サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 09414「ミルク」★★★★★★★☆☆☆

2009年10月25日 | 座布団シネマ:ま行

1970年代のアメリカで、同性愛者であることを公表して公職に就いたアメリカ初の政治家ハーヴェイ・ミルクの生き様を描く伝記ドラマ。監督は『エレファント』のガス・ヴァン・サント。個人の権利を守るために戦い、凶弾に倒れたミルクをオスカー俳優ショーン・ペンが演じている。同役ですでに多数の映画賞を制覇しているショーンの熱演と、今なお尊敬の念を集めるミルクの愛すべき人柄をフィルムに焼き付けたガス・ヴァン・サントの手腕を堪能したい。[もっと詳しく]

希望がなければ、人生は生きる価値がない。

ハーヴェイ・ミルクについては、「タイム誌が選ぶ20世紀の100人の英雄」にも選出されていることでもわかるように、アメリカでは、知らない人はほとんどいないだろう。
史上初めての「ゲイ」をカムアウトした公職についた人物としてもそうだが、その衝撃的な暗殺事件は、まさしく現代史で言えばキング牧師、ケネディ大統領の暗殺と、同等の衝撃を社会にもたらしたものと思われる。
1978年11月27日に、同僚の市制委員によって、理解者でもあったジョージ・マスコーニカリフォルニア市長とともに、凶弾に倒れたわけだが、この作品でも当時を再現されていたが、その死を惜しんでの支持者たちのキャンドルライト行進は、テレビでも何度も放映され、僕もよく覚えている。
1984年「ハーヴェイ・ミルク」というドキュメント映画が制作され、アカデミー賞最優秀長編ドキュメンタリー映画に輝いた。
制作・監督にあたったのは、両名ともゲイであることを「カムアウト」しているがロバート・エプスタインとリチャード・シュミーセンだ。
それから四半世紀、同じくゲイを公言しているガス・ヴァン・サント監督によって、ショーン・ペンが演じる『ミルク』が公開され、アカデミー賞8部門にノミネートされ、脚本賞、最優秀主演男優賞を受賞することになったのである。



同性愛をカムアウトしている人は、有名人でも現在ではとても多い。
同性愛(ホモセクシュアル)を幅広く、バイセクシュアルまで含めてのことだが・・・。
故人も含めて、ほんの一部を列挙してみれば、
アーティストでは、アンディ・ウォホール、レナード・バーンステインなど。
歌手では、ミック・ジャガー、エルトン・ジョン、フレディ・マーキュリーなど。
俳優では、レスリー・チャン、アンジェリーナ・ジョリー、ドリュー・バリモア、ジョディ・フォスターなど。
映画監督では、フランソア・オゾン、ファスビンダーなど。
文筆家では、ミシェル・フーコー、ロラン・バルト、トルーマン・カポーティーなど。
もちろん、画家もフォトグラファーもニュースキャスターもダンサーもデザイナーもコメディアンも、たくさんいる。
パリ市長のベルトラン・ドラノエだってそうだ。
2000年ぐらいだったか、ニューヨークで知人とある演劇人のパーティーに行ったことがある。
時代の最先端を走っているような人たちのその集まりで、小声で知人は「ねえ、この80人ぐらいのなかで、ゲイを公言しているのは半分以上よ」と囁かれたりしたものだ。
日本だって、少なくともヴァラエティのテレビ画面の中では、ゲイが画面に登場するのに、もうなんの違和感もなくなっている。



ただ、ゲイの市民権という意味では、『ミルク』という映画にも描かれてはいるが、このハーヴェイ・ミルクが果たした役割は大きく、その暗殺ということも含め、幅広い権利運動の端緒についてから、まだ四半世紀しか経過していないのだ。
『ミルク』ではプロポジション6すなわち「提案6号」の是非をめぐっての投票が、ミルクのたった1年に満たなかったが公職期間での最大の、政治テーマになっている。
「同性愛者あるいはそれを支持する人たちを教職などから解雇する権利」を巡っての採択であった。
そして、当初の不利な情勢を覆し、否決に導いたのであった。
これはいってみれば、「性的嗜好にともなうマイノリティに対する公民権運動」と同義の採択であった。
現在では同じくプロポジション8すなわち「同性愛者同士の結婚を認めるか否か」の採択で全米が盛り上がり、ブラッド・ピットなども応援したが、僅差で認められないという結論になっている。



