今何処(今の話の何処が面白いのかというと…)
マンガ、アニメ、特撮の感想ブログです。




【メタキャラクター】

【4月第2週:めだかボックス(第140箱「生きることは劇的だ」)】
http://www.tsphinx.net/manken/wek1/wek10552.html#735
【漫研】
http://www.tsphinx.net/manken/



『めだかボックス』(原作・西尾維新、漫画・暁月あきら)の“安心院さん編”がこの週で終了でした。彼女のTVアニメ放送前に終わるという宣言は実現せず。連載は続行になっていますね。
さて、ここで自分が“主人公”に育てた善吉くんが、めだかちゃんに勝つ所を見てしまった、安心院さんは「やはり、自分にできない事はない」と絶望して自殺を図ろうとします。それをめだかちゃんが止めて「お前は生きる事の劇的さをわかっていない中二病だ!」と一喝して、このエピソードは幕を引きます。
…さて、この中で出てきた“愚行権”という善吉くんが求めた能力に非常に興味があります。「(主人公が持ち得る)ご都合主義を排除する」という恐怖の能力なのですが…多分というか僕の『読み』では、安心院さんは“愚行権”の発動を見て、絶望した…と見ています。これがあれば“最強の敵”である主人公にさえも勝つ道がある…と。

▼USTREAM:ハイライト:『めだかボックス』の話題

(↑)このUSTREAMラジオで語っていますが、僕は一連の“安心院さん編”を「最強の敵とはなんぞや?そして、その最強の敵に勝つためにはどうすればいい?」という命題に取り組んだエピソードだと思っていて、その答えの一つを見事に返しているなとおもいます。
バトルマンガで言う、最強の敵って何か?それはどういうものか?という空想遊びの話なんですが、これまで超人強度○○億パワーとか、戦闘力○○万とか、いや時を止める能力だ!とか、時を加速させる!とか、いろいろ語れるんですが、その究極の回答として「最強の敵って主人公じゃねぇ?」というのがあるワケです。
……これ、あくまでバトルマンガのフィールドで、バトルマンガの主人公って限定ですけどね。世の中の『物語』には、いろんなタイプの主人公がいるので…しかし、少年ジャンプ(友情努力勝利)で語る主人公とは、ある程度、その範囲と言ってもいいような気がします。こいつは、本当に“強い”のですよね。歴代の主人公たちが、その伝統を積み上げ、今も絶賛継続中なわけで。
そいつらに勝つにはどうすればいいか?という話が、“安心院さん編”ではいろいろ追求されていたように思います。「話をラブコメに切り替えちゃえばいいんだ!」とか(笑)
そして“愚行権”~ご都合主義を排除する能力は、一つの究極の答えだなと。ほぼ、主人公にしか効かないけど「主人公を主人公たらしめているものを無効化すれば主人公は倒せる」と。うん。『戯言』シリーズの時から、主人公に勝つ物語を観ている僕としては、単純だけど一つの答えとして満足しました。

…と言いつつ、色々思う所もあるんですよ。…単純には「能力化した時点で、主人公に破れるもの、と化さないか?」とか…だからこそ地の善吉くんを主人公化するのがまず必要だったのでしょうけど…。あと、恒久能力としてどのくらい機能できるものなのか?は、次のシリーズで観て行きたいな…とか思っています。“愚行権”はなかなか面白い能力ですが、ともすると物語破壊のみを起こしてしまう…じゃあどういうバランスで働くべきか?…いや、特に結論もないですが、ここで終ります。

(↓)関連記事

今週の一番『めだかボックス』~“主人公”という称号の在り処

今週の一番『めだかボックス』~安心院なじみさんの求めるもの


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1333029610/857n-

幕間(1)「日野資朝」



投下終了しました。今回は短いやつです。…あまり本編と関係ない事やってるな…という意識もあるのですが(どきどき)ちょっと、日野資朝の事は語っておきたかったんですよね。次回は1週間強後…でやはり短いものを予定しています。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1333029610/684n-

