ごまめ~の~いちょかみ・Ⅱ

趣味(落語と本)の話を中心に、ごまめになってもいちょかみで幅広くお届け

松喬、三喬さん、受賞記念落語会と祝賀会

2008-02-17 19:28:14 | 笑福亭松喬一門
旦那衆による、松喬師匠、三喬師匠へのお祝いの会。
75名の限定により、広間でまずは、乾浩明さんの司会でスタート。

まずは、三喬さんから、高校からの落語家への思いと、
就職に際しての、親御さんとの軋轢の話。

今でこそ、落語ブーム。落語家は、昔は飯が食えぬ芸人の代名詞。
それを乗り越えるだけの、「落語」への思いは、大きく今の三喬さんを。

演目は、「ぜんざい公社」、おもしろい。
40年前の、春蝶さん以来の生で聴く。

お役所の怠慢、サービスの悪さは、相変わらずであるが、
話全てが、新しく、オシャレ。

三喬さんを、リフォームの達人と呼びたい。


次は、松喬さんで、「へっつい幽霊」。

最初に、松鶴に弟子入りの時のはなし。
タッチの差で、鶴三(松喬)、松枝、呂鶴となる。

一年に、8本もネタを教えていただき、
兄弟弟子共々、良きライバルとして頑張ってきた。

鶴瓶と松鶴師匠との、コンテストでの「いらち俥」でのはなしで
松鶴師匠を思い出し、絶句。涙ぐむシーンも。

そして、松之助師匠に断われながら、御稽古をつけて頂いたこと。
はたして、この「へっつい幽霊」がそのはなしなのか。

でも、今日の舞台は、松之助師匠とダブって見えました。
私も40年前、松之助師匠の「仔猫」、「淀川」、「生貝」、
「三十石」、「桜の宮」、「ざこ八」、「人形買い」、「堀川」と生で出会い。
落語の面白さを教えてくれた、大師匠です。

熊五郎と、道楽息子の作次郎。そこに博打好きの幽霊の登場。

作次郎の抜け加減が良い。幽霊も可愛げ。
このはなしが、これほどおもしろいとは。

初めての料理は、一流の店で、一流の料理人で食するべきで
落語も、初めての噺は、一流の噺家で聴くべき。

この「へっつい幽霊」最高の出会いでした。


そのあと、会食で、松喬師匠、三喬師匠の手ぬぐいをいただき、
三喬さんには、色紙にサインまでいただく。

最後に、落語で綴る会席料理なので、あえて献立を、ご披露。

先付・・筍の木の芽和え、蛍イカ・・・・・・・・・・・・・・・「七度狐」
吸物・・蛤真丈、梅麩、菜の花、柚子・・・・・・・・・・・・「鴻池の犬」
造里・・蒸し鮑、鯛、あしらい一式・・・・・・・・・・・・・・・「祝のし」
八寸・・車海老鬼殻焼、玉子の巻焼、イカ鹿子焼・「住吉駕籠」
煮物・・高野豆腐、椎茸煮、牛タン・・・・・・・・・・・・・・「らくだ」
焼物・・鰻蒲焼、祝、赤飯添え・・・・・・・・・・・・・・・・・・「うなぎ屋」
蒸物・・鱈の白子、茶碗むし仕立・・・・・・・・・・・・・・・「高津の富」
揚物・・白さ海老天ぷら、ふきのとう・・・・・・・・・・・・「子ほめ」
酢物・・明石生け蛸、ふくさ胡瓜、茗荷・・・・・・・・・・「蛸芝居」
御飯・・お茶漬け、京すぐき・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「京の茶漬け」
冷果・・温州みかん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「千両みかん」