同性愛者同士の結婚は、スペイン・オランダ・カナダなどでは認められている。アメリカの一部州や、イギリス、オーストラリアなどでは、内縁関係は認められている。
日本はといえば、法律的には認められてはおらず、財産分与などが発生することはない。
国連総会で「性的志向と性自認に基づく差別の撤廃と人権保護の促進」を求める声明が出されたのは、2008年のことに過ぎない。
日本はアジア圏で唯一賛同を表明したが、中国もブッシュ政権下のアメリカも賛同していない。
同性愛そのものに対しても、シンガポールやインドなど終身刑が適用される国や、イランやサウジアラビアなど死刑が適用される国も、残存している。
宗教的にも、もともと仏教圏内のおおよそは、同性愛に対しては寛容である。
イスラム教国家は違法である場合が多く、キリスト教世界では保守的な宗派では、容認しないところもある。
このあたり、キリスト教原理主義の勢力も含め、いつもアメリカにおける選挙で、支持層に対するアピールで分かれるところである。



ハーヴェイ・ミルクはユダヤ人だが、海軍入隊時に軍における同性愛者粛清を経験したりもしている。
ニューヨークのウォールストリートで金融マンを勤めていたが、ニューヨークでおこった警察によるゲイバー襲撃事件のあと、72年に20歳年下の恋人スコットとともにサンフランシスコに移住し、カストロ通りにカメラ店を開くことになる。
『ミルク』という映画は、このあたりが導入部となっており、スコットを引っ掛けて家に連れて帰り体を求めるのは、ちょうど40歳の誕生日であった。
カメラ店を開いてまもなく、トラック運転手組合と連携し、「クアーズビール」不買運動を成功させている。
この頃から、政治に意識的になり、ゲイをカムアウトとした人間としてははじめての、公職につくことを目指す。
選挙には3回落ちるが、徐々にスタッフも拡充し、選挙制度が大選挙区から小選挙区に改定されたことも手伝って、ついに1977年11月市制委員に当選するのである。
ハーヴェイ・ミルクのような社会改革を目指すゲイはそれまでにも存在したと思われる。
しかし、なぜ彼がこのような支持を集めることに成功したのだろうか?



ひとつは、その人柄であろう。
あくまでもショーン・ペンの演技を通じて感じるだけなのだが、とても率直で偉そうなところがないのだ。
誰とでもオープンに接する人柄なのだろう。
もうひとつは、多くのゲイがどちらかといえば、ヒッピームーブメントから出てきたり、ドロップアウトで仲間の多いところに集合してきたのだろうが、ハーヴェイ・ミルクはビジネスマンとしての期間が長く、組織や戦略・戦術にある程度秀でていたかもしれない。
とはいっても立候補初期は、ゲイ・コミュニケーションに対するスタンダードからの差別や権力からの不当な暴力に対して、怒りや腹立ちや異議申し立てから、自然発生的に運動のリーダーに担ぎ上げられたというのが、正解ではないか。
みかん箱ならぬSOAP箱に乗って、慣れないアピールを始める。
彼にはシンプルなアジテーションの才能や、組織を拡大していくオルガナイザーの資質があったのだろう。
そして、落選を繰り返す中で、ゲイ・コミュニケーションからの不平・不満だけでなく、かれらに「変革」の「希望」を与えるとともに、有色人種や高齢者やといった弱者に幅広くウィングを拡げていくことになる。
彼のマニフェストを見れば、そのことがよくわかる。

1、図書館の拡充を!
2、公共の交通運賃を値下げ!
3、若者のレクリエーションを拡大!
4、警察予算の見直し!
5、税金の無駄使いを阻止!
6、高齢者に安い住宅を提供!
7、マイノリティ支援!

