シャバ駄馬男「シャバでひとつ…」

秋田のタレント、シャバ駄馬男のたわいない日常ダイヤリー

本日の番組ゲストは…

2011年07月29日 | ブラウブリッツ秋田
 ブラウブリッツ・オン・ザ・ウェーブのゲストは、当初秋田出身の富樫豪選手が出演予定だったけど、インターハイ等のスケジュール調整でいろいろあり選手が出演できなくなったんで、ピンチヒッターゲストとして、今年からチームの応援ソングを歌ってくれている、石川コウ君が登場。



 「選手じゃなくてすいません」

なんて言ってたけど、何をおっしゃいますか。

チームにとっても、サポにとっても、とっても大事な存在ですがな。

仙台で音楽活動を始め、今は地元由利本荘を拠点にライブ等を行っている。

まもなく、応援ソングである

「道標~Going to the Goal~」

が正式にCDとしてリリース。

Akita Pride!

一緒に応援していこうね!


帰りがけ、エフエム局近くの空き地で、竿燈の練習風景をいつも見る。



もうすぐ8月。

夏が駆け抜けていくな~…。

この記事をはてなブックマークに追加

インターハイって響き。

2011年07月28日 | スポーツ
今日から北東北総体がスタートした。

全国から訪れる、高校生各都道府県の代表が秋田、青森、岩手、宮城の各地で熱戦を繰り広げる。

 ご多聞にもれず、俺もその熱戦を早速味わいに、ラジオの本番前、すぐ近くの球技場に足を運んだ。



地元秋田の秋田南高校と、金沢桜丘高校のサッカーの試合。

少し遅れて駆けつけると、すでに秋田南は2点のビハインド。



 決定的なPKを決めることが出来ず、その後も、何度かチャンスは作るものの、攻めきれないまま前半終了。


 俺の所属するサッカーチームは、基本的には秋田南高校OBがメイン構成のチームであり、そのメンバーも会場に足を運んでいた。

後半早々追加点を許し、終わってみれば0-5で敗戦。


 破れはしたものの、この大舞台でサッカーできたことは、南高生にとって何にも代えがたい思い出になるだろう。



 インターハイ出場というのは、今後人生を生きていく上でとてつもなく大きなブランドの一つだ。

この大会に出場できたことを気兼ねなく誇りに思えばいい。





この記事をはてなブックマークに追加

激動の23日

2011年07月25日 | イベント
土日の仕事。

両日はビーチサッカーフェスティバルのMCで、秋田市の下浜海水浴場に入り浸り。

天気も良く暑かった両日。

それにも増して、ビーチサッカーはアツかった。

参加チームが砂浜で激戦を繰り広げる。

 青森なんかではとんでもなく人が集まるモンスターイベントだそうで、秋田も今回が3回目。

是非定期的に続けてほしいイベントだ。



 一緒に仕事をしてくれたのが、秋田県内でモデルなどの活動をしてる、現役高校生中心の「SHOW ME」というモデルチームの子達。

暑い中一生懸命仕事してくれて本当初々しかった。

 秋田にはいろんな場面でがんばってる人達がたくさんいるんだなぁって改めて思った反面、テレビの仕事をしてる人間として、ちゃんとそういう子達を紹介できるような受け皿を作ってあげられてない自分に腹が立つ。

プレゼンはしてだけどなぁ。

 まあそんなこんなで土曜の23日は、16時にイベントが終了し、その足で岩見三内という地域に、車で1時間ほどかけて移動。

小さい町ではあるけど、初の夏祭り開催と言うことで司会に呼んでもらった。

そこはもう昔ながらの町内のお祭りの雰囲気。

 近所の人達が自分らで夜店を出し、トラックの荷台をステージに見立てては参加自由のカラオケ大会。

 オークションや抽選会もあるという、本当、ちびまる子ちゃんに出てきそうな、古き良き日本のお祭りがそこにあった。

来る人はみんな顔見知りで、老若男女がこの祭りのために集う。

これがお祭りのあるべき姿だなって。

このあともう1カ所行く予定のあった俺だが、目の前でビールを差し出されては男たるもの飲まぬ訳にはいかぬ。

まあ、移動の代行代も準備してくれるって事だったんで気兼ねなく飲んじゃったけど。

さあ、その仕事が21時に終了し、日中MCをしていた隣の海水浴場に代行で移動。

代行で夜の海に移動するなんてなかなかない。

 ここでは毎年恒例のクラブイベントが行われていて、23時過ぎからDJシャバ駄馬男の出番。

 もはやいい感じで酔ってはいるけど、夜中にもかかわらずオーディエンスはいっぱいで、クラブ慣れしてる子達も多いから下手な曲はかけられない。



 さっきまで、60代くらいのおじちゃんおばちゃんのカラオケのMCをしてた俺はしっかりDJモードにスイッチし、ダンクラから山達経由のレディーガガみたいな、国と世代を超えた豪快な夏選曲をスピンさせてもらった。

