NPO集改センター(NPO法人 集合住宅改善センター)活動レポート

大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、福岡を中心に大規模修繕工事やマンション管理運営をサポートいたします。

フリーセミナー『マンション金融支援活用術』

2009-04-21 22:52:58 | フリーセミナー

NPO法人 集改センター恒例のフリーセミナーのご案内です。

今月のテーマは「マンション金融支援活用術」

マンションの中古フラット35融資は、昨年の経済対策で大幅に制度改善が図られました。当初10年間金利優遇が受けられる優良住宅の技術基準の追加、管理組合等によるマンション一括の登録手続きの新設等です。

また、平成19年1月15日以降の融資実行分より住宅金融公庫指定の中古マンションについては適合証明書が不要となりました。

加えて平成8年10月以降に事業承認した公庫融資付分譲マンションで、公庫の定める耐久性基準に適合した築10年未満のものも適合証明書不要!など、中古フラット35は面倒な手続きがずいぶんと簡単になっております。

セミナーでは中古フラット35融資をはじめ、マンションの価値を高めるために知っておきたいマンションの共用リフォーム融資、マンションすまいる債など住宅金融支援機構の融資制度について、分かりやすく解説いたします。


開催日時:5月21日(木)午後3時~5時

講  師:独立法人 住宅金融支援機構 中通氏

参 加 費:会 員1000円、 一般2000円

開催場所: 大阪建築会館3階(会議室)

申し込み:5月15日(金)迄に電話・FAX・メールでお申込みください。


<お願い>フリーセミナーは予約制です。 申込み締め切り後の急な参加も歓迎いたしますが、必ず事務局まで電話で連絡願います。事務局不在のときはFAXかメールをお願いします。

TEL:(06)6943-8383
FAX:(06)6943-8382

 *NPO法人 集改センターでは、管理組合の皆さまが簡単に中古フラット35をご利用いただけるよう、適合証明書作成業務も行っております。

   =====================

大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良を中心に大規模修繕工事、マンション管理運営をサポートする専門家集団

NPO法人 集改センター

マンションなんでも相談は こちら

コメント

知っ得セミナーアンケート結果

2009-04-13 07:05:15 | 事業案内&報告

NPO法人 集合住宅改善センターに、3月29日に西宮で開催された「マンション管理組合知っ得セミナー」のアンケート結果が送られてきました。

参加された男女比は男性46人女性12人。こういうセミナーでは圧倒的に男性の数が多いのですが、5人に1人弱が女性という割合。

また、年齢別(30代から80代)では50代、特に60代が圧倒的に多い。やはり、定年退職後、一段落して自分のマンションについて考える人が多いのでしょうか。

それを反映してかのように、今後開催してほしいセミナーでは高齢者対策が1位。2位が長期修繕の計画と実施。いずれも将来をしっかりと見据えて対策していかねば、という意識の表れでしょうか。

3位が給排水設備対策。これは、特に素人には外から見えにくく一番わかりづらい工事だからでしょうか。

ちなみに、NPO法人 集合住宅改善センターでは、今年度の事業として給排水管工事のビデオを制作販売する予定です。外壁塗装等に比べて、給排水管工事は、工事内容もイメージしにくい。

また、皆さんの生活の場となる専有部分におじゃましての工事だけに、マンションにお住まいの方の協力を一番必要とする工事です。そのためにも、皆さんにしっかり工事の必要性、工事内容をご理解をしていただいて進めていかなければならない。

手軽に見られて分かりやすい、そんなビデオを制作します。ご期待ください。

=====================

大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良を中心に大規模修繕工事、マンション管理運営をサポートする専門家集団

NPO法人 集改センター

マンションなんでも相談は こちら

コメント

フリーセミナー「コンサルタントから診る大規模修繕工事」

2009-04-02 00:40:49 | フリーセミナー

NPO法人 集合住宅改善センター恒例のフリーセミナーが行われました。


<開催日時> 2009年(平成21年)3月26日(木曜日)午後3時~5時
<テ ー マ> 「コンサルタントから診る大規模修繕工事」
< 講 師 > 松山 功 氏(NPO集改センター 専務理事)
<開催場所> 大阪建築会館 3階 会議室
<参 加 者> 43名

20天井90326_1.jpg

resume
1. コンサルタント業務の流れ
2. 大規模修繕工事の本当の意味はなんだろう?
3. クライアント(管理組合)・コンサルタント(設計監理者)・コンストラクター(工事業者)3社各々が「求めること」「すべきこと」とは?
3.工事業者さまへのご提案

<セミナー内容・感想>
満席で簡易椅子まで出る盛況なセミナーで感じたことは、「大規模修繕工事は住民が作り上げるものである」ということ。

立場的に普段言えない本音を聞けたお得感あふれるセミナーでした。通常の講演スタイルではなく「講師の自問自答」で始まり、「参加者の声」を採り入れた「対面型セミナー」でした。

さて、その内容は、

・ 「施工前検討会」の実施によって、業者との意見交換を施工前にすることでロスのない「正確な工事」を進めることができる。


・ コンサルタントの選択のポイントは、価格ではなく「自分たちの大事な住処の治療を委ねることができるの人なのか」ということ。


・本気で自分たちのマンションの修繕工事(住処の治療)をしたい人材を修繕委員にすえること。
  
最後に今回のセミナーは業者さまの参加が多く「ご提案」がありました。
・ ヒアリング担当と現場代理人の温度差がないようにすること。
・ 「施工前検討会」「施工後反省会」の実施など。

今回の内容はぜひ「修繕工事」を考えられている「管理組合」の方にも聞いていただきたい内容でした。

=====================

大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良を中心に大規模修繕工事、マンション管理運営をサポートする専門家集団

NPO法人 集合住宅改善センター

マンションなんでも相談は こちら

 *「NPO法人 集改センター」は「NPO法人 集合住宅改善センター」の略称です。

 

コメント