ヘボのアルバム (続編)

四季折々の戯言を・・・
そこから何が読めて来るか?

     『 キャラバン:不法難民!!! 』

2018-11-21 23:35:57 | 日記

               


この所中南米(ホンジュラス、グワテマラ、エルサルバドル等)から何1000kmと言う距離を歩いてアメリカに入ろうとしている不法難民の話題が毎日のように報道されている・・・
実に困った話でy等人間性の低い者にはどう判断したらいいか判らない!!! 賛否両論でアメリカ国内にあっても分断!、真っ二つに割れている!!!
有史以来こう言う民族大移動の話は自然の流れで貧困国から富める地域、国へと民族移動が行われて来た。
物の書物によればアメリカ・インディアン、南米アンデス人はアラスカを渡ってアジアから移動した人間らしい! こう言う人間共の大移動を考えると今回の騒動などチンマイモノだ!

トランプさんが大統領になり保守主義を踏襲!!!、南米諸国からの不法移民排斥を強く詠って来た!!! 
こう言う流れは今に始まった事ではなくかなり前からアメリカ国内では燻り続けていた・・・
元々、アメリカ合衆国は歴史的に隣接する国境諸州をメキシコから買ったという経緯が在り西部開拓史の頃から無理やり国境の街を分断して来たという経緯がある。これが今日で言うツイン都市でティファナに対するサンジェゴ、シューダーファーレスに対するエルパソと言えよう!!! 生い立ちは元々同じ町だったのだ!
アメリカ南部諸州を旅した人間なら国境の街でこうした不合理な光景を垣間見て来た御仁は多かろう?
y等もその一人で、幸運にもそう言うアンバランスな街攻勢を垣間見て来たのでこうしたキャラバンの話になると人一倍関心を示す!!!
現役時代、カルフオlルニヤ州のサンジェイゴティファナ(メキシコ側の隣町)、テキサス州のエルパソシューダーファーレス(メキシコ側の隣町)国境を越え両町を見る機会があった。 もう彼是30年も前の話である・・・
これだけ前であっても国境を超えるのは非常に厳格に取り締まられていた!!! 高い塀や柵が張り巡らされ銃を持って兵士が常時メキシコ側に睨みを利かしていた。
本社からの若干の支援援助という事があってシューダーファーレスには3~4回お邪魔した事があった。 
Oregon,Portlandからの支援と日本に帰ってからの支援と確か数年に亘って出向く機会があった。
Oregonからの支援の時はPortlandからYuta州Solt Lake ヘデルタで飛び、ウエスタンの乗り換え、El-Pasoに向かった。エルパソはテキサスの偏狭な街で如何にも南部諸州の手遅れになった街並みが続いていた。
アメリとはいってもEl-Pasoは貧弱な街で田舎町だった。 食事も儘ならない程の田舎町でPortlandとは落差を感じた。
誰が何処で企画立案したか知る由も無いがFlPasoに拠点を置き工場は賃金の超安いシューダ―フアァーレスに!!!!!! 日本円ドル対応ベースが@220円-ドルの時代だった。 この時、ElPasoとシューダーファーレスの賃金れいとが101と言う話だった。誰が考えても法を冒してでもメキシコ側からアメリカサイドに逃避しそこで生き続けたい!!!と言うのは人間に審理。
シューダーファーレスは寂れた町で日本の田舎町より色々な面で遅れていた。 此処でメガネレンズの工場を立ち上げたのだが順風満帆のスタートは切れていなかった。こんな事もあり確か4~5年してこのプロジェクトは閉鎖する羽目になる・・・・・

こんな一件に立ち会う事が出来アメリカとメキシコの国境の町:姉妹都市を知ることとなった。
聞いた話だがサンジェイゴとティファナはこの大型版だと言う・・・
それはそうだろう!!!
国境の町はその昔は同じ街並みで戦争、買収等々で強引に線引きされてきた経緯があるので無理もない。

