シャバ駄馬男「シャバでひとつ…」

秋田のタレント、シャバ駄馬男のたわいない日常ダイヤリー

忍耐力

2016年04月06日 | フィットネス
 僕の通うスポーツジムの向かいには回転寿司、向かい奥にはラーメン店がありますが、この度真向かいに中華レストラン、そして真横に焼肉食べ放題のお店ができるようで。

 あまりの環境の良さに、肉体のみならず強い信念までもが鍛えられそうです。

 ジム終わり、スキップで焼肉店に入ろうとしたところを見かけたらひっぱたいて下さい。


ダイエット企画続報!

2015年07月16日 | フィットネス
 AdeBのダイエット企画絶好調のシャバ駄馬男です!(痩せたね!って言ってもらってるって事は絶好調ということで(^^))
 今アーデベーさんではサマークールキャンペーンなるものが行われてますが、その一環として体験できる、クールシェイピングという施術も僕は受けてるっす!
 脂肪細胞はいくら体重が減っても細胞自体は小さくなるだけで数自体は減らないんだと。
 でも、気になる部分にひやっと1時間あてるこの施術は、脂肪細胞を-10℃まで冷やし凍らせて1か月ほどかけて体の代謝を利用し体外に排出してあげるという画期的なマシン!
このまま1時間、寝るなりスマホいじるなり、ただそれでけでOK!
男なら気になる脇腹の邪魔者!まもなく退散よー!

AdeB美bodyプロジェクト進行中!

2015年06月04日 | フィットネス
 なかいち1F、AdeBビューティーモールの美bodyプロジェクトがスタートしておよそ1ヶ月。

 出会う方々にも「痩せたんじゃね??」と言われてゴロッとしてますが、実はAdeBに週2位のペースで通っているこの1ヶ月で僕シャバ駄馬男、なんと早くもー5㎏!!!の体重減に成功ーっ!

 僕の場合内臓脂肪やらコレステロールやら、医師から怒りを買うような数値だったため取り組み方も尋常じゃありませんよー!

なので、アーデベーさんの施術プログラムを3つも体験させてもらってます!

で、これがそのうちの一つであるACbodyってやつ。



 身体の特定部位に電流を流して刺激することによって、筋肉を収縮させ、腹筋運動などと同じような効果を身体に与えるものだそうで、内臓脂肪にも影響すると言われるこのマシーンは、僕の中で「腹筋エレクトリカルパレード」と呼んでいる!

 AdeBのホームページには、僕とブラウブリッツ岩瀬社長の身体の細かい数値も出てます(しょし~(笑))

絶対に負けられない戦いはまだ始まったばかり!

ボディコンバット初体験!

2012年06月08日 | フィットネス
昨日GEOフィットネスで2年目にして初のボディコンバットに挑戦。

様々な格闘技の要素が取り入れられた動きに、テンポの良い音楽。

最初は、チャチャ?ボックス?

なになに!ソウルステップなら得意よ~!

などと浮かれていたのもつかの間。

ストレート!フック!アッパー!ニードロップ!

右に左にステップステップステップ!!

ワンツーワンツー連打連打!!

右肘左肘交互に見てーーーっ!

「ハーーッ、ハーーッ、ハーーッ?!?!?」

クラブで腰振る踊りじゃない。

そこはまさにリング上だ。

45分ノンストップで、引水は自分のタイミング。

まわりは熟れた人が多く、動きも綺麗。

オレは見よう見まねでたどたどしく。

途中からは尋常じゃない汗。

山崎パン祭りならぬ、乳酸パンパン祭りが始まった。

折れそうになったけど、おそらくオレよりも年上の女性なんかもガンガン動いてる。

甘えんなオレ!

で、終わったときは1キロ強体重減。

段階踏まずのいきなり参戦で正直きつかったが、これはマジでハマル!!

達成感はパない!

にしても、いつもクールなイントラの西根さん。



 レッスン中の西根さんを初めて見たが、スタジオの中ではびっくりするほどエネルギッシュでぶっ飛んでる。

でた!ギャップ!

そういう一面見ちゃうとさぁ。

惚れてまうやろー!!(笑)
コメント (1)

加圧トレーニングはじめましたっ!其の五

2012年02月21日 | フィットネス
其の五とはいえ回数的にはもう少し通ってるが、絶好調の加圧!

