ペパーミントの魔術師

ご挨拶が遅くなりました。
引っ越し先でも同じタイトルで
継続しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アナ雪のその向こう。~「ズートピア」~

2016-05-21 14:05:46 | 映画


ヤフーの解説のほうに少し書いてたけど、雪だるまは溶けるということすら教えられないアナ雪とはちがうと。
ありのままになんか生きられるかよという、そのへんはセリフでも出てきましたけど、
動物を擬人化したアニメでえらいリアルをつきつけてくるんだな~って思いました。

それぞれの動物の大きさやら特性やらほんとものすご観察して作られてますね。
おそらくこんな性格になるんだろうなというようなキャラ設定までバッチシ。



ありのままに、自分の思い描く世界で生きようと思えば、ま~目の前は試練だらけ。
ジュディのポジティブさは半端ないのですが、それでも心が折れて耳垂れて、ふるさとへ帰るわけですが、
またそこで見たものが事件解決の糸口になる。ま~そこはうまくまとめてるのでしょうけど。(オイ)



ジュディと並行してキツネの詐欺師ニックの物語も語られるわけですけども、
このふたりの苦悩やがんばりをそのまま自分にあてはめて感情移入しちゃうひとはいっぱいいるんでしょうね~。
・・・ってなんか冷静?(;´∀`)


アメリカの免許センターは実際にこんなふうにイライライライラ待たされるそうですね。
本国でバカウケだったというから、ここにナマケモノを抜擢したのはドンピシャだったらしいですよ。
これがエンディングでスピード違反とは。オチサイコー!(爆)


それ以外にもゴッドファーザーか!みたいなミスタービッグ。(;´∀`)・・・あ、ホントにオマージュらしいですね。
シロクマを手下にしてるとこがなんとも。


草食動物と肉食動物が仲良く暮らしているセカイの均衡を壊してしまうある事件が起こるわけですが
植物から作られるこの薬もなんだか現実世界でいうところの麻薬みたいでとにかく
子供向けアニメのはずがやたらめったらリアルなんですよね。
差別も偏見もある、裏社会もあって。
自分の気持ちだけじゃそんな簡単に願いは叶えられない、なりたいものになんてなれない現実。


アメリカは日本以上に実力社会だから、結果的にズートピア全体をゆるがすような大事件をジュディが解決したことで
彼女はりっぱな警察官となりました~ちゃんちゃんなんだけども。


あ~、なんか皮肉っぽい言い方してるな~。可愛かったし、一生懸命やったら報われてよかったよかった~のはずだったのに。
諦めないことをそんなにしつこく言うてるわけでもおしつけてもいなかったのに。


あ~、こればっかりは好みの問題です。
外見は動物のアニメなんですが、あまりにリアル~な世界の刑事もの・バディムービーでしたと。
夢を与える映画というよりは現実つきつけて、世界はこんなもんなんだよ~っていう。(わわわわわ)
そんなかでありのままで生きられるかどうかはあんたがどんだけがんばるかにかかってるんやで~、
あきらめたらおわりやで~っていう。なかなかシビアな作品でございました。


PS:シャキーラの歌う主題歌がめっちゃよかった。・・・・ガゼルみてたらなぜか脳内はマクロスにリンクしてた。(え)
仕事の合間にYouTube見てるとかいう細かいとこまでリアルだったな~。
とにかく「アニメみてる気がしなかった」わ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
« オールスターバトルはド派手... | トップ | ヒョエ~~グロい。指の隙間... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もふもふ。 (BROOK)
2016-05-21 15:30:57
子供はもちろん大人も楽しめる作品になっていましたね♪

展開はちょっと大人よりかなぁ…とも。
子供は動物たちのもふもふ感を楽しんでいたような感じでした。
Unknown (Ageha)
2016-05-21 16:03:09
BROOKさん、どうも。

うん、内容はどっちかいうと大人よりですね。
身につまされるというか、あまりのリアリティにびっくりしました。(^_^;)

