シャバ駄馬男「シャバでひとつ…」

秋田のタレント、シャバ駄馬男のたわいない日常ダイヤリー

全力を注がなければ単に約束と希望があるだけで計画はない~by P・ドラッガー

2011年06月28日 | プライベート
昨日夜、NHKの「ディープピープル」って番組を録画し今朝見た。

 関根勤さんと局アナがスタジオMCで、毎週ある分野のスペシャリスト3人が、事前収録で座談会トークを繰り広げるという番組のようだったんだけど(初めて見たんで)、今回は「トップ営業マン」というテーマで、旅行会社の関西弁ばりばりイケイケ男性営業マン、人材採用の20代後半美人営業ウーマン、見た目はギラギラしてないが洞察力の鋭い木訥な男性住宅営業マンの3人が登場。

いずれも会社で段違いのトップセールスを記録するスーパー営業マン達だ。

 俺自身、営業って仕事は、誰がなんと言おうと向き不向きのある仕事だと思うし、俺には不向きな事だと思ってる。

だから、単純にその世界のスペシャリストを尊敬する。

 番組では偉人の格言も紹介され、話題のピータードラッガー氏や松下幸之助氏、盛田昭夫氏といったそうそうたる方々の名言は、本当に鳥肌が立つぐらいしびれる。

 また、それぞれ3人には、営業理論というものに対する共通認識はもちろん、三様の譲れない持論というものもしっかりと持っており、この三人の話を聞いてるだけで気持ちよくなるし、なんか知らないけど、何か買ってしまいたくなるのが不思議だ。

それが、人の魅力なんだろうな。

 見えないノルマもあるだろうし、トップ故のプレッシャーもあるだろうし、いいことばかりではない事も多々あるだろう。

 その中でもこの3名は、自分の中に絶対にぶれない強い思いがあり、それは情熱として個人を突き動かす。

 最大のプレゼン相手である「お客様」の笑顔がすべてを癒やしてくれることを知っているからだ。

営業だけではなく、すべての仕事に共通すること。

 会社や個人の利益のために仕事をがんばるのか、お客の幸せを最優先に考え仕事ができるのか。

 最終的な達成感や結果は、性格や気質等人それぞれ、どちらも一緒なのかもしれないが、世の中には、大きなブランドよりも、対人(たいひと)という血の通ったやりとりが、ブランド力を大きく上回る事が往々にしてあるんだと言うことを改めて思い知った。

 たった一人の傲慢な営業方針が、たとえ会社に一時的に利益をもたらそうとも、後々それがマイナスイメージとなって会社にダメージを与え、ひいてはその業界全体のイメージダウンにつながることだってあるんだからな。

 なんて、自分は営業マンではないが、いろんな部分に共感できるところがあり非常に興味深く見ていた。

 あんまり自己啓発的な本を読むことがないので、こういうテレビ見てすぐ感動しちゃう俺って、気がついたら高額な何かをすぐ買ってしまうようなタイプの人間なのかな?

女子サッカーのワールドカップ

2011年06月27日 | スポーツ
なんでだろう。

女子サッカーっておもしろいんだよな。

女子だからって変な偏見はもちろんない。

なんだかプレイがしっくり来る。

男子のような異次元のような世界観じゃなく、すごく身近に感じられる感じ。

それが、男子のレベルではないって訳じゃなく本気で楽しめる現実感。

ロングをぶっ込むシーンが多い気もするけど、それでもそのロングパスやクロス、サイドチェンジなんかは男子と同等の精度。

ブチぎれると男子よりもえげつない選手がいるお国もあるけどね。

そんな女子のワールドカップ、日本初戦の真っ最中。

にしても澤は日本女子サッカー界のカズなんだな。

キングじゃなくクイーン澤。

32歳。

フィールド上の彼女は本当いい女だな。

1-1で前半折り返し。

がんばれ日本!

アレより気持ちいい!

2011年06月23日 | スポーツ
動画も写真もない。

でも興奮はいまだおさまらず。

自身の所属する市内リーグ2部サッカーチーム「こしゃるず」の練習試合。

足かけ4年、ついに初ゴールが生まれた!!

