おかまのよろめき

現役おかまのお店日記&趣味のはなし

悲しい報せ

2009-05-31 23:01:09 | Weblog
まだめまいがするのだ

仰向けになると特に酷くて

頭を右側に向けた時に激しくグルグル回りだすのだ

なので寝る時はなるべく頭を左側に向けている

また、寝てる状態から立ち上がった時も酷い

トイレに起きた時など何かに摑まりながらでないと

無事にトイレまで辿り着けない

明日、目が覚めた時には良くなっていて欲しいが…


アニメーターの山ちゃんが久々に来店

顔がむくんでいていつもと違う表情だ

私は他のお客様の接客をして居て

サナエさんが山ちゃんの相手をしている

目の前のお客様に相槌を打ちながら

山ちゃんのテーブルに耳ダンボ


「Kくんのお母さんが亡くなったんだ…」

Kさんは、山ちゃんの後輩アニメーターで

私と同じく超オタク、ジャンルはアニメや特撮モノだ

アイドルにも造詣が深く、私とKさんが盛り上がってると

山ちゃんは嫉妬する

確かお母さんと同居して居て

他に家族は居なかったと聞いている

若い頃はさんざ心配をかけていたと話していた

そんなお母さんがある日ベッドで冷たくなっていたらしい


Kさんは山ちゃんにすぐさま電話を入れた

「母ちゃんが死んじゃった…」

まるで抜け殻の様な声だったと言う

そんな状況の中でも仕事に穴を空けるわけにも行かず

仕事場には出て来ているらしいが

とても痛々しくて見ていられないのだとか


実は山ちゃんもKさんと同じ境遇なのだ

彼の気持ちを思うのと同時に

自分にも置き換えて

滅多にかけない実家の電話番号を押していた

「どうしたの珍しい…」

受話器の向こうの母親の声を聞いた途端

山ちゃんはきっと親が生きている事の有り難味を痛感しただろう


「エドナも親不孝してるだろう」

サナエさんとチェンジして山ちゃんに話を聞いている

「そうね、私の場合は年老いた父親がまだ何とか

 生きていてくれてるから…」

その年老いた父親は

看護士の姉が看ているのだ

数年前に脳梗塞で倒れたが

姉の処置が早く大事には至らなかった

しかし入院先の医師に

父の寿命はあと2~3年と宣告されたのだ

幸いにもその2~3年と言うのはとっくに過ぎているが…


Kさんのお母さんは自宅でひっそりと息を引き取ったようだが

きっと息子の事を心配しながら旅立って行ったのだろう

“親孝行したい時には親は無し”

この言葉が哀しく響くのである












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひろみの新曲

2009-05-30 09:54:08 | Weblog
きゃ~めまいがしてきた~

一昨日の営業中から急に頭が痛くなって

バファリン飲んだけどあまり効果なかった

週末に向けてヤダナ~と思ってたら

今朝方めまいに変わって行った

おそらく夕方起きる頃には地球がグルグル回った状態に違いない

あ~憂鬱だ


ウチの近所の空き地にトラックが何台も入って行った

何かの工事が始まってる

アパートでも建つのかしら

それともコンビニでも出来るのかしら?