日頃はこうした国境都市の紛争なのだが今回は更にインターナショナル版になり中南米諸国から迫害、暴力、強姦等々治安維持にも恵まれない人々が国を捨てメキシコを経由して安住の地アメリカへの大移動で7000~8000人規模にも成っていると言う・・・
当事者アメリカにすれば厄介な事象で出来れば避けて通りたい! 唯でさえ国境の町では検問が激しく施行されて来ている・・・
大統領令で取り締まるという政策が採られているが厄介な話になっている・・・
こう言う話は中近東諸国、アフリカ諸国では日常茶飯事で別に珍しい話でもないが、メキシコ経由で不法に入り込むと言う大移動はどう見ても頂けない!!!

幾らか齧り掛けの知識が災いしているがこの一件にはかなり関心を持って居て毎日のようにその経緯を直視している・・・
一体どういう形で収斂して行くのだろう?
  


コメント

     『 耳寄りな話? : “肺炎球菌“対応 』

2018-11-20 09:27:38 | 日記

               


松本山雅の健闘等もあり久し振りに実弟と電話した。 

実弟は町田に住んでいるので松本山雅の宿敵町田セルビアにも関心を示していた。 が、元々は信州の出なので松本山雅の優勝・自動昇格を懇願していた。
序に先の入院経過や今後の対応処置等のサゼスチョンを頂戴した。
小児内科が専門だが元来が勉強家で博学!!! 外科であれ、内科であれ何でも体の事に関しては熟知している・・・
経過報告は錚々の話で済んだが何より先行させなければならない忠告をくれた。
人間誰しも高齢化が進むと色々な病に陥る・・・この時思わぬ病気:肺炎の併発で命を落とす御仁が多いと言う・・・
よく新聞等で著名の方々が入院中に肺炎に掛かり亡くなったという新聞情報を眼にしていたので一寸関心を持った。
弟曰く、「兄貴、何はさておいても高齢者の半分は肺炎で死亡している。 直でなくても入院中に肺炎に掛かり伏兵:肺炎で死に至る事が多いから「肺炎球菌」の予防注射を直ぐやった方がイイ!!!!」と・・・・・・・
肺炎球菌の予防注射は自治体によってマチマチの対応を採っているようだがこの多くは多少に違いは在るモノの補助が出る!!! 申請して補助を受ければ町医でもい遣ってくれるので可能な限り早く実施する方がイイと・・・・・
予防注射は約8000~9000円近くするかなり高価な注射だが5年間の免疫が在ると言う・・・
そして、免疫が在る内は死亡率最高の肺炎に掛からないと言うから安心出来る。

早速お医者さんを訪ね申請書を貰って来た。
今日、松本市へ送り補助証明が得られると今週中には予防接種が出来る。。。
➴、➴、➴、  高齢者の方々、死亡率が高い併発病の最高峰“肺炎”に掛からない為にもこの予防接種を遣りましょう!!! 5年間も免疫が在るという点が有難い。

  病気に関心を持つようになりこの情報は有難かった!!!
コメント (3)

     『 J-2優勝、自動昇格!!! 』

2018-11-18 11:40:30 | 日記

               


昨日のJ-2 サッカー最終戦は実に冷や冷やドキドキ、そして、圧巻だった!!!
上位トップ3が引き分けと言う奇跡とも思える結果が待ち構えていて終了間際までどこが優勝するか皆目判らず心臓に悪い闘いとなりその分最終結果は感動的だった!!!  
こんな闘いはそうそう滅多にあるモノではない!!! 
アルウィンは20000人近い観客で膨れ上がり大満足!!! 多くのサポーターたちは感動の瞬間を見に来てくれたのである。

試合開始に先立った20000人のコレオ・セレモニーは圧巻だった!!! 山雅大旗も好きだが!!!!会場は緑一色に!!! そして、バックスタンドにはコレオ文字が!!!












このコレオは圧巻だった!!!


結果や如何に?












