シャバ駄馬男「シャバでひとつ…」

秋田のタレント、シャバ駄馬男のたわいない日常ダイヤリー

落語というものの面白さ

2011年10月31日 | イベント
 全国に散らばる吉本住みます芸人の中で、秋田は落語家の桂三若さんが、秋田のお笑い大使にも任命されがんばっている。

 事務所をSJK劇場というというネーミングで構え、会いに行ける落語家として、毎週そこでワンコイン落語が行われたり、県内の各イベントや施設などで落語を披露したりしている。

 ブログにも書いてるけど、三若さんとは、ぷあ金出演以来仲良くさせて頂き、Ustreamにちょいちょいお邪魔したり、一緒に飲みに行ったりと、プライベートでもご一緒する機会が増えた。

 今回、秋田で初めての独演会を開催すると言うことで、その1回目のゲストにお招き頂きまして。

そうして行われた「桂三若の秋田情熱ひとり会」

まず、秋田市にこんな立派な場所があったとは知らなんだ。

秋田市民俗芸能伝承館、通称ねぶり流し館。

 もちろんその建物があるのは知っていたし、1階のスペースでは週末竿燈の実演が楽しめるスペ―スがあるのは知ってた。

その5階。



まるで能楽堂のようなスペース。

ここで民俗芸能のイベントが開催されているんだと思うと、

「まだまだ秋田のことしらねぇなあ」

と、つくづく思う。

 この場所で行われた独演会は、マックス80人のお席にそれ以上のお客さんが来てくれて大盛況。

俺のゲストコーナーも、三若さんの落語の面白さにつられ、なんかウケててよかったー。

それにしてもやっぱ落語は面白い。

 古式ゆかしい古典落語も、現代が舞台の創作落語も、一人何役の世界観と、笑かすタイミングとオチ。

本当にすごい世界だと改めて感心した。

大泉洋さんが好きなのもわかる。

笑いの緩急の原点なんだなこれ。

とにかく、そんな三若さんのプロフェッショナルな姿を見ると惚れ惚れする。

何の芸もない俺が秋田で何となく仕事させてもらってるけど、

「これが本当の芸能人だ」

 ってのを目の当たりにしたとき、向上心を持たなければ、ギャラを支払ってくれる人に失礼だと思った。

もっともっと、秋田を盛り上げるために、志を高く!

そんな、いい刺激を受けた一日だった。

そして案の定、そのあとの打ち上げはグダグダだった。

今週のゲストは前山恭平選手!

2011年10月30日 | ブラウブリッツ秋田
 ブラウブリッツ・オン・ザ・ウェーブ、今回は、靱帯断裂のため8月より戦線から離れることになった前山恭平選手。



 国体でのケガというのも悔やまれるけど、何よりも、先発固定され、本人もチーム自体も調子が上がっていたときだけに、今回のアクシデントはサポーターも相当ショック!

でも、本人は気持ちを切り替え、すでに来期を見据えリハビリに奮闘中。

 大学時代に一度、今回と逆の足を同じ形でやってしまったことがあったようで、今回もアクシデント直後、

「あ!半年以上できない…」

と、即座に悟ったと。

 見学者ホールやメールでもそうだが、サポーターは1日も早く前山選手が帰ってくるのをまってる。

とにかく焦らず、しっかりと直して帰ってきてね。

もうね、来期もチームにいること前提で話してる。

だって、このままじゃ終われないっしょ!

桂三若の秋田情熱ひとり会

2011年10月28日 | 告知!

明日、10月29日【土】秋田すみます芸人、桂三若の秋田情熱ひとり会が開催!

 よしもとクリエイティブ・エージェンシーが月1回開催するこのイベント。1回目として、三若さんが落語を披露するほか、俺、シャバ駄馬男がゲストゲストとして登場しトークショーも行います。県内で演じていない落語を数席披露。チケットは同市のSJK劇場、caoca広場(トピコ)、ココラボラトリーのほか、チケットよしもとなどで発売。


開催日

10月29日(土)

開催時間

14:00~

会場

秋田市大町ねぶり流し館


料金

前売り2000円(当日2500円)



問い合わせ

チケットよしもとインフォメーション(10:00−19:00)


問い合わせTEL(1)

0570-036-912

取り急ぎ告知です!

是非遊びに来てね!

ゲスト久保田圭一選手と、ブラウブリッツの連勝と!

