シャバ駄馬男「シャバでひとつ…」

秋田のタレント、シャバ駄馬男のたわいない日常ダイヤリー

県立スケート場では…

2010年02月27日 | プライベート
 オリンピック女子フィギュアの興奮冷めやまぬ翌日、近所の秋田県立スケート場に行ってみた。

 ちゃんと滑るのは高校以来だと思うけど、久しぶりに滑る楽しみというよりは、

「昨日の今日でスケート場はどんなんなってんだろ…」

っていう興味の方が圧倒的に強かったりして。

 で、入ってみると…



 予想通りいるね~

 親子、カップル、友達同士、外国人におじいちゃんおばあちゃん。本当に様々な人で賑わっているじゃん。



 明らかに今日初めて来た感じの人。俺みたく久しぶりに来て感触を確かめてる人。子供に一生懸命教えている親。真央ちゃんかってくらいクルクル回ってる本格的な女の子。

 子供も大人も今時の若者も、みんながあっちこっちでコケてる。

「あ~あ、みんなオリンピックに触発されてんだよな~」




だが、それがいい。


 少なくとも、それをきっかけに初めてスケートリンクに立つことにどれだけすばらしい意味があるだろう。

 ヒーローやヒロインに触発され、新しい分野の門を叩く。そうやって人は自分の可能性や才能に気づいていくべきであって、それが小さい子供であればなおさらであり、そういう場面を提供してあげるのが親の役目だろう。

 いろんなことに挑戦する、させることは大切なことだし、感動する場面に強烈に影響を受けることに何ら恥ずかしいことはない。

 あと大切なのは環境だな。

 スケート場が近くにあってよかったって思うわけだ。

近くに無ければ出来ないか遠くまで通うしかない。

 じゃあ、カーリングは?

影響を受け感動したのに、近くに出来る場所はない。

だから秋田ではカーリングが普及することはまず無い。

おとなり青森だったら競技人口増えるだろうな。


 何でもかんでもありゃいいってもんじゃないけど、秋田もスポーツにガッツリ力を入れていくという事になったようだから、次世代の子供達がいろんな可能性に挑戦できるような、秋田からスーパーアスリートが誕生するような、そんな環境作りを心がけて頂きたいものですな… 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

神ですら力の及ばぬ世界

2010年02月26日 | スポーツ
超最高レベルの2人が激突するするとき、それを傍観するものは異常な状況下に陥る。

当の本人達のメンタル面をよそに、第三者がみな、極度の緊張で倒れそうになる。

 全く下世話な話にはなるが、かつて、俺自身このほどハイレベルな好敵手対決を見せつけられてたまらない興奮を覚えたのは、

「矢吹丈 VS 力石徹」

「ケンシロウ VS ラオウ」

「岡ひろみ VS おちょう婦人」

意外に考えられなかった。(アニメだが)

そのキャラクター性とカリスマ性に、相手を蔑む思いなど微塵もない。

 主人公であれ、好きなキャラクターであれ、対戦相手に嫌悪感や憎しみなどなく、相手のすばらしさを認めているからこそ生まれる最上級の対戦。

 母国とはいえ、今回浅田真央を心の底から応援し、金メダルを願っていた日本人は、同じように心の中でキム・ヨナの圧倒的な強さを認めていただろう。

 そして、5点弱の差を跳ね返すのは正直厳しいかなと思いつつも、どこかで逆転してくれることを信じ、しかしながら、目の前でパーフェクトな滑りを見せたキム・ヨナの神がかりな姿に鳥肌を立て興奮し感動したはずだ。


 誰も立ち入ることの出来ない2人だけのサンクチュアリを覗いてしまったとき、人はなぜか涙し、笑い、震える。

 まさに、神ですら力の及ばぬ世界…


 過去、女子フィギュアでは幾度となく、大本命に嫉妬し続けた勝利の女神も、最強のライバルの前では、その「仲」に嫉妬するくらいしか出来なかったようだ。



それにしても…

大学や街頭の熱気と興奮のインタビュー。

テレビのアナウンサー、コメンテーターの熱いコメント。

韓国側の浅田真央に対する暖かい声援と拍手。

スポーツ界著名選手からのメッセージ等。

それぞれに共感できるのに、

政界からのコメントだけは、なんであんなにしょぼく感じてしまうんだろ…
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