地方議会だからということもあるが、極めてシンプルなマニフェストである。
けれど、その頃にはすでにゲイの商店を組織したカストロ・ヴィレッジ協会を組織し、保守派の議員と公開論争を仕掛けるなど、全米でも注目される社会活動家の一人となっていたのである。



ハーヴェイ・ミルクとカリフォルニア市長の二人を市庁舎で殺害したダン・ホワイトに対しての判決は7年の禁固刑。実際は、5年で仮釈放されている。
この刑の軽さに対して、支持者たちは怒り、「ホワイト・ナイトの暴動」につながっている。
これも、テレビ報道で僕は見ていた。
法制度は異なるとはいえ、たとえば長崎市長を殺害した城尾被告に対しては1審が死刑宣告、その後高裁が無期懲役を宣告している(現在、最高裁に上告中)。
不当な判決はともあれとして、48歳でこの世を去ったハーヴェイ・ミルクは「殉教者」となり、その後もミルク伝説が語り継がれ、ゲイの権利は大幅に向上し、カムアウトの勇気をその後の多くの人たちに与えるようになったのである。
僕たちはともすればステロタイプ化された、あるいは誤った同性愛認識を持ってしまっている場合がある。



ただどのようにカムアウトがやりやすい環境となり、権利は法令によって守られるようになったとしても、ゲイの生き難さがなくなるわけではない。
ハーヴェイ・ミルクも複数のパートナーの死(自殺)を経験している。
「異常」でも「倒錯」でも「精神疾患」でもないことは、つまり治療の対象ではないことは、僕たち現在に生きる大半の者は認識している、と思われる。
(差別が現存しているかどうかは、別として)
個体差が多いとしても、性同一障害ではなくゲイであることがどこからくるのかはよくわかっていないところもある。
意味がないことかもしれないし、地域差も多いが、信頼できる調査によれば、同性愛志向はおおむね2%から13%という調査結果が出ている。
厳格に同性でないと駄目だとするものはもっと少なく出るかもしれないし、同性に性的関心を持ったというレベルでいえば、もっともっと多い数字となるだろう。



幼児期に、そうした志向が形成されるという研究もあれば、幼児性欲をすべての起因とするフロイトの考え方を敷衍すれば、すべての人間は同性愛者になる可能性がある、ということだっていえるかもしれない。
アカデミー賞をとったアン・リー監督の『ブロークバック・マウンテン』は大都市ではなく、保守的なアメリカの西部での、孤独なふたりの男の同性愛を叙情的に描いた作品であった。
この作品におけるふたりのカウボーイが出会ったのは1963年。
ワイオミング州で羊の放牧管理の季節労働仕事にありついた20歳の青年たちはある夜抱擁を交わし、それからの20年の愛と絶望の時間がこの優れた作品のテーマとなっている。
時代をとってみれば、ハーヴェイ・ミルクの時代と重なってはいる。
けれど、保守的な西部のこのふたりの青年は、ついにカムアウトすることはなかった。
そこから、四半世紀。
現在の、たとえば保守的な地域に住む多くの若者たちは、いったいどうなのだろうか?
ハーヴェイ・ミルクが表明した「変革」「希望」のコンセプトは、アメリカでは初めての黒人大統領オバマの表明に、日本では「友愛」の鳩山首相の表明に通じるものはある。
だとしても、ひとりの人間がカムアウトするということには、まだまだ困難な壁が存在しているのでは、と僕は思う。

kimion20002000の関連レヴュー

ブロクバック・マウンテン









コメント (4)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
« mini review 09413「路上の... | トップ | 競争率300倍(うち報道関係の... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (sakurai)
2009-10-28 13:08:53
彼がゲイであったと言うことは、とっても重要な要素ですが、それは彼の一部に過ぎなかったのでは・・というのが映画を見た印象でした。
本来の政治家のあるべき姿を見たような気もしました。
20数年前に見た、ドキュメンタリーの印象がものすごく強くて、つい今回の映画は、比較してみてしまったのですが、さすが見せましたね。
でも、この25年で、世の中がいかに変化したのか・・ということも感じた次第です。
sakuraiさん (kimion20002000)
2009-10-28 21:58:18
こんにちは。