 公式戦であれば、1つのゴールよりも10のミスの方が命取りになるけど、練習試合は、100ミスっても1つのゴールで十分すぎる満足。

自己満足!

 フットサルでは何度かあっても、サッカーで得点を決めたことは、たとえ練習試合であってもたまらないエクスタシーだ。

正直その得点シーン以外はいつものごとくグダグダなんだけど、もうその1点で達成感。

点を取るってこんなに気持ちいいのね。

あと少しで取れそうな場面ってのが乱発してもなかなか入らない。

だから見事に決まった時は、ぶっちゃけアレより気持ちいいんだよなぁ。

こりゃサッカーやめられねぇわ。

とはいえ、この点が自分一人の力で取ったのかと言えば大間違い。

自分以外の10人の堅実なプレイがなければこんな奇跡はおきないのだ。

人生だね。

人間は1人で生きてるんじゃない。

そんな壮大なスケールの話にまで飛躍したくなるくらい満足です。

監督のブログはこちら
コメント (1)

住みますぷあ金

2011年06月22日 | ぷあぷあ金星
月曜のぷあ金ロケ。

 先日遭遇した、よしもと住みます芸人、秋田在住の桂三若さんと一緒にロケをすることに。

早いね話が。

ちょっとした口約束が、一週間くらいで本当に実現する。

秋田朝日の俊敏な行動とよしもとさん側の柔軟な対応のなせる技(笑)

 秋田県内、まあごく一部だけど、紹介するって感じで、最後は、ぷあ金の(?)プライベートビーチで、おっさん3人夏男。



それにしても噺家さん。

全国に散ったすみます芸人のみなさんは、毎日決められた時間に自分達で生番組をUstream配信するという使命があるそうで…。

で、この間三若さんの番組をネットで拝見したが、これが超おもしろい。

毎晩22時、自分の部屋(秋田在住なんで秋田の某所)からお送りする1時間の生放送。

固定のカメラには22時ちょっと前から誰もいない背景だけが映し出され、うしろから、咳払いや物音だけがしてる。

10時になると画面に三若さんが「どーもー!」と現れ、そこから1時間の生放送がスタート。

 コーナーがいくつもあるが、場面転換があるわけでもなく、SEがあるわけでもなく、しばらく間があろうが、酔っ払い顔だろうが関係なし。

ディレクターがいるわけでもなく、すべて自分一人で行う。

しかも三若さんは毎日1時間1人でしゃべりっぱなし。

 21時くらいまでどっかで飯食ってたり飲んでたりしても、10時前には必ず部屋に戻り、毎日この番組をお送りするのだ。

 いずれ、俺やバリトンさんもゲストで出させて頂く約束もしたけど、悩みの種は、隣の人や大家さんから「うるせぇ!」といわれることだと。

それでも、せっかく秋田を自ら選んで来てくれた三若さん。

今後とも末永くおつきあいくださいませ。

<三若さんのUstream配信番組リンク>

その日がついにやってきた!

2011年06月20日 | ブラウブリッツ秋田
6月19日。

JFL第16節。

ここまでわれらがブラウブリッツ秋田はホームで勝ちがない。

それでもサポは信じていた。

明けない夜はない。

愛するが故に厳しいブーイングも飛んだ2週間前。

なによりも勝ちたいと思っているのは選手なのだ。

そして同じ場所でその日はやってきた。



仁賀保グリーンフィールド。



ここは、メインスタンドの一番上にいるDJブース。

晴天の中行われた、対栃木ウーヴァFC戦。

試合内容は知っての通り。

2-1でホーム初勝利!!

選手の笑顔を見れた。

サポーターの歓喜。

来場してくれたたくさんのお客さんの熱狂。

ホーム勝利というのはこんなにもうれしいものなのか。

代表戦や海外の試合を見ての勝利の喜びとは違う、芯からの感動。

試合終了後、いろんな人と握手した。

「シャバさんよかったな!」

「やっと勝ったね!」

「シャバさん次もがんばろう!」

これが偽りなき地域密着サポなんだ。

勝利したときは、さっきまで戦っていた選手が、サイン会!



