eSSay

エッセイとショートショートと―あちこち話が飛びますが

何ともやるせない

2018-06-24 09:26:24 | こころ
 
 だから、大震災はじめ事故や事件、いじめや折檻で命を絶たれた、特に子供たちのことを思うと、何ともやるせない気持ちになる。

 もちろん生きてて楽しいことばかりではない(し、僕が言うことでもないのかもしれない)が、いろんな経験させてあげたかったなあ。
 友達とのおしゃべり、遠足、修学旅行、運動会、文化祭、宿題、定期試験、涙の卒業式、受験勉強、就職活動、新人研修、仕事、残業、出張、歓送迎会、忘年会、人間関係の苦労、花見、海水浴、紅葉狩り、スキー、もちつき、アイドルに夢中、恋愛、失恋、結婚、子育て、W杯に熱中、おいしい物食べ歩き、テーマパーク、コンサート、映画、小説、美術館巡り、温泉旅行、海外旅行、孫の世話、等々々々。
 これら当たり前のこととして僕ら経験している事がらは、その当たり前ができなかった子たちにすれば、この上もなく有り難いことに違いない。

 同様に、僕らこうして生きているけれど、災害/事故/難病に遭わずに生き延びているだけだとも言える。通勤途中で目にする小中学生もそう。不慮の事故で亡くなっていたかもしれない子たちの成長した姿だとすると、「よくぞ生き延びた」「死ぬんじゃないぞ」と思わないわけにはいかない。
 こういうことは、実際に事件/事故が起きてからでないと考えないもの。(深く考えることはなくなるが)悲惨な事件は起きないのが一番。映画『マイノリティ・リポート』みたいに、事前に防げないものか。(AIが発達すれば、ある程度は可能になるのかも)

 もちろん児童相談所や警察、学校や教育委員会による防止策など、現実的な対応は必要。それで以って命を落とす子供が一人でも減ってくれれば、先に亡くなった子も浮かばれようというもの。
 また魂とか生まれ変わりとかも、信じたい。若くして死んでしまった子には、生きている子供たちを守っていてほしいし、次に生まれ変わった時には幸せに満ちた人生を歩んでほしいと、切に願う。(今が幸せだって人、ひょっとしたら前世ではツラい人生だったのかも)

 …死が近づくと、世界が美しく見えるものらしい。前回話をしたように、ここのところ身の回りが驚きに満ちて見えるようになっているから、あるいは僕も寿命が近いのかもしれない。
 いずれにせよ、あの世に行ったなら、そして亡くなった子たちに逢えたなら、ひと声掛けてあげたい。何て言えばいいのかは分からないけれども。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界は驚きに満ちている

2018-06-17 09:43:44 | こころ
 
 スポーツの素晴らしいプレー、タレント/女優のかわいらしさ、世界遺産の見事さはもちろんながら、身の周りありとあらゆるものが素晴らしく見える、という話。

 おそらくキッカケは次の2つだと思っている。
・テレビの特番で、色弱矯正のメガネをプレゼントされた少年の見る世界が色彩に満ちたものになったというシーンを見たこと。
・映画『モリのいる場所』で、主人公・熊谷守一(山崎努)がアリや小石を日がな一日眺めているシーンを見たこと。

 ある朝、自転車で家の近くの神社の前を通った際、ふと「この世界は驚きに満ちている」という言葉/イメージが心に浮かんだ。
 そうすると不思議なことに、山の緑も、田んぼの水も、空の青さも、雲の形も、驚きを持って目に入るようになってきた。(ひょっとしたらある種の薬物でこういうのあるのかもしれない。もちろん服用はしていないし、いつも酔っ払っているわけでもない)
 これが、もう半月ほど続いている。こんなの初めて。
 いやあるいは、小さい頃はこうだったのかもしれない。いつの間にか曇ってしまった目が、晴れただけなのかも。

 重力、太陽、大気、磁気、生物、社会、街並み、ありとあらゆる物が、バランスよく配置されているこの世界。驚きに満ちているとしか言いようがない。
 これまで、自分の気分や他人の視線、世間の評判を気にして、意識が自分にばかり向いていた。それがいっぺんに外に向けられることになり、大げさながら「人生変わった」ような気分。
 さらに言うと、この世から自分がいなくなっても、こういう素晴らしい世界が残るのなら、何の心残りもないといった心境。…言葉ではなかなか説明しづらいのだが。

 だから、(つづく)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ありがたい教10(道路工事の人 ほか)

2018-04-22 08:37:19 | こころ
 
 ここのところ通勤経路で道路工事が行なわれており、ヘルメット被ったおじさん達が朝早くから作業をし、また交通整理のため紅白の旗を振っている。
 僕と同い年くらいの人もいるようだが、排気ガスもあるしずーっと立ちっ放しだし、きっと大変なことだろう。

