シャバ駄馬男「シャバでひとつ…」

秋田のタレント、シャバ駄馬男のたわいない日常ダイヤリー

消されていくカリスマ予備軍

2010年07月31日 | プライベート
 先日、小中学校の全国学力テストのランキングが発表され、我が秋田県は毎年恒例のトップに位置づけた。


身体的な能力もこの学年までなら秋田はいつも上位にいる。


 大都市に比べ、秋田や青森といった地方の能力が高いのは、単純に、小中学時代の誘惑や雑念が都会に比べ少ないからか?

 また、広大な土地と新鮮な海産物で育まれる子供達の成長が、都会っ子に比べ成熟しそうな気もするのもわかる。



しかしだ!




じゃあなぜ!



 なぜ、体力も学力も他県に差をつけている秋田県から、能力の高い大人が生まれてこないのか?


 大臣クラスの政治家しかり、様々なジャンルのスーパーアスリートしかり、芸術や音楽他、エンターテイメントな分野のスペシャリストしかり…。



あげても数えるほど。


コレに関しては、他県に比べ圧倒的に少ない。



 おまけに自殺率ナンバー1とくりゃ、子供の頃明るい未来を描いた頭脳体力ピカイチ君が、大人になるにつれ死にたくなるような街って事になるよこれ。



もう、圧倒的に、地元の受け皿の少なさでしょ。



せっかく全国ナンバー1の才能があるのに、それを上手に生かすすべが地元にない。


だから高校あたりから適当に安定した仕事目指して適度にがんばって…。


 まあ仮に県外に出たとして、なんとなく都会で仕事するけど、ある程度して疲れてAターン。


地元にいながら子供達に夢を見せてやれる街の未来像がしょぼい。



そんな宝の持ち腐れをさせてもいいのか?



もっと地元の大人が、子供達に教えるべき事があるんじゃない?


 なんだか自分たちの利益ばっかり考えて、秋田の未来に還元しようとしない地元企業が多すぎ。


 サッカー、ラグビー、バスケ…、、、。


どんどんもりあげようとか思わないのかね。



 そんな保守的な県民性じゃ、田中角栄も、イチローも、本田圭佑も、桑田佳祐もだ~れも生まれてこないよ。


秋田のお金持ちやメディアのみなさん。


 せっかく優れた可能性をもつ将来のカリスマ予備軍を、ただのサラリーマンや主婦にしてしまうのはもったいねーぞ!


もっと下の世代をしっかりみてよ!


地元に誇り持ちたいじゃん!

Twitter??

2010年07月28日 | ラジオ番組
世の中どれだけの人が参加してる?


フォローするだとかされるだとか、リツイートだとか…



 人並み以上にはこういうジャンルの知識はあったつもりだけど、mixiあたりからちょっと微妙になってきた感があって…。



つぶやくなんて、俺にとってはつぶやきシローしか連想できん。



しかしながら、縁あって、自身のラジオ番組にツイッター君がやってきたようで。



番組DJとしてつぶやくことになったみたい。


とりあえず、ツイッターのトップ画面上、


「単語やフレーズを検索」


ってところに、


FREAKRUSH


と間隔開けずすべて大文字で入れれば行ける。



果たして俺は、使いこなすことが出来るのか??!
コメント (1)

みんなありがとう!

2010年07月27日 | テレビロケ
 SGナイトが終了し、当日来ていた人達からブログにコメントももらっちゃって、大変ありがたいです!


オープニングは


「誰?この人」


 なんて思ってたみなさんがほとんどだったけど、YOUTUBEのおかげで知っててくれる人も数十人いたし、イベントが進むにつれて一緒に盛り上がってくれて。


感謝です!





しかも、メンバーからもお礼のコメなんかもあってな。


みんなありがとう!


