シャバ駄馬男「シャバでひとつ…」

秋田のタレント、シャバ駄馬男のたわいない日常ダイヤリー

2回目登場、守護神鈴木彩貴選手!

2012年03月30日 | ブラウブリッツ秋田
 ブラウブリッツ・オン・ザ・ウェーブ、今週のゲストは、開幕三連勝、失点1と奮闘中のGK鈴木彩貴選手。



チームの雰囲気がすごくいいと。

なにせ3連勝。

 始まったばかりで浮かれてる場合ではないけど、練習中はやっぱり笑顔があふれるいい状態らしい。

 昨年よりも冷静さを心がけているという彩貴選手は、調子がいいときは、シュートボールがコマ送りで見えるそうだ。

秋田のゴールを守るイケメンキーパーは、4連勝かけ、HONDA戦に臨む。

 そんな4月1日、仁賀保グリーンフィールドには、今シーズンスペシャルサポーターとして楽曲を提供してくれた三浦サリーちゃんが、応援ソングである「Dreamin'」を生披露してくれる。

 この期に及んで雪マークという、なかなか冬から脱出できない秋田ではあるが、サポーターの熱い声援で4連勝をもぎ取ろう!

FREAK☆RUSH!を卒業します!

2012年03月27日 | ラジオ番組
エフエム秋田、毎週火曜夕方6時から2時間の生放送、FREAK☆RUSH!が丸3年。

今日の放送で、俺、シャバ駄馬男は卒業します!

卒業ブームです。

 初めてのリクエスト番組は、自分か聴かないジャンルの曲にもたくさん触れることが出来て、本当に楽しかったなぁ。

特にここ最近は、本当にアニソンのリクエストが多かった。

 CDTVなんかを見てても、軒並みアニソンがランクインしてるのを見ると、秋田にもファンがたくさんいるんだなって事を思い知った。

逆に、PerfumeやAKB48の話なんかを熱弁しても、イマイチ食いつきが悪かったりとか。

 ちまたで一般的に流行してるヒットソングはさておき、ヒットチャートはおろか、まだ口コミレベルの曲や、配信限定等々、音楽を提供する側の多様化により、よほどでない限り耳にすることがないかもしれないナンバーへのリクエストが多かったり。

だから、放送局に音源がなくリクエストに対応できなかったこともしばしば。

だけど、それがランキング番組ではなく、リクエスト番組の醍醐味なんだよね。

リスナーの選曲で作る番組がリクエスト番組。

 この3年間でリスナーのスタイルも様変わりし、今や、様々な受信形態で、全国からリクエストが来る時代。

 ツイッターやフェイスブック等が、当たり前のように情報収集やコミュニケーションのツールになっている今、それでも、生の音を届け、リアルタイムにアクセスし、パーソナリティーとリスナーとのコミュニケーションが成立しているラジオ、リクエスト番組は、いつの世も普遍最強のコミュニケーションツールだと思う。

 なのに、俺自身、しゃべりたいこともいっぱいあったりして、その分リクエストをかける時間が短くなったりするのがしょっちゅう。

本当リスナーの皆さんにはたくさんご迷惑おかけしました。

リニューアルも含め、エフエム秋田ではまだまだ他の番組でお世話になるのは変わらない。

でも、大好きな音楽にどっぷハマれる番組はなくなった。

本来は、自分自身で選曲する番組をやりたいのも事実。

それだけ、音楽に関わっていたいという思いが強いなやっぱり。

ラジオから火がついて大ヒット。

そんな出来事の発端になれるのが、ラジオDJとしての夢。

また、たっぷり音楽と戯れる番組が出来る日が来るまで、いろんなジャンルの音楽をを聴きまくろう。

FREAK☆RUSH!のリスナーに教えてもらったことを胸に…。
コメント (1)

野本安啓選手とサポーター

2012年03月25日 | ブラウブリッツ秋田
連勝して気分いいのはわかる。

俺もそうだし。

 23日のブラウブリッツ・オン・ザ・ウェーブのゲストは、今期新加入、Vファーレン長崎から期限付き移籍で秋田に来た野本安啓選手。



ちなみに上段左から2番目。

 市原時代のジェフやコンサドーレ札幌、ファジアーノ岡山など、一流チームを渡り歩いた28歳は、今年めでたく秋田へ。

 2連勝の立役者でもあり、ブラウブリッツに明るい光を指すベテランディフェンダーである。

だからか?