 1時過ぎ、いったん家に帰ろうと代行に電話するも、この夏一番の忙しさらしく何時にこれるかわからないと…。

帰れないけど明日は隣の海でビーチサッカー2日目の仕事。

「泊まっちゃおーーっと」

海で一晩過ごす。

朝、強い日差しが俺を目覚めさせる。

時計はまだ5時。

でも完全に目が覚めてしまった俺は、海をぶらぶらしながら時間をつぶし、少し早めにビーチサッカーの会場へ。

怒濤の23日は約2時間の睡眠だけで24日を迎えてしまう。

でも、、

俺けっこう大丈夫じゃん!

オールとかもいけんじゃねこれ。

と勘違いしながら、未だに取れない疲れを押してブログ更新中。

だって今日も朝4時半起きで仕事だったんだもの!

ねみぃぃぃぃーーーーっ!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

事後報告とブラウブリッツのホーム勝利!

2011年07月24日 | ブラウブリッツ秋田
やった!

とにかくやった!

ホーム勝利は仁賀保グリーンフィールドに集まったサポーターにとって何よりのプレゼント!

 しかも今回は事前にスケジュールが埋まっていたため、俺自身どうしても会場に行くことが出来ず、ピンチヒッターで、ブラウのTVでもおなじみの椎名恵ちゃんにスタジアムDJをお願いしていたこともあり、なでしこパワーよろしく、勝利の女神が見事にほほえんでくれた。

おそらく、

「シャバさんこなかったから勝ったんじゃね?」

的な話をしている人もいるかもしれない…。

でも、俺はそんなのどうでもいい!

チームが勝てばいいんだ!

それが最高の喜びであり、恵ちゃんがDJだったから良かったとか……、言わないでねグスン。

ちゃんと下浜のビーチで勝利を願っていたしな!

仕事中も結果気になって携帯見まくり。

 なによりも、金曜のエフエム、ブラウブリッツ・オン・ザ・ウェーブに生出演してくれた松田選手が2発ぶっ込んでくれたって事で、これまたテンション上がるよなぁ!



 確かに勝利を約束してくれたし、松田選手もサポに恩返しできてほっとしてるんじゃないかな。

 スタジアムDJやラジオ番組のおかげで選手との距離も縮まって、とってもうれしいことだけど、俺自身、他のサポ同様、一サポーターであることに間違いない。

仕事別にして勝利を分かち合いたい。

勝ち試合見たかったけど、ツイッターなどでの実況、皆さんありがとうございます!

ブラウ夏の陣!行くぜぇぇぇっ!

だから、次も恵ちゃんでって……言わないでね…グスン

っつうか恵ちゃんも、本当ありがとう!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

今週の土日は海日和…

2011年07月22日 | 告知!
明日明後日の2日間は海に入り浸りだな。

まずは土日2日間にわたり、秋田市の下浜海水浴場で行われる、ビーチサッカーフェスティバルのMCを担当。

昔、ビーチバレーのMCをしたことがあったけど、今回はサッカー。

熱い戦いを盛り上げますかい!

そして、土曜の夜は、お隣の桂浜海水浴場でDJイベントに参加!

詳細は下のフライヤー。



毎年恒例でいつも声をかけて頂いてたが、今年やっと参加させてもらいます!

当日はブーメランの海パンDJとしてスピンしよっと!

土曜は、ビーチサッカーとDJイベントの合間に、岩見三内の夏祭りの仕事にも行ってくる。

なでしこもがんばったから俺もがんばらねばな!

この記事をはてなブックマークに追加

クレイジーサーカス Vol.3

2011年07月19日 | イベント
秋田最強の男を決める東北最大格闘技イベント「クレイジーサーカス」

4月に行われた第2回からリングアナウンサーとしてお世話になり、今回も参戦させて頂いた!