第六回「鎌倉政策決定室~寄合衆」



投下終了しました。次回は1週間強後…番外編的な短いものを予定しています。その次も実は短いやつ…そろそろ、書き損じていた情報を付記しないと…とか(汗)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




【ハーレムメイカー】

【4月第1週:マギ(第133夜「優しい人」)】
http://www.tsphinx.net/manken/wek1/wek10551.html#734
【漫研】
http://www.tsphinx.net/manken/



『神のみぞ知るセカイ』(作・若木民喜)の女神再攻略編が大詰めですね。“最後の最強の敵”(?)に相応しく、ちひろと歩美がタッグのような形で、かなり桂馬を手こずらせてくれています。
『神のみぞ知るセカイ』は、悪魔の世界から逃げた6万匹の“駆魂”を回収するために、ゲームの達人にして“落とし神”様と呼ばれている桂木桂馬が選ばれる物語。現在は、地獄界の悪魔的復活を目論む旧悪魔たちに対抗するため、かつて旧悪魔を封じた“ユピテルの女神たち”の復活/再集結を目指し、以前、攻略したヒロインたちの中から“女神持ちの子”を火急に探し出さなくてはならないという展開。

今週の一番『神のみぞ知るセカイ』~“落とし神”の臨界

(↑)以前の記事で、女神が入っていないと判明した途端、ちひろを手酷く振った桂馬の局面について、僕は「桂馬が“落とし神”だとして「どの程度の神か?」を確かめる局面が迫って来ている」と評しました。
そして今、手酷く振った女の子であるちひろの逆襲(協力?)を受けて、かなりピンチにもなっている……しかし、どうやら乗り切れそうですね?ここでハクアあたりが喝を入れて、折れる桂馬を持ち直させるという「友情・努力・勝利」な展開もあり得たと思うのですが、桂馬は独りで持ちこたえて折れずに、攻略を果たせそうに見えます。

……はっきり言って僕好みの展開です(`・ω・´) 僕、あんまり挫ける奴好きじゃないんですよね。

それと、この局面で特筆したいのは、ちひろや歩美のキャラとしてのビルド(成長)ですね。ここらへんに“再攻略”する事への真の効能が出ている気がします。
最初の攻略ではある種、作者の中にあるレパートリーというかテンプレ的なものを組み合わせて、ちょっといい話にすれば大体通過できるんですよね。この『物語』の初期の凄みはそのテンプレ、レパートリーがすごく多い事ではあったのですが。
…ちょっと、悪く言っていると思われるのは嫌なのですが、説明のために敢えて言うと“一周目”の攻略はヒロインの上っ面を舐めるだけでも誤魔化しが効くんですよね。しかし、“二周目”はそうはいかない。記憶を残しているという設定的にももう一段キャラ掘り起こさないといけない。

これが結局、功を奏している、僕が今、すごく認めているキャラのハクアもこの過程で掘り下げられたキャラですし、ちひろと歩美の成果もここから来ている。…彼女らは今すごくいいって事です。
逆に、テンプレ的に完成されている図書子~栞は、そんなに動かなかったかな?いや、でも小説はよかったですね。

特にちひろがいいですね。彼女は元々は作者にとって非常に動かしづらいキャラだったはず、いや、動かしづらくないと意味がないキャラだったはず。なぜなら、これまでの桂馬のテンプレやチャートで対応できないヒロインである必要があった子だからです。
だからデザインの段階から動作や言動について、一つ、一つ「これでいいか?」と検討して行く必要があったと思います。それが一周目でどのくらい動けたか?は、なかなか難しいと思うけど、二周目においてその苦労はすごくいい動きに転化されていると思います。

…一方で、エルシィや天理といった本道のヒロインらしい(?)子たちが手付かずで残ってしまっているのが、気になったりしてしまうんですけどね(汗)『神知る』も『ネギま!』のように、今、かなりの数のヒロインたちがビルドを果たしていると思います。


