髑髏城の七人」~

2013-01-13 11:42:21 | 映画
2013年度の1本目。(≧∇≦)
いやもうこれはとってもとってもとっても待ち遠しかったわけで。


早乙女太一くんはやっぱり色っぽい。
どうして殺陣がこんなに
舞うように妖艶に演じられるんでしょね。
そのへんてのは魅せてくれます、とっても。


いや~これはちょっとうわ~って見てました。
このあとのシーン。
口移しですよ、キスシーンですよ、わわわわわ・・・


かつては信長の元にいた3人の若者が
主亡き後
関東で再開するわけですが
三人三様で信長を忘れられずにいて、

信長を模しても結局超えていくことのできないやつ、

穏やかに暮らしたいとうそぶいても
戦うということから逃れられず
せっかく生かされた命をもてあましているやつ、

しがらみなどないと全て捨てたといっても
結局は人のために命がけで戦ってしまうやつ、

これって強力なカリスマ性をもったリーダーをなくして
さまよってる若者の姿そのものかもね。今の時代にもいそうな・・・


森山未來の天魔王は
この作品でまあ、ひとりでヒールを背負うわけですが
実にオーバーアクトで怪演。
でもそれだけ渾身の演技だったかな。
どっちかいうと線の細いイメージしかなかったんで
この役の威圧感てのはすごかったです。
なおかつ笑わせてくれるわけですから・・・。
まあ、古田新太の演じたものを
それも一人二役でやってたものの片割れだけでいいとはいえ、
すんごい責任感だったんでしょうね。


基本主役は小栗旬の捨之介なんですが
どうしても早乙女くんや森山くんにある意味圧倒されてましたね。

ストレートにいい人っていう役は
爽やかだけどちょっと損だったかも。
たとえば早乙女くん演じるオトコは途中で豹変しますし
森山くん演じるオトコは圧倒的な強さに反して
どこか精神的に幼く弱い部分を見せるんで。

こっちでみてても、やたらこの捨之介
腰をバンとおとして見栄を切る場面が多いんですよ
「足腰痛いだろうな~」ってこっちが思うほど。
迫力はあるけど、ちょっと痛々しかったな。頑張れ~~って応援してた。マジで。
どうしたってこっちも古田さんを思ってしまうんで。
でもそれがどんどんかっこよく見えてくるんですよ。そこは小栗版の捨之介になってくんですね。

2ヶ月ロングランも満席という舞台は、当然本人たちの演技にも波がでるし
ついでにいえば太刀をかわしたときに相手の調子がわかっちゃうほど。
実際セリフも若干ではあれ変わってくし、自分の形ができたのが1ヶ月たってからなんてことも
パンフには書いてあった。
18台のカメラを駆使してそこにあるものをガッツリ撮ってシネコンで上映する、
そこへ自分たちのベストを出すのは大変だったでしょうね。
いや~、まるで自分が舞台の上で触れることができるほどの近距離にいるみたいな
この迫力はすごかったですよ。3Dよりすごい(ほめすぎ?)
ぜひ一度体感してみてください。3時間を感じさせない作品ですよ☆

PS:


これもゲキ×シネをみてるひとならご存知でしょうが
お笑いと中ボス(笑)をかねて、バイプレーヤーでとってもめだつ橋本じゅんさんが今回は参加してない。
で、いつもならこのひとがやりそうな役を勝地涼が演じてるんですが
これが実にかっこいいコメディアンぶりでした。
ヘタレかとおもいきや、やるときはやる。
信念だけはぶれないから仲間がついてくる。
最後には命張って城にのりこむわけですから。
で、相手にされなかった太夫の心もゲットする☆
なかなかでした。(^-^)/



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実に不本意だ~~。

2013-01-05 16:09:42 | 映画
さっき、去年見た映画の感想を兼ねて
インターネット映画大賞の投票をUPしたんですが。

まず、邦画だと
「ポテチ」見れてないし(私が濱田岳と伊坂作品を見てないなんて!
洋画だと「アーティスト」を見逃してる。
ま~「ダークナイトライジング」や「アメイジングスパイダーマン」は
最初から行く気なかったからいいんですけど(わわわわわ)
ダニエルクレイグの「007スカイフォール」もまだだ。
多分DVDまちだな・・・

いやこれに限らずそもそもの鑑賞本数が激減しちゃったんですが
それにしても
あ~見に行ってよかったがなんか少なかった。(わわわわわ)