 有名タレントやアスリートらがやっていることもあって非常に注目のトレーニングだけど、とにかくやってみなければわからないことだらけなのも加圧トレーニング。

 先日心臓の病で倒れたタレントのニュースに対し、出演していたコメンテーターが、

「自分も心臓の病気持ってるが、加圧トレーニングでしっかり安定している」

というコメント。

 ようは、血流が悪く血管が細いことで引き起こる様々な病気も、加圧トレーニングすることで、血流を良くし、血管を太くするということ。

こんなにメリットのあるトレーニング法はないわけだ。

 短時間で、相当量のトレーニングをしたのと同じ状態になる画期的なトレーニング法だけに、自分をしっかり追い込むことが出来る。

「100回は無理だけど、20回だったらちょっときつくてもいいや!」

気持ちの切れない範囲のギリギリでトレーニングするから継続できる。

だから最後はこんな至福の瞬間を味わえるのだ。

いずれとにかく体験してもらいたい。

こればっかりは、やってみないと本当にわからない。

実感してほしい。

というわけでなんと現在、トレーナー内海さんの計らいもあり、



ゲオフィットネス会員ではない方限定特別キャンペーンを企画。

会員じゃないけど是非加圧トレーニングを体験してみたいというあなた!


「ラジオを聞いたんですが」

のキーワードがあれば、通常5250円のところ

なんと 2100円で!

加圧トレーニング体験が出来るのだ!

是非今この機会に体験してみてくださいな!

加圧トレーニングはじめましたっ!其の四

2012年01月31日 | フィットネス
ゲオフィットネス、加圧トレーニング4週目。

俺、根本的に、毎日晩酌するのがだめなんだきっと。

 「アルコールは、脂肪をたまりやすくし、また、数時間にわたって脂肪燃焼の妨害もするんです」


いかんいかん!


 体重は10キロ近く落とすことに成功し、食事制限もきつくない程度にしてるし、有酸素&筋トレもしてるけど、俺にとってのベスト体重まではまだまだなのだ!

だから今の俺の最大の敵はアルコール!

とはいえ絶つ事など出来るはずもないので、休肝日を多めにもうけ適度にって事で。

なんて話を、トレーナーとするのも立派なカウンセリングの一つ。

気になることをすぐに相談できるから、このマンツーマンはとってもいい。

さあ、そしてトレーニングへ。

前回より本気モードに突入し、キツさの中に達成感を感じるようになった俺。

今回も、終わった瞬間に、エアベルトを外したときのアノ開放感に浸るためやるのだ!

前回よりも若干重さを増したバーベル。



 とはいえ実際全然軽いんだけど、俺の表情を見れば、血流を抑制している状態で相当の負荷を感じているのがわかって頂けるだろう。

これが加圧トレーニングである。

台を使って手の支えのみでおしりを上げ下げしたり、



椅子に座るギリギリのところまで腰を落とす、いわゆるスクワットをしたり



足を浮かした状態でまっすぐ伸ばしたり身体ごと縮めたり。



メニューも毎回バラエティーに富んでいる。

 鍛える部位などをローテーションにし、バランスよくトレーニングをするため、内海トレーナーにはしっかりメニューを管理してもらってるんで安心だ。

本当マジで体験してみてくださいな!

これはマジでクセになる!
コメント (2)

加圧トレーニングはじめましたっ!其の三

2012年01月24日 | フィットネス
いやあ、今日はけっこうパンパン。

3週目に突入した加圧トレーニングも、徐々に本気モードに突入。

回数を少し増やし、休憩時間短めにトレーニング。

行っておくが、加圧トレーニングってのは、楽して効果を得るモノではない。

きついところを踏ん張る。

それでも、言いようのない達成感が得られるんだよね~。

ちなみにこんな機械を使い



手と足にエアバンドを装着。



適正の圧力をかけトレーニング。

 本来であれば到底持ち上げることの出来ないバーベルだったり、立ち上がることの出来ない負荷。

おそらく、相当トレーニングを積んだアスリートでなければ出来ないメニュー。

それを、この加圧トレーニングは可能にしてくれる。

 何よりも、トレーニングについての問題点や、普段生活している上での疑問点なんかを、マンツーマンでトレーナーと話したり出来るのがいい。

そして、相手の体調やレベルなどをしっかり観察しながら適正のメニューを作る。

だからこそ、少々きつくてもやりきれる。

というわけで、本日の達成感。



至福の時…。

加圧トレーニングはじめましたっ!其の二

2012年01月17日 | フィットネス
さて、先週からはじまった加圧トレーニング。

ゲオ・フィットネス秋田広面店でスタートしたトレーニングに現在参加中の俺!