大きな通りから50mくらい入った住宅街だし

駐車場まで作るスペースもないから

きっと後者はないだろう

ではやはりアパートかマンションだろうか

どうでも良いけどウチのアパートの近所って

昨年からずっと何処かで工事が行われている

窓を閉めても建設機械の音が響いて不快だ

家が建つのであれば2~3ヶ月は我慢しなくてはならない

まったく風を入れるために窓を開ける事も出来やしない

ところでウチのアパートに隣接している古いお宅とアパートも

10年後にはきっと小奇麗なワンルームマンションになってるのかも…


そう言えば、そのアパートの1階の住人が

野良猫にエサをやってるようだ

いつもお腹を空かした野良ちゃんが

その部屋の窓際にお行儀良く座って

「エサをちょうだい」と鳴いている

夕方にその切ない声は聞こえてくるのだが

ちょうど、その頃にお豆腐屋さんもラッパを鳴らして通るのだ

今時珍しいが、夕餉の支度を始めようとする主婦が

お鍋を持って路地まで出てくる光景はノスタルジックだ

ニャンコと豆腐屋のコラボレーションはいつまで続くのだろうか


郷ひろみが新曲のたびにテレビに出まくるのは毎度の事だが

今回は特に凄まじい数だ

年末にはるな愛がやたらと出てたように

ひろみも毎日必ず数本の番組で新曲を宣伝している

今回は「ヒップホップアブズ」と言う腹筋を鍛えるエクササイズDVD

とのタイアップで、本人もそのCMに出ているのだ

でも何故ひろみが?

この際なりふり構ってられないので

話題性のあるものなら何でも乗っかれと言う事なのだろうか

腹筋を鍛えるエクササイズはかなりキツそうだ

腰とか痛めないのだろうか?