秋田の、地域の代表として戦うイレブンと一喜一憂できる喜び。

これ味わっちゃったらもうやめられないっしょ!

次節は7月10日、秋田市、八橋陸上競技場。

スタンドを青に染め、秋田を唸ろう!

GO!ブラウブリッツ!
コメント (1)

ご多分に漏れず日食鑑賞

2011年06月16日 | プライベート
 こういうとき、比較的秋田って天候が悪いことが多く、他の地域の映像を見て

「へ~」

なんて思うもんだけど、この日は日中から天気もよく、夜も晴れ。

これからかくれんぼしようとしてる月も煌々と輝いてる。

とはいえタイミングは深夜3時過ぎ。

 ロマンチックどころか、きっと大いびきかいて夢の中だろうと思ったら、なぜか3時半にお目覚め!

しっかりとこの目で、西の空に半欠けのお月様を眺めることができた。



すでに東の空は明るくなり始めてる。

神秘のパワーを放つお月様よ、どうぞ我に力を授けてたもれ~。

数十分の鑑賞の後、布団の中でくしゃみ連発。

どうやら月は、風邪を授けていきやがった…。


秋田NO.1DJイベントだな

2011年06月13日 | 告知!
先日土曜日行われたDJイベント。

「FRIED」

 2002年にスタートしたこのイベントは、オーディエンスに、より音楽を楽しんでもらうために、エフエム秋田の高橋航アナが代表で旗を振り、毎月第2土曜日、川反のDUKEROOMというバーで、月ごと様々なテーマにそってDJを迎え音楽を楽しむ内容。

 今回、その100回記念として、歴代のチャンピオンが一同にかえしたイベントが開催された。



 このイベントの醍醐味は、単にガチンコDJがプレイするだけでなく、言うなれば誰でもDJとして参加できるところ。

ターンテーブルやアナログレコード持ってない。

CDJなんて触ったことない。

BPMあわせて曲をMIXするなんて事できるわけがない。

なんてこと、一切関係なし。

 持ち寄った音源を、その人のオリジナリティーで15分~20分くらい選曲してもらうというもの。

単純に、自分の推し曲や推しジャンルなんかを好きに回してくれればいいのだ。

 だからこそ、ジャンルに偏らず、クラブでがんがん踊りまくるだけじゃない、誰でも楽しめるイベントとしてここまでやってこれたんだろうね。

もちろん秋田にはガチDJたくさんいるし、出場もする。

 ただ、イベントの特性というか何というか、HIPHOP DJが全曲BOOWYをMIXしてみたり、サーフDJがジブリ関連の名曲をHOUSE MIXしてみたりと、いつもとは違う一面を見せるところが、そんなガチDJ陣のさすがと呼べるところであり、フライドらしさというところ。

過去には、美容師やショップ店員、サラリーマンに看護士、ラーメン屋に報道関係社員。

地元タレントや局アナなどありとあらゆる人達がもこぞって参加してきた。

 ここまで回を重ねていればそれなりにすごい過去もあったりして、今キー局の第一線で活躍してる、もと地元テレビ局の美人局アナがアトラクションで参加していたり、なんといっても、今となってはとてつもなく超売れっ子となった秋田出身のあの子も、素人時代、秋田在住美少女として全国的に注目され始めた当初フライドに出演してる。

そん時のお宝映像がこれ!(FRIED オフィシャルHPより)



今や秋田が誇る、いや日本が誇るスーパーガールだ。

わかるかな?

