今何処(今の話の何処が面白いのかというと…)
マンガ、アニメ、特撮の感想ブログです。




【友達欲しい系】

先日、海燕さん、ペトロニウスさんとニコ生放送で話していた事を書き留めておきます。

僕は友達が少ない (MF文庫J)
ブリキ
メディアファクトリー

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)
ぽんかん(8)
小学館

最近、僕らの間で話している事で、ラノベ~アニメあたりの界隈で「友達系」?「友達欲しい系」?が出てきているよねという話題があります。

「友達欲しい系」って何か?この“見立て”の経緯をまともに話すと長~くなってしまうのですが、かいつまんで話すと、まずハーレム構造の物語というのがあります。「友達欲しい系」って単純に「友達ほしがっていればそうだ」って話ではなく、このハーレム構造の物語の中から出てきたもの(そう解釈できるもの)が、この話題の対象になります。

ハーレム構造とは何かって言うと、まあ、分かると思うのですが主人公1、ヒロイン多と言った構造のものですね。
31人ヒロインがいるという『魔法先生ネギま!』などが代表にして極北な感じ(笑)で、この構造はかなり長い期間、一定の勢力を持ち続けていたし、今でもその威力は継続されていると思います。
しかし、今例に上げた『ネギま!』が収束に向かう時期あたりでしょうか。「ハーレム構造の流れの中から、何かちょっとハーレムっぽくない別の流れが出てきたぞ?」という物語が生まれてくるようになった。

具体的に言うとハーレム構造のはずなのに男性キャラの数が増えた。
本来、ギャルゲーとか見れば分かると思いますが、あの世界って主人公以外はナビゲーション的なモテない男友達が一人で、他は不要という姿勢だったんですが、それがそうでもないものが出てきた。

最近アニメ化した『リトルバスターズ』とか、ハーレム構造と言っていいかどうかは別として『AngelBeats!』も同じ系統に入れていい気がしています。それと『真剣で私に恋しなさい!』もあげたい。これらは“ギャルゲー系”にも関わらず男との付き合いのパートがある。
ギャルゲー、エロゲーをやっているはずなのに何で男とくっちゃべってなきゃならんのよ?って感想になると思えるのですが、“何故か”そういうものが出てきたんですね。ハーレム構造としては余分だったはずのものがつき始めた。
あと他に『ペルソナ4』も上げたい。僕が観たのはアニメなんですが、これも主人公中心にハーレム構造になっているのですが、どうも物語を観ていると“そこ”が重要視されていない。むしろ男女混じったグループ自体にその価値を見出しているように見える。…ちょっと毛色が違いますが『仮面ライダーフォーゼ』もこの系統ですね。
これらの系統を僕らは、ハーレム構造の志向が行き着いた先に「恋人が欲しい(恋人が沢山欲しい)」という要求よりも、「友達(仲間?)が欲しい。友達はどうやったらできるの?」という要求に変わって来たんじゃないか?という解釈で捉えようとしました。まあ、それが「友達欲しい系」というヤツです。

そこからさらに、この観点で物語を読み解こうとしたのが『僕は友達が少ない』、『ココロコネクト』、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』あたりでしょうか。……ラノベばっかですねアニメ『TARITARI』もこの系統に入れていいかな?
さて、『はがない』、『俺ガイル』は構造としてはハーレムものを形勢しているように見えるのですが、主人公の要求(つまりテーマ)は友達にあるように観えます。『ココロコネクト』、『TARITARI』は男多+女多で物語が進み、その中には恋愛模様も描かれるわけですが、必ずしも恋愛主体の物語ではないと観ています。むしろ男女グループで何を為すかが主体なはず。そういう“感じ”の流れが見て取れるなと思うわけです。

……で、ここから、それを前提とした「次の話」なのですが。

これらの『物語』は「友達がいる物語」、「友達が欲しい物語」といった“友達讃歌”を高らかに歌い上げている物語に観えるのですが……「本当にそうなのかなあ?」と僕は思ってしまったんですね。
そうですね、『リトバス』、『マジ恋』、『ココロコネクト』あたりはバリバリの“友達讃歌”だと思います。そういったものに対するノスタルジーに近い観すらあります。ここらへんは、まあ「本当にそう」なんでしょう。

