馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

雨上がりの一日

2019-08-15 09:47:42 | 首都散策・夏季

夜目

3地区を散歩しての帰り道
跨線橋を下りて線路内に停車していた

貨物車を写していた
貨物車にはロシア国境付近で伐採した木材が積まれていた

写し終わり家路へ向かうため踵を返すと
みめ目麗しき乙女が歩いている 

時間的に居る筈のない乙女である
乙女は私が意図的に乙女の背後を追うと思われたに違いない

私はいつもの時間にいつものような行動をしているだけ
不味い事に距離10m程、急ぎ足の乙女と

マイペースの私が歩き出す
乙女の家は建設機械資材置き場の一角が住まい

追いかけるように(追いかけられている)歩いた時間は2分足らずだったか
乙女は重い鉄扉を力一杯開けゴトゴトと軋む音をたてやっと開いた
(これは私が描写している想像である)・・暗くて状況が私には分からない

多分、そうであろうと気遣いをした描写である
日本時間午後10時半頃の出来事(女学生がこんな時間に)

鉄扉の影に消えた乙女といなくなってホットした老人のニアミストーリ

寒い夕方

  午後8時過ぎ(日本時間)

雨上がりを待ち続けての散歩である
安物の下着と長袖Yシャツ姿の私には肌寒い外気

案の定というか藪蚊どもは仮死状態か飛び交っていない
口汚い私ですから『ざまぁ・・ミロ』であります

昨日に限り薄汚いハンカチを忘れてきたのである
藪蚊を叩く物も無く心配したが奴らの襲撃が無く気持ちよく散歩できた

自生ニラが真っ青な色から薄紫色に変化し
雨上がりの景色に映えている

変化

  猫じゃらし

駅前遊歩道にはボンボンが黒い猫じゃらしが
自慢するように鈴生りに真っ直ぐに誇らしく

歩くたび冷たい風が肌を刺す
耳たぶを指全体で包み込むとヒンヤリとする

なんだ!
この感触は・・・初冬の季節感

夕焼け

  夕焼け

跨線橋の上でTVドラマの撮影が行われていた
寒流(韓国)ドラマの物真似か若い男女が抱き合う場面

つまらぬ撮影をしている

何度も同じ場面を撮り続けている
通行人がかなり居た(私を含めて)

橋の上を占拠しての撮影
私は面白くないから橋上から沈む夕焼けを写す

撮影会

  

線路内からも跨線橋の様相が分かる
機関車だけだと絵にならないものがドラマ化する

首都の若者が此処で写真を写したがる理由を
知った気がした

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« さぞや煙たかろう | トップ | 山岳地帯の攻防戦 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
モンゴル便り (0necat01)
2019-08-15 13:08:50
馬とモンゴルさん。

 久しぶりに貴方の場所を訪れ、心の洗濯をさせていただきました。

「毎日、通いなれた散歩地なれど日々変化に富む地なり」・・・貴方の思いが、私の心に反響します。生きることに真剣な人間は、どこにいても変わらないものがあると、そんな奇妙な共感とでもいうのでしょうか。

さぞや煙たかろう、信頼関係、忍び寄る魔と、久しぶりに馬とモンゴルさんの、毒舌や皮肉、愛の発露としめやかな情を、楽しませていただきました。

 ハブグレジュンタのマミーさんとの、やりとりも、面白く読ませていただきました。そう言えば、貴方との出会いは、ジュンタのマミーさんのブログでしたね。覚えていますか。

 赤いライトを点けたまま、停車している貨物列車や、群生するニラの花の原っぱなどなど、どれも私には懐かしい「モンゴル便り」でした。

 とりとめもなく、自由な貴方のブログなので、とりとめもないコメントを入れました。

 あ、もう一つ忘れていました。レストランの猫が、子猫を見せてくれた写真です。羨ましい限りです。
 
御腰の物を差し替えたのですか (馬とモンゴル)
2019-08-16 03:18:13
onecat01さん

こんばんは!

