名古屋・名駅街暮らし

足の向くまま気の向くままに、季節の移ろいや暮らしのあれこれを綴ります。

精霊送り

2016年08月15日 | 暮らし

お盆休み中をわが家で過ごしていた長女一家が帰っていき、二人だけの生活に戻った。


夕方には次女一家が来て、一緒に送り火を焚いて、ご先祖をお送りした。


盆飾りやお供えを真菰にくるみ、町内のお寺へ届けた。


お供えも食事も年々簡素になり、自分流に変わっていく。
今は川や海に流すことができないので、町内のお寺に精霊送りをお願いしている。

お盆が過ぎると日暮れの早さや、朝夕の空気に秋の気配を少しばかり感じるようになる。
ご先祖や孫たちもそれぞれの家に帰り、いつもながらの寂寥感を覚える盆明けのであった。
コメント (4)