2011年10月23日 | ブラウブリッツ秋田
 ブラウブリッツ・オン・ザ・ウェーブ、21日のゲストは、背番号24番、久保田圭一選手。



地元アルテ高崎からブラウへ移籍して2年。

 すっかり秋田の生活にも慣れたようだが、今シーズンはまだ、自分の思い通りになっていないことがいろいろあるようだ。

まずはやはり、スタメン固定を目指すこと。

 先頃アウェイでも今期初フル出場に初得点を記録したし、JFL出場通算100試合というメモリアルな出来事もあった。

持ってるものは相当のものだから、是非存分にアピールしてもらいたい。

圭一ここにありと!

ちなみに久保田選手のブログはこちら! → <久保田圭一オフィシャルブログ>



さあそして日曜日。

仁賀保グリーンフィールドでは、ブラウブリッツ秋田 VS ソニー仙台FCの試合が行われた。

 ソニー仙台といえば、今回の震災で被災し、チームが練習も出来ない状況の中、それでもその苦しみを乗り越え、途中参戦してきたチームである。

 同じ東北、共に戦うという思いで、かねてからエールを送っているブラウのサポーター。

東日本復興支援マッチという、特別な意味合いの対戦となった。

試合結果はご存じの通り、松田正俊選手が後半、相手の反則を誘いPKを奪取。

これをしっかり沈め、1-0で勝利。

 試合前も試合中も試合後も、ブラウブリッツのサポーターとソニー仙台のサポーターとのコールの交換が行われ、熱戦の中、東北の暖かさが感じられる、とってもいい雰囲気のゲームだった。

 試合終了後は、秋田のサポーターかソニー仙台FCとそのサポ―ターの皆さんへ、自作の横断幕を贈呈する一幕もあったり、昨年までブラウブリッツ秋田でプレイしていた、現ソニー仙台の菅原太郎選手のコールに、わざわざサポーターの前まで来て答えてくれたり。



共に戦うってこういうことなんだなあと、随所にジーンと来てしまう一日だった。
コメント (1)

実はダイエット効果が…

2011年10月21日 | フィットネス
あえて大々的に公言してなかったけど、ダイエットしてます。

 今まで、ダイエッ党なるものを勝手に立ち上げ、大々的に減量をアピールしようとしたけど、何度も挫折。

飯はうまいし酒はうまいし、いつ死ぬかわかんねんだから好きなようにやる!

 毎回収まるところがそこだったけど、そんなグータラな俺の気持ちを180度変えたのは、医師の介入だった。

「中性脂肪高すぎ」

この年でこの宣告は、

「このまま行けば確実に楽しい人生遅れないよ」

って言われていることである。

食事制限に体重管理。

この俺が、腹回りをゆうに100センチオーバーしているメタボオヤジと同じはずがない!

俺はポンポコリンにはなりたくない!

中途半端な気持ちでは到底成し得ない壮絶な試練に立ち向かう日が来たのだ。

 6月中旬、84キロあった体重は、大好きな肉やラーメンを絶ち、家での晩酌を控え、カロリー表示を気にしての食生活を鬼の決断で実行し、6月下旬までで-4キロに成功。

とりあえず俺の身体にとって全く必要の無い4キロだったことがわかる。

が、いつもなら、80キロを切れずリタイヤ。

しかし今回は違う。

 この壁を越えなければ、医学的に、自己管理が出来ない、だらしないメタボリックオヤジで終わってしまう。

人間見た目気にしなくなったら終わりだ。

なによりも、昔のようにシャープになれば、必ず「モテキ」が訪れるのだ。

長澤まさみが俺を待っているのだ。

その位の下心が無ければこの荒行は成し得ない。

だから俺は身銭を切ることにした。

「ジムに通う!」

自分本位ではなく、指導者の指示をしっかり仰ぐ。

お金を払って。

そんな訳で俺は、7月頭から、ゲオフィットネスに通うことになった。

知人がいたと言うこともあり、たいした抵抗もなく入会。

しっかりとしたサポートの中、俺のジムライフがスタートした。

 アブドミナルやレッグEX、プルダウンなど、筋肉をつけるための無酸素運動と共に、30分程度のランニング等の有酸素。

2ヶ月、3ヶ月。

日増しに付加を多めにしたり、セット数を調整したり、俺のジムライフは順調に進んだ。

 多少お酒やラーメンの誘惑に負けつつも、長澤まさみのため…、いや、自分自身の甘えに勝つため、週3~4日をめどに戦い続けている俺。

結果はついて来るものだ。

果たして俺は今どの段階まで来ているのか!