日本でもカムアウトにあんまり驚かなくなるようにはなっていますが、著名人では、ほとんどが芸能人ですね。

そのあたりがなかなか、ね。
弊記事までTB&コメント有難うございました。 (オカピー)
2010-03-16 00:52:44
少年時代、他人への依存性が強い為に特定の男児と仲良くなる傾向があり、中学時代には(実際にはある少女に夢中だったというのに)ホモ疑惑が湧いたくらいですが、同性への性的な興味はない、と思います。

映画でも男性の同性愛を描いた作品はどうも苦手です。
「ブロークバック・マウンテン」は作品的に立派で、脱帽しましたが。

ミルクが暗殺された頃僕は大学生でしたが、少しも知りませんでした(恥ずかし)。

>幼児性欲(若しくは幼児性愛)
現在“幼児性愛”というと、幼児への性的興味をさすのが普通ですが、フロイトの使うそれは文字通り幼児の性愛ですね。日本人によくある意味の取り違え(憮然を怒っている意味に使うマスコミの多いこと!)
オカピーさん (kimion20002000)
2010-03-16 02:54:45
こんにちは。

フロイトの場合は、口唇期とか肛門期とか身体的執着の段階論ですからね、おっしゃる通りですね。
幼児性愛というのもまた幼児とロリータとは異なるでしょうが、「性欲」というのも謎が多いですね。すべてはなんらかの自己愛あるいは自己否定に通じるような要素があるし、親との関係に置いては自分が幼児あるいはロリータに退行しているのかもしれません。

