シャバ駄馬男「シャバでひとつ…」

秋田のタレント、シャバ駄馬男のたわいない日常ダイヤリー

雨の練習試合

2008年04月28日 | スポーツ
 08年のシーズンがいよいよ動き始め、こしゃるずFCに加入した俺も、このチームでの初の試合に参加することとなった。
 自分よりも遙かに若い世代との練習試合。八橋第2グラウンドの広さ、5号球、ナイター、そして、非常に雲行きの怪しい天気。
 好条件がそろい、スパイクからトレシューにもう一度履き替え、怖じ気づいて帰ろうとしたときチームメートに出会う。

「シャバさん!今日はがんがんいきましょう!」
「は…はい…」

もう帰れない…

 夜7時の集合前、多少なりとも失礼があってはならぬと、5時くらいから近所の小学校のグラウンドでシュート練習をした。空気を入れすぎたボールが、堅くて全く飛ばず、利き足の左のすねが早くも張ってくる。

 「こりゃいかん」

アップにならないアップを早々に切り上げグラウンドへ向かう。

20分の3セット。体に優しいタイムスケジュールだ。いや…きつい。
1本目と3本目に参加させてもらった俺。
テレビで観戦していれば

「おい!シャバ!お前もっと内に入れ!」
「縦切れ!」
「しょったよ!」

と、画面に向かって罵倒しているところ。

なにもできない…。

頭と体が違うことになってるのです。

レクレーション的にサッカーを多少楽しんできた昨年とは違い、憚らずも2部リーグのチームでプレイをしているという現状。

本気モードの試合感というのが、俺の中では中学校のサッカー部で完全に止まっていたようだ…。

3セット目にようやく足が回り始めてきたものの、空から大粒の雨が落ちてきてびっしょり。

「そうだ…、サッカーって雨降ってもやるんだっけ~…」

あ~寒いなどと、肩をすぼめている場合ではなかった。

結果得点に絡むことは無かったが、初戦と言うことでまずは大目にみたい。大目に見てくださいチームのみなさん!
 ワタシマダマダ~、ニホンキタバカリ~、ハンセイシテルゥヨ~(タガログ語風)

自称「ギッグス」とか行ってる場合じゃ無くなってきた!

まずは腹をへこますぞ~背番号9番!!


コメント (2)

禁煙してるのに!

2008年04月25日 | プライベート
 走ってます。毎朝走ってます。

 体力作りのため?もちろん!    もちろんだけど…。

本音はダイエット……です…。

ったくよー!ふざけんじゃねえっつんだよ!

体調を気遣いたばこをやめた。1日2箱以上吸ってたヘビースモーカーの俺ぴたりとやめた。当然周囲は驚いた。やめて4ヶ月。周囲はまた驚いた。俺が太ったことに。4ヶ月で9キロ増。俺も驚いた。

これってやっぱり言われてるとおり?
たばこやめれば太るってこと。
俺、身を持って実証したのか…。

その後、朝ジョギング。ストレッチ。ネットで、効率のよい脂肪燃焼のススメを熟読し実行。

飯がうまい。

体重増える…。

もういい。もういいです。もうたばこ吸います。
やめることによってこんなに太るなら、二度とたばこはやめません。
冗談じゃない。肺の心配する前に、肥満からくる様々な疾患の心配した方がよくなるなんて目も当てられないし。ばかじゃね?

と、何に対して怒りをぶつけたらいいのかわからずながらも一人で勝手にキレてると、まわりからいろんな声が聴こえてきた。

「私もやめて太ったが、いずれまた前の体重に戻るよ」

これは”神の声”だろうか?
俺は結果を急ぎすぎてるのか?
ピークを過ぎれば戻れるのか?
ピークっていつなのか!?
い、いずれっていつな…?!

まあ、とりあえずその神の声に託してみようか。


一瞬冷静になる…。

…まてまて!


たばこやめる前の体重に戻れるといっても、やめる前の体重に満足していないぞ俺は!


くそ!

はーしろっと!

今度はこっちかよ!

2008年04月24日 | スポーツ
 やっちまった2だなこりゃ!
 そうなんだよねえ…。こういう時って、役者が下手コイたりしちゃうんだよねぇー…。

ロナウドーッ!

 マンU対バルサの試合が、引き分けに終わるのではという予感は多少していた。まあ、うまくいけば1-0で勝利?でも、バルサホーム、カンプ・ノウにはおそらく約10万人のサポーターが…。でもって、スペインリーグでは優勝争いから脱落しちゃったかな感もあり、この大会にすべてをかけてるバルサと、ただいまプレミアリーグで首位ながら、2位のチェルシーに肉薄されているマンU。
 昨年の日本にたとえるなら、アジアチャンピオンズリーグに全身全霊を注ぎ、ボロボロになりながら優勝するも、Jリーグにおいては、独走首位から立て続けの連敗で最後に鹿島に足下をすくわれてしまうという、天国と地獄を経験した浦和みたい?
いや!んなことぁー無い!