まあそれにしても、強ぇえ!

おっかねえ。

 目つきも豹変し雄叫びを上げ、相手に突進していく様は迫力あるなんてもんじゃないが、勝敗がつくと満面の笑みで両者がハグし合う。

何度見てもその光景がすこぶる美しいんだよなぁ。

昔ながらのケンカ和解。

殴り合い、両者がぶっ倒れ、青空を仰いで、そして笑いあう。

そこには報復もなく、ネットの中傷書き込みもない。

今目の前にいる相手とタイマンで死合うのみ。

 今回はトーナメントもあり、セミファイナル出場がかかっているのでさらに迫力は増した。

 こういうイベントを成功させるというのは本当に大変だが、それでも情熱ある仲間が集まり、持てるノウハウを持ち寄り、足りない部分をカバーしあい、みんなで力あわせてるのがすごくいい。

 どんなイベントでも、主催者側に「俺様」的な人間がいたり、「このジャンルのこと知ってて当たり前だよね、好きだよねこういうの」的な、上から目線な人がいれば、そのイベントは成功しない。

 絶対数の少ない秋田では、そのジャンルを好きな人の、数倍の一見さんをイベント会場に呼び込み、イベントの面白さをまずは生で見てもらうしかない。

 だから告知や集客に汗かくのは大切だけど、結局上記の、俺様で上から目線的な人間がいれば、一般の人はやっぱり偏見を持たざるを得なくなってしまう。

 それを払拭し一生懸命がんばってる人がいれば、俺に出来ることは何でも協力させて頂くし、自分も楽しむ。

 クレイジーサーカスはそういう意味でも、本当にたくさんの人に見てもらいたいイベントだ。



 まあ一番最悪なのは、ネット見ながら平面的な情報だけ取り出して、どこに出かけるわけでもなく、

「なんか面白れぇことねぇかな?」

なんてぼやいてる人間だろうけどな。

 楽しいことは外に出なきゃそうそうあるもんじゃないし、いろんなとこに顔出して初めてそういうものが見つかるんだ。

 今回のクレイジーサーカスのように、秋田を格闘技で盛り上げたいっていう強い思い、その他、今までなかなか秋田では見ることが出来なかった様々なイベントを主催する人達が増えてきたのは確かだ。

 みんな自分たちの力で秋田を盛り上げようとがんばってるし、そういう人達はそれ以外のイベント会場にも顔を出す。

あとは、遊ぶ側の意識の問題だね。

興味がないならそのジャンルのことを悪く語るべからず。

出不精なら「秋田はつまんない」なんて嘆くべからず。

復興の手伝いをしたいなら家にこもるべからず。

外に目を向ければ、楽しい事なんてごろごろ転がってる。

さあ夏だ!

イベントは盛りだくさん!

秋田の夏を存分に楽しもう!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

昨日のゲストは大金祐輔選手!

2011年07月16日 | ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ・オン・ザ・ウェーブ、3回目のゲストは、背番号31番、ゴールキーパーの大金祐輔選手。

今年ブラウブリッツの一員となり、メンバー入りを目指す若き守護神。



まだ出場機会には恵まれてないが、キーパーってのは一撃必殺。

チャンスをつかみ取って存分にプレイする姿を早く見せてくれ!

元気で明るく、将来的には間違いなくチームのムードメーカーになるタイプだな。

っつうか秋田にいてくれよ!

ちなみに好きなタレントは、北川景子さん。

秋田にゃ北川景子クラスの女の子いっぱいいるからな~。

この記事をはてなブックマークに追加

アグレッシブですけど、何か?何が?どれが?俺が?

2011年07月14日 | テレビロケ
1年半ぶりの広島。

待望の広島。

再び声をかけて頂いたその番組は

「アグレッシブですけど、何か?」

全国10局以上をネットしている、ローカルの枠を超えたローカル番組だ。

以前、ローカルMCサミットに出して頂いたとき以来。

まあなんてありがたい。

先日収録のため広島に赴き、目指したロケ地。

その場所には、かつてローカルMCサミットに出演した個性豊かな面々が大集合。



(上段左から)・岡本先生(福岡代表)・ばってん城次(熊本代表)・ふじポン(岩手代表)・中島尚樹(広島番組MC)・俺(秋田代表)・こかどひろこ(佐賀代表)
(下段左から)・石田剛太(ヨーロッパ企画)・ヤノパン(大阪代表)・ワッキー貝山(宮城代表)・笠井さやかアナ(千葉テレビ)

個性豊かというか、とんでもない強者が勢揃い。

わ!しかもこの人ってあの全国区番組に出てるあの人じゃん!