しかし、近年、かなり当たったのではないかと言える『はがない』、あるいは『俺ガイル』なんかは、“ぼっち”スタートの話なわけです。言わばこの『物語』は「ぼっちを対象にメッセージが送られている」と……必ずしも、そういうワケではないと分かっていて敢えて言いますが(汗)まず、フォワードに設定した受け手は“ぼっち”(あるいはそれに近い心情の人)だと思えます。

そう考えた時、果たしてこの“友達讃歌”は“ぼっち”に対して癒しを与えるのか?……って思ったんですね。
『はがない』の第一巻の第一章においてこういうセリフがあります。(↓)
「……そもそも、私はどうしても友達が欲しいわけじゃない」
「え?」
「……友達がいないことがイヤなのではなく、学校とかで『あいつは友達がいない寂しいやつだ』と蔑むような目で見られる事がイヤなのだ」
「あー、なるほど」
 なんとなくわかる。
『友達がいること=いいこと』というのは基本的にその通りだと思うけど、それが世間では『友達がいないこと=悪いこと』と同義のようになっている。
 それはちょっと違うんじゃないかと俺は思う。
「私は一人でも平気だ。学校での友人関係なんて上っ面だけの付き合いで十分だ」
 三日月の声には、どこか無理が感じられた気がした。

(『僕は友達が少ない』第1巻より)

……けっこう、いい事言っていると思いませんか?僕はここにすごく共感しました。べ、別に僕は、ぼっちじゃないよ!きっと!(`>ω<´;)……いや、世間ってけっこう一拍の疑念もはざまず「これが正しい!」とか「これが幸せモデル!」とか言っちゃう題目や看板がそこら中にありますよね?僕はわりと一々「そうかなあ?」と考えちゃったりする所があるんですよ(汗)このセリフ、そこの琴線に触れる所がありました。

で、『俺ガイル』でも上記に近い心情の吐露があったりして、「ぼっちの物語」としては、ここは急所の景観に思えます。
ぼっちは「友達ができた!嬉しいな!」で癒される事もあるでしょうが、それと同じくらい「別にぼっちでもいいんだけど?」(この思いは、実際にぼっちじゃない人でも抱く事はあるはず)という思いを瘉されたいのではないか?現代だとその層はけっして少なくないのではないか?…と感じるのです。

しかし、おそらく、これらの物語は“そっち”へは向かっていない。

どういう事かというと……『はがない』や『俺ガイル』はまだ完結していない『物語』ですが、おそらく「ぼっちでは無くなる」結末を迎えても「ぼっちを癒す」結末にはならないだろうと思われます。
というか、読めば…いえ、「読まずとも分かる」と思いますが(笑)『僕は友達が少ない』は、こんなタイトルにも関わらず友達、恋人(その候補)が溢れています。『俺ガイル』もそうです。ただ、それに気づいていないだけという構造を持っています。

主人公である貴方がそれに気づいていないだけ……“青い鳥”は貴方のすぐ隣にいるんだよ?というストーリーラインを描く。そういう「分かりやすいハッピーエンド」に向かうであろう事は、ある程度読み進めれば想像できる事かと思います。
しかし、そうすると、どうなるか?「ぼっちではなくなる」というテーマは果たしますが、「ぼっちを癒す」というテーマはどこかに霧散してしまう。

「ぼっちで無くなるハッピーエンド」は、ぼっちの者(その心情に共感する者)にこう語りかけます。
「分かるか?やはり、ぼっちは不幸な事なんだ?つまり、今のお前は不幸なんだ。この物語の主人公はそこを脱する事でハッピーになれた。お前も“そう”変わるべきなのだ!……なぁに、気にする事はない。お前はすぐそばの幸せに気づいていないだけなんだ。気づけ、そして、見つけろ!お前の幸せを!ハリー!早く!ハリー!早く!」

……先に言っておくと僕は『はがない』や『俺ガイル』がダメな物語と言っているわけではありませんからね?(汗)今僕が語っている事をテーマの主体としていない事がいけない事と言うつもりもない。むしろ、『はがない』の事は超・好きで、別の角度の話をさせても、相当いろいろ語れると思います!(`・ω・´)
また、社交性がないというのは、寂しい寂しくないを超えたマイナスがあるので、他者と接する事、他者に合わせる事(不干渉ではなく干渉しつつ尊重する事)は、多少の精神的圧迫を与えてでも、それを身につけさせた方が良いように思えます。