 ちなみに右隣が、旗振りのエフエム秋田局アナ、高橋”当時はアフロ”航君であり、その手前にそびえるド金髪の側頭部が俺だ。

遊びの中には数多くの出会いがある。

社交場には同じ目的を共有している人達がたくさんいる。

 そんな人達がその空間をより楽しくしようと切磋琢磨することによって、そこから愛が生まれたり生涯の友ができたり伝説ができあがったりする。

遊びを知らずに世の中を語れまい。

 数多く遊びを体感してきた人こそが、今、世の中に何が必要なのか、人が何を求めているのかを知ってると思うな俺は。

で、当日の俺の選曲はこんな感じ。


・エヴリン・トーマス / ハイ・エナジー
・フランキー・ゴーズ・トゥー・ハリウッド / リラックス
・パワー・ステーション / ゲット・イット・オン
・スード・エコー / ファンキー・タウン
・マイケル・フォーチュナティ / ギヴ・ミー・アップ
・ユーリズミックス / スウィートドリームス RV2011MIX
・少女時代 / Mr.TAXI
・ブラウン・アイド・ガールズ / アブラカタブラ
・KARA / ジェットコースター・ラブ
・SPEED / ボディ&ソウル
・篠原涼子with T.komuro / 恋しさとせつなさと心強さと
・TRF / クレイジー・ゴナ・クレイジー
・Perfume / レーザービーム

また後半J-POPで遊んでしまった。

いずれにせよ、続けることに意義がある、秋田県ナンバー1のDJイベントであることは間違いない。
コメント (2)

秋田すみます芸人

2011年06月12日 | イベント
金曜日、横手で仕事。

以前も一度お世話になった会社の、イベント進行のお仕事。

そこでなぜか、吉本芸人さんを発見してしまった。



彼の名は「桂三若」さん!

 ただいま吉本興業で行われている、47都道府県すみますプロジェクトで、秋田に住むことになった芸人さんである。

その名の通り、吉本所属の落語家で、桂三枝さんのお弟子さんだ。

偶然にも、数ヶ月前飛行機乗ったとき、あ、俺、飛行機乗ったら必ず落語のチャンネル聞くんです。

だって高いとこ怖いし、なんかあっても笑って死にたいしね。

で、そんときの噺家さんが三若さんで、えらいおもしろかったのを記憶してまして。

 して、なぜこの会場にいたかというと、吉本が今年100周年、このイベントの出展企業の一社であるシャープさんも100周年ということで、コラボって参加していたと言うわけで。

 吉本のプロジェクトの事も知ってたし、秋田に住む芸人さんが三若さんだって事もチェックはしてたし、もしかしたらどっかで出会う事があるかもなって思ってたけども、まさかこんなに早く会うとは。

秋田市のど真ん中に現在在住であり、Ustreamで番組も配信中だそうだ。

今度その番組に遊びに行くことにしたんで、そのときは是非ご覧くださいませ。

ミス川反クイーン決定!