連勝してるからか?

とにかく今回は、メールと、見学者ホールに来て頂いたサポの数が多いのに驚いた。

メールは、岡山時代のサポからもきた。

 そのサポは、岡山であるにもかかわらず、ブラウブリッツのファンクラブに入会してくれた。

 こんなにありがたいことはないし、ラジオをやっててよかったって思う最高の瞬間でもある。

我々は、こういったサポーターがいると言うことを決して忘れてはいけない。

とにかく秋田がすき。

そしてスポーツが好き。

サッカーも好き。

ブラウブリッツにもがんばって欲しい。

そして、その輪は全国にも広がる。

こういったサポーターを決してないがしろにしてはいけない。

今回、野本選手とのスタジオトークは異常に盛り上がった。

彼は、いろんな土地をまわり、その土地土地でサポーターに愛されてきた。

 そんな彼だからこそ、秋田にきて秋田のためにがんばりたいと強く思えるし、その思いがあふれているからこそ、どこにいっても地元サポーターに愛されるのだ。

チームを愛するってことは、そういうことなんだ。

野本選手大好きになっちゃった!

秋田と共に、行きましょうよガチで!
コメント (2)

コラボラーメン第2弾発表!!

2012年03月23日 | ★ラーメン錦コラボ企画★
 さて、ラーメン錦秋田分店とのつけ麺コラボ終了からまだちょっとですが、早くから水面下で進めていたコラボ第2弾企画がいよいよスタート!!



期間限定、1日20杯打ち止めの今回は


「濃厚鶏・煮干し出汁 肉中華そば」


四の五の言いません。


これはマジで美味いっ!



まずは1度お試しあれ!
コメント (3)

秋田のトップスポーツにいち早く春がきた!

2012年03月18日 | ブラウブリッツ秋田
17日18日の2日間は、いつもブルースピリットの俺も、仕事でピンク色に。

 秋田ケーブルテレビ冠、秋田ノーザンハピネッツの試合の録画中継のお手伝いで、会場レポートをすることに!

 ブラウブリッツは自身のフィールドだけど、秋田のスポーツを盛り上げるためのお手伝いが出来るのなら、俺はなんだってする。

 人口が少ない分、いろんな意味で絶対数が少ない秋田は、様々なカテゴリーに属する人達が束になってかからなければ、なかなか大きな力にはならない。

花道にだって流川にだってなる!

っていうか、そもそもハピネッツも好きだからね俺。

そんな意味でもこの2日間は、俺にとってもとても特別な日になった。

 ちなみに、過去7回ハピネッツの試合を観戦している俺は、未だかつて負け試合を見たことがない。

自慢じゃないが、俺が会場に行く日は、必ずハピネッツが勝っているのだ!



そして17日の試合は、見事にハピネッツの勝利!

これで俺も8連勝。


ちょっとすげぇなこれは!


ただ、2日間のハピネッツの仕事も、2日目の出番はほんの少しだけ。

そう、この日は、ブラウブリッツ秋田のホーム開幕戦!



待ちに待ったこの日。

 新生ブラウブリッツの地元の門出に、今年もお世話になることになったスタジアムDJの俺が、その場に行かないわけがない。

すぐ隣の八橋陸上競技場へダッシュ!