ひろみは「めざましテレビ」にも出て

ナマで歌と激しいダンスを披露していた

こんな朝っぱらから大御所のひろみが生歌なんて…

他にも深夜のバラエティなどやたらとブッキングされてて

ちょっと気の毒でさえある

ここまで宣伝しても中々ヒットに結びつかないのが現状だ

それでも新御三家の中で一番精力的にCDをリリースしている

ストイックなくらいに体型維持には気を遣っているし

ナルシスティックなライフスタイルも一貫している

ひろみは死ぬまで郷ひろみを演じていかなければならない

バラエティでお笑い芸人と絡もうが

早朝の情報番組で歌わされようが

高須クリニックの広告塔になろうが

彼のスタンスは一切ブレないのが素晴らしい

今回の曲もひろみらしいのかもしれない

バックで踊る若いダンサーに一歩もひけを取らない

本当はかなり息も上がるだろうしハーハーゼーゼーだろう

しかし涼しい顔してひろみ郷を演じている

マジで凄いと尊敬する

でも無理しないでよ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニューハーフ雑誌

2009-05-28 16:27:39 | Weblog
ニューハーフの専門誌がある

「シーメール白書」とか「ニューハーフ倶楽部」とか…

一般の書店では中々お目にかかれないが

ゲイやSM、スワッピング雑誌とかを置いてる店だと

一緒のコーナーに並んでいる場合もある


昨夜来たリンタロウと名乗る男は

この手の雑誌の大ファンだ

「近所の古本屋で安く手に入るんですよ」

彼には妻子もいるが

自室にはニューハーフ本が何冊も隠してあるらしい

「奥さんがお掃除の時に見つけちゃうんじゃないの?」

「でも捨てられないんスよ

 それに気付かれてるかもしれないし…」

テレビにはるな愛が出てくると

つい釘付けになってしまうリンちゃんを

奥さんは何となく不審そうに見るらしい


以前、ウチの店にもニューハーフ誌が置いてあった

ゲイの店に「薔薇族」や「バディ」が常備してあるように

スタッフの誰かが買って来るのである

お客さんに見せると皆珍しそうにグラビアを眺める

中には際どいショットもあって

巨乳の美形ニューハーフの股間に

妖し気に屹立する男性自身が

さり気なく写ってたりするのである

ニューハーフを好きな人にはソコが堪らないらしい


ある時、常連のモリちゃんにその本を見せたら

異常に興味を示したのだ

彼は“アラ還”なのだが

オカマの生態に付いてかなり熱心に研究していた

ニューハーフ誌には刺激的なグラビアだけでなく

読み物も充実している

モリちゃんは薄暗い店内では

小さな字を読むのは困難だと言って

その本を鞄に入れて持って帰ったのだ

きっと自宅でじっくり読みたかったのだろう

ところが書斎の机の引き出しに隠していたのを

奥さんに見つかってしまったらしい

最初は単なるエロ雑誌かと思っていた奥さんも

過激なグラビアのある部分を見て

目がテンになった様だ

「もう大変だったよ!」

モリちゃんの狼狽ぶりが想像できる


ニューハーフ誌にはお店の紹介ページもあって

それがまた楽しいのだ

ある地方のお店には年配のオカマが多数在籍して居て

みんな個性派揃いなのである

きっと若い頃は都心でブイブイ言わせていたのだろう

ショータイムの様子も紹介されていたが

芸達者なのが写真から伝わって来るのだ

その店の女優部門であろうヒバリさんは

こまどり姉妹や清川虹子らと同系列の顔立ちだ

青々とした口の周りは

きっとシックの2枚刃で深剃りしているのだろう

メイクも気合が入っていて

京劇を思わせるビビッドな色使いである


ニューハーフ誌について熱く語るリンタロウちゃんが

ヒデミさんに「今度ぜひ御相手してくださいよ」と

真剣にアプローチしている

「じゃあ今度その古本屋さんで待ち合わせしましょ」

2人で仲良くニューハーフ誌を立ち読みしている画が目に浮かぶ











コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

頭のおかしい人

2009-05-27 15:30:13 | Weblog
お店が暇な時ってヘンなのが来るものである

一昨日のこと

時計は既に2時過ぎ

ヒデミさんと店前で「暇よね~」と溜息をついてたら

一人の男がこちらに向かってやって来た

「お客さんかしら?」

「隣の居酒屋じゃないの?」

ヒソヒソ話していると彼は我々の前に立って

「まだやってるの?」と訊く

2時間近く立っていたので

彼の来店はホントに救われる思いだった


ガラガラの店内に迎え入れオーダーを聞く

ウイスキーのストレートだ

見慣れない顔なのでウチに来るのは初めてだろう

お酒を用意しながら当たり障りのない会話で様子を見る

「お兄さん、ウチは初めてよね?

 さっきまでずっと外に立ってたから

 お兄さんが来てくれて助かったわ」

彼はニコニコしながら

「そうなんだ、まあ飲んで飲んで!」

と随分気前が良いのだ

私とヒデミさんはドリンクをいただきながら

彼がどんなタイプのお客さんなのか探って行く


「ところで、そろそろ脱いでもイイ?」

そう言って彼はズボンを下ろしたのである

酒の席で盛り上がって勢い下半身を露出して

ウケを狙う人は居るけれど

このシチュエーションでいきなりそう来る?

まさか頭のおかしい人?