 今日は2回目と言うことで、前回の片腕片足を卒業し、いよいよ両腕両足の加圧へ突入!

前回と違い相当のやってる感だ。

 なお、エアバンドで圧力をかける際、人によってその圧力を調整する訳だが、俺の場合はカテゴリーで言うところの一般とアスリートの間かと思いきや、両足はともかく、両腕に関してはその一つ上の、アスリートと一流アスリートの間くらいの圧力でやることに。

「だ、大丈夫ですか?」

ちょっと不安そうな俺に…

「大丈夫ですよ!」

と、満面の笑みで不安を吹き飛ばす内海トレーナー。

 今回は徐々に本来のトレーニング同様、15秒ほどの短いインターバルで、3~4種目を10分行う。

まずは両腕にエアバンド装着!

軽いダンベルをあげて下ろして。



「おっと?いきなり汗が噴き出てきたぞ!」

圧迫された腕には、軽いはずのダンベルに不思議な負荷をかけられているようだ。

バーベルを膝から腹まで上下。



小さいダンベルを後ろにそらし、腕の位置を変えずくの字に曲げる。



最後はダンベルを真横に、そこからダンベル同士の内側をぶつけるように斜め上へ持ち上げる。



 いずれも、1セット20~30回で、2セット目が10~15回、場合によっては3セットと、セット数の間は15秒くらいしかないが、回数が減ってくるのでなんとかいける感じ。

3セット全部が20~30回だったら大変だろうなっと思ったな。

だから最後までいけるんだよね。

 でも実際、俺は相当重いダンベルやバーベルを使ってハードトレーニングしてるのと同じ事とやってんだよね。

そのあとは下半身。

おしりの上げ下げや



片足で高いところに立ち上がったり



うつぶせで両足を人力の負荷をかけて膝を起点に伸ばしたり折り曲げたり…。

ともに10分ほどのトレーニングで終了ですわ。

相当短時間でがっつりやれちゃう。

しかも相当追い込んだトレーニングと同じかそれ以上の効果も得られる。

これはマジで癖になるね。

これは絶対に体験してみた方がいい。




加圧トレーニングはじめましたっ!其の一

2012年01月10日 | フィットネス
久しぶりのフィットネス記事。

カテゴリ検索でフィットネスの部分はこの記事を入れ3記事。

ほぼ内々でダイエット中ではあるけども、外ではやたら公言している。

昨年6月に84キロだった体重は現在74キロ。


約半年で10キロ減っつうね!


「ゲオフィットネスが俺をモテキへと導く」

 というタイトルでブログを更新するのはやめたが、ジムに通ってからの俺は、確実に以前と意識が違うのだ。

ダイエットを苦痛だと感じていたかつての自分はどこへやら。

 今はとにかく楽しく、新しい仲間も増え、鏡の前に真っ裸で立つ時間も異常に増えた。

 そんな中、今年からゲオ・フィットネス秋田広面店では加圧トレーニングがスタート。

 以前から興味はあったものの実際どういうことをするのか全くわからなかったけど、今回縁あってしばらくこの加圧トレーニングを体験させて頂けることになったんで、ブログのカテゴリ「フィットネス」では、これから週一で