洒落てますな。しゃれだけではなく、お味の方も、最高でした。
やまぐちさんに成代わって、お伝えを。

今日も、酒も、落語も、美味しい、一日でした。



文化庁芸術祭大賞、、、、笑福亭松喬
第一回繁昌亭大賞、、、、笑福亭三喬

受賞記念落語会と祝賀会
平成20年2月17日(日)、、正午より

江戸堀、、やまぐち

一、笑福亭三喬、、、、、、「ぜんざい公社」
二、笑福亭松喬、、、、、、「へっつい幽霊」

三、会食
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第451回、田辺寄席~笑福亭の底チカラ

2008-02-17 08:45:59 | 田辺寄席
夜席は、昼席とはうって違って、80人の入り。

だが、ゆったりの中で、笑いは大きく、
松枝師匠の「市助酒」では、落語の登場人物に、どっぷりつかる。

開口0番、文太師匠の「東と西」で東西の違いを・・・。

昔の大阪の町、「水の都」と水はキレイで。
お金になる野菜。今で言う伝統野菜が豊富であったと。

田辺大根、門真のレンコン、守口のダイコン、
毛馬のきゅうり、難波のねぎ、など。

「うどん」と「そば」。
「滑稽ばなし」と「人情噺」

地元であるので、やはり大阪、賛美。での、おはなし。

今日の、草若師匠の「ちりとてちん」について
おもしろくて、みているが、ウソもありまっせ。と。

最初のネタが、「ちりとてちん」はまず無い。
どてらを着て、稽古はつけない。
そして、3年も仕事をしていないのに、
あのような、大きな家には、住めないと。

又、あやめさんと染二さんが、出るとのことでみていたが
見逃したと、私も朝見ていたが、どの場面で・・・・。あらら。


一番は、喬若さんの、「道具屋」

トリの「市助酒」が長講の為、マクラもなしで、即、はなしヘ。

客のと応対のトンチンカンぶりは、面白みたっぷり。
と言いながら、それほどの「バカ」には演じていないのは、
逆に、わざとらしさが無く、好演。

二番手は、お目当て、鶴二さん。演目は「野晒し」

今日も、期待をすれば、するほど、期待以上に答えてくれる。
実力があり、いやみがなく、登場人物がすべて、良い人。

落語のはなし、そのものの面白さを伝えてくれる。

色紙にサインを頂き、ニンマリ。
3月の、「巴の会」、「夕陽丘寄席」も都合をつけて参加しなければ。


三番手は、文太師匠で、「黄金の大黒」

長屋連中の騒動しいこと。
「家賃の催促か」、「お祝いの口上」でやんや、やんやの騒ぎ。

でも、巻き寿司と、たこの握りの食べ違いに感心や、得心。
うまいなー。落語と言うのは、模写とデフォルメの芸。
人物の、心情模写もあるが、形態模写、しぐさ模写も大切。
いつもそれをおろそかにしない、文太師匠、真の噺家。

サゲは、「いま売りに行かなければ、値が下がる」ではなく、
「あまりに楽しそうなので、友達の戎さんを誘いに。」と・・・。

中入り

四番手は、猿笑さん。」、、、演目は「宗論と寄席の踊り」

息子が、キリスト教信者に、膝立ちして、まるでキリスト。
大きいこと、大きいこと。

やはり「火焔太鼓」とか「火事息子」とか「長短」とかの
江戸落語らしいのが、聴きたかった。

寄席踊りは、粋。奴さんをお見せしますと、引っ張りながら、
最後は、道具屋筋で買った、豆腐のサンプルで、やっこさん。

でも、舞台は、粋でした。

トリは、松枝師匠の「市助酒」、45分の熱演。

酒好きの市助が、遠慮しながらも、次第次第に、
酔っていくさまは、秀逸。

松枝師匠の顔が、だんだん赤くなり、身体が揺れ、目がすわり、
相手への気遣いも、次第に散漫。

酒のみの、気が大きくなる所と、気の小さいところが見え隠れ、
市助と、声をかけたくなるぐらいの、酔いっぷり。

市助どんのお酒に、じっくり30分は、お付き合い。

寒い夜に、一杯の日本酒が、欲しくなる、一席。

そして、仲間のおうち、「昭和町吉兆」で会食。

落語、酒、料理、友、すべて満たされた、一日でした。


第451回、、田辺寄席
2008年2月16日(土)、、、午後6時10分開演

開口0番、桂文太・・・・・・・「東と西」

一、笑福亭喬若・・・・・・・・・「道具屋」

二、笑福亭鶴二・・・・・・・・・「野晒し」

三、桂文太・・・・・・・・・・・・・「黄金の大黒」

中入り

四、笑福亭猿笑・・・・・・・・・「宗論と寄席の踊り」

五、笑福亭松枝・・・・・・・・・「市助酒」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第450回、田辺寄席~めずらしい噺~