この時間帯は完全にBLUEモードで戦闘態勢。

外は寒い。

DJブースの前は、ピッチと違い、目の前にこんもりと雪が残る。



それでもたくさんのサポーターが足を運んでくれた。

 新しいチームは、退場者を一人出しながらも、サポーターの熱い声援を受け、昨シーズン最終戦0-3という屈辱的な敗戦となった相手であるホンダロックSCに、1-0で勝利!

ホーム開幕戦を白星で飾り、2戦2勝!

もうこれはたまんねぇなーっ!

 昨シーズン悔しい思いをたくさんしてきただけに、この勝利はものすごく特別なモノに感じた。

チームもユニホームも一新。

そして施設サポーターも組織化され大きな集団、BLUE+秋田となって生まれ変わった。



変革の年。

出直す意味での潔い開き直りは、今期のJFLの目玉になることは間違いない。

今年もこのチームと仕事が出来てよかった!

 試合も終わり俺の仕事も終わった頃、再びすぐ隣であるハピネッツの試合会場、秋田県立体育館へ走る。



試合はちょうど第3クォーターが始まるところ。

「お!勝ってる!!」

このままハピネッツが勝てばホーム連勝!

そして俺の観戦不敗神話も9連続となる。

相変わらず体育館のブーストはハンパない。

すべてが一体となったこの空間はやっぱり一種独特。

 サポーター、ブースターのアツイ思いがあるからこそ、スポーツチームは成り立ってるんだと改めて感じる。

そして試合は、見事ハピネッツの勝利!

ホーム2連勝!

そして、俺の観戦不敗神話も、連続記録「9」となった。

 18日の秋田市八橋運動公園愛には、実に5000人以上のサポーターやブースターが足を運んだのである。

やっぱスポーツはいいね。

家族は集って会場へ出かける。

レジャーの一環としてスポーツを楽しむ。

恋人達はスポーツ観戦でデートを楽しむ。

子供達は、将来のスタープレイヤーを目指しプレイを楽しむ。

老夫婦は、足腰の痛みも忘れ何度も立ち上がって歓声を上げる。

そこには数限りないコミュニケーションがあるんだ。

秋田は遊びに行くところがない…?

いつまでそんなこと言ってるんだい?

最高にホットで最高に楽しくて、最高に気持ちよくなれる、そんな場所が秋田にはある。

スポーツ立県。

サポーターもブースターも、すべてが一つになって、秋田のトップスポーツを盛り上げる!

これが、何よりも秋田に活気を与える一番の近道だ!




コメント (1)

新加入で地元出身の土屋健太選手

2012年03月17日 | ブラウブリッツ秋田
 ブラウブリッツ・オン・ザ・ウェーブ、3月16日のゲストは県出身であり、大学卒業でブラウブリッツに加入となった土屋健太選手。



 飯島南小→飯島中→秋田商業高校と、サッカー三昧の学生時代を過ごし、大人になってもサッカーを続けられる喜び。

 しかも地元のクラブチームでプレイできるというサクセスストーリーは、これからの秋田のサッカーキッズの大きな夢にもなる。

 「サッカーで秋田を盛り上げていきたい」

 という強い思いは、地元選手だからこそフルパワーになるわけで、それを担うに値する選手に成長していって欲しい。

「まずはメンバー入りすること。より多くの試合に出ること」

という目標は、そう遠くないうちに実現するだろう。

 なによりもサポーターは、同時間帯で、富樫、鈴木健、土屋の3人がピッチに立ちプレイしている姿を見るのが当面の夢やね!

さあ、いよいよホーム開幕!

ケイタ・ザ・ニューエストさん再び

2012年03月14日 | ラジオ番組
FREAK☆RUSH!