お久し振りです

画面操作やコメント欄の一新等でバタバタしていたら四半期が過ぎました

私は猫庭さんの記事は更新毎、拝読させていただいています

難しい課題ですからコメントのしようがないのが現実です

著書解説と貴方の考え方やコメントへの対応もこの頃は切れ味鋭くなったと感心しております

下手なコメントを一筆啓上などしようものなら一刀両断にされそうで拝読のみにしております

昔から名刀・妖刀を手に入れると試し切りがしたくなると言われていますからご注意ください

私は虚勢を張りますが腰の物は竹光ですので悪しからず!

この頃は容赦ない態度と威厳と道場主の構えというかオーラのようなものが出て頼もしく見えるのは私だけですかね

考えるにそれが正しい主としての威厳じゃないかと思います

陰ながら応援しております

以前質問しました三種類の突き話はスカート姫が現れて立ち消えになりました(突きは数寄ではありませぬか)硬い書物ばかり読まれているから私の数寄は邪道ですかね

宇宙は広いですから邪道と思われている所が正道と言うこともなきにあらずかもです

マミーさんの件ですが嫌な事はとうに記憶から飛んでいましたが無理やり記憶を呼び覚まされて戸惑っております

あの節はご勘弁をお許しください

貴兄も割りと遺伝子配列が欠落した隣国民族のように恨というか記憶力と正確にファイリング整理されているんですね

私も貴方の様に見習い竹光から名刀とまでは言わないが剛の物を探してまいりますか

実はモンゴルには名刀が泥棒ザハに沢山、売られているんです

ナラントール泥棒ザハというだけあり世界中のあらゆるものが闇市として繁盛しております

そこに我が日本帝国時代の名刀が沢山、売られています(ノモンハン戦争時の没収品ですか)

刀名には昭和天皇・板垣征四郎という刻印と製造番号が刻印されています(見た目は立派な日本刀です)

観賞していると柄や鞘は本物と見間違うほどです

時々、日本人らしき観光客が購入して行くといわれています

目利きが出来ると詐欺師たちは蜘蛛の子を散らすように退散します

隣国の脳足りん民族も困り者ですがモンゴル人も負けず劣らず過去にしがみつき人生を送っています

矢張り日本民族は性善説が正道とばかり突き進むのも現代社会ではガラパゴス扱いされます

究極の世界が実現するまでは心の奥底に八紘一宇を秘め現代世界では清濁併せ呑む気迫・根性がなければ日本民族は生き残れないかもしれません

いつ何時、現在の日本国のような平和な地球が誕生するか分かりません

その時に昔、荒々しかった日本民族が相手を敬うような仏のような心根を要求される時代が来たならば五常・七徳が地球を救うに役立つことでしょう
ただ、懐かしいのみ (0necat01)
2019-08-16 07:57:51
馬とモンゴルさん。

 快刀乱麻のモンゴル節を、堪能いたしました。

 私が朝鮮民族と違うのは、昔のことを覚えていても、いささかも恨がなく、ただ懐かしむ心のみ・・というところです。

 「友遠方より来る、また楽しからずや」です。これからもどうぞ、ご指導・ご鞭撻をよろしくお願いいたします。
校正がてら (馬とモンゴル)
2019-08-16 18:07:05
onecat01さん

こんいちは!

ご理解していますよ

貴方の心広い人間性を十分理解してのことです

我々が出来るささやかな日本国民としての矜持が良い方向へ向かえば幸いです

泥棒市場の日本刀の件で昭和天皇と刻印されているのは事実ではありません

夭皇と刻印されています(夭皇・板垣征四郎)

但しここでも偽物・日本刀です(中国製品です)

天皇という時ですが天じゃなく夭の字が刻印されています

私のPCでは昨夜(今朝方)漢字が表示できません
でしたので日本語読みで天皇としました

中国民族には天皇は殺しても殺したりない人物ですから天皇を夭皇と刻印し漢字で殺したかったのでしょう

それにしても日本民族はつまらぬアジア国家の手助けをしたものと反省しています

当時、アジアの植民地(自国民なのに)を白人社会どもの手下となり奴隷搾取・殺戮した同胞人が今も支配国家(宗主国)で白人と思い違いながら生きていることを私たちは認識し学ばなければならないことです

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

首都散策・夏季」カテゴリの最新記事