馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

心が疲れた時はいっぱい

2019-10-15 12:42:46 | 首都散策・冬季

花を愛で

日常生活では少しだけ浮世離れした行き方が面白い
現実を直視すれば愚痴の二つ三つは出てしまう

それなら可能性のない果敢無い夢でも思いながら
散歩する数寄者が居てもいい

  実に美しい

一昨日の野良公は外に出ると影も形もない
ハチ公じゃ有るまいし玄関先で私の出てくるのを

じっと待ち続けるほどモンゴルは平和じゃない
鉄橋を渡り本線へ行きかけると一昨夜の番犬がいる

おい!
ベージュの野良公は見かけなかったかと誰何する
知るかい喧嘩相手のオイラに尋ねられても・・・

しってても教えてやるもんか

満月を愛で

  満月を

日が暮れて大した時間は経過していないが
暗闇は心を暗くする

満月だけが何事もなかったように照り輝く
自然なんてこんなものである

在る所では普段、偉そうにしている動物を
これでもかこれでもかと打ちのめして知らん顔する

自然界は何事もなかったように穏やかな顔をしている
自然界と喧嘩などしちゃ駄目!

帰宅

  跨線橋からお月見

跨線橋からお月見したのは3地区へ行く途中の出来事
矢張りアベックが集う恋の集会所だけあってロマンチックである

モンゴル首都の隠れた観光スポットといえるかもしれない
日本から観光できた時は一時、来て見てください

私に出会いえるかもしれません
時間帯を間違わないようにしてください

散歩も平地と違い高山を歩く散歩は骨がおれます
ビール工場の裏まで来ると何ともいえない香りが流れ来ます

甘酒がアルコールに変化する時の何ともいえない
芳醇な匂いが微風に漂い

写真を写しながらただ酒を満喫する
これぞ華みていぱいである

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント   この記事についてブログを書く
« いい日 | トップ | 大雑把 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

首都散策・冬季」カテゴリの最新記事