00で引き分け愕然としていた20000人近いサポーター、試合終了の笛が鳴る寸前大分が山形に同点とされ優勝が確定した!!! 
情報公開がオープンになりジャスト・イン・タイムが常識となったこの世の中、情報伝達は早い!!! ピッチ上の選手諸君、クラブ関係者は、皆、駆け寄り抱き合って喜びを爆発させていた!!! 
優勝、即、J-1昇格の瞬間だった!!! 







その後のセレモニーの数々、生きている内にこの眼前でシャーレを掲げる光景に初めて出会え眼には涙が迸り出て最高の喜びをエンジョイした!!!  


思い返せば松本山雅のサポーターになり14~5年になるだろうか?
倅にアルウィンに連れて行って貰いそれからの病み付き・・・ そして根強いコアーなサポーターに変化して行った・・・ プロ野球やゴルフからの転身でそこには大変革があった。
当時、松本山雅はまだJFL、信越リーグの時代で20000人収容出来ると言うアルウィンはサポーターも少なく精々2000~3000人がイイ所だった!
それから地元市民はコアーなサポーターへと変身して行く・・・
思い返せば現役時代部下だったAkiba君の助等借り松本山雅の大月社長にお会いしスポンサーを紹介する等の熱の入れようでクラブ資金力確保に少なからず貢献して来た・・・
JFL時代からJ-2へと昇格、そこそこの成績が治められるようになり僅かな時間の間に幸運にもJ-1の世界を経験した・・・ が、其処には隔たった壁が待ち受けていて1年でエレベーター!、降格の羽目に逢う!!!
一発ドッカンのサッカーは相変わらず健在で結果オーライのサッカーで好きになれなかった。 この流れは今でも生きていて昨日等はクドイ位この繰り返しで徳島の壁を割り切れなかった!!!
何時かは変身した松本山雅を見たいが、反さんの続投が続く限りこの流れは続くだろう? 
概して選手諸君の技量は下手糞でサッカーの基本であるトラップ、アンド、パスの基本が成っちゃァ~おらん!!! 何時も何時も相手にパスしているようにさえ思える下手糞サッカーだ!!!!!
それでも走り切る術が在るので優勝、J1昇格と言う幸運に恵まれた!!!  これだけは感心する!!!
思うに、優勝したその日から激動の日々が始まる!!!
J1の選手諸君は例外こそあるモノのトラップ、アンド、パスが、皆、上手故苦難の道を歩むことになる・・・この改革の為には選手補強は避けて通れない!!! 

さて昨日の内容だが、ハラハラドキドキの連続だった。
山雅の神田社長➴、イイ顔してライ!

そして、アンバサダー:鉄戸さん(鉄ちゃん)➴も声を掛けたらイイ顔して振り向いてくれた・・・


そして、回りの仲間達➴➴➴も!!! 皆さん素晴らしいサポーターさん達だ!!!こう言う方達と巡り合えるのが嬉しい!!!  



皆さん、イイ顔してライ!!!
飛行機まで恰好よくサヨナラして行った!!!

勝ち点差1の重みは異様なまでに強く一昨年の逆現象を強く強く思い出していた・・・ あの時は、勝ち点差1に泣き自動昇格をアッと言う間に清水に横取りされてしまった!!! この経験が今日生きた事は確かだろう?  

試合内容は松本がやや優勢の内に展開されて行った。 高崎の惜しいシュートや田中のバーを叩く強烈シュートもあったが結局ゴールには結びつかなかった。
徳島も同様決定的なシュートは見られず決死の防戦的戦いだった!!!
引き分けだとヤバイ!!! 下位チーム次第では優勝どころか自動昇格すら危うくなるのでどうしても勝ち点3を狙いたかった。
昨今、情報機関が超発達!、観戦しながらにしてライバル対戦の状況が把握出来る!!!
大分山形
町田東京
そして、横浜甲府
これ等の闘い如何ではドンデン返しも起こりかねないのでスマホ片手の観戦となる!!!!! 周りの多くはこんな光景を演じていた!!!
大分が先行得点した時は正直ヤバイ!!!と思った。
だが此方は得点出来ず時間はドンドン進む・・・・・

終了間際、眼を覆ったその瞬間、靖ちゃんが山形が得点し同点とっした!!!と、アナウンス!!! これで遣ったァ~~~と思った。
その数秒後、


が決まり勝利の女神は松本に転がり込んで来た!!!  