 今回のイベントが、どれだけみんなにとって大切で、とても思い入れがあったかよくわかった。


 あの、東京ウォーカーにもイベントのこと取り上げられてたし、注目度はどんどんあがるばかりだね。

→東京ウォーカー記事はこちら




イベントが終わり、良かった点、反省点等、個々にいろいろあったかもしれない。


それはもちろん俺も含めて。


「もっとしゃべりの引き出し増やさなきゃなあ」


なんて思ったりもしたし。


なんか、俺の立ってる姿、あとで写真でチェックしたらだいたい内股になってたし。


なによりも、本当はもう一人、やっぱりあの子にもいてほしかったなぁって思うし…。



 とにかく俺自身は、自分がやらなきゃなんないことをやっただけで、逆に、こっちの方がみんなにお礼を言わなきゃなんないんだよね。


こういう楽しいステージで一緒に仕事させてくれてありがとうなって。



 みんなのパパ!


みたいな感じで言ってもらえてとってもありがたいしうれしいけど、俺はあくまで


「永遠の恋愛対象」


に思ってもらえるようにがんばらしてもらうからな(笑)ヒューヒュー!


あ、あと俺にとっては、この変態君の力がとても必要なんです。

今後ともこの変態君、当日これなかったけど変態じゃないW君ともどもよろしく。




 みんなはもう新しい仕事や学校、イベント、バイトに向けてがんばってると思うけど、それぞれの夢を大切に、自分や仲間を信じてがんばろうな!


8月!青森でまた会おうぜ!

なんといってもやっぱり夏祭りだな

2010年07月26日 | イベント
渋谷の余韻もまだ覚めやらぬ日曜日。


俺には次のお仕事が待っている。


合川あじさい祭り


 年一回、きれいなあじさいの花が咲く公園で行われる、町民の楽しみでもある地元のお祭りだ。




 内容はといえば、子供達が遊べるゲーム大会があったり、ご年配の方まで楽しめる民謡歌謡ショーがあったり、名物の70メートル流しソーメンで夏を感じたり…。






まったりとした夏のひととき。


 昨日までの、人と人が無数に行き交うコンクリートジャングルフェスティバルも、テンション上がってとっても気持ちいいもんだが、こういう、青空眺めながらまったり送るイベントの司会ってのも、俺っぽくていいんだよなぁ~。




で、その日の夜は、俺の住んでる地域の夏祭り。


地域単位での夏祭りにしては本当に規模が大きいので有名だ。


2デーズあるし、住宅街のど真ん中で花火上がるし!


今年も、本大会より一足早く竿燈の妙技を見れたし、おいしいお酒もたっぷり飲めたし。



途中チビッと雨が降ったけど気合いで止ませたしな。


 地元なので、ここ何年かボランティアで司会のお手伝いをちょっとだけさせてもらってるが、今年は、同じ地元で、ABS秋田放送の井関アナウンサーも参戦!



 俺はアナウンサーでも何でもないけど、秋田朝日と秋田放送との、局を超えたコラボレーションが地元のちっちゃいアナウンスブースで実現。


で、最後は花火で終了!



やっぱり、夏はいいねぇ~。
コメント (1)

この夏最高の夜! SGモデルの真のパワーを見た!

2010年07月24日 | テレビロケ
 モデルとして輝くのがステージの上だとしても、ステージを降りたときにどうでもいい人間だったとしたら、その輝きは誰の目にもきれいには映らない。

 彼女達がこんなに輝いているのは、見えないところでとてつもなく努力をしているからなんだ。


7月23日金曜日。渋谷イベントホールDUO。


この日ここで行われたファッションショー。

SG NIGHT Vol.4


 渋谷を拠点に活動するSGモデル達による、まさに今の渋谷のファッションを存分にアピールする定期的なイベント。


 回を重なるごとに内容も集客数もどんどん膨れあがり、4回目の今回は長尺4時間というロングランイベントとなった。




 4月から青森朝日放送で彼女達と一緒に番組をさせてもらってる俺にとって、今回イベントMCの依頼を受けたときは、渋谷で仕事が出来るという興奮よりも、彼女達のホームで、彼女達の本当の力を見ることが出来るという興奮度の方がとても強かった。



 昼頃会場に着いたときは、このイベントに参加しようと集まったギャル達が、すでに会場の外に長蛇の列を作って待っている。


この日東京は35度をこえる暑さ。


それでも、モデル達に会いたいと願う彼女達の思いが、列をどこまでも長くした!