2008-02-16 22:25:46 | 田辺寄席
先週が、行けなかったので、久しぶりの落語会。

会場は、約200人と、満員御礼。
誰か、お目当ての噺家がいてるのか、
はたまた、「ちりとてちん」効果なのか。

草若師匠が、無くなった今日。
お通夜に、行かなければと、お客様も、ソワソワ・・・・・・・・。


開口、0番・・・・「延陽伯」で、文太師匠。

落語家の、まず最初のネタについて。

基本は、喜六、清八の「旅ネタ」
そして、口慣らしの噺はと。

「寿限無、寿限無、五劫のするきれ、海砂利水魚の水行末
雲来末、風来末、食う寝るところに、住むところ、
やぶらこうじのぶらこうじ、パイポパイポ、
パイポのシューリンガン、シューリンガンのグーリンダイ
グーリンダイのポンポコピーの、ポンポコナの
長久命の長助」を一気に。

次は「延陽伯」で、「わらわ、元、京都の産にして、
姓は安藤、・・・・・・・・・」と

そして、「うんまわし」の、「先年神泉苑の門前の・・・・」と

口慣らしをご披露。・・・・・暗記力としゃべくりは、、衰えず。


一番は、桂雀太さん、長身で元気いっぱい。

「天狗刺し」と、米朝師匠以来の噺。
めずらしいと思いながら、それなりの運び。

サゲは「天ぷらにしようとしたのは、
坊さんだけに、ころも(衣)がついていたので」と
通常の「五条の念仏さし」とは違っていた。


二番手は、月亭八光・・・・親の七光か、いや二光か。

話は、三枝師匠作「アメリカ人が家にやって来た」

今まで、三枝師匠作を他の噺家が演じる、
「鯛」、「宿題」、などを聞いて、これは、話自体が面白いので
演者はと思っていたが、

八光さんの本日の、話を聞いて、創作落語でも噺家の
技量がいかに大事かと、反面教師の一席。


三番手は、我が文太師匠。、、、、演目は「近日息子」
初めての、噺。

文太師匠の演じる、息子のアホさかげんも・・・・。

しっとりとした人情話も、もちろん素敵だが、
長屋連中の、ドガチャカ騒ぎもおもしろい。


四、桂わかばさんの、「口合小町」

これも、めずらしく、初めての噺。

駄じゃれ好きの、女房が、「口合」、駄じゃれで
遊び人の亭主を、改心ヘ・・・・・。

笑いが少ないだけに、坦々とした運びが、わかばさん、らしさか。



とりは、桂千朝さん、「風邪うどん」

外は、寒い今日。

うどんの、暖かそうな、そして、美味そうなこと。

食べるしぐさは、ぴか一。
うどんとだし汁の量が、多くも無く、少なくも無く、ぴったり。

「時うどん」などでは、うどんの玉、いくつ入ってるのと、
思うぐらい食べる、演者が多い中で、

千朝さんは、きれいに完食。

(食べっぷりだけの感想か、でもこの噺ではやはり、
食べるしぐさが、大事でっせ。)

落着いた中に、納得のいく、芸でした



第450回 田辺寄席
2008年2月16日(土)、、午後1時40分開演

開口、0番・桂文太・・・・・・・「延陽伯」

一、桂雀太・・・・・・・・・「天狗刺し」
二、月亭八光・・・・・・・「アメリカ人が家にやってきた」
三、桂文太・・・・・・・・・「近日息子」
四、桂わかば・・・・・・・「口合小町」
五、桂千朝・・・・・・・・・「風邪うどん」

