NPO集改センター(NPO法人 集合住宅改善センター)活動レポート

大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、福岡を中心に大規模修繕工事やマンション管理運営をサポートいたします。

集改塾からのお知らせ(次年度からの開催)

2022-03-11 17:18:26 | 集改塾

集改センターの集改塾が最初にスタートした2014年(平成26年)4月から数えて本年3月までの8年間の開催履歴は、以下の通りです。

  • 開催実績  :84回(月開催の集改塾)
  • 公開セミナー: 2回(一般参加による公開の集改塾)
  • 出張開催  :12回(賛助会員会社に出向いての集改塾)
  • 企画会議  : 2回(塾生によるテーマ検討の集改塾会議)
  • 参加者総人数:1282人(受講者数)

 

この2年間は、新型コロナのなかZOOM会議での開催で休むことなく継続し、8年という永き年月を経たのは、塾生並びに賛助会員のみなさまのお蔭であります。

感謝申し上げるとともに、本当にありがとうございます。

 

次年度2022(令和4)年度からの集改塾は、定期開催ではなく不定期開催(塾生並びに賛助会員様からのリクエストに応じた開催)とした運営で引き続き行ってまいりますので、今後も変わらぬご参加ご支援ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

以上。

 

NPO法人 集合住宅改善センター

集改塾 塾長 松山 功

 


第84回「集改塾」3月開催報告

2022-03-11 17:15:29 | 集改塾

2021(令和4)年度終わりの集改センターの集改塾を3月9日開催いたしました。

この日は、建通新聞(3月7日)の「監理技術者/専任不要上限額引き上げ」記事を通して、「ICT活用で建設工事が多様化へと進む」をテーマに、改修工事業者として「ICTを知る・理解する・利用できる」ための心構えなどについて考え・意見交換し、品質管理の効率化(遠隔作業による品質管理)の向上につなげるには避けて通りないこと、そして働き方改革にも役立つことを学びました。

(注)ICT(Information communication technology)/情報通信技術

 

PS.

改修現場での各職種の職長との密な連絡はLINEを使って現場体制を構築して、毎日の行事である昼礼会議をやめていると塾生からの発表がありました。

このことによって15分削られていた昼休み時間がなくなり、働き方改革につながっているようです。

 


久しぶりの集改塾開催報告

2022-02-11 21:01:20 | 集改塾

久しぶりの集改塾開催報告

昨年12月、今年2月の集改塾の報告をブログにアップします。私(塾長)はIT(インフォ―ション・テクノロジー)とかDX(デジタル・トランフォーメーション)の言葉が飛び交う世の中で、どのような関りを持って現在も仕事をしているのか正直理解していませんが、知らないうちにその恩恵を受けながら日々生活していることは想像できます。

そしてすでに建設工事の現場では、IT化、DX化としてウエアラブルカメラを導入して、「移送時間の削減」、「人材育成」、「安全性の向上」、「人手不足の解消」を推し進めています。

そこで昨年12月の集改塾では「ウエアラブルカメラの活用について~現場作業の働き方改革~」、今年2月の集改塾では「現場におけるスマートフォンの活用を考える~アプリの活用~」をテーマに塾生と同じ目線で情報共有し意見交換をしました。

(テーマで使用した資料はすべてインターネット検索から見つけたものを利用しました)

3月の集改塾は、すでに塾生がスマートフォンの活用事例と将来活用できそうな使い方を話し合います。

 

今年2月のテーマ>

<塾生の話で大笑い>

「会社から携帯電話(ガラケー)を支給されました。生まれて最初に手にした携帯電話はスマートフォンだったので、ガラケーの使い方が難しいです。(>_<)」

令和は、もうそんな時代なんですね。(笑)


集改センター2つの管理組合から感謝状!

2021-10-09 17:21:01 | マスコミ

集改センターはこのたび、2つの管理組合から感謝状をいただきました!(

松山代表担当マンション)

 

① 2018年からコンサルタントとして、昇降機リニューアル工事、専有部の排水管更新工事に続き、今春、大規模修繕工事&アルミサッシ改修工事を無事終了し、9月の竣工引渡しには、感謝状をいただきました。

 

② 昨年、外壁タイルの劣化の多さに疑問を持たれた修繕委員からの電話相談から始まり、8月大規模修繕工事完了まで、デベロッパー・管理会社との間に入りアドバイザーとして顧問契約した管理組合からも後日感謝状をいただきました。


第78回集改塾 「新築マンションの設計&図面の見方」

2021-09-05 21:17:36 | 集改塾

第78回集改塾
9月2日の集改塾において、2017年12月で講義した「新築マンションの設計&図面の見方」のテーマから「販売パンフレットを読み取る」を行いました。
このテーマは、8月に賛助会員の会社に出向き入社1,2年の社員の前でも講義しました。
「建築に携わる者が、図面を読めないのでは困る」と常々思っている私から、マンションの販売パンフレットからマンションの形状、立地状況、共用廊下及びバルコニー廻りに関する工事部位などが読みとれることを伝えました。
<塾長のヒトリゴト>
図面を理解することの面白さが少しは分かったかな?
少なくとも興味を持ってくれたらうれしい!