 いずれ、選手の疲れもものすごーくピークで、それでも全くもって気の抜けない4月。

 チャンピオンズリーグはそりゃ大事だよ。でも、国内リーグはやっぱり落としちゃいけないでしょ。今日のことはひとまず忘れ、プレミアリーグの方、4月26日、アウェイでのチェルシー戦にすべてをかけてくれ!この試合はマジで大事!絶対に勝たねばならない!

 そのあとのバルサとのセカンドレグはマンUホームなんでなんとかなるっしょ!
お!?でも、引き分けは0-0以外は負けになる…?

大丈夫!勝つ!

チャンピオンズリーグ準決勝

2008年04月23日 | スポーツ
 さあ、いよいよ準決勝だ!あれ、皆さん野球見てました?メジャー?え?こ…国内…?
 まあいいでしょ!俺は勝手にサッカー話してるから!

 でもってチャンピオンズリーグ準決勝。さっそくリバプールがやらかしてしまった!大舞台と強い相手にめっぽう強いリバプールが、その強いチェルシー相手に1-0まではいいんだけども、そのあと攻めきれず、最も最悪の結末を迎えてしまうんだからなあ。

・後半4分のロスタイムでしかも4分過ぎてる状況
・途中交代で入った選手(リーセ)のオウンゴール
・ホームゲームで引き分け

日本のドーハの悲劇ではないが、勝ちを確信した時間帯に点取られたとき程屈辱的なことはない。しかもオウンゴールになったときのドログバの興奮した顔がいらついた。

 結果、第2レグは、勝つのみというわかりやすい状況にあるリバプール。まあでもこういう時ほどパワー発揮するからなあ。チェルシーは今非常に勢いはあるけども、なんと言って26日、プレミアリーグ、首位マンチェスターユナイテッドと勝ち点差3を追いかけての頂上決戦が控えているから、その結果次第でCLがどうなるか!これも楽しみ!

 まあそれよりも、今晩のマンU対バルサの準決勝第1レグがなによりも注目!
今回こそマンUには優勝してもらわないと!
今年も年末はクラブW杯見に行く予定だし。この大会も今年が連続日本開催最後らしいからな。去年はミランを堪能したから、今年はマジでマンUで!リバプールもバルサも来てるし。チェルシーにはまた泣いてもらって、なんとか2冠ください。
チェルシーファンの方には申し訳ない。でも、俺の中で、モウリーニョがやめた時点でチェルシー熱は冷めたんで。
 っていうか、監督はやっぱり、ころころ変わらずずっと一緒がいいなあ。

いよいよサッカーシーズン

2008年04月21日 | スポーツ
 ちまたでは、オリンピックのサッカーの組み合わせも決まり、チャンピオンズリーグも残すところあとわずかとなり、Jもなかなかの白熱を見せ、サッカーが盛り上がって参りました。
 とうの昔に野球ファンに見切りをつけた俺は、それでも、かつては何よりも愛していたジャイアンツの結果だけでも知ろうと、なにげにニュースをチェックするが、今日もまた、俺を裏切ったあのときのジャイアンツのような状況が結果として伝えられる。

「本当は野球もしたいのに!」

そんな思いは、元恋人の不甲斐なさから断念せざるを得なくなる。

よし!サッカーだ!

 もっぱら観戦のみだったサッカーも、ここ数年ピッチに立つ機会が増え、中学以来の蹴球熱にとりつかれている。

 そしていよいよ08’!
市内リーグ2部の「こしゃるずFC」へ電撃移籍決定!(?どこから?)


39歳のウィンガー獲得とは、クラブチームの戦力補強としては到底考えられない状況ではあるがそこはご愛敬。禁煙したことを盾に、よりいっそうの走力、瞬発力のスキルアップを約束する。
 しかし、先日行われたテストマッチでは、それ以前にキック力に問題が!
「おいおい!どーすんだ!?」
自問自答は、最終的に「朝練」という形で解決策を見いだすこととなった。
 これからしばらくは、汗臭い毎日が続きそうだ…


コメント (1)

よっ!天下一の傾奇者!

2008年04月10日 | 趣味
いや~、ようやく読み終わった…。まさに一気読み!ここ一年でコンビニで発売されていた花の慶次の廉価版コミックス。

 正直、ジャンプ掲載中は読んでなかった。っつうか、ジャンプ自体卒業していたのでお目にかかることは無かったのだが、崇拝する漫画「北斗の拳」と、敬愛する漫画「蒼天の拳」の間に、これほどまでに男心を奮い立たせてくれる漫画が存在していたことに、なぜ今まで気がつかなかったのか!?いや、気づいてはいた。いたが、手に取るまでに至らなかった。



 もちろん、描かれている原哲夫氏の他の作品も知ってはいる。ふかわりょうが原哲夫氏のいとこだということも知っている。が、実際しっかり読んだことがあったのは「公権力横領捜査官中坊林太郎」くらいか!

