シャバ駄馬男「シャバでひとつ…」

秋田のタレント、シャバ駄馬男のたわいない日常ダイヤリー

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シニアリーググループA最終戦!

2013年06月30日 | スポーツ
昨日は秋田市シニアリーグ最終節、こしゃるずレジェンド VS ニコニコFCシニア。

勝ち点10と8の上位決戦だったが、0-1でよもやの敗戦。

これが、超負けず嫌いの40過ぎのおっさん達が肩を落とす姿である。



この大一番に限って試合開始時間が6時台。

物理的に間に合わない人もいたりして(俺も)キックオフ。

 どうやら肉体的に満身創痍のメンバーもいたようで、チーム状態としてはベストではなかったかも。

 それでもキーパーのスーパーセーブなどもあり失点せず前半を折り返したのだが…。

後半相手に1発カウンターをくらい失点。

 個人的には、あいかわらず浮き球の処理にあたふたするものの、今まで何となく遠慮してきた競り合いとか(ぶつかって「おい!!」とかなるのいやなので)、手足も少し出るようになったし、身体で当たっていけるようにもなった。

 で、今までの試合の中でも、この日がなんとなく裏に抜けやすかったかなという大それた主観発言もでてしまう。

 サッカーは、見てる分にはなんぼでも好きな事言えるけど、実際ピッチの上ではそうはいかない。

 ただ、メンバーに比べ、技術的にも戦術理解度も劣っている俺でも、試合数を重ねることにより、多少なりともレベルアップすることが出来たんじゃないかと実感するのだ。

技術面や戦術理解などは短期間で飛躍的に向上はしないかもしれない。

 ただ、メンバーと数試合こなし、意思の疎通であったり、ゲーム中でのコンタクトの取り方だったり、終わった後の反省会だったり、いろんな物を共有する上で一番養われるのが、やはりメンタルの部分だと思う。

今季の俺はその部分の成長が最大の収穫だったような気がする。

 今までの、とりあえず左に張って、ひたすらサイド駆け上がってればいいというごっつぁんサッカーではなく、ちゃんと戦術の一部として働かせてもらった今季。

これは今後しっかりチームに貢献するためますます努力せねばなるまい!

 これでチームはグループAの2位通過となり、グループB1位のJR東日本と決勝かけたノックアウト戦だ。

ここで自分がどれだけ選手として戦えるか真価が問われるときだ!

で、肩を落としたおっさん達も、打ち上げが始まれば関係なしの大宴会!



もともと秋田南高サッカー部OBで作られたこしゃるず(俺は違うけど)

 今回は南高が初の自力インターハイ出場と言うことで、飲み代+寄付金までしっかり徴収された。

ん?これも、チーム戦術の一部として仕事したウチに入るのだろうか??

そして今回もYouTubeアップされてます!

小林さんありがとうございます!

後半、あわや同点か!という僕のループ気味のシュートをお楽しみください(笑)


こしゃるずR 対NicoNicoシニア 前半 (2013.6.28)


こしゃるずR 対NicoNicoシニア 後半1 (2013.6.28)


こしゃるずR 対NicoNicoシニア 後半2 (2013.6.28)



献身的に活躍中!

2013年06月22日 | ブラウブリッツ秋田
ブラウブリッツ・オン・ザ・ウェーブ、6月12日のゲストは前山恭平選手。



ジョージ監督が目指すサッカーが、今の自分にとてもフィットしていると。

まさしく、「らしさ」がとてもよく出ているんじゃないかな!

 とはいえ得点を求められるポジション、本人的にはまだまだその点では不満かもしれないけど、このサッカーが熟したときは、スペインのように、どんな狭いとこ狙っても崩せるチームになる。

そのチームには絶対に欠かせない存在なんです!


そして6月19日のゲストは、初登場の牧内慶太選手。



大学から新加入でとても初々しさがあり、それでもピッチ上での度胸は抜群!

ここに来て出場時間も増え始め、持ち味を生かしたドリブルで初得点も挙げた。

チームの諸先輩達は本当信頼できる仲間ですよ!

 これからも遠慮せず、自分で行くところはガンガン行って、たくさんの得点シーン見せてね!

 そんなわけで明日23日、仁賀保初開催となるホームゲーム、FC琉球戦は、スケジュールの都合のため、僕はスタジアムDJとして参加できません(T_T)

 しかし、こんな時の強力助っ人として「勝利の女神(恵)!」が満を持して登場!

しかも、三浦サリーちゃんも応援に駆けつけてきてくれるので、W女神パワーで琉球を撃破!

ぜひ明日は、仁賀保グリーンフィールドにお出かけ下さい!

スポーツを楽しむと言うこと

2013年06月20日 | スポーツ
コンフェデレーションズカップのイタリア戦は3-4で惜敗。

得点シーンはワールドクラスなんだけど失点シーンがなぁ~…なんて言わない!

いずれにせよ、会場を埋め尽くした観客のほとんどが日本の善戦をたたえていた。



 選手や生粋のサポは死ぬほど悔しいと思うけど、サッカーというスポーツを楽しみに来た観客は、見応えのあるこの試合に感動したわけだ。

勝負事だから勝敗がある。

 だからこそ、結果を知るだけでなく、そのプロセスに一喜一憂してもらいたい!

それを生で見られたらどれだけ興奮するか!

