ヘボのアルバム (続編)

四季折々の戯言を・・・
そこから何が読めて来るか?

     『 夏の蟲“ヘボ”ちゃん!!! 』

2013-11-30 23:23:43 | 日記

             


昨日は終日真冬並みの寒さだった!
そして、今日は、馬鹿暖かく最近にない小春日和!!! こんな日が続いてくれると有難い。

昨日は、寒波が入り込んで居るという事で、北アルプス降ろしの強い風が吹き捲り、日中でも4~5℃!!!
脚立の上での仕事は危険を伴った。
オマケニ馬鹿寒い!!! 手袋を嵌めていても凍える程だった。
薄日は射していたが、お天道様の御利益は無かった。
3時過ぎ、早々に切り上げ、巨木化した「石榴」の剪定と枝のカタズケを!!!
御存知のように「石榴」には棘があるので、扱いも厄介!!!
バサバサ切って束ねると何と6束にもなった。
近い内に焼却集配の出さねばならない。
鼻水を垂らしながらの作業!!!、ガタガタ震えながらだった。

今日は、一転して、穏やかな小春日和となった。
こういう日の「ヘボ」ちゃん交尾、バタバタになるから感心する!
この所サテアンの轟音、一頃よりなりを潜めていたが、今日は違った!!!
そして、最後のビックショーを思わせる交尾合戦が見られた!!!
最後の小春日和をエンジョイするかのようにバタバタ見られたから駆け込み交尾合戦と考えるべきだろう・・・
ツクズク“ヘボ”ちゃんは夏の蟲だと思った!!!!!

家の中では洗濯物に付いて来るのか?それとも、サテアンに出入りしている老い耄れ爺の体に付いて来るのか?夜になってヘボちゃんが蛍光灯の明かりの周りでブンブンしていた。
寒波が押し寄せているので、強い暖房を焚く。
この暖かさに誘われて舞い出すからオカシイ!!!でも、暖房が弱くなると途端に元気がなくなる!
家の中に入り込んでいるヘボちゃんは、雄が多い!!!
何となくオカシイやら蜂屋さんの家だナ!と、ニヤニヤしながら眺めている。

午後からTVに齧り付き、J-1の戦いを見ていた・・・
横浜マリノスが負け優勝は最終戦、来週の戦いに持ち越された。
横浜マリノス、広島、鹿島の何れかに決まる!!!
来週も見逃せない!
そして、明日は、J-2のプレーオフ戦がある!!!
残念ながらオラがチーム「松本山雅」は、タッチの差で進出ならずだったが、悔やまれてならない!!!
そして、もうストーブリーグ戦が始まり出した!!!
補強には眼を配って拝見して行きたい・・・ どんな補強がされるだろう・・・
コメント

     『 ウウ~~~ン!!! 』

2013-11-28 21:11:47 | 日記

             


昨夜は、遅くになって雨になった!
何となく外が賑やか!!! 雨脚の音だった・・・
その所為か、気温は比較的高く、過ごし易かった。

ヘボちゃんに遅い朝ご飯を与える。
最近は、専ら砂糖水だが、この消費量もガクンと減って来た・・・ 終焉間際なのだろう?
それでも1.5リッター近くは空にしているから中々のモノだ。

朝からBS-3で「チベットの湖」と言うアーカイブスを見ていた。
こういう番組には眼が無いので、チャンスがあれば見る事にしている。 
標高5000m地点に展開する湖の畔で羊の牧畜を自由自足し、暮らしているという今日の日本では到底考えられないような生き様を描いていた・・・

略、2時間近い番組。
こんな横道に嵌り込んだので11時近くまで掛ってしまった。
寒びーと思っていたが、外は意外に暖かく、作業も順調に出来そう?と・・・ しかし、強い風が吹き捲り、体感温度は寧ろ寒く感じた。
サテアンを覗くと、今冬最後の交尾日和とばかりに、想像以上の爆音!!!、かなりの番(つがい)が天井の彼方此方に見えた!!! 耐え切れずに地面に落ちている御仁も居る・・・
何時もの光景だ。
イイぞ!イイぞ!!!と、喝を入れる!!!  