昨夜のゲストは、今月久しぶりにセカンドアルバムをリリースした、ケイタ・ザ・ニューエストさん。



ファーストの時も、

「この人音楽を心から楽しんでるな」

 って感じた事を思い出したけど、今回のアルバム聞いて、より、その楽しみ方が深まってるというかなんつうか。

 自分のやりたいことが出来る環境があるって事はいいことだけど、それをやり続けるには、よほどの信念がないとできないだろう。

特に大人になってからは。

 そんな中、心から音楽を楽しんでるケイタさんの今回のアルバム聞けば、自分にもなんかやれるような、特別堅苦しく考えなくてもいいような気分になるというか、そんな気持ちにさせてくれるんだよな。

 そう考えると、全曲が完成したところで後付けされた、今回のアルバムのタイトルである「カオティック・イノセンス」

「混沌とした純潔」

というタイトルの意味がなんか見えてくるような気がする。

今度はぜひライブで来てください!

3.11 復興への思いに偽善とのたまうもの

2012年03月11日 | プライベート
 悲しみにうちひしがれ、天を恨み、理不尽な運命に心うちひしがれている人達が多くいる中、力あるモノ、影響力のあるモノ、心から被災者の気持ちを気遣うモノ、様々な人が、復興のために全力を捧げている。

被災者の気持ちは、なにがどうあっても被災者にしかわからない。

悲しみの共有は出来ても、悔しさは誰にも干渉は出来ない。

 それでも人は、大なり小なり、自分に出来ることを探し、一生懸命復興の支援をしてきた。

金持ちが寄付したら偽善なのか。

タレントが被災地を訪れたら売名行為なのか。

ボランティアそのものがマスターベーションなのか。


これから先に向かって様々な支援をしてくれている企業や個人がたくさんいる。

スケジュールの合間を縫って被災地を訪れるタレントがいる。

正義感のみで行動してくれるボランティアがいる。


 今回の震災で、人は、誰かのために何かをしようという思いを強く持てる生き物なんだと改めて感じたが、その反面、そういう活動に対して、顔を伏せてしか文句を言えないクズがたくさんいることも知った。

力あるモノがその力を人のために行使する事に対して、誰が偽善だとのたまえるの?

偽善だとのたまうやつは、自分で何が出来るの?

3.11

今日くらいは、2ちゃんだろうがなんだろうが、他人に対してバッシングするのやめようや。

みんな真剣に今日一日をテレビやラジオなんかで過ごしてるんだから。
コメント (3)

番組にいよいよ監督登場!そして三浦サリーちゃん!

2012年03月09日 | ブラウブリッツ秋田
 ブラウブリッツ・オン・ザ・ウェーブ、3月9日のゲストは、開幕直前ってことでついに横山雄次新監督が登場。



聞きたいことがありすぎて30分では足りないが、まずは秋田の感想やチームの現在の状況などをチェック!

 チームの仕上がりとしてはまだ50%程度だと言うが、その分見えている部分がはっきりしてるんで、戦いながら調整していくと。

 「まずはとにかく初戦で感触をつかまないと!」

 という言葉には、未知の土地での不安よりも、先入観を持たなくていい状況でのワクワク感の方がたっぷりのようだ。

大宮で培ったものを秋田で存分に発揮してもらい、てっぺん目指していきましょうよ監督!

お酒は飲めないそうだが、祝杯をいつもあげられるように!

共に戦いましょう!


 そして2012年、今シーズンは、石川コウ君の道標とともに、もう1曲チームの応援ソングが決定。

秋田、にかほ出身のアーティスト、三浦サリーちゃんの「Dreamin'」という曲。

これがまたいい!

4月に2枚同時リリースされるサリーちゃんの、本格的デビューミニアルバムに収録されてるナンバーなのだ。





今シーズンは、三浦サリーちゃんも、スペシャルサポーターとしてブラウブリッツを応援してくれる。

であれば、このアルバムもチェックせねばならぬだろう!

開幕!JFL!

行くぞ!

GO!ブラウブリッツ!

ブラウブリッツ秋田キックオフパーティ!

2012年03月05日 | ブラウブリッツ秋田
JFL開幕まであと1週間。

今年もいよいよこの日がやってきた。

 新監督、新加入選手も徐々に合流し、遠征や強化試合も経ていよいよ戦闘態勢に入る中、ただ一人、契約が完了していなかった人物がいた。

俺です!