作品としてみたときにそれどうなんっていう映画でも
この映画のこのひとすんごくよかったってのはあって。
この映画の○○がめっちゃいいってのはあっても、
その映画が好きだったかというとそれはそれで別問題で。
なんかそんなのばっかりだったような気がする。
例えばバイハシリーズは大好きだけど
コレは単純にミラさまファンで彼女がかっこよく動いてるのがみたいだけだ(わわわ)
「スノーホワイト」も作品そのものはイマイチだったけど
シャーリーズセロンの演技に感動しちまったわけで。

「テルマエ・ロマエ」みたいに
予告が面白くってめっちゃ期待して行ったら
おもろいとこ全部既に見とるやんけっていうがっかりもあった。
これは最近の映画ホントに多い。
予告編で期待させすぎの見せすぎ。
番宣多すぎてすでに見た気になってしまった作品の多かったこと。

エヴァQみたいに何回もみないとわけわからんってな具合で
リピート客がいまだあとを絶たないってのは
大ヒットと言えるんかな?
これは最終章をみて判断する作品だけど
序、破、とエヴァらしくないいい感じ(笑)で来て
Qは「おいてけぼり」感MAXで投票できなかった。

あと、散々ツッコミながらも
必ず見に行く「トワイライト」シリーズも
ブーイングにもベストにも入れられなかった。
こういうどっちでもないってのがいちばん厄介だ。(^^;

邦画のお気に入りに「.hack」を入れたのも
私くらいじゃないだろか・・・この辺は実にマニアックだ。

個人的にはね、多分
X-MENファーストジェネレーションみたいに
アクションがド派手でものすごくハラハラドキドキするような展開があって
なおかつ心の葛藤があるような、泣けるようなのを望んでて
なかなかこの両方があるやつって少なくてね。

もしくはちょっと変わった奴らのユルユルな世界。
今年度だと荒川アンダーザブリッジなんかは典型的かな。
なかなか理解されないだろうけど、あんな摩訶不思議な世界にも
感動も真実もあるんだってば。(と、やたら肩をもつひと☆)

今年は素敵な映画を「選べますように」
きっと見てないだけだと思うけど、「出会えますように」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012日本インターネット映画大賞・外国映画部門

2013-01-05 15:25:21 | 映画
こちらも鑑賞本数25本のうち2011年度の作品とDVDをのぞくと18本。少な。(^^;
この中で判断するには申し訳ないですが参加します。
残念ながらあくまで個人的好みでもって
こんなはずじゃなかったのに~~があまりに多くて
正直ブーイングだらけだったというか自分のセレクトがあかんかったというか・・・(´;ω;`)


•選出作品は3作品以上10作品まで
•持ち点合計は30点以下。ただし投票本数が3本の場合は30点(10点×3作品)とする
•1作品に投票できる最大は10点まで


-----------------------------------------------------------------

『 外国映画用投票テンプレート 』

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「 ものすごくうるさくてありえないほど近い          」  10 点
  「 マーガレットサッチャー・鉄の女の涙          」   10 点
  「 シャーロックホームズ・シャドウゲーム          」  10 点
  「           」    点
  「           」    点
  「           」    点
  「           」    点
  「           」    点
  「           」    点
  「           」    点
【コメント】
あまりにみなさすぎて投票できなかったのもありますが、
こんなはずじゃなかったよな~というのが今年度。
で、絞ったというよりはこれくらいしかなかったというのが悲しい。
ただ、ものすごくうるさくて・・・はホントに感動した。マジオススメ。
レ・ミゼラブルがないのは、俳優さんたちの歌には感動したんだけど
ミュージカルそのものが苦手という・・・ことで勘弁してください。m(_ _)m
正直30点配分をこんな形にするとは思いませんでした。残念です・・・