神のみぞ知るセカイ16 鎌型シャープペンシル付き限定版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)
若木 民喜
小学館


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1333029610/569n-

第五回「正中の変」



投下終了しました。レス570あたりからですね。次回は2週間後…再来週の金曜日に投下を予定していますが…どうなるんでしょうね?(どきどき)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




漫研ラジオ/2012年1Qアニメ選考(途中まで) 2012/04/28

https://www.youtube.com/watch?v=-F60UgZhi_c&index=14&list=PLusUXoPKOyjgCXZEAY3cL0wAgGpkE_3Mc

出席者(敬称略):ルイ、LD
話題:2012年1~3月期のアニメ選考。後半、欠損のため前半のみとなります。
0:10:06-『Another』の話題
0:19:06-『あの夏で待ってる』の話題
0:44:16-『デジモンクロスウォーズ時を駆ける少年ハンター』の話題
0:59:27-『ゼロの使い魔F』の話題
1:17:50-『パパの言うことを聞きなさい!』の話題
1:33:55-『男子高校生の日常』のエンドカードについて
1:43:32-『機動戦士ガンダムAGE』グルーデックとフリットについて
2:27:45-『Another』見崎鳴について
2:45:32-『戦姫絶唱シンフォギア』風鳴翼について
あの夏で待ってる Blu-ray BOX
戸松遥,島崎信長,石原夏織,荻原秀樹,阿澄佳奈
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

パパのいうことを聞きなさい! 18 (スーパーダッシュ文庫)
なかじま ゆか
集英社

機動戦士ガンダムAGE 第1巻 【豪華版】(初回限定生産) [Blu-ray]
豊永利行,遠藤綾,大畑伸太郎
バンダイビジュアル

戦姫絶唱シンフォギア 1(初回生産限定版) [DVD]
水樹奈々,高山みなみ,悠木碧,井口裕香
キングレコード


下記、アニメ選考のレストアですが後半部分が破損しており途中までとなります。(もし、この回の後半部分を保存されている方いらっしゃいましたら、ご連絡頂けるとすごく嬉しいです)

先日、やりましたアニメ選考の録画データと結果発表です。(↓)
ちょっと先に総括的に語ると、選考や候補からはずれたものもありますが、今期、すごく楽しみに見ていたのは『Another』、『あの夏で待ってる』、『男子高校生の日常』、『ペルソナ4』あたり。今期、言いたいことがあるのは『Another』、『ギルティクラウン』、『機動戦士ガンダムAGE』あたり…という感じでした。

■作品選考:『ペルソナ4』
・『ジュエルペットサンシャイン』
・『ペルソナ4』
・『アクエリオンEVOL』
・『神姫絶唱シンフォギア』
ペルソナ4 10【完全生産限定版】 [DVD]
浪川大輔,森久保祥太郎
アニプレックス

前期もかなり持ち上げていて、しかし、前期は作品選考を『輪るピングドラム』が取ったわけですけど、今期も『ペルソナ4』はとても楽しかったです。いや、1クール目以上に2クール目は『愉楽し』かった!新しいタイプのヒーロー像を見せてもらった…とか、いろいろ言えるんですけど…まあ、まずは普通に2クール作品の満足感を得られました。


■サブタイトル選考:【妖狐x僕SS】 第11話 陽炎
・【アマガミSS】 第12輪 森島はるか 後編「タビダチ」
・【妖狐x僕SS】 第11話 陽炎
・【プリティリズム・オーロラドリーム】 第50話 新プリズムクイーン誕生!
・【機動戦士ガンダムAGE】 第15話 その涙、宇宙に落ちて
・【灼眼のシャナⅢFinal】 第24話 果てより開く
妖狐×僕SS 3【完全生産限定版】 [Blu-ray]
日高里菜,中村悠一
アニプレックス

