eSSay

エッセイとショートショートと―あちこち話が飛びますが

某国新大統領就任

2017-01-29 09:27:25 | 時事
 
 既にあちこちでさんざん論評されてはいるが。

 予想どおり、前任者とはまったく異なる政策を進めている。いい悪いは別として、人が換われば意見/考えが変わるのは当たり前。前任者と同じことをやっていては存在価値ないだろうし、同じことやるならば前の大統領が務めるのと同じになる。世論や野党、ましてやよその国の言いなりにはならないだろうし、なっていたら意味がない。
 無能と見なされないよう、前任の施策を覆すというのはよくあること。しかしいい施策なら、続けるべき。(とは言え次の民主党は、それをまたひっくり返せばいいのである意味やりやすいかもしれない)

 過激かどうかはともかく、この時代共和党から出てくる候補者ならある程度強硬なやり方をするに違いない。もし他の候補者であれば、という見方もあろうが、五十歩百歩ではないかと。
 まさか一人ですべてを考えているわけでもあるまい。大統領ともなれば、参謀役もいるだろうし、党の重鎮の意見も聞くことにはなろう。強力な黒子がいるのかもしれないし、ひょっとしたら何らかの団体がバックについているのかも。

 どんなに奇妙だろうと過激だろうと、彼は彼で「良かれ」と思って大真面目にやっているのだ。「正しい」と思ってやっているのであれば、たとえそれが幼い子供であっても、尊重しなければならないだろう。
 世界を、少なくともアメリカを、良くしようと考えている、はず。
 強気に見える本人が一番怖れているのは、信望を失ったり大失敗をやらかして失脚してしまうこと。それはやはり恥ずべきことであるから、ある意味慎重にことを進めるだろう。
 いずれにしても、ルールどおりに選ばれた大統領。法に則って従わざるをえないだろうし、それが民主主義。

 しかし世界中から何だかんだ言われて、並みの神経ではやっていけないだろう。そこは大変なところ。
 ただ、いちいちツイッターで反論するところなど見ると、僕やあなたよりも肝っ玉小さいのかもしれない。「ナメやがって」とイキがっているのは、弱っちい奴と相場は決まっている。少なくとも、臍下丹田に気持ちが収まっているようには見えない。(欧米人には難しいことだが)
 
 そうそう、テレビにも一緒に出ているあの息子さんも、あんな大人になってしまうのだろうか。

 〔ご本人の目に触れると気を悪くされるのであえて「某国」としましたが、バレバレですな〕

コメント

ふらり稲取温泉へ

2017-01-22 10:52:43 | 
 年末年始、ほとんど家に居ていたので、1/8-9にふらりと伊豆・稲取温泉へ。


   伊豆急・稲取温泉駅(残念ながら雨)






   「糀屋旅館」の夕食(海の幸が豪華)


   部屋からの朝の景色(港がすぐ目の前)
   泊まった当日が凄い暴風雨で、ようやく収まったのが夜中。そのためよく眠れず。


   港の朝市(金目鯛の味噌汁がサービスで)




   龍宮神社


   稲取岬灯台


   東伊豆の海(なめてみるとやはりウマい)

 温泉の写真は1枚もありませんが、源泉かけ流しを“貸切り”で楽しんでいました。
 しかし旅はいいもの。生き返る。



 

  
コメント

年末年始の番組から

2017-01-15 13:40:08 | エッセイ
江戸川乱歩短編集Ⅱ(12/26-28:NHK・BSプレミアム)
 満島ひかりが伸び伸びと楽しそうにやっているのが印象的だった。(この子もきれいだ)

紅白歌合戦(12/31:NHK総合)
 白組が勝つと思っていたのに最後大逆転。やはり有村架純の初々しさが勝因か。
 司会二人ともトチっていたところがNHKらしくなくて良かった。

ニュースハイライト
 どういうわけか昨年末はなかった(今まで記憶がない)。
 武田アナウンサーが紅白で忙しかったらしいが、何か他に深いワケでもあるのか。

富士ファミリー(1/2&3:NHK総合)
 昨年見損ねた1作目と今回の2作目と続けて見たが、やはり面白かった。
 さすが木皿泉さん、いいストーリーを作る。

天才バカボン2(1/6:日テレ系)
 バカバカしくもいい話。ママ役の松下奈緒は当たり。

宇宙をめぐる大冒険(1/6:NHK総合)
 世界的な素粒子物理学者・村山斉による宇宙創成&未来の話。
 ダークエネルギーやマルチバースについても、わかりやすく説明されていた。

おんな城主 直虎(1/8~:NHK総合)
 去年の『真田丸』が面白すぎたので今回はいいかなと思っていたが、意外と楽しめた。
 地元・静岡の話だし、このまま見てみるか。
…NHKばかりになってしまった。

コメント

ありがたい教9(たとえ5%でも)

2017-01-08 08:27:42 | こころ
 これを「付き合っている」と言っていいのか、仕事で知り合った子と毎月のように飲みに行っている。もちろん先方は仕事のことをいろいろ教えてもらいたいというのがあると思うが、お互いプライベートの話もたくさん。話題が尽きず何時間話をしていても飽きないのはいい。(さてどこまで続きますやら…)
 それぞれ家庭持ちなので、これ以上の関係になることは(おそらく)ないだろう。言ってみれば「かわいい年下の飲み友達」といったところ。

 ただ人によっては、深入りして「君がいなければ…」ってことにもなるのだろうし、僕も若ければ、自分だけを見ていてほしいと思っただろうが、この年になれば(おそらく)もう卒業。
 惚れたのハれたの言っていれば、相手が100%、いや120%自分のことを想ってくれなければ、と考えるものだが、実際はそうは行かない。いくら愛し合っているとは言っても、100%というのはなかなかない話だろうと思う。

 例えば。
 周りにいる女性なら女性、その人の想い全体の5%でも自分のことを気に掛けてくれる/好意を持っているとすれば、20人いれば単純に計算して100%となってしまう(それぞれの想いの強さ/容量はここでは考えない)。もちろん一人0%もあるだろうし、中にはマイナスもあるかもしれない。でも一人でもプラス10%、30%気に掛けてくれる人がいれば、100%はおろか120%も夢ではない。(人気のアイドルであれば、1000%、10000%、それ以上ってのもあるだろうね)
 奥さん、娘、姪っ子、友人、同級生、会社の女の子、取引先の女性、食堂のおばちゃん、近所の奥さん、コンビニのおばさん、飲み屋のお姉さん、等々、全員がいつもいつも自分のことだけを考えてくれているわけではないが、少しずつ集まれば、大きな“元気玉”が出来上がるに違いない。
 こう考えて行くと、何ともありがたいことだなあ、という気持ちになってくる。

 もちろんこれはお互い様で、僕としてもカミさんのことをウン十%、彼女のことも数十%、あの子のことも数十%、別のあの子も数%、想っている次第。想い想われ振り振られ…。
 いやそもそも、素敵な子から5%でも10%でも気に掛けてもらえるのだとすれば、それだけでもうありがたいことなのかもしれない。

 …てなことを、年末年始のヒマな時に考えていたのでした。(自慢めいた話で申し訳ない)
 今年もよろしくお願い致します。良い年でありますように。

 しかし「オジサン」と呼ばれる年にもなって、ドギマギ/ヤキモキしたりするとは思わなかった。若い頃ならともかく、心臓に悪い…。
 


コメント