「もう、この時点で尋常じゃないな…。なんかすでに圧倒されてる」



ファンの姿を見ただけで、すでにSGモデルのカリスマ性を見せつけられる。




ここにたどり着くまで様々な努力を重ねてきた彼女達。

これはもう、そのへんのクソ野郎どもにはとてもまねできないストイックな姿勢。

だからこそ、俺がこのイベントをだめにしてしまうわけにはいかないのだ!


 渋谷のイベントホールに集まる10代~20代のギャル達数百人を相手に、完全アウェイでありながらも、成功を願い俺のテンションは最高潮に達していた。


「彼女達ががんばるんだから!そう!俺だってやってやるぜ!」


そしてイベントがスタート。



 案の定、早くから集まったたくさんのオーディエンスが一斉に会場を埋め尽くし、前半からハイボルテージの展開!




次から次へと七変化を繰り返すSGモデル。



テレビで一緒にやってるメンバーじゃない娘達もいる。

君たちにも会いたかった!






一生懸命練習したであろう、ウォーキングやステージングはばっちりだ!



 ちなみに総合MCは、俺と、こちらも以前テレビで一緒に仕事した、太田プロ所属で青森出身のお笑い芸人「バーン」の2人



とても心強い味方だね。





ファッションショーの合間にアーティストのライブも5つ入るという超盛りだくさんの展開。
今注目のアーティストがステージに花を添えた。



で、なにがいいって、この日とにかく集まってくれたたくさんのお客さん。


9割以上は女の子な訳だが、とっても暖かいんだよね。




 君たちにしてみればどこの馬の骨かもわからない俺のトークに、しっかりリアクションしてくれるし、煽ればちゃんと盛り上がってくれるし。


SGの娘達がちゃんとしてるから、ファンもちゃんとしてんだよな。


 途中、超人気メンズモデルのショーもあり、中でもカリスマモデルの佐藤歩くんが登場したときは、会場がとんでもないテンションに。



自身で洋服をプロデュースする歩くん。

まあまあ、彼の、ワンウェイを歩くそばから千手観音のように伸びる手。




 で、ここからは、よっぽど自分に自信が無ければできない、凡人の男が見たら人生をやり直したくなる歩くんの超絶パフォーマンス。


くわえたチュッパチャップスを、口から出して観客の方へ投げる仕草。


それを我先に奪い取ろうとする女子の戦い。


天は明らかに二物を与えたようだ。





 そんな、ファッションと音楽が融合した4時間のファッションショーが、時間を押して夜9時近くに終了。


最後にステージに並んだSGモデルのメンバーで、感極まって号泣する娘も。


彼女達のアツい戦いは、楽しいひとときに心地よい夏の余韻を残して終了した。


今まで仕事して、決してみることのなかったガチの表情。


お前達、マジで超かっこいい!

うらやましい!

すげえよ!



終了後、彼女達の彼氏だ、友達だという子達が、何人も俺に挨拶しに来てくれた。


 親心ではないけど、みんなどんな男の子とつきあってんだろう…なんて思ってたけど、そろいもそろってちゃんと挨拶できるし、かっこいいし。


 お客さんの時と同じ感じだけど、ちゃんとした娘達には、ちゃんとした彼氏や友達がいるもんだ。よかったよかった。


 30を過ぎた頃からか、田舎ものの俺にとって渋谷という街は、どうしても一線を引いてしまう異空間のようなものであり、むしろ渋谷側が俺を拒絶しているかのように思えた時期もあった。


でも今夜、その渋谷は、ついに俺を受け入れてくれたような、そんな気がした。


すべての努力が報われたとき、そこにはたくさんの笑顔がある。


 彼女達にとってはこれがほんの通過点に過ぎないかもしれないけど、ファンとのふれあいや、関わった人達との友好があり、これを糧にしステップを踏み続けていくだろう。


一緒にやれて良かった。

この夏、早くも最高の夜を経験させてもらった。


そして彼女達の生涯の一ページに、同じ時間を共有したことが刻まれるだけで光栄だ。


本当にみんなお疲れ様!


事務所、スタッフの皆さん、協賛各社の皆さん、本当にお疲れ様でした!







で、P.S.


 2次会はおなじみのカラオケボックスに、事務所のメンバーやSGメンバー、関係者が大集合。そして、美香ちゃんのママまで参戦!