 秋田にも、サッカー、バスケ、ラグビー他、トップスポーツを生で楽しむ事の出来る環境がある。

その楽しみを知ってる人達は、もうずっと前から一年中こんな興奮をしてるのだ!

 感動と興奮の共有をたくさんの人達とすることこそ秋田の未来を明るくする!と俺は思う!

おっと、選挙活動じゃないですよ-!

 選挙に立候補される皆さんも、聞いてるか聞いていないかわからないようなところで義務的に一生懸命さをアピールする演説より、秋田のチームの応援に来てサポーターやブースターと感動や興奮を共有してくれた方がめっちゃ親近感湧きますけど。

 この試合と同じ、どちらのファンでもないけどサッカーが好きっていう人達(浮動票)のハートをどれだけつかめるかって事でしょ!

ああ、でもやっぱ悔しいわ…(T_T)

こしゃるずレジェンド 2013シーズン第4節

2013年06月19日 | スポーツ
昨日はサッカーシニアリーグ第4節でBRFCと対戦。

 前節「香川だ!岡崎だ!前田だ!本田だ!」なんて言ってたチームは、今回みんながネイマール。

トラップせずダイレクトボレーでいこうという形が自然と実行されていく。

するとなんだね。

やっぱり思い切りって大事なんだなって改めてわかるわけです。

 ダイレクトを意識して数本シュート打つとそのうち2つのゴールが決まり、結果2-0で勝利!



あの場面、もし

「1トラップして~」

とか

「体勢整えて~」

なんて1秒時間かけただけで、ゴールにならなかったのかなって。

途中僕に3点目のチャーンス!

「俺もネイマールじゃぁぁぁ!」

と叫んで放ったボレーシュートは、枠をとらえず大きく左にスライスするのでした~。

それ以外でもさすがに4戦目。

 徐々に自分自身もいくらか役に立つプレイが出てきたんじゃないかなって気がするような気がする。ような気がする。

まあそれも、走攻守の「守」の部分を休ませてもらえているからだと思うけど(^^;)

 ただ今回、何気なく試合に出るだけではなく、自分なりにこれは徹底してやってみようという課題を設けて望んだ。

少しでもペナルティエリアに近いところまでボールを運ぶ為のその方法とは!?

「ディフェンダーのハイボールの処理ミスにより、裏に抜けたボール狙い作戦!」

 その状況自体そうそうあるわけでもないが、今回は狙う度にうまいことボールが裏に抜けてくれたので、何度か「おっ!」っていう場面を作ることが出来た。

 ただ、そうなると横を見る余裕がなくなるので、ラインを見なかったり、自分達のプレイにもかかわらず、俺の裏に出したパスに自分が飛び込んでしまったりでオフサイド連発。

5戦目ではもう少し余裕が出るかな?って、もう最後じゃん!

 これで3勝1分!いよいよ来週はグループ1位通過をかけ2位のニコニコFCシニアと対戦だ!

そしてまたしても、小林さんが動画撮影して下さいました!

ありがとうございます!

 後半僕の、幻のゴールシーン(やっぱり結果オフサイドだったみたい(T_T))もあります!


こしゃるずR 対B.R.F.C 前半 (2013.6.18)


こしゃるずR 対B.R.F.C 後半 (2013.6.18)

こしゃるずレジェンド 2013シーズン第3節

2013年06月06日 | スポーツ
昨日はこしゃるずレジェンド、シーズン第3節、VS 河辺シニア。



今シーズンは皆勤賞である俺だが、その成果、チームを苦戦を強いられている(笑)

 まあ、俺が関わってしまったが為に、もしくは、時には俺がいないものとしてプレイを選択しなければならない状況を作らなきゃならないために、すんなり勝てない試合が多い。

でも、俺は楽しいからいいのだ!

だって監督に言われたから。

「シャバさんは3トップの左、ウイング的な、まあ、昨日の代表で言ったら香川のポジションで!」

それだけでオッケーなのだ!

 とはいえ、これまで練習試合なんかで好き勝手やってきたサッカーとは、今シーズンはなんか違う。

やっぱりチームがディフェンディングチャンピオンだからか。

 そのチームに身を置く1人として、しかも戦力の1人としてしっかり勘定してもらっているだけに、やはりサッカーをちゃんとやらなきゃいけないんだって。

走るなら自信がある。

そしてこれまではそれだけで何とかなった。

でも今は違う。

ボールコントロールはもちろん、動き一つもごまかしがきかない。

 だってシニアの人達って、お年は召してても、かつてはさらにバリバリのプレイヤー。

走らなくても足下でしっかりサッカー出来る人達ばかり。

馬鹿みたいに体力消耗してグダグダにサッカーする俺とは対照的なわけだ。

だから、試合中はチームメイトにガンガン指示をもらいながら動く。

そうやって、シニアのサッカーという物を熟知していく必要がこれからはあるわけです!

まあ、こしゃるずに関しては、シニアにこだわると言うより、若手と台頭に戦えるおじさん達がたくさんいるので、本当助けられてる。

でもね、俺は楽しいからいいのだ!

それがサッカーの醍醐味!

 といいつつ前置きが長すぎたので、今回もご厚意で録って頂いたムービーアップ致します!

こしゃるずR 対 河辺シニア 前半 (2013.6.5)


こしゃるずR 対 河辺シニア 後半 (2013.6.5)


ま、試合は1-0で勝ち。

現在リーグトップ!

ますますプレッシャーじゃん!!

早く貢献しなければ!

がんばれ92番!
コメント (1)