「ねえ、風邪引くからズボンを上げて」

今ここで他のお客さんが入って来たらドン引き間違いなしだろう

「お兄さん、ウチは抜きパブじゃないから

 ソレはまずいわよ」

ヒデミさんも

「私も男日照りで確かに飢えてるけど

 このタイミングでオチンチンは

 レッドカードよ!」と嗜める

しかし彼はまるで動じる事もなく

股間をいじり始めたのだ


そこへ中年のカップルが登場

かなり酔っ払っている

ヒデミさんがお相手をする

私は目の前の男がズボンを上げるように注意するが

ニヤニヤしながら「じゃあ舐めて」と

おかしな事を繰り返す

全くこの男、何を考えてるんだろう


ヒデミさんが担当しているカップルは

カラオケで盛り上がっているので

私の目の前の男が下半身を露出している事は

気付いてないようだ

とにかく私は彼が何とかズボンを穿くように必死で説得

「だから、そう言うのを求めてるのなら

 専門のところへ行って頂戴」

私もキレ気味だ


閉店時間が来たので

中年カップルも会計を済ませて帰った

しかし男は「舐めて」の一点張りだ

「店も終わりだから、もう帰って」と

お会計をお願いすると

一銭も持ってないと言うのだ

下半身露出でワケわかんない事を言って

挙句の果てにお金がないとなれば

警察に突き出すしかない

居直る男をヒデミさんに任せて私は駅前交番へ走った

時計はもうすぐ5時だ


お巡りさんがやって来て彼を見るなり

「アンタ、またそんな事やってんのか!」

男は一喝されても平気だ

どうやらウチに来る前にも

何処かの飲み屋で無銭飲食をして

通報されたばかりのようだ

お巡りさんに怒られてもヘラヘラしている

後日飲み代を持って来るように約束させて

一応お引取り願ったが

全くついてない


は~、何だか今週は良い事なさそう…




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

廃盤マニア

2009-05-25 14:41:07 | Weblog
昨日の雨も上がって午後からは陽も射している

いつもの様に遅く起きて洗濯などを済ませる

25日なので銀行口座へ自動引き落としの為の入金をする

これが面倒なのだ

私のカードは「第一勧業銀行」時代のもので

至近のサークルKサンクスのATMでは使えない

それ以外では、ローソンかセブンがあるが

どちらも私のアパートを起点にして

右か左に4~5分歩かなければならない

何て不便なのだろう

割増しの手数料を覚悟して

店の帰りの途中で、使えるコンビニのATMを利用する手もあるが

計画性のない私はいつも当日の9時頃に起きて

ブーブー不満を洩らしながらセブンを目指すのだ

アパートの近所にファミマでもオープンしないかしら


今、佐川急便でCDが届いた

B級アイドルグループの曲ばかりを集めた企画盤だ

ソニーのオーダーメイドファクトリーで

過去の廃盤の中から購入希望者を募って

採算の合う規定数に達したら商品化してくれるというシステムだ

今回の商品のようにオリジナル企画も多い

私の様なオタクには堪らない顔ぶれのオムニバスだ


荻野目洋子が在籍していたミルクと言う期間限定のグループ

彼女たちは2枚のシングルを残している

今回収録された「ザ・あれからいちねん」は

キャンディーズが引退してから1年後にリリースされた

メドレーカバーだ

廃盤ショップで長らく高値で取引されていた

私も阿佐ヶ谷の店で1万で購入した

興味ない人には全く理解できない世界と思うが

今でもCD化の予定が見込めなさそうなB級歌謡は

とんでもない価格が付くのである


オカマやゲイにはアイドル歌謡をこよなく愛し

私のように廃盤を蒐集している凝り性も多い

以前同じ店で働いていたヒロミちゃんも凄かった

彼女は部屋を持たないジプシー釜だ

今のようにネットカフェもない時代である

24時間営業のゲイサウナが彼女のねぐらだ

お金を貯めて安いアパートでも借りた方が経済的だし

身体の為にも良いのでは?と思うが

なかなか住所不定の生活から脱出する事は出来ない

いつも彼女は大きな紙袋を2つ持っていた

一つには生活用品や着替えが入っていて

もう一つには大切なレコードが何枚か入っていた


「きょう神保町で美穂の“ミッドナイトタクシー”を

 25000円で買ってしまったわ

 もうキヨミズどころの騒ぎじゃないわ」

「凄いじゃない!ヒロミちゃん

 遂に買ったのね」

シングル盤一枚にこの値段だ

彼女にとって何日分の生活費だろう

当時の安いアパートなら一ヶ月分の家賃だ

一度高いものを買ってしまうと金銭感覚が麻痺するようで

「新宿の店で、のりPのシングル1万なんだけど

 買った方が良いかしら?

 他所じゃもっと高いから1万だったらお買い得よね」

そのシングルは元々700円で売られていたものだ

それに、その曲は発売中のCDにも収録されている

しかしアナログからCDへ移行する時期にプレスされたので

非常に希少価値のあるレコードだと彼女は言い張るのだ

「そうよねヒロミちゃん、今を逃したら

 きっと他のマニアに買われちゃうに決まってる

 アナタに手に入れるチャンスを神様がくれたのよ」

私も鼻息荒く購入を彼女にすすめた

翌日ヒロミちゃんは誇らし気に

のりPのシングル盤を店に持ってきて

皆からドン引きされていたが

私は彼女の気持ちが痛いほど理解できた

手を取って「良かったね、おめでとう」


最近ではアイドルの廃盤ブームも下火になったようだ

メーカーも今頃になって復刻盤を次々と発売している

確実に買う客だけ募って発売するシステム

しかも過去の音源なので制作費もあまりかからない

ソニー以外のメーカーも似たような事を始めた

ヒロミちゃんもこのCD買ったかしら
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加