「加圧トレーニングはじめましたっ!」

つうタイトルでブログを更新していきたい。

 そもそも加圧トレーニングとは、文字通り圧力を加えた状態で行うトレーニングのこと。

腕と足に適正な圧力をかけて血流を制限。

 この状態でトレーニングをすると、通常よりも少ない負荷のトレーニングで、さも激しいトレーニングを行ったときと同じような効果が得られるというモノ。

歯を食いしばり血管切れそうになって腕立て腹筋などする必要が無いのだ。

でもって今日が1回目。

担当は、嵐のマッチョマスター、内海トレーナーでございます。



始めに問診から。

 血圧を測定し、朝ご飯を食べた時間や前日のお酒の量、睡眠の具合など、必要事項を確認。

カウンセリングが終わるといよいよトレーニング。

初回と言うことで、今回は片腕片足で行うことに。

はじめは片腕にエアベルトを装着。

二の腕にぎゅっとまかれたベルトにエアが入り適正な圧力に調整。

巻かれた右腕の血流が制限されている感じがよくわかる。

この状態でスタート。

子供でも持てる重さのダンベルをあげたり下ろしたり…。



身体を前に倒し両腕を後ろにそらした手をくの字に曲げたり伸ばしたり…。



前屈みになってバーベルを膝あたりからお腹につけるよう上げ下げしたり…。



10回~20回を2セット程度。

加圧トレーニングの特徴は、短い休憩時間でセット数を重ねていくところ。

腕の次は足。

太ももにベルトを巻き、段差にかかとを乗せおしりを上げ下げ。



ベルトを巻いた足を台座に乗せ右足の力で上に立ち上がるのを繰り返し…。



マシンを使って右足だけで負荷のかかったバーを持ち上げる。



これだけなのだ。

 ベルトの部分は圧迫され、かさばる違和感があるので、スムーズに行かないところはあるが、その部分にきつさがあれば、トレーニングとしてベストな状態。

 ちなみに何もしてない左手左足で同じ事をすると、ほとんど重さを感じないスッカスカの負荷だけど、加圧によって肉体には激しいトレーニングと同様の負荷がかかっていることになるのだ。

全く疲れないわけではない。

がんばるところはがんばる。

でも、本当その程度で済むのだ。

激しく動いてるわけではないのに突然汗もじわーっと出てくる。

想像以上にこの加圧トレーニングとやらはすごすぎる。

 正月、まるでダイエットを激さぼりし、暴飲暴食に明け暮れていた俺だったが、トレーニング後の体重測定ではほぼ変化なし。

むしろ少し減ってるくらいだ。

これはいったいなんなんだ!。

とにかくこの加圧トレーニングは、是非1度体験してもらいたい。

そこには今まで経験したことのない、神秘の世界が広がってる。

まるで魔法のようだな。

ってなわけで来週は体験其の二をお送りします!
コメント (1)

ゲオフィットネスのノンストップ忘年会

2011年12月05日 | フィットネス
7月から通い始めたゲオフィットネス。

 早くも半年を迎えようとしてるけど、基本ストイックにトレーニングしてるもんで、スタッフと話す以外は取り立てておしゃべりする相手がいるわけでもなく、かといってお友達を作りに行ってるわけでもないし…。

 とまあ、そんな半年が経過しようとしてるけど、昨日ゲオフィットネスの忘年会が開催され参加することになった。

 日頃利用している会員や取引先の方など、ホテルの大広間を貸し切っての大々的な忘年会なんだけど、これがすごかった。

 何がすごいって、19時半の乾杯よーいドンから22時半までの3時間、常にアトラクションがノンストップで行われるんだよね!

 スタジオプログラムはたくさんあるけど、その中からインストラクターの先生と会員の皆さんによるステージショーが4組登場。

カポエイラ、ハワイアン、ヒップホップにジャズダンス。









熱心にスタジオプログラムに参加している会員の一生懸命さがわかる。

俺はまだエアロビに1回参加しただけだからなぁ。

そうこうしているうちにテーブル対抗のクイズ大会が始まる。

 こう見えても極度な人見知りの俺の苦手なパターンだけど、みんなが結構和気藹々だったんで助かった。

クイズやゲームに負けると腕立てさせられたりマルモリ踊らされたり。

かと思えば突然レッスンが始まり、ボディステップやコンバットで一汗流して、みたいな。



飲酒中なんすけどっ!