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [スティーブン・ダルドリー  ] (「 ものすごくうるさくて、ありえないほど近い  」)
【コメント】
   大概例年の自分だと、12月公開の映画で大作がここに来そうなもんなんだけど
   1年経ってみて一番印象に残った作品が結局この1本だったので。(^^;
【主演男優賞】
   [ ヒュージャックマン          ] (「 レ・ミゼラブル 」)
【コメント】
   いや~、歌だけですべてを伝えるのは難しかったと思いますよ。
   役のために別人かと思うくらい減量もしてたし。
   たくさんのひとが演じてきたジャンバルジャンを自分が背負うプレッシャーに
   見事打ち勝ったと思います。
【主演女優賞】
   [シャーリーズ・セロン           ] (「スノーホワイト 」)
【コメント】
   本来ならば白雪姫が主役のはずなんですが、ポスターのセンターに鎮座ましまして
   しかも女王役さすがの名演技でした・・・作品そのものはモガモガ・・だったんですけど(^^;
【助演男優賞】
   [ ジュード・ロウ          ] (「シャーロックホームズ・シャドウゲーム        」)
【コメント】
   いやもうこれは単純に彼の演じるワトソン大好き・・で勘弁してください(笑)
【助演女優賞】
   [アン・ハサウェイ           ] (「 レ・ミゼラブル       」)
【コメント】
   ここに出演してたメインキャストのなかでいちばんその声がその演技が
   心にグサッときました。すごかったです☆
【ニューフェイスブレイク賞】
   [ 該当なし          ] (「        」)
【コメント】
   レミゼに出ていた子供時代のコレット、バリケードにいた男の子
   ものすごくうるさくて・・・の男の子、トワイライトのレネズミ役の女の子
   子供達の演技は印象的でしたが誰かひとりを選べませんでした・・・。
【音楽賞】
  「レ・ミゼラブル           」
【コメント】
   いや~、これは歌だけでいかに人を感動させるかっていうミュージカルですから(^^;
【ブーイングムービー賞】
  「シルク・ドゥ・ソレイユ~彼方からの物語~           」
【コメント】
   映像にすることで本来なら舞台に立ってるひとのひとりでしかないひともクローズアップできるし
   舞台では見ることのできない角度から撮影もできるのに
   映画にした意味がない・・・というのはいかがなものかと。
   舞台をみるのなら、人がここまでパフォーマンスできるのかって感動するものが
   映画はいくつもの舞台のつぎはぎにしてしまったことでライブ感がなくなって
ホントに本人が吹き替えなしで演じてるのにCGに見えてしまってとても残念でした。

-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ○×賞】
   [ ヘレナ・ボナム・カーター          ] (「 レ・ミゼラブル 」)
  「           」
【コメント】
一瞬、ティムバートン映画かと思ったくらい、まんまな感じでこの作品に出てきたときは
びっくりしました。(笑)
いや、この手の役をやらせるとホントうまいんだろうな~・・・(^^;

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
コメント (2)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2012日本インターネット映画大賞・日本映画部門

2013-01-05 14:35:35 | 映画
2012年度の邦画鑑賞は31本、うちDVDで見たものや昨年見そびれた11年度作品をぬくと
24本。少ないな~。
こんなかで選ぶには申し訳ないですが
衝撃度抜群のヘルタースケルター以外は
自分がもいっかい見たいかどうかで判断しました。


•選出作品は3作品以上10作品まで
•持ち点合計は30点以下。ただし投票本数が3本の場合は30点(10点×3作品)とする
•1作品に投票できる最大は10点まで
-----------------------------------------------------------------

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「 鍵泥棒のメソッド          」   8 点
  「 のぼうの城             」   6 点
  「 ヘルタースケルター         」   3 点
  「 おおかみこどもの雨と雪       」   3 点
  「 荒川アンダーザブリッジTHEMOVIE   」   3 点
  「 ドッドハックセカイの向こうに    」   3 点
  「 キツツキと雨            」   2 点
  「 僕達急行A列車で行こう       」    2 点
  「           」    点
  「           」    点
  「           」    点
【コメント】

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [細田守           ] (「おおかみこどもの雨と雪        」)
【コメント】
  どこにでもあるような話にほんのちょっとありえない設定を加えるだけで
  こんな素敵なファンタジーになるんだという感動。
  だからとっても感情移入しやすいし作品世界にどっぷりハマれるような気がします。
【主演男優賞】
   [野村萬斎           ] (「 のぼうの城       」)
【コメント】
   本人もつかみどころのないキャラだというてましたが
   この役このひとしかできないっしょというてもいいくらいの名演技でした。
【主演女優賞】
   [ 沢尻エリカ          ] (「ヘルタースケルター        」)
【コメント】
   これは好き嫌いとかうまいとかじゃなくてものすごいセキララ感。
   演技じゃなくってそこまであんたは自分をさらけだせるのかというようなドキュメンタリーにも見えて
   たくましくも痛々しい主人公が彼女そのものに見えたので。
【助演男優賞】
   [ 堺雅人          ] (「鍵泥棒のメソッド        」)
【コメント】
   ポスターではどうしてもセンターにくるんですが、
   この映画どうみても香川照之が主役で、堺さんと広末さんが絶妙なコラボをしてたとおもうわけで。
【助演女優賞】
   [ 橋本愛          ] (「 ツナグ       」)
【コメント】
   このときの彼女の演技は鬼気迫るもんがあって、激しく、怖く、痛々しかったです。
【ニューフェイスブレイク賞】
   [ 東出昌大          ] (「 桐島、部活やめるってよ       」)
【コメント】
   この子が桐島でもよかったんじゃないのかというくらいイケメンで目立ってました。(^^;
【音楽賞】
  「山下達郎 シアター・ライヴ『PERFORMANCE 1984-2012』           」
【コメント】
  去年の清志郎に続いてなんだか反則技みたいですけど
  テレビに出ないし、ライブ行くほどでもない(わ)でも
  80年代~現代までの達郎をいっきに見れるライブをシネコンで上映してくれて
  けっこう贅沢な時間をすごせましたんで。
【ブーイングムービー賞】
  「該当作品なし           」
【コメント】
ただ一言だけ言わせてもらうと、面白い場面を予告で流しすぎな作品が多かったような。
とりあえず足運んでもらわないとダメなんだけど、
なんだええとこ全部既に見てるやんっていうのはいかがなものかと・・・

-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ○×賞】
   [ 綾野剛          ] (「るろうに剣心        」)
  「           」
【コメント】
どっちかいうと自分の中ではあまりかっこいい部類ではなかったんですが
目からウロコでした。外印役の彼を見てから以降えらく
意識してみるようになったのは確か。(笑)

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

う~ん。。。疲れました。(^^;~「レ・ミゼラブル」~

2013-01-05 09:57:37 | 映画

ミュージカルを見ない私でも
このシーンでうたわれるうたくらいは聴いたことがある
・・・という程度の知識。
日本でも何度も何度も上演されてる舞台だし
少なくともヒュージャックマンとかアンハサウェイがでるし
すごいよっていう評判だけで見に行ってしまったったった・・・あはは。

当たり前の話なんですが
ま~みごとにセリフらしいセリフがないんですね(当たり前か)
て、ことになってくると
どんだけ歌えるん?って話になってきて。

正直ね、今回ズラッと並んだムービースターは
多分本職の舞台俳優さんほどには歌えなかったかもしんないんだけど
おそらく歌だけならもっとうまいひとはいっぱいいるんだろうけど
彼ら彼女らの今まで培ってきた演技力だとか人間性(?というのかな~)だとか
内からでてくる感情を歌にのっけることにかけては流石なもんがあるから
ビシバシこっちに伝わってくるもんがあるのね。
(褒めてんだかけなしてんだか・・・


裏話で盛り上がるんじゃなくて
見て感じるもんなんだけど、
やっぱこの映画での個人的ピンポイントは彼女。

アンハサウェイってこんなすごい女優さんだったっけ?
ちょっと鳥肌もんでした。
彼女が歌ってるシーンが一番感動したな。
これと、あとサマンサバークス(エボニーヌ役)の歌う「オンマイオウン」
これ泣けました。このあと亡くなるまでの展開も。
コゼットとマリウスの出会いも恋もいきなりだから
正直軽すぎて片恋のほうが肩入れしちゃうのな(おいおい)

レ・ミゼラブルで出てくる革命のシーンて
結局成功しなかったのね?(それすら知らないで行くか?)

そもそもパン1個で19年の刑で仮釈放のあとも何度も出頭しないと追っかけられるってのは
それこそが惨めでやってらんない話で
働くところもない貧しい人たちも
市民に見放された青二才のバリケードも
それ自体になんの救いもなかった重たい映画でした。

ジャベールって銭形みたいだったね(おい)

過去に罪を犯したとしても
人は死ぬまでにそれを償って改心して
そして何かを成し遂げて天国に行けるのでしょうか・・・

ジャンバルジャンの人生はパン1個で狂ってしまったけど
それを延々と何十年もひきずって生きてくわけだけど
それでもコゼットが結婚するまで逃亡しながらでも守ってマリウスに託すまでがんばっちゃう姿は
ホントのお父さんでした。血のつながりよりも愛情。
悲惨な時代に理不尽な扱いをされながらも命を燃やした彼はかっこよかったです。
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

なんちゃってオチの最終章?(^^;~ トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 2~

2013-01-05 09:16:49 | 映画

レネズミちゃん、とっても可愛かったですね。
絵面ではベラも一応お母さんにみえますね。
いきなりおっきくなるから育児シーンなんぞなかったけど。(^^;


ネタバレになりますが
レネズミちゃんの成長が早く
美しい女性になったころに成長が止まるので
彼女を刻印の相手として一生寄り添うジェイコブにとっては
未来の彼女ですな。
そう言う意味では一応彼にもハッピーエンドだったのでしょうか?
「お父さんと呼んでも?」っていうセリフに
ノーっていうてたエドワードに大爆笑でした。
冗談でもま~そういうのもありか。

ヴァンパイアとしての乾きと狩りの訓練、
お父さんにどうやってこの変化説明しますねんっていう大問題も
思いっきり簡単に解決しちゃいましたね~。端折る端折る
この辺、とってもベラに都合よく話がすすんじゃいます・・・

愛したオトコがヴァンパイアで、幼馴染がオオカミオトコで
めっちゃありえない三角関係もさることながら
歯のうくセリフと若干イライラするベラとエドワードの言動に
ま~第1章の初恋からもうツッコミまくりました。
でも終わってみれば
ホンマに嫌だったら見に行くこたぁないわけで
嫌悪しつつも案外心のどっかには
私にもまだあるオトメゴゴロってやつが
実は羨ましがっていたのかもしれませんね。

とはいうものの、
今までは特撮の部分で結構盛り上がってて
ヴァンパイアのスピード感もオオカミのリアル~なモフモフ感も
とってもとっても満足してたんですが

どうにも納得のいかないのがラストバトル。

こんなんね~、韓流映画だったら
レネズミ残して全滅でもおかしくないはずで。
決して残酷な結末を望んでいたわけではないんですが
アリスをそんなふうに使っちゃうのかよという・・・
手に汗握る攻防戦をみた・・はずだったのに
膝カックンされたようななんともはや肩透かしをくらっちゃいました。

ディズニーかよ。(わわわわわ)

首が飛ぶようなシーンがやたらあるんですが
血ぃでない。あ、ないんですか。(いやいやいや)


ダコタちゃん老けたな~としみじみ(おいおい)
睨んだだけでそこにいるみんなが窒息しちゃうような能力もってるなら
シールドプラスもうひとりで十分戦えるんで
真っ先に倒せよって思いますが。
それやらないのがやっぱり盛り上げ方なのでしょう。

レネズミがヴァンパイアを絶滅させる存在だとうたがわれ
それを守るべく彼女がそうではないことを証明してくれる人を集めるわけですが
登場人物が増えすぎて
説明がどうしても増えちゃうんですね。
よほどちょっとの出演シーンで目立たないとだから誰?みたいなことにも。

唯一救いだったのは
ジェイコブとベラとエドワードが丸く収まったことだけか。
ジェイコブのおかげでヴァンパイアとオオカミ族が結束したし。



PS:どんなに愛し合ってる恋人同士でも数年すれば熱が冷めてしまいます。
もちろん恋から愛に変わるってのは
もっと深いところで心がつながるとも言えますが。
ただ・・・姿かたちの変わらないまま何百年、何千年
ホンマにエンディングの二人みたいにベタベタできますかいな。
・・・一番オソロシイのはその途方もない年月いっしょにいることちゃうかな(わわわわわ)
しかも奥さんの方がパワーが上。頭あがんないよ?喧嘩もできないよ?

やっぱり最後の最後まで言いたい放題だったな。
でもこれがこの映画の楽しみ方だったんですよ。私にとっては。
コメント (6)   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

2012の個人的ベストJpop編。

2013-01-01 18:38:29 | JPOP
そういえば、あんまし音楽記事書いてないな。

ぜんぜん関係ない話から入るんですが
去年の年末にブルーレイがブッ壊れ、アンテナの受信電波も弱いってことで
両方とも買い換えたときに
無料で16日間見れるし録画もできるのでぜひ楽しんでくださいって
スカパーのほうへもその期間の視聴登録してもらったので。

・・・今まで見れなかったPVがガンガンみれてきゃ~もんで。(*≧∀≦*)

バイトを辞めてから疎くなってしまったのもあって実は
ゴールデンボンバーの「女々しくて」さえもフル聞いたのは最近で、
なんたらランキングでま~耳タコになるほど聞けてしっかり認識しましたという状況で。(^^;

さて。
あくまで個人的なのでご了承ください。

ヒカリへ
ヒカリへmiwa SMR 2012-08-15売り上げランキング : 993Amazonで詳しく見るby G-Tools
フジテレビ系月9ドラマ 「 リッチマン、プアウーマン 」 オリジナルサウンドトラック guitarissimo guitarium don’t cry anymore 片想い(初回生産限定盤)(DVD付)

最近ほとんどドラマ見なくなったのにこれだけはみていた「リッチマン、プアウーマン」
和製ソーシャルネットワークなラブコメの主題歌だったこの歌はかなり聞いてました。

sign
signJUJU SMAR 2012-01-25売り上げランキング : 38833Amazonで詳しく見るby G-Tools
ただいま(初回生産限定盤)(DVD付) ありがとう YOU BEST STORY~Life stories~(初回生産限定盤)(DVD付) BEST STORY~Love stories~(初回生産限定盤)(DVD付)

ここ数年のお気に入りがJUJU。ブレイクしたのはもっともっと前だけど
「明日がくるなら」以降なんとか自分でも歌えないもんかと
何かシングルが出るたびにヘビロテできいてます。
「sign」は映画「麒麟の翼」の主題歌。去年は「ツナグ」の主題歌も歌ってたけど
一番ハマってしまったのはこれかな。

The beginning
The beginning絢香 A stAtion 2012-02-01売り上げランキング : 397Amazonで詳しく見るby G-Tools
ayaka's History 2006-2009 First Message Sing to the Sky −CDのみ− ayaka's BEST - Ballad Collection -(初回限定プライス盤) NEWTRAL(通常盤)

絢香復活アルバムのなかの1曲、「はじまりのとき」
このアルバムの宣伝でも流れてましたけどこれ大好きです☆

ユリーカ(期間生産限定アニメ盤)
ユリーカ(期間生産限定アニメ盤)スキマスイッチ アリオラジャパン 2012-08-08売り上げランキング : 12445Amazonで詳しく見るby G-Tools
DOUBLES BEST(初回生産限定盤A)(DVD付) ラストシーン(初回生産限定盤)(DVD付) 告白(期間生産限定アニメ盤)(DVD付) スキマスイッチ TOUR 2012 スキマスイッチ TOUR 2012 “musium

ドラえもん、ハガレンときて、今度は「宇宙兄弟」の主題歌歌ってるスキマスイッチ。
途中でものすんごい早口なとこがあって未だにカミカミなんだけどこれも歌いたいうた。
聞くと元気でます。☆

青い春
青い春back number ユニバーサル シグマ 2012-11-07売り上げランキング : 1059Amazonで詳しく見る by G-Tools


私がPCあけてる後ろでなんとなくかかっていたドラマ「高校入試」
それ自体は全然見てなかったんだけど(おい)ラストにかかるこの歌のサビがやたら残ってちゃんと借りてきて聞いたと。
まだこれしか知らないんだけど娘のお気に入りでもありでこれからアルバムも聞こうかなってとこ。

Be...
Be...Ms.OOJA ユニバーサル シグマ 2012-02-29売り上げランキング : 6990Amazonで詳しく見る by G-Tools


友達がカラオケで歌ってくれてえらい感動してもてそれから聴き始めたんだけど
実際は2月に出てたんですね。街角でも耳にしたことはあるはずなんだけど
PVつきでフル聞いたのは12月の話。(おい)
ドラマ「恋愛ニート〜忘れた恋のはじめ方〜」の主題歌だったらしい。後で知った。

陽はまた昇る(初回限定盤)
陽はまた昇る(初回限定盤)高橋優 ワーナーミュージック・ジャパン 2012-08-08売り上げランキング : 33625Amazonで詳しく見る by G-Tools


「桐島、部活やめるってよ」の主題歌で
そもそもこの映画の予告編で聞いて”これ聴きたさに映画行った”といってもいいくらい
本末転倒なハマりようだったうた。このブログでもとりあげたっけ。(^O^)

Beautiful World/Happy Xmas(War Is Over)
Beautiful World/Happy Xmas(War Is Over)LOVE PSYCHEDELICO ビクターエンタテインメント 2012-11-14売り上げランキング : 17955Amazonで詳しく見る by G-Tools

 
映画「任侠ヘルパー」の主題歌、(映画はみてないがいやそもそもドラマみてなかったし~~)
青山学院大学といえば桑田さんもそうだけど、どうして英語に聞こえる日本語というか
歌詞に英語が多いというか、毎回不思議、でもカッコイイ。マスターしたいけど英語早くてムズイ(そこかよ)

雪の音(初回限定盤)(DVD付)
雪の音(初回限定盤)(DVD付)GReeeeN NAYUTAWAVE RECORDS 2012-12-19売り上げランキング : 306Amazonで詳しく見る by G-Tools


コレはホントに今回のスカパー効果でここ数日レコメンドで何回も聞けたうた。
唯一タイアップじゃないシングル。アハハハハ・・・
歌も好きだけど、なんていうかストーリーのあるPVがかぶると余計に切なくなるから
思い当たるフシのある方はさぞやどっぷりその世界に入り込めるんじゃないかと。え?わたし?フハハハハ・・・

Powder Snow ~永遠に終わらない冬~ (SINGLE+DVD)
Powder Snow ~永遠に終わらない冬~ (SINGLE+DVD)三代目 J Soul Brothers rhythm zone 2012-11-14売り上げランキング : 1888Amazonで詳しく見る by G-Tools


去年のクリスマス前、1000000人のキャンドルライトで梅田に来たときに
もう帰らなくちゃってHEPFIVEまで来たとき流れてきたのがこれ。
なんかね~、いつもはそうでもないんだけど、この時ばかりはマジで隣に誰かいてほしいとおもっちゃった。
この歌に合わせてキラキラと色を変えるイルミネーションのツリーがきれいで
恋に落ちるみたく好きになってしまったうた。やっぱこういう雰囲気って大事だよね~・・・。
JSOULBROTHERSといえば、去年「花火」がすごく売れたけど
この場所で「POWDER SNOW」聴いたときの感動が忘れられないんだ・・・。



☆番外編☆
COVERS 2(初回限定盤)(DVD付)
COVERS 2(初回限定盤)(DVD付)BENI NAYUTAWAVE RECORDS 2012-11-07売り上げランキング : 286Amazonで詳しく見るby G-Tools
COVERS-DELUXE EDITION-(DVD付) COVERS BEST STORY~Love stories~(初回生産限定盤)(DVD付) BEST STORY~Life stories~(初回生産限定盤)(DVD付) WOMAN-Love Song Covers-

あとからでたCOVERS2の画像をメインに持ってきましたが
BENIの2枚のアルバムどっちも大好き。
普段はまずカバーアルバムは聞かないほうで、
オリジナルを聴きたくなることはあってもオリジナルを超えないとおもってるんだけど
この2枚だけは別。
さらにいうならアルバムを買っても借りても好きな曲残して消してしまうんだけど
全曲iPodに入れてることも私にしたら前代未聞。
英語で歌ってるんだけど、元の歌詞の雰囲気や音符の長さまでもそこなわずに
アレンジしてて、耳障りのいい聞きやすいうたばっかり。元ネタ好きでも文句なしという褒めよう☆


女々しくて
女々しくてゴールデンボンバー Zany Zap 2009-10-21売り上げランキング : 731Amazonで詳しく見る by G-Tools


去年の流行語大賞がスギちゃんなら去年の宴会ソングNo1はこれだったんちゃうかな?やっぱ。
最近の歌全然知らんねんいうてた同級生でさえもコレだけは振り付きでぴょんぴょんはねて(ゼイゼイいうて)
はしゃいでましたからね~
実は2009年発売だったんですね???知らんかった。ニコ動で火がついたらしいけど
年齢問わず盛り上がれるうたはみんなが楽しくなる。
紅白で「客席が全員白塗りのお面つけて」彼らと一体になってたどっぴょ~んの映像も記憶に新しい。
何年かに一度こういうのがでてくるんだろな~。

さて
ダラダラUPしましたが、お気に入りがあったでしょうか?
今年もミーハーに聞いていきますです(^-^)/

PS:バンプ、ラッド、ミスチルなどなど
普段キャーキャー言うてるひとらはあえて外しました。(おい)このひとらは
単発エントリでまたキャーキャー書きたいと思います





コメント (4)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加