カレンダーを見れば、もう霜月も終わる!!!
これ程遅くまで交尾状態が続いている年も珍しい! コロニーが大きかった上に、サテアンへの移転が殊の外順調だった事が判る!
未だ、交尾女王蜂を1匹も捕まえていないが、さぞかし多いだろうと推察する・・・
今日の状態を見て、1週間~10日近くは継続するだろう?と、読んだ。
松の手入れを終えてからゆっくり捕獲作業に入りたいと思っている。

それにしても、師走間近になっての個の蜂数には驚かされた!!!
そして、番がボロボロ!!!
心なしか?女王蜂の軆が幾分小さいようにも思えた・・・ 末期の女王蜂は餌の量の関係で小振りになる・・・ それでも、完璧に、皆、孵るから恐れ入る!!!
どういう仕組みなっているのだろう?
しかし、自然界、山の自生巣は、寒波との兼ね合いでそうもいかない!
今年はどうなったんだろう?
山に飼育場には、其の儘の巣が3巣もあり、また、自然巣の超超巨大モノが、2巣其の儘にしてある。
12月になったら観察に出掛けたいと思っている。
多分、こちらは、先日の寒波で終焉を迎えてしまっと思われる・・・ 飼育箱が、外界、寒波に曝されているからである。。。
コメント

     『 集客の難しさ。。。 』

2013-11-27 21:31:16 | 日記

             


今日の信州は寒ぶかった!
朝から北アルプス降ろしの強い風が吹き捲り外に出たモノの長時間と居られる状況ではなかった。
先日DS(ドリームシード)さんから購入したポット苗を、昨晩、解したものがあったので、この時間帯に植え替えをした。
流石DSさん!!! 栽培術が長けていて、球根は、皆、大きかった。 そして、数もカナリ!!!!! 
フト思ったのは、これから手に入るものならポット苗を購入した方が花も早く見られ、リスクも小さく、マッチベターだ!と、思った!!!
バラバラにすると増球したものがバラケルので、早めの植え替えを試みたのだ。
僅か30分足らずの時間だったが、手は寒さで凍え、体はジンジンと冷え込む・・・
サテアンの中でしたかったが、ブンブン丸のサテアンは、少々、危険を伴う。 で、遠慮したのだ。

時計を見ると11時。
こんな時間帯でも凍える程だから松の手入れなど考えただけでゾ~~~ッとする!
時間は早かったが早昼とした。
そして、12時から脚立に立つ。
今日は一番危険を伴う遣り難い場所に!!!
脚立をいっぱいに広げたり、ロープを使っての倒れ防止をしての作業だった。
真剣勝負!!!、集中してやったので思ったより能率が上がり、難局を乗り越えられた!
この作業は明日、明後日と続く!!!
霜月の内に作業を終えられればいいのだが?

サテアンは、完全に戸を締め切ったので暖かく、最後の交尾が進行していた。。。 
多分、12月まで続くだろう・・・

さて、
昨日の日本経済新聞、長野版に大きな見出しでこんな記事が出ていた。
「AC長野、集客停滞 重く!!!」と・・・


「AC長野」と言えば、知る人ぞ知る!!! 長野パルセーロの事で、今年、、JFL で完璧優勝!!! そして天皇杯で大暴れ!!! 名古屋グンパス、北九州等を破り4回戦でJ-1トップを行く横浜マリノスと、堂々、戦い、延長戦の末惜しくも破れた強豪である! 
横浜との戦い、完璧に四つに組んでいて、どちらが勝ってもオカシクない程の戦いだった。
ジャーナリスト金子さんがベタ褒めのチームで、実に、いいサッカーをする。
薩川監督から、今年、美濃部監督に代わり更なる磨きが掛っている・・・

同じ長野県のチームなので、多少の関心はある!し、また、応援もしている。
過って、JFL時代同じリーグに所属していて、信州ダービーなどと言い、松本、長野で熱戦を繰り広げていた。
力的には、長野の方が上だっただろう!!!
しかし、諸般の準備体制が悪く、J-2に上がったのは、松本の方だった。
当時、薩川監督は、これが悔しかったのだろう? 折に触れ、家等の方が上位なんだ!!!と、悔し紛れに言い放って居たのが印象的だった。

JFLでは、常に上位に君臨する長野パルセーロ、どういう訳か?観客動員数が思わしくない!!!
今年の力も大したモノで、堂々の優勝!!!
群を抜いた力を持っている。
しかし、観客動員数は、毎年、3000人に満たない!!!
J-2への条件に観客動員数、経営状況、スタジアムのきゃしてぃー等が挙げられるが、この数ではかなり厳しい!!!
今年の平均入場者数は、2339人だったという・・・
松本山雅の11041人に比べると「月と鼈」の開きがある!!!
最も、松本山雅は、J-1クラスのガンバ大阪、ビッセル神戸に次ぐ動員数で、引けを取らない動員力を持っている。
同じ長野県でいて、何故?これ程の開きが出るのだろう?
日経を読んでいて気の毒になって来た・・・

多分のこの観客:サポーター数では、経営も儘ならないだろう?
抜本的な策を講じなければ先が思いやられる!