第77回集改塾 「3分間スピーチ」塾生のトーク練習

2021-07-02 16:51:56 | 集改塾

7月1日(木)、集改センター主催の第77回集改塾を開催しました。

この日は、塾生のプレゼン力アップを目的とした「3分間スピーチ」をテーマに人前で話す練習です。

 

参加した塾生の年代(経験年数)は、40代(20年以上)、30代(10年)、20代(4年)、20代(1年目)、そして私60代(40年以上)合わせて5名でした。

そこで塾生をブレイクアウトルーム(小部屋)で分けることなく、私も含め5名全員でそれぞれのスピーチ・感想・質疑応答と日頃、

① 聞きたくても聞けない

② 言いたくても言えない

ことなどをたっぷりと話し合えた1時間30分を過ごしました。

私にとって、このテーマはまたやってみたいと感じる日になりました。

 

 


第76回集改塾「くさび緊結式足場の技術基準」

2021-06-04 10:27:13 | 集改塾

6月3日(木)、集改センター主催の第76回集改塾を開催しました。
この日は、塾生からの出席の下記返送メールをいただき、
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
改修工事の足場は規格外の開口補強や張り出しが横行しており、実はとても危険なのです。足場は建物の現状に合わせるので基準通りにいかない事はやむを得ないのですが、「基準から外れている」ことを認識して対策をとれることが大切かと思います。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「くさび緊結式足場の技術基準」をテーマに塾生が講師となり、実際の仮設足場の写真を使ってわかりやすく説明していただきました。
受講した後の感想は塾生それぞれ違っているでしょうが、工事を請負者として自身で勉強し知識を深め安全な仮設足場を組み上げることを痛感したことでしょう。
講師の塾生がまだ仕事が残っていたため、30分しかお話を聞けなかったのが残念でした。
残りの時間は、2016年(平成28年)第30回のテーマ「改修工事(大規模修繕工事)を考える&知る」を塾長の松山から少し内容を変えてお話ししてこの日は終了しました。


集会塾「ビル・マンション工事で避難経路にあるスチールドアの地震対策」

2021-05-11 09:50:15 | 集改塾

5月6日(木)、集改センター主催の集改塾を開催しました。

この日は、北村鉄工所㈱/賛助会員様を講師に招き「ビル・マンション工事で避難経路にあるスチールドアの地震対策」をテーマにお話ししていただきました。

この日のお話を聞いて、スチールドアの改修工事には

①5種類の施工方法がある

②対震性能の有るドア金物(丁番、ドアガード、鍵受け/ストライク、対震プレートなど)の選定が重要

③ 3種類の避難経路にあるスチールドアの震災対策

④ ドア枠の「ひし形変形」・「くの字型変形」による2種類の対策が必要

⑤④の対策をした「いざという時にスムーズに避難、救助できる」独自開発された扉「プレジット扉」など

この日の話をお聞きして

私自身も「目からうろこが落ちる」になりました。

おそらく塾生も私と同じではなかったでしょうか。

大変勉強になった集改塾でした。  


集改センターの集改塾「営業担当の体験談」~工事部と営業部のギャップについて~

2021-03-05 21:55:05 | マスコミ

集改塾

「営業担当の体験談」~工事部と営業部のギャップについて~

 

集改センターでは3月4日「集改塾」を開催しました。

この日もZOOMアプリを使っての開催でした。

入社後工事部で現場代理人を経験し、後に営業部に回り現在営業マンとして改修工事業に携わる塾生による体験談を聞きました。

テーマは「 営業担当の体験談」~工事部と営業部のギャップについて~です。

1時間のプレゼン後、ブレイクアウトルームに入り感想や意見交換など行いこの日は終了しました。

 

2014年4月に集改塾がスタートしこの日でまる7年続けてきました。

この日で74回の開催と受講者延べ人数が1200人となり、4月から8年目に入ります。

塾生の要望がある限り今後も集改塾を続けてます。

次回は、4月1日(予定)に㈱北村鉄工所(賛助会員)様から講義(
(スチールドアの地震対策)していただきます。

 


集改センターのオンラインセミナーが建通新聞に掲載されました。

2021-02-25 20:28:54 | マスコミ

NPO集改センターが2021年2月13日(土曜日)オンライン(ZOOMにて)開催した第11回新時代のマンションセミナー&ワークショップが

業界紙である建通新聞に掲載されました。

参加者の平均年齢は70代前半で、ZOOMは初心者という参加者が多い中、また、運営側も初めてのオンライン開催という中、

お互いの不慣れさを楽しみつつ「大変良かった(50%)」「良かった(37.5%)」いう評価をいただいたセミナーでした。

 

好評だった点は、

1)「コロナ禍における管理運営」というテーマ。情報がほとんどなく知りたい内容だった。

2)専門家の話が聞けた。

3)参加者同士が話し合う時間があった。管理組合同士の情報交換ができた。

が挙げられます。

 

今後はこの意見を参考に、新しい形のオンラインセミナーを開催していこうと思っています。