中部ヤマハOB会ブログ

東海・北陸地区在住のヤマハ(株)OB・OGの会です。
旅行やサークル活動を通して、親交を深めています。

平成28年度第1回「芸術鑑賞サークル」実施報告

2016年07月26日 16時16分55秒 | 芸術鑑賞
  本年度の第1回「芸術鑑賞サークル」が平成28年7月24日に実施されました。
  「愛知県芸術劇場コンサートホールで「ヤマハ・ハイライト・コンサートin
NAGOYA 2016」を鑑賞しました。ヤマハ音楽振興会主催のJOC,
JEC(ジュニアエレクトーンコンクール)、YFC(ヤマハエレクトーン
  コンクール)などの音楽活動の優秀者のスペシャルコンサートとして全国
  7エリアでで開催されています。中部地区4県の若き音楽家12組が出演
  しました。OB会員が12名が出席して、久しぶりにヤマハならではの
  子供たちのみずみずしい感性溢れる演奏を楽しむことができました。  
(開場前の風景) 
(入り口ポスター)
(ステージ)

(満席の客席)


(参加したOB会員)
出席会員は 伊藤和子、伊藤雄二、紀伊敏彦、福井和良、前津正臣、八幡洋一郎、
   小西敏彦、吉川満知代、嶋津導彦、森道雄、の皆様と幹事中西正の12名

                        以上 幹事中西正
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴルフサークル H28年度 7月コンペ

2016年07月24日 11時34分32秒 | ゴルフ


今年度第4回目のゴルフサークルコンペは、梅雨明け後の7月21日に3組12名で開催されました。


↑ レイクグリーンゴルフ倶楽部 玄関

会場は名門「春日井カントリークラブ」の姉妹コースである岐阜県可児市御嵩町に位置する「レイクグリーンゴルフ倶楽部」にて開催されました。因みに当ゴルフ場は、1994年男子プロトーナメント「日本プロゴルフ選手権」が開催されたチャンピオンコースで、「和」をテーマにした緑豊かな林間コースです。


↑ クラブハウス玄関  ↑ ロビー    ↑ クラブハウス全景



↑ スタート前 後列左より:長田、髙津、田中、本家、本多、有賀、飛弾  前列左より:山浦、佐藤、前津、八幡、高沢 敬称略

今回は「レイク」コースではなく、「みさの」コースを使用してのコンペでした。レイクグリーンの名前ながら、「みさの」コースは池ではなく120ものバンカーが配置されたアマチュアにとってはちょっとプレッシャーがかかる18ホールでした。

    

         ↑ 練習グリーンでパット確認            ↑ 朝礼にてルール等確認 

全員ゴルフ場でサービスの朝食をとった後、スタート前のパット練習と朝礼を終えて恒例の全員集合写真。そして8時19分、いよいよ1組目がスタート。

    

        ↑ スタートホール

昼食はバイキング形式でしたが、豊富な前菜、野菜、肉、麺類、寿司、カレー、果物、コーヒー、等々品数も味も十二分に楽しめた昼食でした。中には、ヤマハの葛城のバイキングみたいだ、とコメントした参加メンバーもいました。
そしてなんと隣のテーブルでは中日ドラゴンズで活躍したKK投手(2009年~2011年MLBアトランタ・ブレーブス、2012年復帰、2015年退団)とKI外野手(2009年現役引退、2010年&2012年一軍打撃コーチ)が食事していました。お連れもいたので写真は遠慮しました。
ついでに報告しますと、お風呂でもお会いしました。ご立派な体格でした。


↑ 豪かなバイキングランチとビール



梅雨明後ということで猛暑が予想されましたが、気温30度前後、晴天・微風の中、熱中症にもかからず全員無事にホールアウトできました。

    

          ↑ 成績表                        ↑ 表彰式会場

今回の上位入賞者は下記の通りです:
優 勝:佐藤晴夫さん  NET67 (次回HC19)初優勝です!
準優勝:八幡洋一郎さん NET68 (次回HC27)OB会長、頑張りました!
第三位:飛弾和義さん  NET70  前回に続き今回もベスグロ!


↑ 上位入賞者 左より:第三位 飛弾和義さん  優勝 佐藤晴夫さん  準優勝 八幡洋一郎さん


優書者のコメント:
天候に恵まれ、メンバーにも恵まれ、昼食も美味しく、その中で優勝できて嬉しく、感謝です。幹事となる11月はこのコースでの開催を検討したいと思います。

     

 ↑ クラブハウスをバックに優勝を予期したスタート前の佐藤さん     ↑ クラブハウスをバックに優勝を目指したスタート前の飛弾さん

またニアピン賞は下記の通りです:
佐藤晴夫さん、八幡洋一郎さん、飛弾和義さん、本多寿雄さん
(流石、上位入賞3名はニアピン賞も獲得し、沢山お土産をゲット!!)


↑ 満面の笑みのニアピン賞獲得者 左より: 本多寿雄さん、飛弾和義さん、佐藤晴夫さん、八幡洋一郎さん

表彰式後、次回9月の夏季遠征宿泊コンペ(9月13日~14日 メダリオン ベルグラビアリゾートゴルフ)の確認と10月度のコンペ会場&日程(10月14日 東名古屋カントリークラブ)を確定して散会となりました。

報告:高沢和成

おまけ:当日前津さんから自作のキュウリの提供があり、何人かのメンバーが有り難く頂いていきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

温泉巡りサークル「加賀温泉郷・山代温泉」一泊旅行

2016年07月20日 13時34分38秒 | 温泉巡り

山代温泉「山下家」で
前列左から中西、小西、清水、田中、本多、高沢
後列左から三岡、林、三浦、飛騨、湯浅、高瀬、前津、嶋津、大曽根


今回の温泉巡りは、関西・東海地方の奥座敷として知られる、山代温泉への一泊旅行です。
ここは1300年の歴史があり、江戸時代は共同浴場「総湯」を中心に
温泉宿が建ち並び、湯治場として発展したと言われています。


宿泊したのは、加賀藩主ゆかりの老舗旅館「山下家」で、
今は「大江戸温泉物語」が経営しています。

・開催日 7月18日~19日
・参加者 大曽根、小西、嶋津、清水隆、高沢、高瀬、田中、
    中西、林、飛騨、本多、前津、三浦、三岡、湯浅(敬称略15名)


・旅行一日目

午前9時に送迎バスが名古屋を出発して、加賀温泉郷へ向かいます。


名神高速~北陸道を走り、途中芦原温泉に立ち寄り、午後1時前に宿に付きました。



ロビーで寛ぎ、幹事から部屋割りやスケジュールの説明を聞きました。


↑加賀藩主入湯湯壺跡

↑太閤秀吉公拝領石灯籠
老舗旅館には歴史を物語る品々があり、それを見るのも楽しみの一つです。


夕食前のひと時を、宿特設の寄席で落語の一席を楽しみました。



展望露天風呂からは、温泉街が一望できます。


夕食のバイキングをたらふく食べた後は、部屋に戻って歓談を楽しみました。


・旅行二日目

朝食を済ませた後は、昔の共同浴場「古総湯」を体験しました。


現在の建物は明治初年の写真を参考に復元されています。


入浴前に、石鹸を使わない古来の入浴法や、マナーについて説明を聞いてから湯船につかります。


他に入浴客はなく、我々メンバーだけで湯船を独占できました。




入浴後は二階で涼みながら、名物の温泉卵アイスを食べました。



昼食は鮮魚店が経営する店で、豪快な本マグロ中おちご飯などで満腹になりました。


食事後は人の気配のしない静かな温泉街の散策です。



↑お土産の物色

↑魯山人寓居跡

↑居間

↑茶室


↑服部神社

↑温泉寺

山代温泉の観光スポットを回り、午後2時に迎えにきたバスに乗って名古屋へ向けて出発しました。
途中で多少の渋滞はありましたが、定刻の6時に名古屋駅に到着し、楽しかった温泉旅行の幕が閉じられました。

  担当幹事 小西敏彦
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマハ野球部試合結果速報

2016年07月16日 14時18分52秒 | ヤマハ関連

第87回都市対抗野球大会の1回戦が、本日(7月16日)
東京ドームで行われ、ヤマハはJFE東日本を9-4で勝利し
2回戦へ駒を進めることになりました。


なお、2回戦は7月22日に、東芝とJR九州の勝者と戦います。

試合の詳細は下のキャップをクリックしてご覧ください。

野球部ホームページ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年度 第一回パソコンサークル開催

2016年06月28日 11時36分54秒 | パソコン

 

今年度最初のパソコンサークルは6月27日(月)、千種駅近くのI.M.Yビル9F会議室にて、当初19名の参加予定でしたが、16名の参加で開催されました。

今年度のパソコンサークル会員数は22名、その内2名が新会員ですが、残念ながら今回は欠席となりました。

昨年度以来初参加の会員1名より自己紹介を兼ねてご自身のパソコンライフを紹介して貰い、会は始まりました。

 

今回のテーマは「SNS」Social Networking Site。

まず「SNS」とは「何ぞや?」、どういうものがあるのか、といった準備・基礎編について幹事より紹介がありました。

 

会は、事前に会員より「SNS」について利用状況、そのメリット・デメリット・疑問点等々のアンケートを提出して貰い、そのアンケートに基づいて利用者に夫々紹介して貰いました。

やはり一番利用されているのは、Facebook、LINE、Twitter でした。

その他、Skype、Google+、Instagramの紹介もありました。

アンケート集計結果は下記の通りです:

 

途中、会員から色々質問もありましたが、サイト夫々に長所・短所があり、最終的には利用者の利用意図・目的によって使い分けられている事のようでした。

自身の情報発信、旧友との情報交換、集いの案内、等々メール以上の利用価値、利便性が夫々あるようです。

またFacebookが如何にして立ち上がったか、LINEの会社状況、等々の情報も会員から紹介があり、あっという間の2時間でした。

次回は9月~10月の開催予定です。

報告:高沢和成

コメント
この記事をはてなブックマークに追加