 「上から目線」ながら、彼らがいなければ工事も進まないし、通勤も不便なまま。
 その他たとえば、ゴミ回収の人、宅配のお兄さん、掃除のおばさん、コンビニのお姉さん、さらには原発事故の事後処理の人たち、等々。彼ら/彼女らがいるおかげで、少なくとも僕は、快適な生活を送ることができている。
 …こうして考えていくと、周りのすべての人たちが「寄ってたかって」僕のために尽くしてくれているのだとも言える(大げさだけど)。
 もちろん当人たちにはそんな意識ないだろうし、回り回って僕も何かしら彼らの役に立っているはずなので〈お互いさま〉なのであるが、何ともありがたいこと。

 だから、道路工事で交通整理しているおじさんには軽く会釈くらいしても、コンビニのお姉さんには挨拶くらいしても〈バチ〉は当たらない、はず。

 そうそう、アメリカ元国務長官のコリン・パウエル氏が『「ありがとう」と言わない人は“必ず失う”』旨のことを自著で書いているそうだ。長官時代の、駐車場係とのやりとりの中から得た教訓の話。偉くなっても「下々の人たち」にありがとうを言わないとツケが回ってくるよ、というこれまたいい内容。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

100秒de自信

2018-01-28 08:06:01 | こころ

 想いは目に現れると言うし、目を見ればだいたいその人柄はわかるもの…。

 緊張するとまばたきが多くなるのはよく知られており、またまばたき多い人は落ち着きがないとも言われる。それはそれで「いい人」にも見えるのだが、何となく「頼りない人」と判断されてしまうし、どうしてもナメらえれてしまう。
 たとえば一流のアスリート(大谷翔平や本田圭介、白鵬)は目をしばたたいたりはしないし、弁解している政治家や芸能人はその逆。
 たとえば同じようにプロポーズしてくるにしても、目をぱちぱちしている男性より、まっすぐ目を見てくる男性の方に、おそらく女性は惹かれるはず。

 きょう紹介するのは、1分40秒つまり100秒で落ち着きと自信を取り戻すことができるというもの。なお、表題はEテレ『100分de名著』のもじり。

 まず両の目をつぶる。そして目を開け90秒間、まばたきをしないで我慢する。目ん玉がこそばゆくなるがそこは辛抱。(我慢できない時は目玉を上下左右にグルグル動かせば何とかなる)
 90秒間我慢できたらまぶたを閉じて10秒間そのまま。(目に「ご苦労さん」と)
 この合計100秒で、おそらく目をぱちくりしなくても済むように、つまり自信ありげに見えるようになり、必然的に自信が持てるようになるはず。
 90秒にこだわる必要はないが、最低60秒は我慢したいところ。ちなみに目の調子良くなかったり異常あったりする方は、無理なさらぬよう。

 なおこれは、桜木健古さんという人の著書『自分を鍛える本』に載っていたコツを僕なりにアレンジしたもの。電車の中でも仕事中でも授業中でも待ちぼうけ食っている時でも簡単にできるはず。
 男なら男、お父さんならお父さん、上司なら上司として、周りから頼もしく見えるようになるだろう、と。もちろん「本当の」自信を付けるのはなかなか難しいことだが、これで少なくとも前向き/積極的になれ、多少のことでは動じなくなるはず(動揺することなど世の中そうはないもの)。お試しあれ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんなもののために

2018-01-14 09:31:08 | こころ
 
 どこで目にしたのか思い出せないのだが、〈おいしい生活〉のコピーライター・糸井重里氏の言葉にこういう主旨のものがあった。
「何を大切にして自分が生きているかを日々気にしているだけで、人生変わってくる」

 これを読んで以来、目の前のことが自分にとって重要なことなのかどうか、少し気にするようになった。例えば、
  ・こんなことでイライラするために、
  ・こんなことで悩むために、
  ・こんなダイレクトメールをいちいち処理するために、
  ・こんな下らないテレビを見るために、
  ・こんなネット記事だらだら眺めるために、生きてるんじゃない、という。

 あるいは人によっては、
  ・こんな仕事するために、
  ・こんな上司/社長の顔色窺うために、
  ・あんな男/女の言動にヤキモキするために
  ・カミさん/ダンナの機嫌とるために(もちろん、カミさん(ダンナ)は大事にしないといけない)
  ・こんなもの後生大事に取っておくために、生きたくはない、というのもあるだろう。
 最後のものはまた「断捨離」にも通じる。顔も思い出せないような人の名刺、置いといても邪魔になるだけのゲーム機、等々…。