でも、なんだかそのノリがものすごい楽しいんだよね。

 仕事で新しい出会いがあるのとはまた違った、自ら踏み入れた場所で行われる初体験の味。

なんだかそれがすごくたまんないんだよなぁ。

 そしてなんといっても注目は、ゲオフィットネス屈指の、いや日本でもトップのマッスルスタッフ、内海さんによる肉体美のお披露目コーナー。





会場は異様なも盛り上がり。

女子いち早くかぶりつき写真撮影。



あれはやっぱすごい。

「俺別にマッチョになるために通ってるわけじゃねーし」

って思っていたのが嘘なくらい底知れぬうらやましさを感じてしまったのは言うまでもない。

「欲しい…」

とさえ思えてしまう。

終盤は、スタッフが2チームに分かれての余興タイムからの抽選会と。

まあまあ3時間本当に歓談の暇なし。

 お酌しに行く暇もなく、席替えタイムもない感じだったけど、なんだろうね、久しぶりのこの感じ。

これがみんなで楽しむ忘年会のあるべき姿なのかなって。

これ、俺が司会だったら絶対ヤダけどな、休む暇なくて(笑)

 ただ、スタッフはもちろん、この会を最初から最後まで司会進行で引っ張った田村さんと西根さんには本当に頭が下がる。

もてなしに徹してた。

たいしたもんですマジで。

 気がついたら初めて会う会員のみなさんともフレンドリーになっており、二次会にまで誘われたくらいにして。

俺も一会員として忘年会を満喫させてもらった。

こうして人との出会いやつながりってできていくのね…。

どんどんいろんな事に挑戦しないと駄目だなって。

スキルアップはもちろん、新たな人との出会いのため。

来年の忘年会は内海さんの横でポージングしている俺がいるのか!?
コメント (1)

実はダイエット効果が…

2011年10月21日 | フィットネス
あえて大々的に公言してなかったけど、ダイエットしてます。

 今まで、ダイエッ党なるものを勝手に立ち上げ、大々的に減量をアピールしようとしたけど、何度も挫折。

飯はうまいし酒はうまいし、いつ死ぬかわかんねんだから好きなようにやる!

 毎回収まるところがそこだったけど、そんなグータラな俺の気持ちを180度変えたのは、医師の介入だった。

「中性脂肪高すぎ」

この年でこの宣告は、

「このまま行けば確実に楽しい人生遅れないよ」

って言われていることである。

食事制限に体重管理。

この俺が、腹回りをゆうに100センチオーバーしているメタボオヤジと同じはずがない!

俺はポンポコリンにはなりたくない!

中途半端な気持ちでは到底成し得ない壮絶な試練に立ち向かう日が来たのだ。

 6月中旬、84キロあった体重は、大好きな肉やラーメンを絶ち、家での晩酌を控え、カロリー表示を気にしての食生活を鬼の決断で実行し、6月下旬までで-4キロに成功。

とりあえず俺の身体にとって全く必要の無い4キロだったことがわかる。

が、いつもなら、80キロを切れずリタイヤ。

しかし今回は違う。

 この壁を越えなければ、医学的に、自己管理が出来ない、だらしないメタボリックオヤジで終わってしまう。

人間見た目気にしなくなったら終わりだ。

なによりも、昔のようにシャープになれば、必ず「モテキ」が訪れるのだ。

長澤まさみが俺を待っているのだ。

その位の下心が無ければこの荒行は成し得ない。

だから俺は身銭を切ることにした。

「ジムに通う!」

自分本位ではなく、指導者の指示をしっかり仰ぐ。

お金を払って。

そんな訳で俺は、7月頭から、ゲオフィットネスに通うことになった。

知人がいたと言うこともあり、たいした抵抗もなく入会。

しっかりとしたサポートの中、俺のジムライフがスタートした。

 アブドミナルやレッグEX、プルダウンなど、筋肉をつけるための無酸素運動と共に、30分程度のランニング等の有酸素。

2ヶ月、3ヶ月。

日増しに付加を多めにしたり、セット数を調整したり、俺のジムライフは順調に進んだ。

 多少お酒やラーメンの誘惑に負けつつも、長澤まさみのため…、いや、自分自身の甘えに勝つため、週3~4日をめどに戦い続けている俺。

結果はついて来るものだ。

果たして俺は今どの段階まで来ているのか!

世界びっくり仰天ニュースのように、20~30キロ減りましたー!みたいな馬鹿な話はないが、現実的な話結果は!

続きはWEBでっ!(んなアホな!)

続きは次のブログ更新で!


p.s.今後「ゲオフィットネスが俺をモテキへと導く」というタイトルでまめに更新することにする!






コメント (1)