 しかし、最後の最後、すべての準備が整ったところで、暖かく声をかけて頂き、今年も、ブラウブリッツ秋田のスタジアムDJとしてこの1年闘わせて頂く事になった。



今年もよろしくお願いします!!

そしてキックオフパーティの開催。



 新監督や新加入選手勢揃いを見るのは初めてであり、この瞬間を共に過ごそうというご来賓やサポーターの皆さんが集結。



スーツ姿の選手の前で、横山雄次新監督が挨拶。



とにかく勝つということを約束してくれた。



会場では新ユニフォームも発表され、ボルテージも一気に上がる。



 また、いままで「UNGER-NEO」として活動していた施設サポーターの皆さんは、今年から県内各所、そして関東に支部を構え大きな組織として生まれ変わった。

その名も「BLUE+AKITA」(ブルータス秋田)

2012シーズンはBLUE+AKITAがスタジアムを青く染める。

さあ、準備は整った!

秋田のスポーツの反映のため、地域貢献のため、そしてJリーグへ向かうため、共に闘う!!

巨大合コンとその成果!

2012年03月04日 | イベント
 3月3日、秋田市で行われた「あきたタウンパーティ」は、今全国あちこちで開催されてる、2000~3000人規模の巨大合コンの秋田版という形で開催され今回が2回目。

 緊急召集ということで、今回のイベントからMCに加えさせて頂くことになり、いよいよその日を迎えた。

 詳しいことは各メディアでいろいろ紹介されると思うけど、とにかく大成功だったんじゃない?

 俺が昔飲み歩いてた頃の川反がまさに目の前に広がってる感じ。

あのワクワク感!

 午後11時過ぎ、成立したカップルが続々とゴール地点に手を繋いでやってくる!

みんな最高の笑顔で。

おそらく延べ100組位はいたか?

とにかくね。

うらやましいのナンのってね。

秋田すげぇーなって。

 楽しいことや刺激を自ら求めず人にゆだねてるばかりの人にはわかるまい。

 自分からイベントを楽しもうと、自分から楽しいこと探そうとしてる人達には、必ずハッピーが訪れるのだ!

カップル成立のみなさんおめでとう!

 MCチームも、なかなかないコラボで楽しくやらしてもらったし、そしてなによりも、主催、実行委員、ボランティアのみなさんの努力なくしてこういう巨大なイベントは成立せんのだ!

 みなさん本当にお疲れ様でした!

GEO NIGHT! Vol.0 いろんな遊びの形

2012年03月03日 | イベント
3月2日行われたイベント。

GEO NIGHT Vol.0

 俺自身通ってるスポーツクラブ、ゲオフィットネスでは、会員の皆さんそれぞれの交流があり、アフターで集まって飲み会があったりとかいろいろあるようだ。

 以前ゲオフィットネスの忘年会に参加させてもらったとき、今までに無かった輪が広がって、とっても楽しい思いをさせてもらったんだけど、そのあとの新年会にもお呼ばれされ。

 是非参加したかったんだけど、仕事の都合でいけなかったので、改めて集まって欲しいと勝手にリクエストをしていた。

 そのうち、クラブでもいろいろお話しできるお友達も増えてきまして、いつ飲み会を開こうかと思案してたところ、せっかくだったら、ただ集まって飲むだけじゃなく、なんか面白いことしたいなって考えてしまって。

 で、思いついたのが、いつもお世話なってるイベント、FRIEDのように、音楽が好きな人が自分でDJブースで選曲を楽しみ、それを聴いて飲んだり踊ったりするという、パーティーチックなイベントやろうかなって。

バーを貸し切って会員限定のイベント。

 クラブイベントといった、踊り重視のものじゃなく、DJブースに立ったことはおろか、機材だっていじったことない人達でも、自分で持ってきたIPodやスマホなんかを使って、その場のノリで楽しく参加できるようなイベント。

 賛同してくださった方の力も借りてやろうと言うことになったんだけど、思い立ってから告知、告知から昨日の開催まで3週間。

というのも、まずは1度やりたかった、やるならすぐ!みたいな感覚だったんで…。

 ありえないスピードでの開催だったんで、イベントの主旨もしっかり伝えきれず、バタバタ急いでしまったけど、協力してくれた会員の方々のおかげで、イベントは無事成功したぁ!



