ごまめ~の~いちょかみ・Ⅱ

趣味(落語と本)の話を中心に、ごまめになってもいちょかみで幅広くお届け

台北旅行〜2019.10.16〜18

2019-10-19 15:08:45 | 街で

台北旅行〜2019.10.16〜18
泉北の専門店街の研修旅行で台北へ。


国立故宮博物院

翠玉白菜とキリギリス

翡翠から白菜をつくる、一切染色なし。

陶器の童子枕

かわいい顔です。

楊貴妃像


彫象牙透花雲龍紋の球

21層に彫られた象牙の球。

空港で台湾元を使い切るために
最後に買った・・・・故宮の白菜の栞。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
淡水ゴルフ場(台湾高爾夫俱楽部)

世界の50選に選ばれている淡水球場。
一組に男のキャディが二人プロを目指しているらしい。
最後は、差しだされるクラブを、何も言わず打つだけ。
セカンド、どれだけ5Wを出されたか・・・・。
親切で、グリーン上でも、重い、速い、カップ右とかきっちり教えてくれる。

言われた通り打てないのは、腕ですか・・・・。
まあ、貸しクラブで、特にパターとウェッジのアプローチも
飛びすぎては苦戦しましたな。
まあ、


NO3

林間でフラットだが、距離は充分あるし、
基本OBもなく、林の下も整備されていて、
大きなトラブルにはならない。

一人は、フォアキャディで落下点に居るんですが、
林に入ったボールも見つけるだけではなく、
良いところに出してくれてるのでは・・・・・・・。

まあ、おおらかな、ゴルフで、大名気分ですな。


NO7





NO16

住宅街のほん近くにあって、リゾートっぽい。

NO18

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

欣葉食藝軒(SHIN YEN DINING)


欣葉食藝軒(SHIN YEN DINING)
今、台北一番の中華料理の人気のお店。

でも、お味の方は、日本人にとっては、いまひとつ。
やはり、ここの売りは、85階からの見晴らしですな。


101ビルの85階


獨亨的視野



淡水・愛のメモリー橋

f船で渡った、デートスポット。
ここへ行くと、カップルの愛がまとまると・・・。

あと、夜市(士林夜市)も行きましたが、
恒久縁日みたいな、B級グルメとゲームの露天商が立ち並ぶ。
コメント

トットのピクチャー・ブック~黒柳徹子・武井武雄

2019-10-17 06:05:04 | 本の少し
トットのピクチャー・ブック (新潮文庫)
クリエーター情報なし
新潮社
☆☆☆

黒柳徹子さんが、41年前に初めて書いたエッセイ集。
それに、武井武雄さんの、素敵な童画というべき絵が、
エッセイ一つ一つについている。・・・この絵が素敵。
(既に先生は亡くなれていたので、娘さんが遺作の中から選ばれたとか)

徹子さんは、テレビの初期だが、その普及する世を案じられているし、
マナーというか、人間としての振る舞いについては事細かに書いておられる。
その思いは、40年経った今でも、なんら変わりはありません。

杏さんのBUKKU BARで目について購入した本。
杏さん、ありがとさーん、でおます。

コメント

僕が大人になったら〜佐渡裕

2019-10-15 05:05:05 | 本の少し
 ☆☆☆

今や、世界的マエストロになった、佐渡裕さんの本。
関西弁の語り口から、ゴーストライターではなく、ご自分で執筆されたようで、
コンサート前の不安も、緊張も、あからさまに書かれている。

ボルドー管弦楽団、コンセール・ラムルー管弦楽団、
フランス放送フィルハーモニー、スロヴァキアフィル、
シュトゥトガル放送響、マルメ交響楽団、フランス放送フィルハーモニー
ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ交響楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団
パリ管弦楽団、フランス国立管弦楽団、そこに日本のオーケストラも。

初めてのオーケストラ、それも名門となれば、緊張も高まる。
でも、一段一段、階段を登っていく様が、本人以上にワクワクとする。

その間に、十八番を客演でこなしながら、大曲をものにしてゆく、
バーンスタインの「カディッシュ」、ヴェルディの「レクイエム」、
リムスキー・コルサコフの「シェエラザード」、ブリテンの「戦争ㇾクイエム」。

まるで、落語家さんが、「百年目」や「らくだ」に挑戦するみたいなもの。
オペラや合唱曲にチャレンジして、音楽家の幅を広げていく。

「自信とは、ありのままの自分を信じられること」
「自信」とは、自分を強く見せるように錯覚していたし、
人に見せるために、無理をしていたと・・・・。
そうじゃなく、自分を見つめ、自分を鍛え、自分の夢と歓びを
追いかけられる人が持てるものではないだろうか・・・と。

