モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

実家の草刈り記(2020年9月1日)

2020-09-02 | 雑感・雑事

昨日、無人になっている横手実家の草刈を実施した。
お盆前の8月11日にも実施している(こちら)が、
あまりの暑さ(35℃)と湿気、草の猛威に圧倒され、熱中症になりかけ、
挫折している。
やはり気温が30℃を切らないとこれは厳しいと秘かにそうなる日を待っていた。
9月1日は29℃の予報だったので、早朝に秋田市を出発。二時間後の7時半からスタート。
昼から気温は30℃を越えてしまったが、
乾いた風が吹き、雲も適度にあったので、今回は熱中症になることもなく、やり終えることが出来た。

使用した道具は電動草刈り機、大鎌二丁、私以外には家内、そして後半になり、
近所に住む従兄が本格的な草刈り機を担いで加勢してくれたので、一気に捗った。

おかげさまで昼12時頃には主だった草を刈り終えることが出来た。えがった。えがった。

草刈りの終わった後に実家の屋敷庭、刈り残した花を眺むる。

咲いている花はルドベキア・タカオ。バックの山は金峰山ほか。



before


after


before


after


ここが一番の難所だった。草の丈は2mを越えていた。


before


after


居間から見える雑草ビロウドモウズイカはそのまま残した。




今年の秋田は7月いっぱいと8月の前半、雨降りばかり続き、梅雨も明けぬまま、猛暑に突入した。

そのため、草を刈る機会を見い出せぬまま、伸びるに任せていた。
実家の本格的な草刈りは昨年、一昨年と二シーズンやっているが、雨の多い今年の生え方は尋常ではなかった(昨年、一昨年は日照り続きなのであまり繁らなかった)。
これから自身も老けていき、車の免許を返上したら通えなくなる。その時はどうしよう。頼りになる従兄もめっきり老けて来た。
将来は不安だらけだが、ぼやきながらもやって行くしかないか。

咲いている花はルドベキア・タカオ。バックの山は金峰山ほか。





コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 初秋の月山(羽黒ルート)展... | トップ | 猛暑の禿岳に何を見た?(1)... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ミルク)
2020-09-02 21:20:10
お疲れ様でした。
今回は応援があって良かったですね~(^^♪
それにしても、2mにもなった雑草は手ごわかったことでしょう。
金峰山に1度だけ行った事あります。
ミルクさんへ。 (モウズイカ)
2020-09-03 14:36:11
コメントありがとうございます。
応援ありがたかったです。
雑草ですが、ブタクサなどは一年草なのに2mを超えるとは凄いです。
メヒシバやネコジャラシなどイネ科も一年草なのに1mを超え、しかも凄い密度です。草刈り機に絡まってすぐ止まってしまいます。疲れますが、人力の大鎌の方が切れ味いいですね。
一年草の雑草は冬に枯れますが、これもある程度刈っておかないと来春の耕起の際、苦労しそうです。
雑草の始末、悩みは尽きないです。
金峰山、二回登りました。ブナの天然林とユキツバキが好いようですが、椿の開花には巡り合っておりません。
Unknown (ayako)
2020-09-03 15:21:21
こんにちは、草刈り大変さよくわかります。8月9月は自宅空き地の野原ガーデンや八ヶ岳の山荘のクマザサ刈りに精を出します。終わったあとの爽快さと(本当はとてもつかれてます)春の景色と植え込みの楽しさ感じながら頑張っています。仕事(事務所のクーラーの中)と外の暑さでなかなか行動が鈍ります。藤枝も暑いですモズ様とおなじでいつまでやれるかなーーー(敬老会の案内状が届いてガックリです。でもターシャチューダーさんも90歳まで車運転していたそうです。そこまではできませんが頑張ろう。
ayakoさんへ。 (モウズイカ)
2020-09-03 16:53:16
コメントありがとうございます。
ayakoさんは山荘もお持ちですか。すごいですね。
でもお庭や敷地のメンテナンスは大変でしょう。
よく頑張ってますね。
今回は草を刈っただけで、屋敷に散乱したままです。
また近く行って今度は枯草集めしなきゃ。

コメントを投稿

雑感・雑事」カテゴリの最新記事