コメントを投稿

座布団シネマ:ま行」カテゴリの最新記事

44 トラックバック

ミルク (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『1970年代のアメリカ。マイノリティのために戦った政治家 ハーヴィー・ミルク…人生最後の8年間 「ミルク」は、 希望のはじまりだった。』  コチラの「ミルク」は、アメリカ史上初のゲイと公表した公職者ハーヴィー・ミルクの48年間の生涯の最後の8年間をガス・...
「ミルク」 (古今東西座)
初めてゲイのデモ行進のニュースをテレビで目にしたのはいったいどのくらい前だっただろうか。それがこの映画の主人公であるハーヴィー・ミルクによってのものだったかは定かではないのだが、極東の一少年の目には異様な光景に映った。いかにもアメリカ的だという印象とと...
ミルク■ダン・ホワイトという人物 (映画と出会う・世界が変わる)
この映画に登場する人物で私が主人公ハーヴェイ・ミルク以上に関心を持ったのはダン・ホワイトである。ミルクを殺すことになる彼もまた、ミルクと同様に正義をめざして議員になった人物である。議員にもなり、私生活では妻子を持ち、世間的には人から羨望される立場であろ...
ショーン・ペンの「ミルク」を観た! (とんとん・にっき)
伝説のゲイ活動家の足跡を追った映画「ミルク」を観てきました。アメリカで初めて公職選挙に当選したハーヴィー・ミルクについては、僕はこの映画を観るまでは何も知りませんでした。ミルクがサンフランシスコのカストロ通りへ移住したのが1972年、なんと驚いたことに僕が
ミルク (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
1972年のニューヨーク。保険業界で働いていたミルクは、20歳年下のスコットと出会い、恋に落ちます。2人は新天地を求めてサンフランシスコに移り住み、小さなカメラ店を開店します。次第に、そこは同性愛者やヒッピーたちのよりどころとなり、ミルクは彼らを快く思わない...
ミルク (Memoirs_of_dai)
描かれたのはミルクの一部分 【Story】 1972年のニューヨーク。金融や保険業界で働いていたミルク(ショーン・ペン)は、20歳年下のスコット...
ミルク/ショーン・ペン、エミール・ハーシュ (カノンな日々)
最初にこのタイトルを目にしたときは、牧場を舞台にしたお話だと本気で思ってました(笑)。まさか実在の人物の名前だったとはビックリです。主演のショーン・ペンのアカデミー賞授賞式でのスピーチがとても印象的でしたけど、ゲイである事を公表しながら公職に就いたアメリ...
「ミルク」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  今年のアカデミー賞、主演男優賞と脚本賞を受賞している本作。脚本家のダスティン・ランス・ブラックの受賞スピーチが感動的で公開を楽しみにしていました。ショーン・ペンの演技はもちろん、すべてにおいてクオリティの高い、素晴らしい作品...
ミルク (2ちゃんねる映画ブログ)
【ショーン・ペン】MILK-ミルク【ガス・ヴァン・サント】 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1240023547/ 1 :名無シネマ@上映中:2009/04/18(土) 11:59:07 ID:5U0Kr859 http://milk-movie.jp/ 同性愛者を公言して初...
ミルク (映画君の毎日)
●ストーリー●1972年のニューヨーク。金融や保険業界で働いていたミルク(ショーン・ペン)は、20歳年下のスコット(ジェームズ・フランコ)と出会い、恋に落ちる。二人は新天地を求めてサンフランシスコに移り住み、小さなカメラ店を開店。そこはたちまち同性愛者やヒッ...
【MILK ミルク】 (日々のつぶやき)
監督:ガス・ヴァン・サイト 出演:ショーン・ペン、エミール・ハーシュ、ジョシュ・ブローリン、ジェームズ・フランコ 「1972年NY、ミルクは20歳も年下の男性と恋に落ちた。 二人は新しい生活を始めるためサンフランシスコに移りカメラ屋を開いた。次第にそこは同
ミルク (★YUKAの気ままな有閑日記★)
アカデミー賞主演男優賞、脚本賞受賞作品―【story】1972年、保険業界で働いていたハーヴェイ・ミルク(ショーン・ぺン)は、20才年下のスコット・スミス(ジェームズ・フランコ)と出会い、恋に落ちる。二人は新天地を求めてサンフランシスコに移り住み小さなカメラ店を...
ミルク (迷宮映画館)
ショーン・ペンもよかったけど、ここはジェームズ・フランコ君でした!!
「ミルク」 MILK (俺の明日はどっちだ)