しかし、『物語』というのは、必ずしも社会的な正しさの教科書ってワケではないですから。他者にとってダメな状態であっても、そこを癒すという姿勢はアリに思っています。
三日月夜空さんが言った「……そもそも、私はどうしても友達が欲しいわけじゃない」は、ある層の心情を強く代弁する言葉だと、僕は思ったのですが、一般的なストーリーラインを描く限り、そこは宙空に散ってしまう。
“三日月の声には、どこか無理が感じられた気がした。”と既に伏線が張られているように、「夜空が友達がいた事に気づいてしまう物語」は、「夜空はやはり友達を欲していたんだという物語」に収斂してしまう。

……ちょっと別の言い方をすると「お金持ちになりたいワケじゃない」という心情(テーマ)は、正確に言うと「お金はあってもなくてもいい」という心情であり、それは別に「お金持ち」になったとしても、失われるわけではない。
しかし、テーマを見せる『物語』としては、お金が欲しいワケじゃないと言っていた主人公がお金持ちになってしまったら、受け手の中にある強い幸せモデル「自分はお金が欲しい!お金持ちになれてよかったね!」という心情が、そのテーマをかき消してしまうんです。

繰り返しますが『はがない』、『俺ガイル』がこのテーマを取り扱っていると言っているわけではないです。僕が勝手に気にしてしまった視点で、物語を眺めているだけの事です(汗)
そして、エンタメを扱う限り、こっちの方向への展開はできない……非常な困難がある事は分かり切っている事です。何でかと言うと……

こっちの地平には“王道”がないからです。

文学や芸術なら、こっちの方向へ向かったものはいくらでもあると思うんですが……いや、マンガにだってあるんですが、でも、それだけではエンタメの王道とはならない。
ここで言う王道というのは、受け手の多くがそれを楽しみ、送り手の多くが楽にその道を通れるようになってはじめて王道となる。
その意味において「私はどうしても友達が欲しいわけじゃない」という心情の道がどこかに辿り着こうと思ったら、ほとんど道なき道を進む必要があって、とてつもない困難がある。かく言う僕自身が、この方向の展開に対して具体的なストーリーラインをイメージできているワケではないんです。王道に当てはめられないから(笑)

…が、一昔前なら「こういう変わり者もいますよ?」くらいのバリューにしかならなかったテーマが、もう少し共感を持って迎えられる土壌が現在は存在しているのではないかと思うのですよね。
王道とは行かないまでも、新たな交易路を期待できるくらいにはなっているのではないか。一時の世相かもしれませんが。

まあ、そんな感じに「存在しない路線」(←これ重要!)を考え、想定して他の『物語』たちを眺めたりしています。
そうすると、けっこう、それっほいものも出てきている事に気づく(笑)『湯神くんには友達がいない』、『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』あたりが、そんな感じかなあと。

湯神くんには友達がいない 1 (少年サンデーコミックス)
佐倉 準
小学館

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(1) (ガンガンコミックスONLINE)
谷川 ニコ
スクウェア・エニックス

大分、長々書いたので、ここらへんで切り上げて、この二作品の話や、さらに続きの話は、また別の機会にしたいですが、ちょっとそこらへんを妙に気にしていますよという話でした。


コメント ( 6 ) | Trackback ( 1 )


« TVアニメ放... やる夫が『梅... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (taida)
2013-05-12 11:44:08
ハーレム構造のはずなのに男性キャラが多いというと「とらドラ!」や「バカとテストと召喚獣」も含まれるのではないでしょうか?
ラノベに関して言えば男女同数の物語からハーレムもの(ネット上で言われるラノベらしい作品)に移行してきて、最近また男女同数の物語が目立ってきた印象があります。「さくら荘のペットな彼女」なんかは最近の作品ですが、雰囲気は昔のラノベに近いと思います。
 
 
 
Re:taidaさん (LD)
2013-05-12 21:12:47
> ハーレム構造のはずなのに男性キャラが多いというと「とらドラ!」や「バカとテストと召喚獣」も含まれるのではないでしょうか?