世界びっくり仰天ニュースのように、20~30キロ減りましたー!みたいな馬鹿な話はないが、現実的な話結果は!

続きはWEBでっ!(んなアホな!)

続きは次のブログ更新で!


p.s.今後「ゲオフィットネスが俺をモテキへと導く」というタイトルでまめに更新することにする!






コメント (1)

先週の深澤裕輝選手と今週の川田和宏選手

2011年10月16日 | ブラウブリッツ秋田
 ブラウブリッツ・オン・ザ・ウェーブ、10月7日は一度登場してもらった深澤裕輝選手が2回目の出演。



 国体の遠征メンバーとして、サッカー秋田県代表成年男子を準優勝に導いた戦士の一人だ。

 いつもとは違った混合チームでの試合に刺激され、ブラウブリッツでも、先日のアウェーでのツエーゲン金沢戦で、自身今期初出場。

そんなチャンスを無駄にせず、いつも120%でサッカーに臨む深澤選手にエール!



そして、10月14日は、川田和宏選手が登場。

移動中は朝も夕方も、だいたいエフエムを聞いてくれてるそうだ。



 いつも試合を見る度、中盤から前線へ送られる見事なロングパスに惚れ惚れしていたが、そんな職人らしからぬとっても気持ちのいい好青年。

高校3年の時は名門国見高校で、インターハイ、国体、選手権の三冠を達成。

 選手権の決勝は3-0の勝利だったが、そのうち2点を取ったのが、日本代表でヴィッセル神戸の大久保嘉人選手であり、もう1点を取ったのが川田選手なのである!

 本人的にもやっぱり思い出の試合だったようだけど、優勝した瞬間何を思ったか質問すると、

「ああ、もうこれであの地獄の練習の日々から解放される」

と…。

うれしさはもちろんだけど、それ以上に国見の練習のきつさが尋常ではなかったらしい。

1日60キロ走るって…、あれ?勉強は?

 ウイイレが得意で、そのプレイスタイルは本人と同じく、ゲーム中よくロングパスを多用するそうだ。

でも、コンピューターより自分の足の方が正確だって。

言うねぇ~、って、まあその通りだからすごい。

今後ともブラウブリッツ、よろしくお願いします!
コメント (1)

大泉ワンマンショーにみる大泉洋さん

2011年10月14日 | プライベート
大泉洋さんが久しぶりの来秋。

今回はたった一人でお送りする「大泉ワンマンショー」

19時から生放送のラジオが終わると同時に、会場である秋田県児童会館に向かう。

19時スタートから遅れること30分。

到着したときには、すでに大泉さんのものまねショーがスタートしていた。

思い起こせば6年前、TEAM NACSのコンポーザーの時に楽屋挨拶させてもらって以来。

 さらに振り返れば、man-hole、riverの試写会の仕事をさせてもらったとき、大泉さんやミスター、安田顕さんとご飯を一緒に食べさせてもらったこと、音尾さんのラジオに出演させてもらったこと。

 俺としては、NACSのメンバーを勝手に身近に感じてきたわけだが、今の大泉さんに至ってはもはやあの頃と管轄が違う。

だから今回は、純粋に一ファンとしてショーを楽しもうと。

 2時間超えのショーは、ものまねあり、落語あり、歌ありと(最初の30分はわかりません…)、まさしくエンターテイナー大泉洋を存分に見せつけられた。

 たった一人のステージは、場面転換中のスペシャルVTRも含め、常に会場を爆笑の渦に巻き込んでいた。

圧巻だった。

 ローカルタレントから日本を代表する役者へと進化した大泉さんにとって今回のワンマンショーは、本人のサクセスストーリーの注目度だけではなく、本来彼の持っているたぐいまれなる才能を表現するには絶好の場だった。
 
 「いるべくしているポジションだなやっぱり」

一介の地方タレントで終わる人間ではないことを、成長する度に見せつけられる。


そして、終了後、ついに久しぶりの対面をするときが来た。

 終わりそうで終わらないエンディングがようやく終わると、バックヤードで待ってた俺にスタッフから声がかかる。

「どうぞー!」

そこには、ライブを終え、カジュアルな装いに着替えたばかりの大泉さんがいた。

「どうもーーー、おひさしぶりですーー」

と、大泉さん。

「いやあ、もう、一生会えないと思ってましたよぉ!」

と俺。

存分に楽しまさせてもらったことを伝えると、

「本当ばかばかしくてすいませんー」

と。

そう!