老い共に、昨今、涙腺が緩くなりこう言う感激の瞬間に出会うと止め処も無く涙脆くなってしまった!!! 寒さの鼻水と涙腺緩みで感動一入!!!
こう言う瞬間の後諸々のセレモニー!!!!! 
下手な文章より画像で・・・  未だ過って経験した事も無い感度の数々!!! 20000人近いサポーターは松本山雅から感動を貰った!
コメント

     『 最終戦!!! 』

2018-11-16 23:09:00 | 日記

               


早いモノでJリーグも最終戦を迎える!!!
J-1は一足早く川崎の優勝が決まった。 そして、長崎の降格も決まった!!!

J-2は明日、2時に一斉の笛が鳴り最終順位が決まる。
オラガ松も山雅は、目下、僅差!!!、勝ち点1の差で首位を維持しているが明日の勝負如何で優勝か?それとも2~4位かが決まる!!!
僅か勝ち点差3の中に大分、町田、横浜、そして松本が居て僅差の勝負を競っている。
これ等のチームの対戦相手がまた面白い!!!
松本が徳島
大分山形
町田東京
横浜甲府 と言う戦いだ!!!
正直の所何処がシャーレを掲げるか皆目見当が付かないが、一番近いのは松本に違いない!!! そして、得意とするホーム戦!!!
1週間前には全席売り切れで20000人満席の闘いとなる!!! yはもう彼是100試合の上観戦して来たがアルウィンが満席になった記憶はない!!!
無理も無い!!! 明日は眼の前でシャーレを掲げるシーンが見られる可能性がかなり高いからだ!!!

過って、J-1時代、アルウィンは常時18000~19000人近い観客を集めていたが昨今では平均14000人がゼイゼイと言った所!
この差がJ-1とJ-2の違いだろう? どうしてもJ-1に上がりたい!!!   

正直の所、今からワクワクしている!!!!!
素人考えだが、徳島。 隙を見せると其処には穴場が待っている!!! そして、プレッシャーに弱い松本山雅!!! 2年前の最終戦を思い出してしまう!!! 町田に負け自動昇格の座がスルリと清水に行ってしまった!!! そして、PO線!!! ホームでロスタイムに逆転負けを喫しJ-1の座が吹っ飛んでしまった!!!
多分、多くのサポーターはこの悪夢を忘れている事はないだろう!!!
この路線から脱却する為に前線の高崎、大然、そしてセルジがプレッシャーを掛け続けられれば勝利の女神は松本に微笑むだろう。 そして、そこには後半早めの選手交代が必至だ!!!
此処に落とし穴があり、反さんの選手交代が超鈍いのでこの交代を誤れば勝負の行方は判らなくなる!!!
毎度の事なのでサポーターの方がよく存じ上げている!!!
サポーターの多くはこの点を一番心配している!!!

とは言うものの、y等等は判って居てもどうする事も出来ず毎回のように指を咥え地団駄を踏んで来た!!!
果たして、反さんにこの点が判って貰えるか? 

今日は勝利を祈って紅白饅頭を買って来た!!! 昨年はこれを喰ったが負けてしまった!!!  
ゲンを担ぐのみだ!!!  
コメント (3)

     『 難しい蟲さん撮影!!! 』

2018-11-15 23:50:18 | 日記

               


蟲さん撮影は実に根気がいる!!!!! 
一口に根気とは言うが生易しいものではない!!! 本当に気に入った画像は1日中撮影しても数える程でほんの数枚しかない! 
先の百ちゃんですらそう言っていた!!!