真央ちゃんががんばってる頃…

2010年02月24日 | プライベート
 女子フィギュアSP。いよいよ日本中が注目する日が来た。

そんな中俺は、以前から不調を訴えていた背中や肩の痛みを解消するため、仕事仲間の何人かが通っているという、業界御用達の整骨院に行くことにした。

「あきのり整骨院」

とても気さくな先生(俺より年下)が、親切丁寧な施術をしてくれるそうだ。

 事前に前夜、よく通っている桜庭みさおに電話を入れておいた。

「どんな感じ?突然行っても大丈夫?痛くない?」

「あ~、ぜんぜん~、明日行くの~?? ○×△※…」

どっかで飲んでかなりいい感じになっているので、何言ってるかわからん」

とにかく行こう。




 で、俺の体のバランスや痛い箇所など、細かくチェックを入れてもらい、電気やマッサージ、骨盤、頸椎などの調整、たっぷりやってもらった。評判以上にすばらしい。

 真央ちゃんがトリプルアクセルを決めている頃、俺の首が、

「ボキボキッ!」

っと音をたてて悲鳴をあげる。

俺も左右にトリプルダブルのコンビネイションを決めた感じだな。

終わったあとは本当すっきり。

骨って本当重要なんですね…。

俺が終了したあと、しっかり桜庭みさおが順番待ちしてた…。





しかし、真央ちゃんとキム・ヨナのレベルは高すぎる。すげえな。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

サタナビコラボでエコナビ!

2010年02月20日 | イベント
 今日と明日の2日間、イオンモール秋田で行われているイベント。

「エコナビっ!最新暖房フェスティバル」

 これからの住宅事情で欠かせないキーワード「ヒートポンプ」をよく知ることができる。

今日は超神ネイガーの登場で盛り上がったが、明日はさかなくんがやってくる。

 会場が3つにわかれていて、1階のセントラルコートのMCは、バリトンさんと、エフエム秋田パーソナリティの宮野ちゃんが担当。



 で、俺は、秋田朝日放送タイアップブースがある、3階のイオンホール。こっちのMCは、サタナビっ!のZENさんと塩地アナプラス、俺というコラボレーション。



 なかなか無い3ショットだ。

 明日もやってるんで、遊びに来てね~。


おお、なんか普通に宣伝してるな…。

この記事をはてなブックマークに追加

珍名珍味

2010年02月16日 | ラジオ番組
 久しぶりに携帯でアップ。

エフエム秋田のレコード室。

 パーソナリティーで相方の村井ちゃんが、山形の温泉に行ってきたと言うことでお土産買ってきた。



 温泉の名前は、

「ホテル満光園」





読みは、マンコーエンだそうです。

ホテルマンコーエン。

なんだか俺が火照る…


最近も映画の舞台になってるそうな…





続いて仕事仲間の椎名恵が持ってきたもの。

中国帰りの友達からのお土産だそうだ。



わっ!わっ!わっ!

なんだか鶏の足がなんか酢漬けっていうかハバネロ漬けっていうか、爪が、、つ、爪が…

ムリムリムリムリムリムリ!!!!!!!!

俺、こういうの絶対だめだって!!

無理矢理食べさせられたけど辛ぇし硬ぇし皮がぷらぷらしてああああああああああぁっ!!


この!鳥の爪女と満光園女め!


この記事をはてなブックマークに追加

アグレッシブですけど何か? ようやくオンネアァァーッ!

2010年02月15日 | テレビロケ
 12月、単身広島へ向かい収録してきたローカルプログラム。

「アグレッシブですけど、何か?」

 いよいよ今週放送のようだな。

とはいえ、秋田ではオンエアーされない。

それでも、広島ローカルとはいえ全国9局をネットしてるんだからすげえ。

 地方タレント数名が集まり、地元のローカルタレント事情などを赤裸々に語るわけだが、もしかしたら秋田でオンエアーされなくて正解か?