スタジアムは遅まきながら再来年4月までに71億円掛け15000人収容の新球場を建てるという・・・
東京オリンピックと重なり、また、東北大震災とも重なり、建設費が高騰!!! これも足を引っ張る!

色々な事が頭を過り出し、サッカー経営の難しさが沸々と湧いて来た・・・

オラがチーム、松本山雅もJ-1を狙うとなると、今の儘の予算では、多分、無理だろう!!!
20億円は確保したい。
観客動員数、常時、15000~20000人の確保と、スポンサーの更なる拡大、ユースからの若手の育成等々悩みは尽きない!
今年の予算が9億円そこそこだというからハードルは高い!
思うにJ-1を狙うには、20億円予算は必須条件となるだろう!!!
この位ないとイイ選手も集められない!
因みに、J-1 No1の浦和レッズが、35~6億円と言うから厳しいモノがある。横浜マリノスは優勝圏No1に位置するが、経営状況は赤字!!! 苦しいらしい!!!
そう言えば、福岡は、経営問題でクラブ内は大荒れと言う記事を読んだ!
このような話はザラザラで、この世界、見た目より厄介な世界だ!!!
そこえいくと、プロ野球の世界は、恵まれているように思える・・・ 日本は、矢張り、野球中心の国なんだろう?

こんな記事を読んでいて、
老い耄れ爺、来年は、年間パスのグレードアップで松本山雅に貢献したいと決め込んだ!!!  
後、何年行けるか判らない? 歳になった!!! 何時も婆とそんな話をしている・・・ イイ所、ここ1~2年だろう・・・ 
段々、スタジアム通いもシンドクなって来た!!! 特に、夏場の日照り、雨の日、それに寒い時期の時間待ちは堪える!!!


コメント

     『 勝利するも・・・惜しい!!!悔しい!!!』

2013-11-25 10:38:18 | 日記

             


昨日のJ-2最終戦は、各地で盛り上がった!!!
それもその筈、5チームがプレーオフに挑むという展開だった。

オラがホームでは、アルウィン開設以来2番目に多い観客16885人という大観客でスタンドは埋め尽くされた!!!
これは、先のガンバ大阪戦に次ぐ観客で、300~400人足らずの愛媛サポーターがガンバ大阪戦並みに入っていれば、18000人を超えていただろう・・・


空いて居る席は、敵陣・愛媛サポーター席だけだった!!!
あの高価なSS席が、早々、売り切れになったというから推して知るべし…

最終戦は、総ての戦いが12:30同時開催と言う恒例に倣ってのルールで展開された。
後半戦に入ってからの松本山雅は、岩上、阿部と言う選手補強が功を奏し、一回りも二回りもスケールが大きくなったチームに変身!、抜群に強くなった!!! 
幾つかの取り溢しはあったものの、この所、勝ちを信じているサポーターが多くなっていた・・・
そして、最終戦に勝てれば相手次第でJ-1昇格戦:プレーオフ戦に残れる望みがあった。 それが故にこれ程のサポーターが詰めかけたのだろう!!!

アルウィンは、満々席のサポーターの応援に支えられて、山雅ペースで展開された・・・
惜しい場面が幾つもあったが決定打に欠ける! 何時もの悪い癖? これが実力かも知れない!!!
しかし、前半、いい時間帯に何時ものように船山が、ペナルティーエリヤに切り込んで入って行った。 そして、ゴール脇で倒されPKを貰う!!!
これをキッチリ決め、山雅アルウィンでの記念すべき100点目となる!!! 
誰が取るか興味津々だったが、矢張り、エースストライカー船山が決めてくれ試合を有利に進める。

コレに目覚めた愛媛は、後半に入り攻勢を掛ける。
何度か危ない場面もあったが、防ぎ切り、窮地を脱する。 猛攻を加えた場面も何度かあったが、相手も、また、必死!攻防合間見れない好試合!!!
最終戦に相応しい戦いだった。

結局、10で宿敵愛媛を下し勝利を齎した。   

この時点になると、スタンド内では、スマホや携帯電話を引っ張り出し他戦の状況把握雅は今る・・・
となりに兄の顔色で状況が判る・・・
一瞬活けた!!!と、思った。
札幌が引き分け!!!
千葉が鳥取に12で負けているというのだ!!! 既に、ロスタイムに入っていて、千葉には悪いが、ニヤニヤ!!!!!!
そして、次の瞬間ロスタイム1分前に同点に漕ぎ着けたというのだ!!! 
  