 面白くもない親父ギャグには付き合う必要も、ない。
 とは言え、当の上司は上司で「オレ様に気を遣え」などと思っているかもしれないが、そんなこと忖度する必要も、ない。自分の気持ちに素直に従えばいいはず。

 …もちろん人生には、無駄も余裕も必要なのであるが。

 以前から思っていることの一つに、例えば2万円無駄遣いしたとして、自分が臨終の際に後悔するかっていうのがある。おそらくそんなこと、死ぬ間際ではどうでもいいことであるに違いない。

 〔写真は、今年の初日の出〕

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幸せを作る習慣

2017-11-05 17:16:55 | こころ
 
 7月に「幸せの条件」という一文をここに載せましたが、その続き。
 『フォーブス』という少々お堅い経済誌のメールマガジンにあったものを、勝手ながらそのまま掲載。筆者はトラビス・ブラッドベリーという米国人。なかなかいいので、紹介しておきます。

  ・小さなことに感謝する
  ・体を動かす
  ・人のためにお金を使う
  ・「適切な」人と付き合う
  ・常に前向きでいる
  ・充分な睡眠をとる
  ・「深い」会話をする
  ・人を助ける
  ・幸せになる努力をする
  ・成長を志向する
 元の文章にはそれぞれ解説も付いていますので、興味ある方はどうぞ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日野原重明さん死去

2017-07-23 11:02:15 | こころ
 ご存じ105歳の現役医師・日野原重明さんが亡くなった。
  ・1970年のよど号ハイジャック事件に巻き込まれていたことは知っていたが、
  ・1985年の地下鉄サリン事件で被害者600名以上の治療に当たったこと
  ・「成人病」を「(生活)習慣病」と改めるよう提唱していたこと
  ・文化勲章まで受章していたこと                  は知らなかった。

 勤務先の聖路加国際病院の病棟を回ると、入院患者たちが笑顔で出迎えてくれていたそうだ。さぞ慕われ、愛されていたことだろう。(あれだけ元気で長生きできたのかもそのためか)
 同じような病気に罹った場合でも、周りの人間に慕われている人とそうでない人とでは、回復の度合いが明らかに異なる、というのを聞いたことがある。それはその人に世話になった人々の〈祈り〉の量の差だとも言われているが、もちろん本人の自責の念の強さもあることだろう。

 誰とは言わないけれども、人々を苦しめるような人間ってのは、おそらく権力失った時、病気になった時には回復のための〈祈り〉を誰からも受け取ることはできないだろう。晩年不遇になる権力者ってのは、歴史上もよくあること。
 それは僕やあなたの周りにいる、ふんぞり返った人間も同じこと。役職から外れた際あるいは退職後、誰からも相手にされなくなるのはよくあること。自業自得とは言え、それはそれで、実に哀れな話。
 …ちょっと話が逸れました。日野原さんのご冥福を〈祈り〉ます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幸せの条件

2017-07-02 08:19:20 | こころ
 
 …何が幸せかって話。

 ここのところ「かわいい飲み友達」だのいうタイトルで記事を書いていますが、若い子に遊ばれているだけなのかもしれません。ただこれまでガンバってきたのだし、これくらいのご褒美はあってもいい。
 とは言えカミさんのことが一番大事。(話してはいないけれど)女の子との飲み会は〈息抜き〉としてカンベンしてもらっているところ。

 幸い、おっとりしたカミさん曰く「ちゃんと働いていれば、お父さんはお好きにどうぞ」「分からなければ、浮気も別に構わないし」。旦那としては何ともありがたいこと。
 おかげで家ではのんびりできているし、好き勝手させてもらっている(もちろん浮気なんてそうそうできるもんでもない)。たださすがに〈ラブラブ度〉は低いけれど。も一つ曰く「お父さんって空気みたいな存在」。いいのか悪いのか…。
 いくら金持ちだろうが有名人だろうが出世しようが、ゆっくりくつろげる家庭が一番。そうでなければ仕事にも打ち込めないだろうし、生きる張り合いも出てこないだろう。

 さて、幸せの条件は次の6つなんだそうだ。僕の場合、5つめがちょっと、ってところ。
   ・国家が安定していること
   ・仕事があること
   ・良い家族がいること
   ・健康であること
   ・良心の呵責がないこと
   ・借金がないこと
 たまたまNHK・BSの『the Covers』を見ていたら、怒髪天のリーダーも同じようなこと言っていた。
 ビールが飲める3条件として、健康であること、飲めるだけの金銭的余裕があること、国が安定していること、と。

 さらに言うと、災害/災難に遭った人たちによれば、当たり前の日常を送れることが何よりの幸せ、らしい。
 それから、僕らは昔のどんな偉い王様/殿様たちよりもウマい物を食べ、面白い物を見聞きすることができる。これって当たり前だけどとても有り難いこと。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ありがたい教9(たとえ5%でも)