 まともに放送されたら、俺もう2度と秋田の代理店の人から仕事もらえなくなるかもしれねえ!的なトークしてたり…。

こちらが公式サイトです!↓

「アグレッシブですけど、何か?公式サイト」
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

秋田発お笑い「ちぇす」の力

2010年02月15日 | プライベート
 彼らは力持ってるわ。

 土曜日、手形のサザンビーチという飲食店で行われた、秋田在住のお笑いコンビ「ちぇす」のコントライブを見に行った。

 ライブは定期的に行ってるようで今回が4回目だったけど、前回はメンバーの親族しか来なかったらしい。

 先日の大道芸のイベントの際、顔を出すと話していたので、いつもは社交辞令の俺もちゃんと行くことにした。でも、1人だと寂しかったので、ぷあ金スタッフなどを引き連れて。

 サザンビーチという飲食店はそのネーミングだけあって、なんとなく海の家みたいな場所。座敷にお客さんが座って、ステージとは呼べないスペースを舞台にコントが繰り広げられる。



 「今回はけっこうお客さんが入ってるね。女の子多いし…」

 で、数本のネタを観してもらったけど…


 これはマジでおもしれーーっ!



 俺自身お笑いでも何でもないから専門的なことは言えないけど、ネタもしっかりしてるし結構緻密に笑いがちりばめられてる。単純に笑えるところと、遅れて笑えるところのバランスもすごくいい。

うわっ!これ、本当おもしれーーわ!



 照明も出ハケも着替えもつなぎも、すべてが手作り感にあふれていて、本人達の一生懸命さはもちろんだけど、それを支える応援者の思いまでしみじみ伝わるんだよな~。



 間違いなく、某「エン○の神○」にノリで出てきてるような、あまりのつまらなさに観てるこっちが居たたまれなくなって思わず茶の間からいなくなってしまいたくなるようなクソ芸人のネタなんかより数万倍はおもしろい。


 前回の大道芸のイベントもそうだけど、秋田にゃ本当すごい「力」持ってる人達たくさんいる。そういう部分をしっかり伝えていくのが地元メディアの仕事なんだろうけど、全然光り当ててくんないんだよな。

 俺自身そういう関係の仕事に携わってる以上、秋田で一生懸命活動してるエンターテイメントな人達にがんがん光り当てて行くのが俺の役目なんだよなきっと。

 芸など一切ないのに、ギャラもらって酒ばっか飲んで仕事してるだけの人、、、なんて思われたくないしなぁ!(笑)

 そういう意味でも今回、ぷあ金スタッフにも観てもらいたかったし、どんな形でもいいから彼らを生かせる何かをイメージしてもらいたかった。だから誘った。

 うむ。きっとスタッフは何か考えてくれるだろう…。そう、朝日放送はきっとやってくれるぜ。


 おっと、明日はバレンタイン!

ってことを思いだし、ちぇすのコントライブ終了後、こちらも定期イベントである「フライド」へ足を運ぶ。



 この日は女の子DJ達が、気に入った男性客にチョコを渡すというハッピーでナイスな企画。

「よし!いっぱい笑ったし今日はなんかいいことありそうだ」

もらう気満々の俺。



 期待に胸を膨らませた俺は、数時間後、気がついたらニンニクたっぷりのラーメンを食い、寒空の中、ただ一人手ぶらで家路についてるのであった…

へっくしょいっ!!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本カラオケスタジオ大賞の秋田県代表選抜大会にて

2010年02月11日 | イベント
 今日、秋田市のカラオケAQA(アクア)で行われたイベントがこれ。

 秋田県にて多数の応募者の中から選ばれた27組の精鋭が、石川県で行われる全国大会への出場権をかけて自慢の喉を競い合う。

 このイベントの司会進行をさせてもらったが、いやいやいやいやいや…。

みんな歌うまっ!!