ちっちゃなこどもはうさぎだってがんばれば警官になれるっていう夢見る夢子ちゃんの部分と
外見のかわいらしさで十分楽しめるかと思います。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

17 トラックバック

劇場鑑賞「ズートピア」 (日々“是”精進! ver.F)
夢は、諦めない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604240000/ ズートピア オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナル・サウンドトラック) ]価格:2700円(税込、送料無料) ディズニー ズートピア ビジュアル...
ズートピア (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 上映開始20秒でウサギのジュディに心奪われたワタシ(笑)
ズートピア (Akira's VOICE)
見た目通り楽しい! ドラマは深い!  
大人にウケるのは分かるけど・・・『ズートピア』 (水曜日のシネマ日記)
あらゆる動物が住む高度な文明社会を舞台にしたディズニーによるアニメーション映画です。
「ズートピア」:すべてにわたって最高品質 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ズートピア』は併映短編なしにスタートしました。近年のディズニー・アニメでは
ズートピア・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
恐怖を煽る者に「NO!」を。 様々な動物たちが暮らす大都会「ズートピア」を舞台に、ウサギの新米警官・ジュディと、ひょんなことから彼女とコンビを組むキツネの詐欺師・ニックの活躍を描くファンタジー。 なかなか仕事を任せてもらえないジュディがやっと掴んだチャ...
ズートピア (映画的・絵画的・音楽的)
 『ズートピア』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)ディズニー・アニメながら評判が大変良いので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、バニーバロウという町にある大きな小屋の中で演じられている子供達の劇のシーン(注2)。  ウサギのジュディが舞台に...
映画:ズートピア Zootopia 大都会での成長プロットを、見事にディズニーアレンジ (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まずメインプロットが鉄板。 若く力のない主人公が、大都会に出て苦労しながら一人前になっていく、というストーリー。 地方→都会、という構図は日本でも海外でも現代社会の...
「ズートピア」 多数決の怖さ (はらやんの映画徒然草)
カウンターでパンフレットを買うとき「ズーラシア」くださいと言ってしまった。 動物
ズートピア(日本語吹替え版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:バイロン・ハワードリッチ・ムーア 出演::【洋画版】ジニファー・グッドウィン、ジェイソン・ベイトマン、イドリス・エルバ、ネイト・トレンス、J・K・シモンズ、ジェニー...
ズートピア ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
あらゆる動物が住む高度な文明社会を舞台にした、ディズニーによるアニメーション。大きさの違いや、肉食・草食にかかわらず、動物たちが共に暮らすズートピアで、ウサギの新米警官...
映画「ズートピア(2D・日本語吹替版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ズートピア(日本語吹替版)』(公式)を本日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー いろ...
『ズートピア』 ユートピアかディストピアか? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  残念に思ったのが、このイラストだ。     都内の各家庭に配られた「広報けいしちょう」第74号(2016年3月6日発行)の表面に掲載されたものだ。  警視庁が...
『ズートピア』 (こねたみっくす)
アメリカのあるべき姿がここにある。 かつて世界の理想郷として多くの夢が集まり、時には花開き、時には腐っていく場所でもあるアメリカ。そして人種の坩堝改めサラダボールとし .....
「ズートピア」 (或る日の出来事)
ディズニー、安定の品質!
"Nick and Judy"『ズートピア(Zootopia)』バイロン・ハワード/リッチ・ムーア監督 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『ズートピア』Zootopia監督 : バイロン・ハワード/リッチ・ムーア共同監督 : ジャレド・ブッシュ声の出演 : ジニファー・グッドウィンジェイソン・ベイトマンJ・K・シモンズ、ジェニー・...
『ズートピア』をトーホーシネマズ日劇3で観て、外の話をちょっとだけしようふじき★...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲少女マンガ フォーマットに変換される二人 五つ星評価で【★★★★文句なしに面白い】 詐欺師ニックと新米警官ジュディは行方不明事件の捜査を 48時間以内に解決しなければ......