美香マママジでヤバイ。おもしろい!


 途中、イベントに参加してくれた、アーティストの石川マリーさんや、めっちゃあげあげレゲエディーバ、Mirayさん、ラップで参戦のKM-MARKIT(ケムマキ)さんも打ち上げに来てくれて。



歌って回してイッちゃって~!みたいな。


 とりあえず大仕事の重圧から解放された美香ちゃんや梨沙ちゃん達と、もちろんママも入れて歌いまくり、すべてがはねて外出たら……


朝でした…
コメント (9)

ダイエッ党 週間報告 その2

2010年07月22日 | プライベート
どこの党よりもやる気がある、、、つもりです!


ダイエッ党です!



さて、7月7日スタートしたこのダイエットも今日で約2週間。


取り急ぎ結果はというと…



このように、変わってない…

別に前回の画像を使ったわけではない。

とりあえず、第1段階あきらめモードタイムだな、普通なら。



晩酌は完全なし。


食事もできるだけ量を減らし、スピードを落として食べてるつもり。


今日だって、ビックリドンキーのハンバーグディッシュ、泣きながら150㌘の方を頼んだくらいだ。


ランニング以外の筋トレもやってる。


 しいていえば、この2週間のうち、テレビ的に、もしくは仕事の関係でお酒を飲んだりおいしい料理を頂いたりする機会が4回あったということ。


対して代わり映えしない状況に、母親がそっとこれを差し出した。





「黒酢飲んどけぇ~」


 それもこれも、いよいよ明日に迫ったビッグイベントに、少しでも絞った感じで臨めるようにがんばってるのだ。


そのイベントとは、


SG NIGHT



 青森で一緒に番組をやってるSGモデルの娘達の本来のフィールド、ファッションモデルとしてのショーケースがいよいよ明日。


しかも、過去最大級の会場と集客数。


縁あって、このイベントのMCを担当することになったのだ!


 番組では、彼女達がアウェイという形で存在するわけだが、渋谷のDUOで行われるこのファッションショーは、俺の完全アウェイな訳で、だからこそテンション高まるし、楽しみでしょうがない。


 渋谷のイベントホールに集まる10代~20代のナウなヤング相手に、さあどうやって立ち回るシャバ駄馬男!?


その答えは明日出る!
コメント (1)

ビューホテルから~の、石井里佳さん

2010年07月21日 | ラジオ番組
そういえば月曜日祝日。


秋田ビューホテルで


「夏のブライダルフェア」


の司会のお仕事。


結婚を間近に控えたカップルが何組も披露宴の体験に訪れ、それはもう幸せいっぱいで…


「ル・カフェ」


という名の会場の中央にはソファーとローテーブルを設置してあり、新郎新婦とゲストの談笑の場として使えるフォトスペースがある。




 全体的にも、オレンジを基調としたカラーコーディネートや雑貨に至るまで、ゲストがおしゃれにゆったり過ごせるナイスな空間になっている。



で、火曜日のラジオ生は、月一ゲスト、石井里佳さん登場の日だ。


 テレビ番組「ビュースタイル」の収録を明日に控える中、今回も、リスナーや新婚さんのメッセージやアンケートをもとに、オリジナルソング2曲を披露してもらった。



これでもう6曲出来ちゃってるからね。



アーティストってすごいねやっぱり!


そしてその夜は、念願のカラオケ大会!




 相方で、口笛を吹けない村井ちゃんの歌を初めて聞いたが、新しいとこもちゃんと押さえ、なかなかグッジョブだったけど、さすがの里佳さん。


プロに対して


「うまい!」


っていうのは失礼な話だが、数々の名曲を自分の歌にしてしまえるあたりはさすがだね。


やっぱり、歌はいいねぇえ~♪
コメント (1)

大変だ~っ!!

2010年07月19日 | プライベート
 仕事の帰り、いつも通りの道を車で走っていたら、真っ正面の山の裏側から、ちょっと怪しげな黒っぽい煙が立ち上ってた。


 「一応、消防本部のテレホンガイドに…」


俺がいつも、どこかでサイレンの音を聞いたときにかける自動音声テレフォンサービス。



「ん?今の段階では何も情報がない…」



そのまま車を走らせるけど、さっきの煙はどんどん近くなり、より黒く高く立ち上り始めている。



「いや、これはおかしいぞ!」



道を変更し、煙が立ち上る場所へ向かった。






「うわ!いかんいかん!コレはヤバイ!」



もう一度消防ダイヤルへ!