2011年06月06日 | 告知!
昨日、駅前のJAM HOUSEで行われたイベント。

川反革命舞踏会。

川反のさらなる活性化を目指し、雄志が集って企画されたイベントだ。

場所はできたばっかりだけど、箱的には申し分ない場所だね。



先日も電気グルーヴの卓球がプレイしに来て大盛り上がり。

これからも様々なクラブイベントが行われそうだ。




で、このイベントは、目玉が二本立て。

まずは、秋田が誇るカリスマ、加藤鷹さん。

秋田を知り尽くした地元タレントの石垣正和さん。

そして俺の3人によるぶっちゃけトークショー。

石垣さんは俺を産んでくれた人で、鷹さんとも元々仲良くさせてもらっていて、この日は久々の再会。



 時間をオーバーしたぶっちゃけトークは、絶対にテレビでは放送できない、もちろん、活字にすらできないものすごい内容となった。

さすがにここでも書けねぇなぁ。



それにしても、こういうときって女の子の方が積極的だしエロいね。


 そして最後は、美の国秋田に燦然と輝く東北屈指のネオン街、川反の、夜の蝶のナンバー1を決めるアトラクション。

第1回川反クイーンコンテスト。

 事前に一般の方に投票してもらうというシステムで、当日は、投票の結果選ばれた上位5名の女の子が最終決戦。



加藤鷹さんを含めた審査員により、ミスと準ミスが選ばれた。

そして準ミスを獲得したのが、ナカミビル、イブの真奈美ちゃん。



佐々木希と倉木麻衣を足して胸をふくよかにしたような、おいしいとこ取りの子。

一般のアンケートも、完全に彼女の魅力にやられてる人ばっかだったな。

そして、栄えあるミス川反クイーンは、

優楽里~ゆらり~のランちゃん。



165センチの長身と完璧なスタイル。

思わず鷹さんも頭の中で脱がしてしまったほど。



その上リクエストに応え、即興ではるな愛のものまねもしてくれるという度胸。

まさにお客様を喜ばせるプロだ。


他の3名の子もそりゃもう甲乙つけがたい蝶達。

改めて川反のレベルの高さを思い知らされた。

最近全然それ系のお店にはお邪魔して無くてねぇ。

いずれにせよ楽しいイベントでした!




川反革命いよいよ開催!

2011年06月03日 | 告知!
地震の影響で延期となっていたビッグイベントが週末日曜いよいよ開催される。



 秋田の花街、川反を今一度活気づけるべく、そして、自粛ではなくイベント開催をもって経済を回し、復興を願うという思いから、主催者関係者が今一度立ち上がった。

川反を、ひいては日本を盛り上げるべく開催されるこのイベントの目玉は2つ。

 1つは、川反に軒を連ねるクラブ、スナック、キャバクラで働く夜の蝶達の中から、一般投票も含め川反ナンバー1を決めるという川反クイーングランプリ

 ビジュアルだけではなく、接客スタイルやノリ、お酒の飲みっぷり、エロさ、癒やし度等、様々な観点を元に、スペシャル審査員達が得票数を踏まえ総合的に判断し、初代川反の女王を決める!

 そしてもう一つは、秋田が誇るカリスマ男優の加藤鷹さん、秋田の昼と夜を知り尽くした地元タレントの石垣正和さん、そして、ナビゲートの俺シャバ駄馬男による、放送コード関係なし、フィールターレス、ノーリミットのぶっちゃけトークショー。

女子がどん引きしようが仕事無くそうが、男たるものを本音で語りあうのだ!

DJやダンサーも入っての複合クラブイベント。

秋田の夜の新たなる伝説の1ページ。

最高の空間と最高の酒と最高のイベントと最高の秋田美人達を是非堪能しに来て!
コメント (1)

久しぶりのパブリックビューイング♪

2011年06月02日 | スポーツ
キリンカップサッカー日本代表戦。

今回は久しぶりにパブリックビューイング観戦することになった。

最近よく足を運ぶ、秋田市サンパティオ内

「スポコンカフェ」



秋田が誇る様々なトップスポーツの選手も足を運ぶスポーツバーだ。

店長は、秋田ノーザンブレッツR.F.C.のマツケンこと松橋健!

ランチもやってるこの店の特色は、フレンドリーな雰囲気と規格外のフード。

 最近ようやくお目にかかることができた大町オフサイドバーガーは、直径20センチほどあるビッグサイズ。



そこで行われた代表戦PV。

 本当は水曜定休なのだが、観戦の問い合わせが多数あり急遽お店を開けることになって、その勢いで俺にも開催のご案内があったって感じで。

 試合は、初招集組と新システムを試しながらの展開で、結果スコアレスドローではあったけど、海外組のコンディションが100パーセントではなかったとはいえ、そのポテンシャルはさすがのもんだった。

倒された直後立ち上がったと同時に強烈なワンステップシュート打つ本田はやっぱスゲェ。

お店にもたくさんのお客さんが訪れていて盛り上がってた。



サッカー人気なのか、代表人気なのか…。

どっちにしろ、こうしてみんなで盛り上がれるってのはいいもんだな。

 当日は大画面用プロジェクターの調子が悪く、途中で映像がダウンするというアクシデントが何度もあり、その都度2つある液晶テレビの方を観るという状況の中の観戦だったけど、本来ならクレームをつけるお客さんも出そうなところ、そこはさすが店長マツケンの人柄。

そのアクシデントを笑いに変えてしまうところはさすがだ。

次回は6月7日のチェコ戦。

ラジオの生放送が終わったら行こっと。