第一、蟲さんに出会う事から始めなければならない!!!
昆虫写真家さんはフィールドを知る!!!!と言う。 モデルさんが居ない事には事が成り立たないからだ!
老い耄れ爺のように1年中山歩きをしている人間でも数居る蟲さんの生息位置を知っている所はほんの数える程だ!!! 昆虫写真家さん達はフィールドを探す事から始めている!!!!!
更に厄介な事にフィールドを知っても蟲さんに出会えるチャンスは雲を掴むような確立だ!!! 1日中探して見つかればラッキー!!!
その蟲さんのポーズに、又、悩む!!! グット・ポーズに出会えるのは極々稀で奇遇としか言いようがない!!!

yは、今、ヘボちゃんの交尾撮影を試みているがこんなチャンスに恵まれた蜂狂さんは錚々居るもんじゃァ~ない!!!と思っている。
今にして思い出せば、ヘボちゃんの交尾撮影を思い付いたのは串原詣出?、そうそう、冬場、3~4人で三宅名人を訪ねた時から始まる!!! もう30年も間の話である!!!
この時、名刺代わりに三宅名人は交尾写真入りのテレホンカードをプレゼントしてくれた!
こんな素晴らしい画像未だ見た事っもなく気分に浸った!
そして、決意した!!!
何時の時点になるか判らないがyもこうした画像が採れるような人間になろう!と・・・・・

これが焼けボックリに火を点けた一番の要因だった!!!! 

それからの努力は機材の購入、そのマスター、そして、こうしたフィールド作りを確立させること等々並大抵の努力では存在しえない過酷のモノだった。

今でこそヤァ~ヤァ~~~と言う程度の内容になって居るがそこには30年近くの汗と涙の日々が続いた・・・
こんな努力が在って今日のフィールド完成が成り立ち気楽な商売?になりつつある・・・

実は、気楽な商売と入ってもガラ温室に入っても草々簡単にオツルミさんを捕まえる事も儘ならず結構苦戦している!!!
今年は、猛暑の夏場で多くの飼い蜂を失った!!! これが困難にしている第一の原因!!!
これまでガラ温室には超優良巣を5巣近く入れ込んでいたので交尾体を捕まえるのは意とも簡単で何ら苦戦をしなかった!!! 晩秋、15000~20000匹近い交尾蜂捕獲をして来たからだ! モデルさんにも苦労はなかった!!!
が、今年はそうも行かなかった。
今年の失敗を配慮し、来年の策はもう出来上がっている。
yがモデルさんになって百ちゃんが年間通して撮影者になってくれると言う・・・ 2人の合作でとんでもない秘策を考えている!!! 
そこには「軍」:シダクロの他にyの大好きな山岳地帯の貴婦人:「キイジス」:キオビも加わり一大事業を!!!!!
4Kムービーも考えたい!!!
果たして?

野望は果てしなく続くが一寸した野望ををこの世の中に残したい!!と思っている。 

この所松の木の手入れ作業はソッチ除けで撮影作業を1~2時間しているがマスが少ないので中々苦戦している。
ヘボちゃんの生態を勉強しながらの作業!!!、時間帯や日日との相関も考え色々と勉強している!!!!!これだけでもかなりの財産になった!
今日もお気に入りが何枚か撮れた!!!



これ等は「ヘボちゃん写真集:(続編)」に盛り込みたい!!! 昆虫写真家顔負けの画像を狙っている!!! 
今一番欲しいモノは解像度の超高いマクロレンズだ!!!!! Olympusのマクロレンズでは物足りず、矢張りPROレンズが欲しい!!!
購入隅の物故レンズを使っての撮影も考えられるが、未だ、腕前が未熟で海のモノとも山のモノとも見え出せなんで居るだ!
これ等をマスターするには時間が欲しい!!! 結構厄介な難題である!!!
バシ~~~ッと決まったマクロ画像は美しい!!! これ等に「蟲の眼レンズ」も加えたい!!!

コメント