緑の館絵画を楽しむ会 愛と平和のメッセージ

ようこそ!
緑の館絵画の世界
ようこそ!
緑の館創造の世界
ようこそ!
緑の館仙台 絵画展示室



2025年問題について  No.186

2017年12月20日 | 仙台敬老奉仕会

 

(郡 和子 仙台市長と仙台敬老奉仕会 吉永 馨 理事長)

平成291220()

 NPO法人 仙台敬老奉仕会の吉永 馨 理事長が郡 和子仙台市長へ表敬訪問をされました。

吉永 理事長は郡 和子市長に仙台市が介護先進都市のモデルになるようにと呼びかけられました。

そのためには、市民と一体になって介護ボランティアを推進していく必要があります。

郡 和子市長は吉永 馨理事長の真剣な話を熱心に聴き入っておられました。

(郡 和子仙台市長に伝えた内容)

郡 和子市長は、以前からご介護ボランティア問題に関心を持たれておられました。

今後は、仙台市長の立場で具体的な指導をお願いします。

2025年には、団塊の世代が後期高齢者になります。

市民が市民を助ける互助社会をつくるためには、介護ボランティアの育成をしなければなりません。

地域の実情に応じた介護ボランティアの活用が急務です。

寄り添い介護ボランティアを育成することによって、人手不足を緩和することができます。

仙台市が特別養護老人ホームに対して介護ボランティアの受け入れを促進するような具体的な指導の徹底をしていく必要があります。

(回想)

郡 和子市長は市長になる前の平成28325日の第47回仙台敬老奉仕会の研修会に参加されました。

第47回研修会のテーマは【ボランティア受け入れ施設の現状】でした。

(シンポジスト)

寺内 淳氏(せんだんの里)

高橋このみ氏(萩の風)

小船 順子氏(長生園)

第47回研修会(シンポジューム形式)の司会進行は私が担当しました。

詳しい内容は仙台敬老奉仕会のホームページの第36回ニュースレターに載せています。

ニュースレターの作成は私が担当していますので質疑内容を鮮明に覚えています

高齢者が地域で安心して暮らすには介護ボランティアの活用と育成が大切になります。

NPO法人「仙台敬老奉仕会」ホームページはこちらです。

仙台敬老奉仕会 理事 鈴木和美

緑の館 絵画を楽しむ会ホームページはこちらです。

緑の館絵画を楽しむ会 代表 鈴木和美

緑の館仙台ご来店予約

➿0120-117-040

ジャンル:
ブログ
この記事についてブログを書く
« 緑の館仙台からのお知らせ ... | トップ | A Merry Christmas 緑の館創... »
最近の画像もっと見る

仙台敬老奉仕会」カテゴリの最新記事