2017-01-08 08:27:42 | こころ
 これを「付き合っている」と言っていいのか、仕事で知り合った子と毎月のように飲みに行っている。もちろん先方は仕事のことをいろいろ教えてもらいたいというのがあると思うが、お互いプライベートの話もたくさん。話題が尽きず何時間話をしていても飽きないのはいい。(さてどこまで続きますやら…)
 それぞれ家庭持ちなので、これ以上の関係になることは(おそらく)ないだろう。言ってみれば「かわいい年下の飲み友達」といったところ。

 ただ人によっては、深入りして「君がいなければ…」ってことにもなるのだろうし、僕も若ければ、自分だけを見ていてほしいと思っただろうが、この年になれば(おそらく)もう卒業。
 惚れたのハれたの言っていれば、相手が100%、いや120%自分のことを想ってくれなければ、と考えるものだが、実際はそうは行かない。いくら愛し合っているとは言っても、100%というのはなかなかない話だろうと思う。

 例えば。
 周りにいる女性なら女性、その人の想い全体の5%でも自分のことを気に掛けてくれる/好意を持っているとすれば、20人いれば単純に計算して100%となってしまう(それぞれの想いの強さ/容量はここでは考えない)。もちろん一人0%もあるだろうし、中にはマイナスもあるかもしれない。でも一人でもプラス10%、30%気に掛けてくれる人がいれば、100%はおろか120%も夢ではない。(人気のアイドルであれば、1000%、10000%、それ以上ってのもあるだろうね)
 奥さん、娘、姪っ子、友人、同級生、会社の女の子、取引先の女性、食堂のおばちゃん、近所の奥さん、コンビニのおばさん、飲み屋のお姉さん、等々、全員がいつもいつも自分のことだけを考えてくれているわけではないが、少しずつ集まれば、大きな“元気玉”が出来上がるに違いない。
 こう考えて行くと、何ともありがたいことだなあ、という気持ちになってくる。

 もちろんこれはお互い様で、僕としてもカミさんのことをウン十%、彼女のことも数十%、あの子のことも数十%、別のあの子も数%、想っている次第。想い想われ振り振られ…。
 いやそもそも、素敵な子から5%でも10%でも気に掛けてもらえるのだとすれば、それだけでもうありがたいことなのかもしれない。

 …てなことを、年末年始のヒマな時に考えていたのでした。(自慢めいた話で申し訳ない)
 今年もよろしくお願い致します。良い年でありますように。

 しかし「オジサン」と呼ばれる年にもなって、ドギマギ/ヤキモキしたりするとは思わなかった。若い頃ならともかく、心臓に悪い…。
 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子供はいいね/大人はいいな

2016-09-25 09:53:21 | こころ
 
 大人になった今、単純に「子供の頃は良かったな」と思っていたが、実はそうでもない…。
 いじめについて、新聞の投書欄か何かで読んでからのこと。それは、ツラい時期がずっと続くわけではないことを大人は知っているし、「逃げる」という選択肢も持っているが、子供はそうは行かないから大変だ、とでもいった主旨。

 そう、子供には未来がある分、経験がない。未知の世界に向かって進むというのは、ワクワクする反面、不安な気持ちにもなるもの。特に心身の成長まっ最中の中学生時代は、荒れたりおかしくなったりするもの。
 僕も子供の頃、どのくらい勉強すればいいのか、将来どうなるのか、うまく生きていけるのか、心配でならなかった。

 一方、大人には経験がある分、未来がない。既知の世界が多くなってワクワクすることがないし、不安な気持ちになることも少ない。もちろん仕事で大変な時もあるけれど、子供の頃に比べりゃ心は安定しているんじゃないか。
 そうそう、経験とともに「後悔」も多くなるのは仕方のないところ。ただそれも、他の人も同様だというのが分かるから、少しは気が紛れる。

 子供の頃はそりゃ懐かしいけれど、今の方が思いどおりにできることが多くて幸せな気がする。仮に、今から受験に結婚に子育てに引っ越しに、ともう一度やろうったってとてもできやしない。それやこれや、若くて気力・体力があればこそ。

 さて、いじめなどで苦しんでいる子供たちも多いことだろう。人生、いい時期悪い時期があるのだということは覚えてもらいたいし、長い目で見ればプラスマイナスゼロという説もある。
 そして、一つでもいいことがあれば(例えば素敵な曲が聞けたとか美味しいものを食べられたとか)生きていて良かったと思えるんじゃないか。これは寅さんのセリフでもあるんだけれど。(かく言う僕にも、ツラいツラい時期はあったのです)
 …ちょっと深刻になってしまいました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加