My name is Harvey Milk and I'm here to recruit you! 自ら同性愛者であることを公表し、同性愛者のみならずあらゆるマイノリティの社会的地位向上のために立ち上がり、米国史上初のカムアウトし公職に就いたハーヴィー・ミルクの波乱に富んだ後半生を描く感動の伝記ド...
映画 【ミルク】★ショーン・ペン (猫とHidamariで)
『ミルク』は希望のはじまりだった。ミルク HP1970年代のアメリカ。マイノリティのために戦った政治家ハーヴィー・ミルク・・・人生最後の8年間ミルク シネマトゥディ写真は Yahoomovie より英題:MILK製作年:2008年製作国:アメリカ日本公開:2009年4月18....
『ミルク』 (めでぃあみっくす)
とても優しい映画。それが見終わった後の素直な感想でした。 ショーン・ペンが2度目のオスカーを受賞したことで注目されているこの映画ですが、個人的にはゲイでもあるガス・ヴァン・サント監督の、まるで本当に好きな人を優しく見守るかのような演出力に心底驚かされた...
ミルク (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ミルク’08:米   ◆原題:MILK◆監督:ガス・ヴァン・サント 「グッド・ウィル・ハンティング」「エレファント」◆出演:ショーン・ペン、エミール・ハーシュ、ジョシュ・ブローリン、ジェームズ・フランコ、ディエゴ・ルナ ◆STORY◆1972年のニューヨーク。金融...
ミルク / MILK (我想一個人映画美的女人blog)
「私の名前はハーヴィー・ミルク。 皆さんを、民主主義を守る戦いに勧誘したい。」 今年のアカデミー賞で、作品/監督/主演男優/助演男優/脚本/編集/衣装デザイン/作曲と8部門でノミネート{/ee_3/} (うち、脚本と主演男優賞で受賞!) 1977年11月8日、カリフォルニア...
『MILK』 (千の天使がバスケットボールする)
米国初の黒人大統領が誕生した一方で、最もリベラルな州と思われていたカルフォルニア州では、住民投票によって同性結婚が禁止される法案が可決され社会問題になっているそうだ。自由の国アメリカと言われつつも、もともとピューリタンが移住した国でもあり、保守的なとこ...
消せない灯~『ミルク』 (真紅のthinkingdays)
 MILK  同性愛者であることをカミングアウトし、全米で初めて公職に就いたハーヴィー ・ミルク(ショーン・ペン)。1978年のある夜、彼...
★ミルク(2008)★ (CinemaCollection)
MILK「ミルク」は、希望のはじまりだった。1970年代のアメリカ。マイノリティのために戦った政治家ハーヴィー・ミルク…人生最後の8年間映時間128分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ピックス)初公開年月2009/04/18ジャンルドラマ/伝記映倫PG-12【解説】自らゲイであるこ...
ミルク/MILK (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
同性愛者であることを公表して、アメリカで初の公職についたハーヴィー・ミルクの実話を「エレファント」のガス・ヴァン・サント監督が映画化。 個人の権利を守るために立ち上がり、社会的弱者の声を代弁した男の最期の八年間を描く。 物語:1972年のニューヨーク。...
ミルク (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
ミルク [DVD]この映画のショーン・ペンは、今まで見たことがないほど可愛らしくて繊細だ。彼は時に過剰なほど凄味のある演技が持ち味だが、軽さや愛嬌がこの俳優をとても魅力的にすると知った。70年代のサンフランシスコで、同性愛であることを公表しながら公職に就き、真...
弱者のマーチ (宇宙のめいぐると)
「ミルク」
ミルク (悠雅的生活)
1978年。提案6。ハーヴィー・ミルクの半生。
ミルク (そーれりぽーと)
アメリカで、というか恐らく世界で始めて自分がゲイだと公表しながら選挙を戦い、公職に着く事に成功したハーヴィー・ミルクを、ショーン・ペンが演じてアカデミー賞に輝いた『ミルク』を観てきました。 ★★★★★ ハーヴェイ・ミルクっていう人自体を知らなくて、つい...
『ミルク』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
先日、九段下の九段会館に『ミルク』の試写会に行ってきました。 仕事がちょっと押しちゃって、開映の5分前くらいについたら、3階席くらいしか空いてないってことで、かなり見下ろすような感じで映画を観ました。 ちょっと急な階段が怖かったw。 ******************...
映画「ミルク」 (<花>の本と映画の感想)