この、限りなきポテンシャルの持ち主達の中で、俺はやっていけるのか!?

 内容に関してはまだ言えないが、いずれ今回も、各地のローカルタレントの驚異的なパワーをひしひしと感じ、改めて自らを鼓舞するいい機会となった。

 そんな機会を与えてくれた広島ホームテレビ、ホームテレビ映像のみなさん、ガチ感謝です!

そして、長い時間行動を共にしたローカルタレントの皆さん、お疲れ様でした!

秋田の放送日が確定次第追ってご連絡を!

それにしても楽しかった!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

イケメンですねってか?

2011年07月13日 | プライベート
<実際の俺の行程>

チャン・グンソクって誰?

チャン・グンソクのどこがいいの?

キャーキャーする意味わかんね

無理矢理「イケメンですね」のDVDを貸される

韓流ドラマには一切興味なし

めんどくせぇな…。

まあせっかくだから1話だけでも見とくか

なにこの鈍くさい女

へ~このテギョンってやつがチャン・グンソク…

「………」

「………、、ん?」

え~と、、、次は…どうなるのかな…?

あのぉ……

ヤベ、、、面白れぇ…

うわ、面白れぇ!

ユ・ヘイって誰!?アフタースクール!?ユイ!?

っつうか、チョン・ヨンファいいな…

明らかに1年以上遅れてるんだよな俺、、


果たして俺は、よくある初期韓流中毒者なのか…

この記事をはてなブックマークに追加

こんなに「負けてほしくない」と思うチームはなかなかない

2011年07月13日 | ブラウブリッツ秋田
出張中だったのでちょっと振り返るけど7月10日日曜日。

 開幕以来の秋田市開催、ホーム連勝の可能性、テレビ中継ありと、絶対に負けられない戦いがそこにあった。

第13回日本フットボールリーグ第2節。

ブラウブリッツ秋田VSV・ファーレン長崎。

予想された天候とはうって変わってスーパー晴れ。

絶好の観戦日和と言うよりはちょっと暑すぎるくらい。



 この日は、別会場でプロ野球の試合もあったため、なんとなく秋田市中央がざわめきたってる感じで、そんな中、サッカー観戦にもたくさんの人が訪れてくれた。

午前中から小学生を対象に宮澤ミシェル氏のサッカー教室あり。



一般公募により決定したキャラクター、ブラウゴンの初お披露目タイムあり。

秋田初のアイドルグループ、pramoのデビュー曲披露あり他、イベントも盛りだくさん。



しかし…。

負けてしまった…。

一番悔しいのは選手であることに違いない。

これだけのお膳立ての中、それでも結果を残せなかったもどかしさ。



それでも、会場に集まってくれたお客さんは本当に寛容だった。

 惜しい攻撃やキーパーのスーパーセーブなど、見応えのある場面では大きな歓声が響いた。

どんなに最強チームでも一生勝ち続けることはない。

負けが込んでも、必ず勝つ日は訪れる。

屈強なサポーターであれば度重なる敗戦を叱責することもあるだろう。

 それでも、初めて、もしくはやっと見に来れた人など、肩肘張らず、秋田のスポーツを純粋に生で楽しもうと訪れた人達は、休日を存分に楽しめたんじゃないかな。

すべてを含め、それが地域のスポーツの楽しみ方の当たり前の姿なんだと思う。

 まだまだ知名度はなくても、選手は秋田のチームとして一生懸命がんばり、県民は、地元チームを休日軽い気持ちで応援しに行く。

 この繰り返しが、新潟や山形、宮城のように、サポーターの増加や地域の協力により、Jへの布石になっていくのは間違いないんだ。

絶対にあきらめない。

今の俺にとって、いろんなスポーツの中でも、これほどまでに

「負けてほしくない!」

って思えるチームはない。

さあ!気持ち切り替え、次の勝利に向けて大きな声援を送ろう!

GO!ブラウブリッツ!!



この記事をはてなブックマークに追加