この瞬間、総ては終わった!!!

勝ち点は、千葉、長崎、松本66点で並ぶものの、得失点差で7位と決まった! 

場内には溜息が洩れていた。
しかし、次の瞬間、選手諸君への労いの言葉、拍手、数々のチャットに変わり、来年以降J-1昇格えの誓いに変わり最終セレモニーへと移って行った・・・

それにしても冷や冷やドキドキさせた最終戦だった。  
勝利したものの、何となく惜しいチャンスを逸した瞬間、勝ち点1の重みを痛感した最終戦だった!!! 老い耄れにして見れば、先日の山形戦、ロスタイム1分ソコソコでのハンドペナルティーPK贈呈が総てだったと・・・

後の祭りだった!!! 
昔の人達はウマイ事を云っていたものだ! 「一事が万事!!!」
この悔しさをバネにして来年以降頑張って欲しい・・・ それにしても、あのヘボチーム!、ここまでよく戦って来た!!!!!! 拍手を送りたい!
コメント (2)

     『 サッカー・ディー・・・ 』

2013-11-23 22:15:01 | 日記

             


JリーグもJ-1、J-2共に終盤を迎え首位争い、プレーオフ争いで予断を許さない!!!
朝から穏やかな日だったが、今日、明日は、サッカー・ディーと決めていた・・・ まだまだ、庭仕事が仰山残っていてサッカー・ディー所ではない筈だが優勝争い、プレー・オフ争いともなると庭仕事どころではない! 仕事を遣っていても気になって落ち着かない!!!

今日は、2時から横浜マリノスジュビロ磐田、5時からバンフォーレ甲府大分トリニータ、7時から名古屋グランパス柏レイソルと立て続けにTV観戦した。 
夫々に訳があるが先程までTVに釘付け!!!
J-1は、優勝争いが面白くなって来た。
J-1では、横浜や甲府が好きで良く見ているが、共にイイ戦いだった。
今日で、J-1の優勝は横浜が有力に!!!
優勝争い有力視されていた浦和や広島、大阪等が取り溢し、差を広げられた! が、まだまだ、予断を許されない!!!

明日は、オラがチーム:松本山雅が愛媛と地元アルウィンで最終戦を行う。
松本がプレーオフに残るためには、勝ち点3は絶対条件で、やや上位に居る徳島、千葉、札幌等の勝敗如何で決まる他力本願の最終戦!
サッカーは何が起こるか判らない面が多々あるので、最後まで判らない!!!
明朝は、9時半に家を出る予定・・・
最後の応援となるからこれもイイだろう・・・ 
結果や如何に?


今日は、余裕時間があったので「蟲の眼レンズ」のテスト撮影をして見た。
目的は、より鮮明な「蟲の眼画像」を撮影するにはどのカメラ、レンズがイイだろう?と・・・
対象カメラは、 Pentax 5KⅡs、Sigma DP-3 Merrill に魚露目魚眼レンズを付けての撮影だった。
共に解像度抜群の画質に目を付けての試み・・・
結論を出すのには時間が掛るが、思うように撮影条件を引き出せなんでいる・・・
自然光、ストロボ、撮影条件の設定等々色々絡み合うので、僅かな時間でチョイチョイと言う訳にはいかない。
これまで色々と試して来たが、魚露目レンズとの相性!、Pentaxの右に出るカメラは今の所見当たらない!!!
こんな事もあって老い耄れ爺は、CanonからCanon & Pentax党に切り替えた!!!
Olympusも興味深いが、レンズの事を考えると3本起てという訳にはいかない!!!

先日、Sonyがミラーレス・カメラでフルサイズを出した!と言う記事を見たが、興味を曳いた!!!
撮像素子も大きく、画質抜群と言う!
こうなると限がない!!!  

カメラマンならいざ知らず、遊び半分の老い耄れ爺、何処かで一線を曳いておかないと・・・

Pentax 5KⅡs の「蟲の眼」化を始めて試みたが、イイ線を出していた!!!
冬場になったら重点的に条件出しをして見たいと思っている・・・ 
コメント