ヘボのアルバム (続編)

四季折々の戯言を・・・
そこから何が読めて来るか?

     『 年末だなァ~~~! 』

2015-12-30 17:18:14 | 日記

             


今年も余す所後1日となってしまった! 
今年は色々な事が沢山あったなァ~~~!!!
一番冷やりとした事は婆の入院だった!
最初連れ込んだ病院のCT検査でくも幕下出血破裂を宣言され、即入院手術、そして生死を徘徊する境地が何日も続いた時は流石の老い耄れ爺も落ち込んだ日が続いた!!!
九死に一生を得た今日夢のような気がする!!!
執刀先生、そして多くのリハビリ先生方に感謝の気持ちで一杯!!!
この一件を契機に残された人生幾ばくも無い事を改めて実感し、矢鱈と時間を気にし、そして惜しまれる時間を大事にするようになった。
依って1日の時間の使い方が今までより大事にするようになった! と言うより、遣り残し、積み残しを考えるようになった。
80歳を迎える来年、後何年生きられるか?カウントダウンの時期を迎え色々と遣り残しを考え出した!!!

年末になってからの陶芸:植木鉢造りは集中した!!!
これは今年買い込んだイワチドリの高級品苗からの宝物産出を期待しての下準備で生涯事業の一つと考え、花に相応しい土台を用意したい!!!と言う下心が有っての事。。。。
ブリーダーであるDSさんに対し恥を掛けないという強い信念からの考えだ!
1日8個の製作はかなりキツク相当な集中力を伴った!
数え上げたら丁度98個捻り上げ、内焼き上がりが70個近かった!!!

年々腕が上がっているようで、1日8個のノルマが順調にこなせるようになった。
萩焼、黒泥焼、そして南蛮焼何れもかなりの焼映えで供出の先生方に感謝の念が絶えない!!! 

年々色々な土を教えて貰い、挑戦しているが夫々の色合いがあって面白い!!! 焼き物の奥の深さを痛感した!!!
再会する来春には更に50~60個を加算し花時までに160個を目標にしている・・・
新花の苗に相応しい鉢造りが冬場の一大イベントとなりつつある・・・

今日は、この作品を紹介して今年の締めとしたい!!!
今年1年お付き合い頂き有難う御座いました!!! 来る年もいい年になりますように念願して・・・
よいお年をお迎え下さい・・・ 
コメント

     『 風花・・・ 』

2015-12-29 23:05:31 | 日記

             


奥飛騨へ行って来た。 

今年の冬は変!!! 朝起きると雪が舞っていた!!!
雪降りかな?と・・・ 果てしなく降る続いていた!!!
今日は前々から計画していた奥飛騨の野天風呂で1年間の垢を落とすべく体を労わる日と決めていた。
この1年、大分、体を扱き使って来たので休養を与えるべく計画していたのである。 と言うより、10月婆を連れて行きその時購入した「ヒマラヤの塩」「飛騨のサルボボ」が気に入り、また、これ等が大活躍して居たからだ!!!
「ヒマラヤの黒い岩塩」は三度三度の食事になくてはならない調味料として君臨している!!!  この塩味と硫黄の香りは何とも言えない!  
お気に入りでよく使うので残り少なくなって来た!!!  依ってこの補給を!!!
「飛騨のサルボボ」山雅色の緑は、購入当時、購入の甲斐あって勝利、勝ち点確保にかなり貢献した!!! 依って幻を担いで同サイズのモノを追加しよう!と決め込んでいた・・・
野天風呂はオマケのようなものと言っていいかも知れない?
吹雪の日の野天風呂は大好きで寧ろ荒れた天気を何時も狙って来た・・・
雪降り・・・、願ったり適ったり!!!  
タイヤは既に履き変えてあるので何ら問題はない!!!
9時半過ぎ家を出る・・・
雪降りはこの平らだけで158号線島島谷に入ると雪は一滴も無くカラカラ天気でやや期待外れ・・・
沢渡に入る辺りから幾分雪らしきものが見え出した!
そして、上高地の入り口、安房トンネル辺りから雪景色が見られた!!! 例年の景色と様変わりしているので今年は異常気象なのだろう・・・
ひらゆの森の大きな氷柱も殆ど見られない!!!



しかし、寒波が入っていて野天風呂は微温湯だった!!! 吹き出し泉を選んで体を沈めていた!!!
天気はイイようだが何処からともなく雪が舞い落ちて来る!!! こういう光景を「風花」と言う・・・
雪降りもイイが風花が舞う光景も奥飛騨には欠かせられない風物詩の一齣と言えよう!!!

敢えて年末のこの日を選んで出掛けたのだが意外と客は多く一寸ガッカリした!!!
暮の雪が舞う悪天候の日に奥飛騨で一人静かに瞑想に耽る野天風呂なんて・・・・・、昔からの願望で一年の出来事を思い浮かべるのに絶好だ!!! 
何時もそう言う時間を作りたくて・・・
昼時から急に客が増え出した!
一杯やりながら昼時を休んでいたが嫌に休憩場が騒がしいのでオカシイなァ~・・・
施設場さんには申し訳ないが芋を洗うような場所はどちらかと言うと好みではない!!!
それでも折角の奥飛騨行きだったので野天風呂に再度入り時間潰しをした!!!
目的の「ヒマラヤの岩塩」と「飛騨のサルボボ」は早々に入手出来た!
「ヒマラヤの岩塩」:岩石の塊も入手した!!! オモロイ事に小さな摺り鉦まで付いていてこれで摺り下ろして使うらしい? 
「サルボボ」は、赤と黒の最大級を購入した!!! これには今年の家内安全の役落としの願望も兼ねての願いが込められている!!!!! 