これは単純に僕の線の引き方という話なのですが『とらドラ』、『バカテス』は、友達欲しい系志向が見える作品ではありますが、過渡期のものでまだハーレム系が強い作品であると解釈しています。

『バカテス』は男女同数でやってはいるのですが、ラブコメの目が強いというか「友達はいて当然感」があるというか…
たとえば『リトバス』なんかは男友達がいる事はすごく強調されている作品で、『バカテス』はそうじゃないという線引きをします。しかし、ボーダー上の話ではありますね。どうでしょうか?

『とらドラ』は、まさに『さくら荘』と対比しようとしていた作品で、『とらドラ』はやはり大河以外のヒロインは泣きを見るというか、他の誰とくっつくわけでもなく終わるのですが、
『さくら荘』は七海さんは確かに同じ扱いをうけるのですが、他の女性キャラは他の恋愛を進めるというか男女比を「恋愛自体も割り振られている」。
やはりボーダー上の話なのですが、『とらドラ』はハーレム系、『さくら荘』を友達欲しい系に割り振って考えています。
 
 
 
Unknown (taida)
2013-05-15 23:23:17
お返事ありがとうございます。おかげさまで線引きについては何となく分かりました。

ラノベでは友達欲しい、友達いなくてもいいというテーマがありますが、これの前身としてオタクは悪いものなのか、オタクでもいいじゃんというテーマがあったように思います。「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」と「乃木坂春香の秘密」がそれに該当します。オタクで非リア充のラノベ読者が気になるテーマ繋がりで見ると、この二つのテーマの根源は同じなんじゃないかなと。
 
 
 
Re:taidaさん (LD)
2013-05-18 03:05:07
> オタクでもいいじゃんというテーマ

う~ん。この感覚や鬱屈は、僕は持っているのですが、それ故古いテーマという気もします。
繋げるにはジェネレーション的に大きな隔たりを感じます。
敢えて言えば『神のみぞ知るセカイ』などがこの景観の作品かなあ?という気もします。

> 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」と「乃木坂春香の秘密」

この二作品の出発点は「他者を承認する快」にあるように思っています。
つまり彼女たちのオタク趣味は「何を承認するか?」という第二段階においての設定ではないかと。

しかし、それが巡って「オタクでもいいじゃん」というテーマに至っている……と言われるとそれはあり得ますね。
僕の見え方は上の通りという事で、そこはなかなか難しい。もう少し情報を積み上げたいですね。
 
 
 
Unknown (taida)
2013-05-19 10:09:43
オタクでもいいじゃんという表現が適切だったかは分かりませんが、「乃木坂」「俺妹」には作中でオタクに対する偏見へのカウンターがあり、オタクという存在を肯定するのが作品の特徴の一つにあったと思います。

アニメが好きだったりクラスの中心になれないタイプが多いラノベ読者。そんな読者が関心を抱きやすく共感しやすいテーマというとオタク、中二病、非モテ、ぼっち等があります。
そうしたとこに注目した作品縛りで見ると、ぼっちがいる「はがない」「俺ガイル」の前にあったのはオタク肯定の「乃木坂」「俺妹」だったのではないかというのが私の意見です。
 
 
 
Re:taidaさん (LD)
2013-05-19 19:44:48
僕の方で「オタク肯定自体は古い」という感覚が強過ぎるのかもしれません。ちょっとリサーチを考えます。

> オタク、中二病、非モテ、ぼっち等

このセットは納得感がありますね。ラノベで強いテーマかと思います。
『はがない』はオタク承認ではないですが、ぼっち承認からスタートしている気もします。
そうすると『承認』というワードにおいて『乃木坂』、『俺妹』につながります。

こうやって書いていって『承認』というワードでくくれそうな所に意味がありそうな気がしました。考察を進めます。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
[ラノベ][やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。][WEBサイト][思想][雑記]誤解を生むとよくないので、LDさんの記事の俺ガイルの部... (藤四郎のひつまぶし)
「友達欲しい系」は、ぼっちを如何に癒すのか? - 今何処(今の話の何処が面白いのかというと…) こちらの記事を読みまして、俺ガイルことやはり俺の青春ラブコメはまちがっている。を勘違いする人が出るのは不幸かと思いました。なので僭越ながら私が補足させていただ...