「おいおい!林野火災事案?!山火事だ!」



とほぼ同時に、消防車やパトカーが一気にやってきた!



果たしてこのあとどうなったのか!?



詳細はニュースなどでチェックしてください!



頼んだぞファイヤーマン!!

世の中3連休

2010年07月18日 | イベント
金曜日、青森から秋田へ帰る途中、先日オープンしたばかりのお店


「つけ麺屋 焚節(のぶ)」




に寄り、しっかりつけ麺食べて帰った!


ラジオでお世話なってます錦グループの新店。


 大盛りが無料という大変ありがたい展開だが、なにぶん今ダイエット中のため、麺400グラム(大)ではなく、300グラムの中にさせてもらった。


 ラーメン店に行くと、どんなにブームでも、今までつけ麺には手を出さなかったけど、いや~うまかった。


つけ麺のうまさを知ってしまった。





でもって、翌日また一路大館へ逆戻り。


昨年もお世話になった、大館ニプロのビヤパーティーの司会のお仕事。


 ここ数年はこれ系のお仕事もだいぶ減ってるんだけど、ニプロさんに関しては、交代社員の事も考え、1週間ずらして2回の開催。商品も超豪華。




して、司会者にもテーブル席があり、通常の料理と、もちろんビールも飲みながら…。


今年もイベント盛りだくさんで楽しかった~。


またまた2次会までセッティングして頂き、大変お世話になりました~!





さらに今日。


夕方からの仕事まで時間があったんで、海へゴー!


昨日も異常に暑かったが今日も暑い。


ナウなヤングが大量に押し寄せる下浜を回避し、一つ手前の桂浜へ。




ここは比較的ファミリー層が多いけど…


ん?


多いけど、最近はタトゥーががっちり入ったファミリーのパターンやな…



いずれ大賑わいの浜。




DJブースが砂浜に仕込んであり、DJが選曲をしてる。




 来週末、ここで夜クラブイベントがあり、DJのオファーを受けてたんだけど、仕事でいけなくて~…。


夏の浜でDJしたかったな~。





そして明日はブライダルフェアの仕事。


3連休の合間にしっかり遊びを挟みながらちゃんと仕事もする。


出来る男じゃ~ん俺…ワラ

ブレイクSGロケ in 浅虫海岸

2010年07月17日 | テレビロケ
夏だけに海!


彼女達の、TPOに合わせたファッションチョイスには脱帽。





男なら、Tシャツに海パン一丁でふらふらしてりゃあいんだろうけど、女性は違う。


焼く人焼かない人、その時の気温、どういう仲間で来ているか…。


バカの一つ覚えのように最新の水着着てぶりぶりするだけじゃない。


ちゃんと、海用のファッションというのを考えてるところがすごいね。


で、出すとこは出す。


全く下品じゃない。


軽さがない。


清潔感が漂うわけです。


やっぱ違うな。




 なんて、大人目線で褒めちぎってはいたけど、その後の収録で、この俺にとんでもないことが起こることなどこの時は思うはずもなく、のんきに足湯でくつろいでいるのだった。


ぷあぷあ金星8月号ネタバレ予告

2010年07月13日 | ぷあぷあ金星
今月のロケは、朝日放送毎年恒例の高校野球関係で忙しくなるため、ちょい早め。


8月と言うことで、なんやかんやで海に行くことに。


秋田県は、前日から当日にかけ、大雨・強風・洪水警報が発令中。


いくの?



あ、行くのね…



で、海は案の定大荒れ。





わがままな俺達は海に入るのを拒んだ。

っつうかそういう問題じゃない。




しかしながらこちらも毎年恒例。
海と言えば、男鹿、五里合海水浴場のきんこ食堂、きんこさん!