4時を過ぎる辺りから急に冷え込んで来た!!!
矢張り奥飛騨は松本平とは比較にならない程の極寒秘境の地で自然の神秘を感じた!!! 
まだまだ、雪は少ないがこれから1m、2mを超える積雪を迎える極寒秘境の地へと変貌する!!!
新年になり大雪の日を狙ってまた奥飛騨行きを考えたい!!! 

雪が舞う風花にオサラバしてひらゆの森を後にした・・・
 
コメント

     『 ナンジャイこりゃァ~~~! 』

2015-12-25 00:15:55 | 日記

             



気にしていた年賀状が出来上がった!!! 
趣味の「ヘボ」ちゃんと「イワチドリ」の2部作だ!!! 来年からは「陶芸」も加えようかと思っている・・・
明日には印刷、そして宛名書き!!! 宛名書きだけは、毎年、手作業でしている!!!
2日もあれば出来るだろう・・・ 

毎日「イワチドリ」の植え替え作業をしている!!!
今年は暖かな日が多いので助かるがそうはいっても12月、日が落ちると急激に冷え込んで来る!
作業をしていると色々な事件に出っ化す!
植え土用土の中に変梃りんな卵塊を発見!!!  
ナンジャイこりゃァ~~~!!! 


宝石のように実に美しい!!!
今日で3個目の発見である!

犯人は大方見当が付いている!!!
それにしても新たなる発見で実際に産卵している所を画像に収めたいものである・・・ 
此処に自然界の神秘を覚える!!! 
コメント

     『 ボトリ!!! 』

2015-12-22 22:21:57 | 日記

             


毎日サテアンに入り「イワチドリ」の植替え作業をしている・・・  
12月も下旬に入り朝夕はメッキリ冷え込んで来てガラ温サテアンと雖も寒い!
10時半過ぎサテアンに入る。そして、植え替え作業が始まる・・・
丁度この時刻頃を期してサテアン内のヘボちゃん達が騒ぎ出す!!!
今年はどういう訳か?内陸信州でも寒波が来たとはいえヘボちゃん残等兵が未だ生き残っていて氷点下の日が続いていても気温が上がり出すと残党編達が騒ぎ出す!
実は、今年、超忙しく、未だ交尾蜂の捕獲が行われていない!
クシャクシャ新聞紙:トラップの中に女王蜂がワンサカ居る!!!
コイツ等も含め、未だ交尾が行われていない女王蜂と生き残り雄蜂達が騒いでいるのだろう?

器のは、ついついウッカリして眠気眼の女王蜂に右手親指の根元を刺されてしまった!!!
植替え容器を掴んだ瞬間チクリと痛いので掌を見ると親指の根元に女王蜂の針が刺さったまま吊る下がっていた・・・  
こういう事は屡ある!!! ウッカリヘボちゃんを掴んでしまうのだ!!!

そして、数分すると眼の前にオツルミさんがポトリと落ちて来た!!!  

こんな寒さになってもお盛ん!!!!!   冬至だぜ~~~!!!!!

幾ら暖冬とは言え、こんなに遅くまで交尾が行われてていた記憶はない!!!  
こう蜂絶対量が多かったのと、矢張り暖冬が利いているのだろうか?
新記録を呈した!!!
12月下旬だぜ~~~!
今日も日中交尾蜂達が騒ぎ出したので、また、刺されちゃァ~やだ!と、寒かったが外で植え替え作業をした・・・
時々、頭や顔に女王蜂が舞い降りて来るので何となく嫌な予感がする!
日中3~4時間の間だけだ!
2時を過ぎると急に静かになる! 気温と深い相関関係にある!!!

それにしてもこの時期の交尾にはいささか驚いた!  
コメント

     『 高精度時計の思い出・・・ ④ 』

2015-12-20 09:42:36 | 日記

            


それは新聞だったか雑誌だったか忘れてしまったが、面白い記事を見た・・・
世界の時計生産数の大半は、今日、電子時計:クォーツらしい。 しかし、売り上げという観点から見ると完全に逆転していて売り上げの半分はメカ時計が占めているという・・・ 
極めて驚くべき現象でそこには電池に対する不満が内在しているのでは?と見た・・・
クォーツの場合、、1年足らずで電池交換を余儀なくされる!!!
これが容易に交換出来ない場所や時間帯等だった場合、致命傷になる場合さえあるのでは?と・・・精度云々の問題ではない!!!
そこえ行くとメカ時計、精度はそこそこであるとも止まる事はまずない!!! 

最近、TV等に出て来る著名人を見ているとその大多数が超豪華メカ時計を嵌めている!!!
一種のブームが起きている!!! 
その多くはクロノグラフが多い!!! しかも、黒文字板!!!  
決まってこのパターンだ!!!
こういう現象は何処から来ているのだろうか?
yもクロノグラフを持っているが、これは山行きさん用で、言わずと知れた「スガレ追ひ」用の時計だ!
もう何年も嵌めているのでリューズ等が汗で腐食しているが、まだまだ、健在で使っている。
今年、電池が切れ時計店行きとなりそのままほおって置いたが先日電池交換され手元に帰って来た。
人夫々で世の中の変遷が激しく移り変わっている事が伺える。

それにしても今日のメカ時計復活振りには驚かされる・・・・・ 
思うに、SEIKOが開発した「スプリングドライブ」が適正価格で売られるようになればこの業界、また、大変動が起きるのでは?と・・・
そこには大きな市場が開けているだろう!!!!!
      
コメント (2)