丁度、出世作のCD、「イベールの管弦楽曲」と「キャンディード」が、
ありましたので、ひっぱりだして、聴きながら、読み終えました。

一度「シエナ・ウィンド・オーケストラ」、是非、聴いてみたくなりましたな。





コメント

第1回・ロコウモーション

2019-10-14 20:13:13 | 笑福亭呂好
第1回ロコウモーション

良かったですな、ゲストも含めて充実の落語会。


呂好さんの人柄か、じっくりと落語を楽しむ、良い客席です。

詳細は後日。


第1回ロコウモーション
10月14日(月・祝)午後2:00開演
心斎橋角座

一、桂華紋・・・・・・・・・・・「道具屋」
二、笑福亭呂好・・・・・・・「手水廻し」
三、笑福亭銀瓶・・・・・・・「宿題」
四、笑福亭呂好・・・・・・・「井戸の茶碗」
仲入り
五、笑福亭呂好・・・・・・・「だんじり狸」

小さなお客様

と、思いきや、どうやら呂好さんのお子さんらしい。



コメント

たも屋・心斎橋〜2019.10.14

2019-10-14 20:07:00 | うどん・蕎麦

たも屋・心斎橋〜2019.10.14
☆☆☆

最近オープンしたばかりで、気になっていたお店。
角座の落語会が終わった後、中途半端な時間だったが、
覗いてみると、お客は居なくてガラガラ・・・・。


肉うどん
肉うどんとごぼう天、嫁さんは肉うどんとだしまきの天ぷらを。

麺といい、出汁といい、天ぷらといい、優でも良でもなく、
といって不可でもなし・・・・・、難しい評価ですな。
しいて言えば、時間的なのか、
コシガ抜けてるのと、出汁がぬる過ぎるのが・・・きになるとこですな。

さすが、心斎橋、
日本語よりも中国語の方が字が大きい。



コメント

ごまめ自家製うどん(8)〜2019.10.13

2019-10-13 13:13:13 | うどん・蕎麦
ごまめ自家製蕎麦(8)〜2019.10.13
☆☆☆☆

最高の出来・・・旨い・・・自画自賛。

今日は、お蕎麦、乾麺を茹でました。
とろろをたっぷり載せようと、お出汁は東京風に少し甘めに。
温かい、とろろは難しいのですが、
やはり絡み具合から、うどんではなく蕎麦・・・上手にできました。
おねぎの替りに、茹でほうれん草でもあれば、パーフェクト。

これも、レパートリー入りですな。
コメント

ごまめ自家製うどん(7)〜2019.10.12

2019-10-12 19:11:06 | うどん・蕎麦
ごまめ自家製うどん〜2019.10.12
☆☆☆

けいらんうどん、おろし生姜が利いて、旨い。
先に、とろみをつけてから、後から卵を溶きいれるとふぁり。

シンプルが良いので、あげさんしか入れないんですが、
あと何を入れるか、悩みますな・・・・・。

これから、冬にかけては、温まるメニューで再三、
お目に掛けそうでおます。


コメント

読ませるブログ〜樋口裕一

2019-10-11 23:22:24 | 本の少し
 ☆☆☆

実をいうと、五年ほど前に読み終えていた本。
タイトルにあるように、「ブログ」の書き方を伝授していて、
良いブログを書こうと、あからあさまなので、
敢てレビューは書かずに置いてあった。

再び、読み返してみると、結構無意識の内にも実践出来ていると、
手の内披露ではないが、気のついたことを整理してみると・・・。

おもしろい文章の条件は、大きく分けて三つある。
①読み手が知らない情報が含まれている。
②読み手にはない経験が含まれている。
③誰もが知っている有名人が書いている。

③の有名人ではないので、いかに興味あることが書かれているか。
でも、誇張しても、嘘を書いても、すぐにアラがでてしまうし・・・・
ということで、気長に少しずつ、まさしく自然体でのぞんで、
ブログの書き手としての楽しさを味わうことが最大のコツだと。

この「ごまめ〜の〜いちょかみ」も始めて十年以上経過、
自然体そのままで、よう続いたもんでおます・・・・。

最後の方で、著者は、ブログというものは、書き続けることが重要と。
長く続けるうちに、書く力が着くだけではなく、人生を味わう能力が
高まっていく・・・・嬉しいではありませんか。

来年のテーマは、

「散歩人生」。
散歩の気分で人生をゆく。
あっちへ  ふらふら
こっちへ  ふらふら
気ままに歩く
休みたければ、“休む”。


コメント

バファローカレー・本町〜2019.10.10

2019-10-10 12:14:16 | カレー
バファローカレー・本町〜2019.10.
☆☆☆☆

久しぶりの、外でのカレー。
会社の者とたまにはランチをと。
カレーでも食べようと、行ったのは、バファローカレー、
私は、初めてでおます。

なにわ、普通、バファローと三種類のルゥが・・・・・
そこは、店名にもなっているバファローカレーを。

注文してから、じっくりメニューを見てみると、
一番の辛口らしいが・・・お腹、大丈夫か。

出てきたのをみると、旨そう、みるだけでわかる。
食べたら、やはり、納得の旨さ。
コクがあって、さらにスパイシー。

また、食べたくなる、癖になるカレーでおます。

コメント

Udon Kyutaro・本町〜2019.10.09

2019-10-09 22:57:09 | うどん・蕎麦
あさキュー  うどん(7:00〜10:00)