08-07
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鶴二さん~おいかけて~須磨寺まで

2008-02-03 22:23:53 | 梅団治・須磨寺落語会
第119回、須磨寺落語会

初めて、遠征しての落語会。

お目当ては、鶴二さんと、梅團冶さん。

嫁さんに、「遠いな~。」とぼやかれながら、

11時半に家を出発。・・・・一時間半の旅。
帰りは、一時間ちょっと。
やはり、湾岸線は空いている。

須磨寺は立派な、お寺。ごみひとつ、無い。
清々しい、環境。・・・商業化していないのが良い。

その本坊に200人アマリの大盛況。

上方落語協会誌最新号の、「んなーあほな」に
TVのおなじみの「ちりとてちん」と地域寄席の
ご案内に、この「須磨時落語会」が載ってます。
と、お勧め。 ・・・・・・300円で買うと、・・・

「ちりとてちん」と「須磨落語会」の記事は、ほんのちょっぴり。
まるで、「秘伝書」か。


一番は、扇平さん。・・・・演目は、「桃太郎」
前座ばなしの演目ーが、もっとあれば、良いのに。

子供が、あまりにも、上品。

長屋のコセガレと言うより、
サラリーマンの親子の会話に映ったが、

良いのか。悪いのか。・・・・はてな。


二番手は、梅團冶さんの登場。
・・演目は、「寝床」

町内や長屋の連中や、奉公人よりも、
大旦那におもむきをおいた、演出。

演りたくて、演りたくて、ウズウズの中で。
機嫌を直しての・・・一席。

「皆が先に寝て、私の寝床がなくて、泣いている」と
サゲは解り易く、してあるが。

いつも、期待に答えてくださる、一席でした。


三番手は、小春團冶さん。・・・演目は「職業病」か・・。

ファミレス、オープンに、前職、葬儀屋。自衛隊。
コギャル、など、キャラクターの強い者が集合。

面白いのは、やはり、接客係りの葬儀屋さん。

小春團冶さんの、創作落語のオモシロサは、

真面目な人が、他の場所では、真面目であればあるほど、
おかしさが、加算されること。

世の中、これほどでなくても、ありえると、納得。


中入り・・・・今日は節分で「節分豆」のサービス。


四番手は、小染さん、・・・・演目は、「上燗屋」

酒飲みの、師小染さん、ゆずりの酔っ払いの話。

私にとって、「上燗屋」イコール、「これはなに」

「これはなに」のない「上燗屋」は、

「クリープの入れないコーヒーみたい」で
(古い言い回しですが)

なんとも、もの足りない、一席でした。



とりは、お待ちかね、鶴二さん・・演目は「不動坊」。

たんたんと進みながら、噺自体のおもしろさが
伝わるので、鶴二さんの噺は、好き。

利吉の真面目さと、長屋の三人の悪戯ごころ、満載。

いつもは、徳さんが、35才~38才のイメージがあったのが
初めて、28才ぐらいの若い人物として登場。

単に、やもめ、。

「利吉」さんと、「やもめ三人衆」の本当の年齢はいかに。
そして、「お滝」さんは。

そんなことより、考えるより。

一日楽しめた価値ある遠征・・・・、。

次の、120回の、「25周年記念」も行くぞ。


まづは、田辺寄席で、鶴二さんの「野晒し」を聞きに・・・・。


第119回、、、須磨寺落語会
2008年2月3日(日)、、午後2時、開演。
須磨寺本坊

一、笑福亭扇平・・・・・・「桃太郎」
二、桂梅團冶・・・・・・・・「寝床」
三、桂小春團冶・・・・・・「職業病」

中入り・・・・・節分豆プレゼント

四、林家小染・・・・・・・・「上燗屋」
五、笑福亭鶴二・・・・・・「不動坊」


08-06
コメント
この記事をはてなブックマークに追加