 イベントの冒頭の挨拶で、俺自身過去にこういった大会に出場したことがあり、その時は徳永英明の壊れかけのレディオを歌って準優勝でした~、なんて軽く自慢話から入ってみたが、27組が歌い終えたとき、自慢話しなきゃよかったって、どのほど思ったことか…。

 歌唱力が桁外れ。

 最新のポップスから演歌まで。幅広い年代層のエントリーだったけど、緊張しながらもよくもまあ素敵に歌い上げるもんだ。



 ヤマハのヴォーカル講師の渡部由紀子先生とエフエム秋田の放送部長、そして、途中歌も披露してくれたゲスト審査員で演歌歌手の加納ひろしさんの3名による厳正な審査で、最終的に秋田代表の座を勝ち取ったのは、AIのストーリーを男性2人で見事に歌い上げた、舟木さん(右)と細井さん(左)。



 正直鳥肌が立った。泣きそうになった。

舟木さんは実は前回大会の秋田県代表者であり、今回で2年連続となる。

 個人的にも彼らはほぼダントツの評価だったけど、俺的にはそのほかにも、HYの曲を歌ったモデルみたいな女の子と、kiroroのベストフレンドを歌った受験生の女の子はよかったなあ。


 っつうか本当みんなうまっ!


 舟木さんは前回の全国大会、緊張して実力を発揮できなかったといっていたけど、今回は最高のパートナーとともにリベンジだな。

「秋田最近すげえぞ」

って、全国の奴らの度肝を抜いてきてくれ!

それにしても、歌うまいっていいよなぁ~。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

田代まさし来るってか?

2010年02月10日 | ラジオ番組
 先日のフリークラッシュ。

ゲストは、地元のDJでありイベントオーガナイザーでもある、MILKさん。

今週末行われるイベントの告知で番組出演!

そのイベントとは!



「マーシー☆ポルシェ 監獄ポップCDリリースツアー」

つうことで、田代まさしがクラブイベントに登場するのだ。

 転んでもただで起きないエンターテイナーのタシ~ロと、ユニットを組む掟ポルシェ申し訳JrのDJ&説教。

 アイドルポップをネタとした選曲は、秋田のクラブシーンに大きな衝撃を与えること間違いなしだ!

 2月12日金曜日午後8時スタートのイベントは、秋田市大町のライブスペース四階。

限定100人イベントなんで、もうチケットねえかなぁ?

シャバ駄馬男、行きます!!

この記事をはてなブックマークに追加

DISCO DISCO DISCO

2010年02月07日 | イベント
 昨日、club AKで行われた、

「DISCO DISCO DISCO」

なるダンスイベントに顔出した。

 俺らが主催してるイベントのDISCOシリーズとは違い、より70,80年代のダンスミュージックを掘り下げた選曲のようで、ナイスな世代のオーディエンスが、昔を懐かしむように軽快なステップを決めていた。



 この光景は本当に素敵だ。

 似たようなイベントではあるけど、こういった形で大人の遊び場が増えるのは大歓迎だね。

 中央じゃその世代をターゲットにした様々な仕掛けで、商業的にもしっかり成功しているけど、秋田はまだまだまだまだ全然。

 一番遊び方知ってて、それなりにお金も持ってる世代動かさないでどうするって感じ。俺も含めて。

 まあ秋田はえーふりこきが多いから、人のやることにとやかく言うことは言うけど、いざ自分の立場になれば何もできねえんだよな。


 そんなんで俺自身、今回はお客さんとして楽しまさしてもらった。

俺らが遊んでた世代って、オーディエンスとして最高ランクの仲間がそろってるんだよね。

金がねー、忙しい、つまんねえ、好きなジャンルじゃねえ…

 そんなの関係ない。どこからともなく遊びのにおいが漂ってくれば、各々がそのにおいをキャッチし、何も言わずとも、気がついたらその場所に集まってる。

 「なんか楽しいことない?」

 なんて愚問は決して吐かない。自分たちで楽しいことを見つける、無ければ作る、そんな能力を持ってる世代。

 そしてこの日もしっかり集まってたわけで、だから俺もテンション高まってしまう↑



 この世代大事にしなきゃ。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加