予定よりもたくさん集まってくれたし、12時過ぎてもお客さんがどんどん増える。

 人数の関係もあったんで、貸し切りにせずフリーのお客さんも入れることにしたが、知ってる人やお友達の有名人なども遊びに来てくれて、大変盛り上がった。

 俺なんかは、こういうイベントやって、みんなで盛り上がりたいって思っただけなんだけど、今回のイベント開催にあたり、時間も無いのにお手伝いや集客や盛り上げなどしてくれた木村さんや佐藤さんには本当に感謝です。

 DJとして参加してくれた会員の皆さんも、非常に個性のある選曲をしてくれてものすごい楽しめたし、なによりもクラブイベントという偏った閉塞感がなく、誰でもいろんなジャンルの音楽で盛り上がれるというところがよかったかな。

 おそらくクラブに行ったことがない人達が、DJやったり踊ったりと、仮想のクラブ体験をしてもらって、もしかしたら、本物のクラブイベントなんかに足を運びたくなったり、DJの練習を始めたりする人もいるのかなって。

それくらい、選曲してもらった人達も楽しんでもらったと思う。

 また、さすがって思ったのは、音楽ガンガンでお酒も飲んで盛り上がってる空間でたった一つ、通常のクラブイベントに無いものが。

ノースモーキング!!

空間にたばこの煙がない。

健康志向の皆さんはドントたばこ!

これも新しい形!

 こんな感じで、ただ一方的にイベントにこいっていうメッセージではなく、いろんなイベントに足を運びたくなるような、そんなワンクッション的な主旨のイベントって必要なんだよね。

あまりの急の開催のため、今回はVol.0という形でプレイベントを行った。

 けど本来は、今回これなかった方、そしてゲオのスタッフの皆さんも含めもっと盛り上がりたいというのが次のステップ。

Vol.1の開催にあたり、今度はイベントの主旨を細かく伝えなくても、早めに開催日を告知すれば、たくさんの人に集まってもらえるような気がする。

 というのも、今回Vol.0に参加してくれた人達が、きっとイベントの楽しさを伝えてくれると思うから。

だって、めちゃくちゃ楽しかったもん!

 ゲオ歴がまだまだ短い俺が、ゲオ冠のイベント企画をするなんておこがましいところではあるけど、せっかく同じ場所で出会った仲間。

これからも、いろんな形で盛り上がっていきたいと思いマッスル!

そう、今年の俺のテーマは「思い立ったら実行」の年だからね。
コメント (1)

2回目の川田和宏選手!

2012年03月03日 | ブラウブリッツ秋田
 ブラウブリッツ・オン・ザ・ウェーブ、3月2日のゲストは、2度目の登場川田和宏選手。



見学者ホールは過去最高の人手か?

本当にたくさんのサポーターが見に来てくれた。

サポバックに写真撮ってけど、やっぱ厚いガラスが反射して全然写ってなかった…。

遠征中は体力を強化し、ほぼ自分のイメージ通りに試合も出来たという。

 ポジションもいろいろ試したけど、どこ任されても全然大丈夫という川田選手のライバルは自分自身。

 ちょうど高校の卒業式の時期だったので、国見高校時代の話を聞けば、プライベートはおろか、勉強する時間さえままならないサッカー三昧の日々であり、卒業式の日は、その開放感にただただ感謝していたとか。

でも、その辛い時期を乗り越えたからこそ、今の川田選手がいる。

いよいよ開幕!

最高のプレイ、期待してますよ!

とりあえず、1回飲みに行きましょか!