 本人はばかばかしくても、それを人前で2時間以上披露するために緻密に計算し、筋道を立て、しっかり演出をする。

ばかばかしいことを一生懸命やるのだ。

これがエンターテインメントの極み。

 5分弱の再会だったが、かつて会ったときと違った色のオーラと共に、6年前と変わらない優しい笑顔があった。

 キングオブローカルタレントは、目指すことは難しくてもリスペクトに値する人物だった。

今度は来年4月、NACS秋田公演の時に会いましょう!

コメント (2)

ミスユニバース日本代表のとなりで…

2011年10月12日 | ラジオ番組
しばらく悟りを開いていた関係でブログが久しぶり。

 今回エフエムの番組に急遽出演が決まったとある女性のため、俺は、普段番組前にはしないことを2つした。

1つ目は、モンダミンをしたこと。

今まで買ったことも口に含んだこともないが、それも今日のため。

2つ目は、本番前にお風呂に入った。

 しっかりと身だしなみを整え番組に迎えたのは、2011ミスユニバース日本代表の神山まりあさん

 後光が差すというかオーラをまとうというか、日本一の美女が、世界を見た美女が、狭いスタジオの、並んだ椅子の俺の隣数センチ横にいるのだ。

 この度2012年の大会に先立ち、初めてミス・ユニバースの秋田大会が開催されると言うことで、そのPRで俺に逢いに、、、PRに来てくれたのだった。

世界大会が行われたのは9月。

それから3週間後には俺の隣。

 この奇跡の出会いに、俺は、あろうことか、2ショット写真でピースをしてしまうと言う大失態を犯してしまう。



「ここは男性モデルのように振る舞うだろ普通!」

と、自分に突っ込みを入れての取り直しもモデルになりきれぬほくそ笑み。



 これから2人で愛を育もうと妄想する俺の渾身の記念撮影は、サッカー好きの素人のおっさんという結果で終了のホイッスル。

0-8で敗れたタジキスタンの気分だな。

それにしても最高の女性でした!

昨日の楽しいトークから今日まさかの悪夢

2011年10月01日 | ブラウブリッツ秋田
昨日は、番組2回目のゲストとなる松ヶ枝泰介選手。

また出たいと言ってくれてからわずか1ヶ月で登場。




それでも聞きたいこと、話したい事ってあるもんだね。

 今回は調整のため大事をとり翌日の試合は帯同しない事になっていたが、大好物のFC琉球戦。

出たかっただろうなぁ。

まあ万全の状態で残り試合をしっかり戦ってほしいし!

無理せずに!

なんたってチームのキーマンだからね。



そんなこんなで今日のFC琉球戦。

今回のMCブースは、八橋球技場の一番上って事で、見晴らしが抜群。



ゲームを見るには最高のポジションだ。

あ、仕事仕事。


果敢に攻めるブラウブリッツは終始ゴールを脅かすんだが、これがなかなか入らん。

松田、今井、三好…、打つ!打つ!打つ!

しかしバーにも嫌われ後半も得点できず。

ホーム初のドローかと思いきや、サッカーの神様はシーサーを選んでしまった。

後半ロスタイム。

ワンプレイで終了というところでブラウがペナルティーエリア内でハ
ンドを取られる!

「うそぉぉぉおっ!!」

誰もが声を上げた。

 今回も決定的ピンチを何度も救った守護神鈴木彩貴に託されたゴールも、FC琉球、元日本代表我那覇に押し込まれ、ジ・エンド。

そしてホイッスル。

手にしたはずの勝ち点がこぼれ落ちた。



あとは語りますまい。

それにしても我那覇はともかく、途中出場の琉球、永井秀樹選手はさすが。

 Jの創生期、バブル時代のヴェルディ黄金期を支えたあの、元日本代表永井は、40歳で現役である。

しかし、その年を感じさせない球さばきはさすがの一言。

なんであんなにキレがあるんだろう。

悔しさに押しつぶされる前に、敵を褒めようっと。

しかしこれは悔しい…。

ロスタイムがますます怖い…。