今期のサブタイトルとしては、ほぼ迷う事なくこれという感じでした。『妖狐x僕SS』は僕は、観始めはそんなに引き込まれる所がなくって「ああ…カワイイねえ…」くらいの感じだったんですけどね。
このエピを観た時に、御狐神くんというキャラに対して「ああ…この人、こういうキャラになるかも…」とすっと共感にはまったんですよ。御狐神くんって、ある種、歪なキャラだと思いますけど、それが腑に落ちたのは良かったです。


■キャラクター選考:フリット・アスノ(CV:井上和彦)
・【ジェルペットサンシャイン】水城花音(CV:松嵜 麗)
・【機動戦士ガンダムAGE】グルーデック・エイノア(CV:東地宏樹)
・【Another】見崎鳴(CV:高森奈津美)
・【あの夏で待ってる】貴月イチカ(CV:戸松遥)
・【戦姫絶唱シンフォギア】風鳴翼(CV:水樹奈々)
機動戦士ガンダムAGE 〔MOBILE SUIT GUNDAM AGE〕第4巻 豪華版 (初回限定生産) [Blu-ray]
豊永利行,遠藤綾,東地宏樹
バンダイビジュアル

候補にあげていなかったけどフリットさんにしました。『ガンダムAGE』はキャラクターとしてすごく難しいテーマの表現を課せられたキャラクターがいて、その代表的なキャラが、主人公のフリットと、グルーデック艦長だったりします。そこが『ガンダムAGE』の『面白さ』になっているとは思っていて、もっと評価されてもいいというか「このキャラ表現にはまる」人がいてもいいのになあ…と思ったりはしています。


■特別選考:【男子高校生の日常】エンドカード
・【男子高校生の日常】エンドカード
男子高校生の日常 スペシャルCD付き初回限定版 VOL.1 [Blu-ray]
入野自由,杉田智和,鈴村健一
Happinet(SB)(D)

毎週エンドカードが鉄板だったので(笑)エンドカードがキレイなら、終り良ければ全て良し……のような昨今の深夜アニメに対するカウンターとしても秀逸でした…とか言ってみたり(`・ω・´)

選外:『Another』、『あの夏で待ってる』、『デジモンクロスウォーズ時を駆ける少年ハンターたち』、『男子高校生の日常』、『ギルティクラウン』、『プリティリズム・オーロラドリーム』、『灼眼のシャナⅢFinal』、『ゼロの使い魔』、『新テニスの王子様』、『BRAVE10』、『パパの言うことを聞きなさい!』

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




【3月第4週:ニセコイ 第18話 シアワセ】
http://www.tsphinx.net/manken/wek1/wek10551.html#733
【漫研】
http://www.tsphinx.net/manken/



『ニセコイ』(作・古味直志)を毎週楽しく読んでいます。『ニセコイ』は、普通の高校生にしてヤクザの二代目候補の少年・一条楽と、超美人の転校生にしてギャングの一人娘の少女・霧崎千棘が、反目しあう両組織の安定のために、付合っている“ふり”をする事になる『物語』。あと、まあ、一条くんには十年前に“約束した恋人”がいて、それが誰か?というのも焦点になっていますね。

千棘ちゃんのボディガード(?)でやってきた女の子の“鶫誠士郎くん”が可愛くってね。…もう、この娘でよくね?小野寺さんとか、千棘ちゃんとか、どうでもよくね?…という勢いでのめり込んでいます。

まあ、それにしてもクラッシックなタイプのラブコメの波が来ているような感じですね?少年誌の新連載を見ていると…まだ、そうでもない?ま、いっか。(´・ω・`)
『魔法先生ネギま!』の終りと合わせて『ハーレムメイカー』の話も終焉(一周回)となりつつあるような気もします。…とはいえ、ラジオなんかで話していますが、『P4』や『真剣で私に恋しなさい』あたりの流れは、『ハーレムメイカー』の“次”のようには思っていますね。名前は変える必要があるかもしれないけど。…で、回帰的な流れとしては、この『ニセコイ』とか『パジャマな彼女』あたりがあると。


ニセコイ 1 (ジャンプコミックス)
古味 直志
集英社


コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )