名古屋・名駅街暮らし

足の向くまま気の向くままに、季節の移ろいや暮らしのあれこれを綴ります。

ベレー帽

2008年01月31日 | セカンドルーム
雪は降っている時も止んだ後も、偶然に出来た作品を見せてくれる。
今朝見かけた草にご(刈り草を積み上げたもの)は、ベレー帽をかぶった人の顔に見えた。
今は余り見かけなくなったけど、文士とか文化人や、ちょっとおしゃれな人がよくかぶっていた。
なぜかこの風景を見て、晩年の永井荷風を思い出した。

札幌の雪まつりや雪国で行われるイベントで、見事な雪像や建造物を目にするけど、ここでも屋根の上や木の枝、山に積もった雪が美しい造形を見せてくれる。
雪形、風紋、霧氷など、自然がなす芸術作品を再現することは難しい。
コメント (4)

晴れ間が

2008年01月30日 | セカンドルーム

今日は朝から時々青空が顔を出す、穏やかな天気になった。昨夜降った雪が木の枝に残り、朝日にキラキラ輝いてきれいだった。

 

散歩の帰りに、少し雪も締まっていそうなので裏山に登ってみた。昨日積もった分だけ沈む程度で、短足のユキ(柴犬)でも難なく登っていく。

 

ようやく屋根の上まで日が射すようになったので、これからは屋根の雪も早く融ける。来月になれば、部屋へも日が入るようになるので、それが一番待ち遠しい。

昼食を終わった頃から雲行きが怪しくなり、間もなく小雪が舞ってきた。山里特有の変わり易い天気は、一瞬の晴れ間を残しただけで、明日からまた雪の日が続くようだ。

コメント (2)

高山へ

2008年01月29日 | セカンドルーム
雨の朝、ユキ(柴犬)と一緒に名古屋を出て、高山へ向かった。
郡上市の坂本峠に差し掛かると、トンネルの入り口までは雨が降っていたけど、通り抜けると雪に変わっていた。
美濃と飛騨を分ける国境の峠は、天候の境目にもなっている。
往きより積雪も増え、再びモノトーンの世界が目の前に繰り広げられた。

名古屋では柳の芽吹きを見たし、日当たりの良い部屋は暖かくて暖房も要らなかった。
今月は、度々往復したけど、天候や景色が劇的に変わるので、その都度戸惑っている。
コメント

パソコンサークル

2008年01月28日 | セカンドルーム
もと会社OB会のパソコンサークルに出席してきた。
趣味やスポーツなど、7つのサークルがあって、会員はそれぞれ好みのサークルを選んで楽しんでいる。
パソコンも、メンバーのレベルや経験、楽しみ方などまちまちだけど、新しい情報や操作上の問題点などを持ち寄って議論をしたり、経験者から教わったりしながらスキルアップに取り組んでいる。
日々進化していくパソコンについて行くのは大変だけど、同世代の仲間と和気あいあいやっているうちに新しい知識が吸収出来るし、刺激にもなるので欠かさず参加している。

帰り道、納屋橋河畔の街路樹を見ていたら、早くも「しだれ柳」が芽吹いていた。
今朝は名古屋も寒かったし、ちょっと早く出すぎた若葉は、寒風に身震いしているような風情であった。
コメント (4)

峠越え

2008年01月27日 | セカンドルーム
名古屋・高山間は、色々なルートを利用して行くことが出来る。
名古屋高速が名神高速一宮ICと接続したので、東海北陸道経由で高山IC迄、全行程を高速道路で行けるようになった。
そのため、メインルートであった国道41号線は、交通量が減って、ドライブインや飲食店などが閉鎖したり、観光スポットへの客の入りも減少しているようだ。
私は、高山から郡上街道(せせらぎ街道)を走り、東海北陸自動車道の郡上八幡IC~一宮IC間のみ高速道を利用することにしている。
走行時間も他のルートとそれ程変わらないし、分水嶺を越えていく峠道は、景色も好く車も少ないので、快適なドライブが楽しめる。
全行程、高速を利用すると料金は4.250円掛かるけど、郡上八幡IC経由でETC割引時間帯を利用すれば900円で済む。

ただ通過していくだけの高速道路では味わえない風景や、新しい発見が街道にはたくさんある。
今日も小雪の舞う峠越えの冬景色を楽しみながら、のんびりと名古屋へ帰ってきた。
コメント

寒い朝

2008年01月26日 | セカンドルーム
今朝は、寝床から離れるのを、躊躇するほど冷え込みが強かった。
7時を過ぎても現れないので、ユキ(柴犬)は散歩はまだかと、窓に向かって盛んに吠える。
やっと重い腰を上げて出かけたけど、刺すような寒気で手足の感覚が無くなってしまう。
ユキは雪原を走り回って、付いて来いと促すようなそぶりを見せるけど、とても最後まで付き合えないので、途中で早々とUターンして帰ることにした。

今が一番寒い時期だけど、陽射しがあって風が無ければ、少々気温は低くても暖かく感じるけど、今朝のように風が強くて曇った日は寒さが身にしみる。
元気なユキが居なければ、暖かい布団の中で朝寝を楽しむのだけど・・・

コメント

奥飛騨へドライブ

2008年01月25日 | セカンドルーム

 奥飛騨温泉郷までドライブをしてきた。昨日からの雪が降り続いていたけど、平湯へ着いた時は雪も止み、青空が少し見えてきた。まだ時期が早いかと思っていた平湯大滝も、ほぼ全面結氷した滝つぼは蒼氷で盛り上がり、飛び散った水滴は岩肌や木の枝で光ってた。

 

 

蒲田川沿いのビュースポットへ来た時には、空は晴れ上がり白銀に輝く槍ヶ岳や穂高岳の眺望を楽しむことが出来た。帰途に付く頃は雲に覆われ、雪がまた降るという目まぐるしい天気に、一喜一憂するドライブであったけど、遠来の友人ともども、このラッキーな一瞬に歓声を上げた。

 

コメント (2)

今朝の雪

2008年01月24日 | セカンドルーム
朝の一瞬は激しく降っていた雪が、風が強くなったら粉雪に変わり、今は少し小降りになった。
断続的に降る雪は余り積もらないけど、同じペースで降り続くと瞬く間に積もっていく。
いつも年末から年始にかけて降る雪は、長く降り続くので思わぬ大雪になることが多い。
今週は雪だるまが並んでいたし、前線がこの地方へ接近中と報じていたので、これから荒れ模様になりそうだ。

例年、今頃の雪は断続的に降ることが多いし、太陽も高くなっていくので、それ程積雪を心配はすることは無い。
それに最近は、窓から見ていて不安を感じるような降り方は少なくなった。
コメント (2)

白い道

2008年01月23日 | セカンドルーム
今朝起きたら、天気予報通りに雪が降っていた。
夕方になっても、粉雪やぼたん雪が交互に降り、所々に残っていた黒い地肌を白く覆っていく。
除雪がしてない道路は、センターラインや縁石が見えないので、側溝に落ちたり、吹き溜まりに突っ込んだりすることがよくある。
吹雪いた時は、道路の境目も分からないので、危険がいっそう増す。

登山中に広い雪原で吹雪に遭うと、「ホワイトアウト」と云って、何も見えない真っ白な状態になることがある。
激しく雪が降ると道路でも、似たようなことが起こるので、慎重な運転が必要だ。
コメント

氷の花

2008年01月22日 | セカンドルーム

今朝は、家中のガラス戸に氷の花が咲き、大寒の夜の寒さを味わった。

 

居間だけは暖かいので、窓の下部に結露が凍って氷の塊が出来ていたけど、使わない部屋は色々な模様の結晶が張り付いていた。星や花びら、針葉樹など形は様々だけど、いずれも白く尖った冬の花は、「触れたら刺すぞ」と、厳しい表情をしている。

 

ガラスの温度がマイナス10℃ほどになると、空気中の水分がそこに触れて小さな氷の結晶となり、次々に付着して成長していく。もっと冷えるとダイアモンドダストが舞う。 先日は名古屋で桜の花を見たけど、ここでは氷の花がしばらくは楽しめる。部屋の中で冬の蛍だけは見たくないけど・・・

コメント (4)