今年初の五里合は荒れてるが、きんこさんとのひとときはなんとも穏やか。

俺とバリトンさんの歌謡ショーも始まる。




時折日も差す不思議な天気。

最後の夕日は、隙間からチラ見してる太陽をギリ拝む的な。





天気の悪い海で果たして2本分のロケが出来たのか!?


そんなぷあぷあ金星8月号は、8月6日と13日の深夜オンエアー!

正真正銘の無敵艦隊

2010年07月12日 | スポーツ
 悲願の初優勝は、今まで何度も優勝候補にあげられながら、W杯の神様に嫌われ続けた無敵艦隊、スペインの手に。


やっぱイニエスタはすげえ。


 そして、カシジャスの試合中の涙、調子が上がらなかったトーレスの残り15分満身創痍の戦い、先発でもおかしくないセスクの存在感、プジョルやピケ、ラモスといった、攻守に活躍するディフェンダー、etc…


 個人技やパワープレイでは敵わない日本が、活路を見いだす為にお手本とするべきパスサッカーの集大成がこれだな。


これだけ、サッカーがチームプレイであると言うことを思い知らされた今大会。


 勝ちにこだわったが故にハードコンタクトが多くなりすぎ、結果退場者まで出す羽目になったオランダは、あの時点で気持ちがキレちゃったのかな。


それを考えたら、あれだけ自分たちのサッカーを貫けるスペインの精神力はハンパない。



 先発の半分がバルサでプレイするという、クラブチーム時点からチームプレイが整ってるスペインをオランダは嫉妬してたけど、本来それが望ましい形じゃない?


 その国で一番強いクラブチームの選手がメインで代表に選ばれるのが望ましいことだろうし、そういう意味では、海外組のいない純国産とも言うべき連帯感を作り出せる。


 日本はそのように簡単にいかないけど、その意味でもJリーグ全体のレベルアップを計る大切さと、より多く海外でプレイする選手を排出できる人作りの大切さをあらためて感じただろうな。


 ただ、スペインの優勝によって、日本のサッカーが、そんなに遠くない将来いい形で実を結ぶ日がくるんじゃないかって、楽観的に考えてるのは俺だけじゃないかも。



いやああ、それにしてもプロセスはともあれ、優勝国は当たったな。


いい試合見せてもらいました!

おめでとうスペイン!

ダイエッ党 週間報告 その1

2010年07月10日 | プライベート
どこの政党よりもやる気があります!


ダイエッ党です!


さあ、7月7日、七夕というメモリアルデーにかけどさくさに紛れて結党したダイエッ党。


 83.6キロという体重を3ヶ月以内に-10キロ落とすという、決してブレない政策で挑戦をはじめ、早3日。


ここまで実行している項目はというと…


・完全禁酒継続中

・腕立て、腹筋、スクワットといったトレーニングを毎日決行。

・スナック菓子などの間食は9割減。(今日リッツ5枚食ってしまった)

・食事のスピードを3割減速

・食事量は今までの100に対し85程度に抑える。

・飲料は基本的に麦茶かノンカロリーもの。


ざっとこんな感じ。


 極端に変更しても辛くなるだけだが、上記の項目を遂行するだけでも、途中めちゃめちゃ腹減るし、一汗かいたあとや風呂上がりはビール飲みたくなるし…。


そこを我慢しつつ3日立ちました。


で、現在の体重はというと…






ほれっ!


81.4キロー!


3日で2.2キロ減ったぞーーっ!



 まあこの程度ならまだ減ったうちには入らないだろうし、見た目だって全く変わってはいない。



しかし、確実に動き出しているのだぁ!


今度こそ口だけ男になってたまるかぃ!


いくぜ!ピリオドの向こうへ!
コメント (2)