早朝から、うどんでっせ。
それもKyutaroさんで・・・
空いてるお店で、ゆったりと、朝からうどん・・・
贅沢な時間でおませっせ。

あさキュー  うどん
モーニング替りの、お得な朝だけのメニュー。
きつねの小さいのと、他ワカメか梅を選ぶことができますが、私はワカメを。
このワカメが、フニャフニャではなく、しっかりと肉感があって旨い。
さすが、Kyutaroさん、食材はすべて吟味されていますな。


OPEN

朝7時からの営業、単身赴任でもしてたら、
週5日は朝から通ってしまいそう。

両隣りは、まだシャッター閉まったまま。

何かの時には、朝から寄ってしまいそうでおます。


コメント

がんちゃん・備後町〜2019.10.09

2019-10-09 12:42:42 | うどん・蕎麦
がんちゃん・備後町〜2019.10.09
☆☆☆

親子丼
うどんが続いていたので、がんちゃんで、親子丼に初挑戦。
正直言って、所詮うどんの副メニューでおますな。

うどんは、基本出汁と麺が勝負どころ・・・・。
親子丼、鶏といいワリしたといい良い味なんですが、
麺にあたる、ごはんがもう一つですな。
硬くて、お米ではこれはコシがあるとは云いませんな、
単に硬いだけ、旨みもないし、柔らかさもなし。

餅は餅屋、うどんはうどんだけに期待しとかなあきまへんな。




コメント

大阪の地名の由来を歩く~若一光司

2019-10-08 08:08:08 | 街で
 ☆☆☆
大坂の地名の由来を尋ねて歩く。
大坂人には、ほとんど知っていることばかりですが、
ときたま、そうなんやということが現れる・・・まあ知ってて損なことは
なにひとつありません・・・・知らんけど。

丁度、インスタを始めて、また神社仏閣まわりや、「八百八橋」とか、
また、このまえの「OPENHOUSEOSAKA2019」で、街の洋風建築などにも
再び興味を持ち始めたところなので、タイムリーな本。

第11章に分かれているんですが、
「食」「問屋街」「歌謡曲」「橋」「建物」「街道」「墓碑」「文学」など
色んな切り口があるんだと、参考になりましたな。

何か、独自のものを掘り下げて極めたいですな・・・・。

まずは、来年にかけて、ここに紹介されているところを巡って、
感動度合いをまずは見極めようと・・・・・。
コメント

安べぇ・岸和田土生滝〜2019.10.06

2019-10-06 20:49:42 | うどん・蕎麦
安べぇ・岸和田土生滝〜2019.10.06
☆☆☆

いつも、ゴルフスクールのレッスンのショートコースの帰りの通り道で
気になっていたお店・・・。
このまえは、駐車場がいっぱいで残念したのですが、
今日は空いていましたが、ここの営業時間は昼は11:00〜14:00で
丁度終わり際だったみたいデス。

「肉うどん」
お肉はなかなかの上質・・・・あっさりしているが、
肉の旨みだけで食べさす、なかなかのもん。

麺はこれで、太麺。

麺は、太麺と細麺が選べるのですが、太麺を注文して出てきたのがこれ、
思わず「これ、太麺・・・・」と聞くぐらい細め、そうすると細麺は、ひやむぎ程度か。
次の機会には、確認のために・・・細麺を。

安べぇ・岸和田土庄滝町

夜は、17:00〜22:00まで、年中無休。
自慢の天麩羅もおでんも、ありますが、車でしか行けない処なんで、
酒類が飲めないのは、残念ですな・・・・。





コメント

ごまめ自家製きしめん〜2019.10.05(夜)

2019-10-06 20:36:30 | うどん・蕎麦
ごまめ自家製カレーきしめん〜2019.10.05(夜)
☆☆☆✩

夜も、きしめんが残っていたので、頑張ってつくる。
三分の一位の分量のヒガシマルのうどんスープの素で、
作り置きの冷凍してあるカレーを引き伸ばす・・・。
そこへ、揚げさんと、ねぎを・・・・タマネギもと思いましたが、
じゃまくさくてカット。

一人暮らしでも、していたらドンドン手抜きなっていきそうです。

このカレーきしめんは、片栗粉でとろみをつけてまずまずの出来。
見た目に美味しそうなのは、やはり、食べても美味しいですな。

コメント

ごまめ自家製うどん〜2019.10.05(昼)

2019-10-06 20:25:58 | うどん・蕎麦
ごまめ自家製きしめん・ゲソ天ときざみ〜2019.10.05(昼)
☆☆☆

今日は、嫁さんが外出の為、自分でつくって自分で食べる。
ということは、やはり麺類を・・・・・・・。

このまえの、すき焼きの時に買ったきしめんが残っていたので、
在庫処理も兼ねて、きしめんで・・・お出汁は手抜きで、
ヒガシマルのうどんスープの素にお手伝い願って多少アレンジを。

でも、お出汁の少ないのは、写真映えもせず、美味しく見えませんな
コメント