高山へ

2008年01月21日 | セカンドルーム
名古屋に4泊して、高山へ戻ってきた。
お昼頃着いた時は、晴れていてそれ程寒さは感じなかったけど、人の居なかった家の中は室温もマイナスで、花瓶の水はカチカチに凍っていた。
昨夜降ったのか、新しい雪をかぶった集落は、相変わらず静まり返って、人の気配がしない。
昨日までは、町も家の中も賑やかだったけど、ここはいつも静寂に包まれている。

いつものように、ストーブを焚き、部屋の掃除をし、炊飯器をかけて一段落。
その間、ユキ(柴犬)は小屋の中を点検し、家のまわりを周回しながら、異状が無いかを嗅ぎまわっている。
お互いに何も無いことを確認して、こちらの生活スタイルに戻っていく。
コメント (4)

名古屋のユキ(柴犬)

2008年01月20日 | セカンドルーム
名古屋へ来て3日目になるけど、まだこの一家の序列が分らなくて悩んじゃうワン。
柴犬のワタシは、いつも餌をくれる人が一番偉いと思っていたけど、どうもここは様子が違うようだ。
高山では、世話をしてくれるオトウさんがNO1で、ワタシがNO2と決まっているのに、ここでは餌もオカアさんが持って来てくれるし、オトウさんのエサもオカアさんが作って食べさせているようだし、どっちが偉いのかな~ァ。
ほかに、パパとママがいて、子供たちをワタシより可愛がるし、NO2の座も怪しくなってきて、もう大混乱!!

もうじき高山へ帰れるから、あまり悩まないで、土鍋の中で寝ている猫のまねをして、今日は、「鉢犬」をきめ込んじゃおう。
コメント (4)

名古屋の四季桜

2008年01月19日 | セカンドルーム

 堀川の納屋橋付近が少しずつ整備されて、両岸には遊歩道も完成した。
その一角で四季桜が咲いていた。

桜の木はそれほど大きくないので、広小路通りを歩いている人で気が付く人は少ない。
堀川浄化に取り組み、20歳の若さで亡くなった「山中さくら」さんの遺志を受け継ごうと、5年前に植えられた。

私は、堀川の直ぐ近くで育ち、子供の頃は堀川を遊び場にしていた。
当時、両岸にはびっしりと筏が繋がれ、何度もそこから落ちて、親に叱られたことを思い出す。
都心を流れる川は、その頃も今もどぶ川で、浄化運動が官民あげて取り組まれているが、成果がいまだに見えない。
道路や町並みがきれいに整備されていく姿を見て、どぶ川の河畔に咲く桜が浄化を訴えているようだ。

コメント (2)

名古屋へ

2008年01月18日 | セカンドルーム
昨日のお昼ごろ高山の家を出て名古屋へ向かった。集落を出る道路に設置してある温度計は、マイナス10℃を指していた。雪国では、路面の状態をドライバーに知らせるために、カーブや坂道などに温度計を設置して、安全運転を促している。

せせらぎ街道に入ったら地吹雪の状態で、気温はもっと下がっていると感じたけど、峠の温度計はマイナス5℃だった。風によって体感温度がずいぶん違う。

家に着く頃は快晴で、ちょうど高層ビルの横に日が沈むところだった。家人が、「今日は名古屋も寒い」と言っていたけど、それ程でもなかった。

コメント (2)

ユキの独り言

2008年01月17日 | セカンドルーム
朝からこんなに降っていては、散歩にも連れて行ってもらえないし、退屈しちゃうよ~っ。
わたしの主人は、ちょっと雪が降ると外へ出るのを嫌がるし、年のせいかなあ?
まえは、もっと元気だったのに。
紐だけ解いてくれても、「♪~よろこび庭かけ回る」、気分にもなれないし、朝ごはんを食べたらまた朝寝で~す♪
ボロ毛布の雪除けもあるし、わら布団も暖かいし、茅葺き屋根まで作ってくれたので、超うれしい~~!!
これだけは感謝してるけど・・・。
お水がすぐ凍ってしまうので、もっと気にして交換してくれないと、脱水症になちゃうっ!
最近は、ちょっと忘れっぽくなったみたい。

勝手なことを言ってっ! でも当たってる。
コメント (5)