ミルク      映画館にて鑑賞 監督  ガス・ヴァン・サント 出演 ショーン・ペン エミール・ハーシュ  ジョシュ・ブローリン 2008年 ? ミルク [DVD] ¥2,925 Amazon.co.jp <1972年のニューヨーク。金...
「ミルク」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Milk」2008 USA “「ミルク」は、希望のはじまりだった。” ハーヴィー・ミルクに「イン・トゥ・ザ・ワイルド/2007」のショーン・ペン。 スコット・スミスに「トリスタンとイゾルデ/2006」「最後の初恋/2008」のジェームス・フランコ。 クリーヴ・ジョーンズ...
「ミルク」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
やはり実在の人物を描いた作品って、とても興味深く見ることが出来ますね~
ミルク (心のままに映画の風景)
1972年のニューヨーク。 金融や保険業界で働いていたミルク(ショーン・ペン)は、20歳年下のスコット(ジェームズ・フランコ)と出会い恋に...
ミルク ▲62 (レザボアCATs)
'08年のアカデミー賞、主演男優賞をショーン・ペン、脚本賞をジャスティン・ランス・ブラックが受賞。おめでとう~!
ミルク 九段会館 2009.3.24 (◆JOY◆ ~つれづれ日記~)
試写会で観てきました ショーン・ペンがアカデミー賞、主演男優賞を受賞した話題の作品 あらすじ:1972年のニューヨーク。金融や保険業界で働いていたミルクは、20歳年下のスコットと出会...
『ミルク』 (Sweet*Days**)
監督:ガス・ヴァン・サント CAST:ショーン・ペン、ジェームズ・フランコ 他 第81回アカデミー賞主演男優賞、脚本賞受賞 197...
ミルク (メルブロ)
ミルク 255本目 2009-16 上映時間 2時間8分 監督 ガス・ヴァン・サント  出演 ショーン・ペン  エミール・ハーシュ  ジョシュ・ブローリン  ディエゴ・ルナ 会場 吉祥寺バウスシアター 評価 8点(10点満点)  今年度のアカデミー主演男優賞と脚本賞を受...
『ミルク』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:MILK監督:ガス・ヴァン・サント出演:ショーン・ペン、エミール・ハーシュ、ジョシュ・ブローリン、ジェームズ・フランコ、ディエゴ・ルナ試写会場 : 九段会館公式サイトはこちら。<Story>1972年のニューヨーク。金融や保険業界で働いていたミルク(ショ...
「ミルク」:信濃町駅南口バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}絵画館の建物って、サンフランシスコ市庁舎に似ていないか。 {/hiyo_en2/}そうかなあ。 {/kaeru_en4/}威風堂々としたシルエットは似ているだろ? {/hiyo_en2/}真ん中がふくれているところぐらいじゃない? {/kaeru_en4/}でも、実物のサンフランシスコ市政委...
ミルク(映画館) (ひるめし。)
「ミルク」は、希望のはじまりだった。
ミルク☆ショーン・ペン、アカデミー賞主演男優賞! (銅版画制作の日々)
 「ミルク」は、希望のはじまりだった。  ショーン・ペンアカデミー賞主演男優賞、おめでとう!  ダスティン・ランス・ブラックアカデミー賞脚本賞受賞おめでとう! 本年度アカデミー賞8部門にノミネートされたのですが、「スラムドッグ$ミリオネア」に持っていか...
ミルク (映画的・絵画的・音楽的)
 「ミルク」を吉祥寺のバウスシアターで見ました。  反差別の市民運動を描いた映画ながら、専ら同性愛者に焦点が当てられているようなので、見るのにかなり躊躇しました。ですが、やはり主演のショーン・ペンがアカデミー賞の主演男優賞を獲得していることもあり、出か...
路上のミルク (Akira's VOICE)
「ミルク」 「路上のソリスト」 
映画評「ミルク」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督ガス・ヴァン・サント ネタバレあり
ミルク (シネマと書店とライブハウス)
ミルク [DVD]/ショーン・ペン ¥3,990 Amazon.co.jp 3夜連続、ぶち抜きで、お送りしてきました 今回のガス・ヴァン・サント監督作品特集も 取り合えず、今夜で一旦、最終回となりました! ま、そんな企画を、誰も知るわけもなく。 ま、そんな告知も、...
ミルク (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ミルク 制作:2008年・アメリカ 監督:ガス・ヴァン・サント 出演:ショーン・ペン、ジェームズ・フランコ、ジョシュ・ブローリン、エミール・ハーシュ、ディエゴ・ルナ、アリソン・ピル、ルーカス・グラビール、ヴィクター・ガーバー あらすじ:1...