 こうみえても歴史好きの俺にとって、過剰な脚色で本来の歴史の重みを失ってしまうような漫画は受け付けなかった。
であるなら、全うに偉人伝などを読んでいた方がまだまし、的な考え。

が!

が!

俺!間違ってた~~~っ!!

ぶっちゃけパチンコから入りました!
北斗の拳でスロットにおぼれ、溺死しかけた頃4号機が撤廃。
その頃、低確率ながら、一度当たれば大量出玉が期待できることで密かに人気のあったパチンコ台「花の慶次」が、5号機の貧弱さでパチスロ離れした人たちをパチンコに引き戻す切り札となり、じわりじわりと設置台数を伸ばし、今や全国的に大人気となったこのパチンコ台で、天下一の傾奇者、前田慶次(郎)を知った人は少なくないはず!

 パチンコの演出を見る内に、当然実在した人だったことを知り、時の天下人は太閤豊臣秀吉だったことを知り、そういえば昔、NHKの大河ドラマで「利家とまつ」というのをやっていたことを思いだし、前田慶次が恋いこがれた「まつ」という女性がこの人だったんだと思いだし、その役は大好きな松嶋菜々子サンだったことを思い出し、前田利家役の唐沢寿明と、この漫画の利家とは似てもにつかない人物像だと思い、そして、前田慶次郎役を及川光博さんがやってたことを確認した。

 この漫画によって前田慶次郎利益という人物がいたと言うことを知った人はたくさんいるだろう!
 いや、その前に、パチンコで彼の存在を知り、あわてて漫画を読んだという人はこれまたたくさんいるだろう!

それでいい!

 前述で、過剰な脚色で本来の歴史の重みを失ってしまうような漫画は受け付けなかったといったが、やはりなんでも触れてみなければならないもんだと改めて実感!

 戦国の世にあのほど傾いた漢が実在したと言うこと、そしてその漢の魅力にとりつかれない男はいますまい。

 実在したにもかかわらず、彼についての資料がほとんど残ってないというところが歴史のミステリーであり、それを語り継いだのはその後の人たちの、数少ない史実に基づいた、なかば妄想であるのかもしれない。

 でもそれでいい!

 当時の記録を寸分違わずこの世に再現することは、タイムマシーンでも無い限り不可能であり、そうなれば、歴史そのものが事実に基づいたフィクションであることになる。それがロマンなのだ!!

 史料不足のため、数十年、数百年後に語られた歴史上の偉人といえば、この前田慶次を筆頭に、あのジャンヌダルクも同じたぐいにあげられるのかも!

歴史って、本当にロマンですねえ!

 いずれにせよ、この前田慶次という男!あまりにもかっこよすぎで、びびります。彼に敬服するのであれば、もう、パチンコとかやってる場合じゃないですよマジで!

………え?

 
コメント (2)

まぐろの一本釣りー!?

2008年04月07日 | テレビロケ
 生まれて初めて行きました。青森県の大間!
大間っつったらマグロです。誰がなんと言おうと。本州の最北端の地に立ち、函館山方面を見ながら(ガスがかかってなければ函館山が見えたのに…)マグロ喰いてー!と絶叫しつつも、季節は4月初旬。海風は鬼のように冷たく、マグロモニュメントの前にいるのは数分がやっと。速攻で向かいのお土産屋に避難。


 そもそも俺の目的は石川啄木さんでも函館山を眺める絶景でもない。マグロを食べること。好き嫌いの多かった30代前半とは代わり、35歳も過ぎると微妙に食が変わってくるもので…。食べられる刺身が増えてきました。まあ、元々マグロは食べられたものではあったけど、

「刺身の中ではマグロは食べられる方ですー」程度のもの…

 最近になってようやく、そのうまさを理解し始めていた。

 お土産屋の入り口に必ず張ってるチラシを見て心が和んだところで(テーシャッツって…)、ひとしきり仕事を終え(もちろん仕事で行ったんです…)、いよいよ大間のマグロ丼を食す事に相成りました!


 正直いいます。人は、本当においしいものを食べると、言葉にならないとか、ただ笑うだけとか、いろんな表現があると思うんですが、僕が今回食べたマグロ丼は、口にした瞬間…。

びっくりしたーっ!!!

びっくりして泣きました。
死ぬには早いけど、死ぬ時が来たらもう一回食べたい。

この辺の模様は、青森朝日放送のブレイクという番組でお楽しみください!