ついに決意 新党結成! その名も「ダイエッ党」

2010年07月07日 | プライベート
七夕の夜


天の川を眺めながら私は決意しました。


汗まみれで歩いた渋谷の街。


履けなくなったジーンズ。


無くなっていく首。


折りたためる腹…




 昨年、一度はダイエットを試み、84キロ以上あった体を77キロまで落とす事に成功したが、食欲の秋がすべてを無駄にし結局リバウンド。


そのような甘ちゃんな自分と決別すべく、この度新党を結成するに至りました。


 
その名も


「ダイエッ党」


 一緒に仕事をしている女の子達の、美やダイエットに対してのストイックな姿勢を今真似ずしていつ真似ましょうぞ。


 人には、人生の教訓めいた御託を並べておいて、いざ自分自身はどうなのかと説いたとき、即答できずにいた自分にサヨナラする日がきたのです。


よってここにダイエッ党を結成し、自らの体重の減少に努めることを誓います。



これにともない、この党のアジェンダを以下のように掲げます。


1 目標体重減を-10キロとし、今以上の増税…増量を阻止します。

2 達成期間を3ヶ月以内と定め、迅速に行動致します。

3 毎日支給していたアルコール手当を廃止し、
  必要な場合のみ超法規的措置をとります。

4 食欲を満たすだけの食事に仕分けのメスを入れ、高カロリーを排除します。

5 ブログにて1週間おきの現状報告を怠りません。


以上


是非清き1票を!






って言ってる場合じゃない。


公に言ってしまったから、やらなきゃいけなくなっちゃったな。


でもね。やるんです!


俺だって口ばっかりじゃない。


目に見えるものでしっかり結果を出さなきゃいけないんだ。


 自分の周りで、様々な場面で一生懸命努力してる人がいるのに、自分がのほほんとしていてはいけないのだ!



だからついにケツを叩いちゃった!


まずは現在。



体重が83.6キロ!!


??




はぁあ?




昨日から1キロ増えとるやないかボゲェエエッ!


ちきしょう!絶対やせたる!




83.6キロからスタートじゃぁぁあっ!


こうご期待!!!



あ、一応短冊に願い事書いとこ。




「できれば、楽してやせられますように…シャバ」
コメント (2)

生 東京スカイツリー

2010年07月06日 | プライベート
 東京では昨日の夜集中豪雨があり、場所によって浸水した家屋がたくさんあったようだけど、俺はその午前中、秋田へ帰るまでの時間を利用して、この目で建設途中の東京スカイツリーを見に行くことにした。


確かに異様な暑さ。


ハンドタオルで汗ふきながら、制汗スプレーを吹き付けてーの繰り返し。


全く意味ねぇな…。


今考えれば、その後の天気を助長するかのような妙な空模様だったかも。





駅員さんに言われたとおり、都営浅草線で押上駅までゴー。


 地下から地上へ上がると、そこは駅自体が工事中であり、あちこちがパネルで目隠しされている。


 「駅自体が大きく変わるのかな?」


なんてあたりを見回すとそこに突然



ドーーーーン!




と現れた東京スカイツリー!





「うわ!でかっ!」


 いまだ下町の情緒をどことなく残す押上駅上空にそそり立つそれは、まるで何かの要塞のようだ。


それでも現在の高さは398メートル。





すでに東京タワーを超えているが、この先まだ200メートル以上も伸び上がる。


 その駅周辺をくるりと散策してみたが、高層マンションも建ち並ぶ中、こじんまりとした駅前商店街があり、昔ながらの平屋の建物があり保育園があり…。


 家の2階からそのてっぺんを眺めているおじいちゃんや、ゴミ回収をしながら目をやる作業員。


子供を肩車しながら見せているお父さんや、携帯で写真を撮ってるご婦人。



 間違いなく東京のシンボルであり観光名所になろうとしているこの場所を、日本の人達はどう感じてるだろう。



 そして、この地域の住民の方々は、日に日に高さを増していくツリーにどんな思いを馳せているんだろう。



 ここに来れば、自分も「三丁目の夕日」のように、高度経済成長期の日本を象徴するプロセスを東京タワーに見立てた、あの頃の人達と同じ思いを感じることが出来るのかなと思ったけど…。




なんかちょっと違ったかな…。俺は。




 時代が変わり、経済がぐちゃぐちゃになってる今、このツリーに希望を見いだすことが出来ない人もたくさんいるんだろうな。



でもこの辺一体は間違いなく今まで以上に活気づく。





で、結局何が言いたいかって言うと、東京って、自分の足で歩くと、マジでおもしろいなってこと。


 雑誌やテレビでは絶対に見つけられない、その土地の雰囲気や臭いなんかを感じることが出来る。


 これって自分だけの「リアル日本」なんだよね。