サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

飲食店主御用!(乗るなら飲むな飲むなら乗るな度80点)

2008年02月29日 | それでも世界は回る
泥酔運転の男、危険運転容疑で逮捕 飲食店主も 埼玉2008年2月27日(水)22:09  埼玉県熊谷市で17日、乗用車と軽乗用車が正面衝突し、夫婦2人が死亡、4人が重体となった事故で、県警は27日、泥酔状態で乗用車を運転したとして、同市赤城町1丁目、元トラック運転手玉川清容疑者(32)を危険運転致死傷容疑で逮捕した。事故直前に玉川容疑者が車を運転することを知りながら酒を出したとして、同市小 . . . 本文を読む
コメント

全雑誌休刊?(そうですね、その流れは止まらない度80点)

2008年02月28日 | それでも世界は回る
全雑誌休刊か?ソフトバンクの“脱紙”加速2008年2月27日(水)10:00  ソフトバンク傘下の出版社ソフトバンククリエイティブが脱紙化を加速させている。今後、すべての紙媒体の雑誌が休刊となる可能性も出てきた。  今年3月、同社発行の雑誌「YAHOO! JAPAN Internet Guide」が12年の歴史に幕を下ろし休刊する。2000年に約22万部を記録した部数は、3万部に減少して . . . 本文を読む
コメント

石破のぼやき(大臣更迭されて、官僚栄える度80点)

2008年02月27日 | それでも世界は回る
防衛省 海保に無断で捜査前に航海長聴取 けが人同行装い2008年2月27日(水)08:55  海上自衛隊のイージス艦「あたご」と漁船「清徳丸」の衝突事故で、防衛省が、海上保安庁の捜査前にあたごの当直士官だった航海長をヘリコプターで省内に呼びつけ、事故に関する聴取を行っていたことが26日、分かった。防衛省側は聴取の実施や聴取内容を海保側に伝えたとしているが、海保側は否定している。  防衛省 . . . 本文を読む
コメント

59兆円(だれもリアリティを持たない度80点)

2008年02月26日 | それでも世界は回る
道路整備費59兆円の内訳示す 国交省 2008年02月25日11時29分  昨年末に政府が決めた今後10年間の道路整備中期計画をめぐり、国土交通省は25日、59兆円とした道路整備費の政策課題ごとの内訳を公表した。昨年11月に国交省がまとめた素案(道路整備費65兆円)の段階で公表されたが、59兆円に減額した後は明確でなかったため、野党が「これでは国会で議論ができない」と明らかにするよう求めていた。 . . . 本文を読む
コメント

加齢からくる不調(なんだかすごい表現だな度80点)

2008年02月25日 | それでも世界は回る
拓郎 復帰ラジオで“頑張らない宣言”2008年2月25日(月)06:00  慢性気管支炎などで休業中だった歌手の吉田拓郎(61)がニッポン放送「吉田拓郎のオールナイトニッポン」に出演。その模様が24日、放送された。  昨年10月17日の瀬戸市文化センターで行ったコンサート以来、約4カ月ぶりの仕事復帰。収録は前日23日に行った。「えー、吉田拓郎です。ごぶさたしております」と元気よくスタート。 . . . 本文を読む
コメント

マイ電気ストーブ(地球温暖化防止も道遠し度80点)

2008年02月24日 | それでも世界は回る
市役所が停電、混乱 「マイストーブ」が原因か 奈良2008年2月22日(金)07:07  奈良市役所で今月18日、停電でコンピューター端末が停止し、窓口業務が混乱した問題があり、職員による電気ストーブの大量使用が原因だった可能性のあることが市の調査で分かった。庁舎内暖房は温暖化防止策で低く設定されており、「寒くて仕事にならない」と多くの職員が足元に“マイ電気ストーブ”を持ち込んでいた。市は . . . 本文を読む
コメント (1)

行政御用達(劇団四季もかなわない度90点)

2008年02月23日 | それでも世界は回る
「道路造れ」特定財源でミュージカル 劇団も困惑気味 (朝日新聞) 2008年2月22日(金)02:17  使い道が限られているはずの道路特定財源がミュージカルに使われていた。国土交通省の委託を受けて制作・上演していたのは「劇団ふるさときゃらばん」。冬柴国交相が国会で「やめる」と言って注目を集めたが、道路整備の啓発ミュージカルって、どんな筋立てなのか。>>続きを読む この「劇団ふるさと . . . 本文を読む
コメント

mini review 08280「キムチを売る女」★★★★★★★☆☆☆

2008年02月22日 | 座布団シネマ:か行
中国北部の片田舎でキムチの露天商をして幼い息子と細々と暮らす韓国系中国人の女性の孤独と絶望をストイックな演出と詩情豊かな映像で綴る異色ドラマ。監督は、自身も韓国系中国人でこれが長編2作目のチャン・リュル。 「わたしのこころがゆっくり死んでいく」という主人公の哀切さ。 中国の若手監督で一番好きなのは、ジャ・ジャンクー監督だ。 中国山西省の小さな村で生まれたジャ・ジャンクーは、文革以降の、資本制に . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (6)

mini review 08279「歌謡曲だよ、人生は」★★★★☆☆☆☆☆☆

2008年02月21日 | 座布団シネマ:か行
昭和を代表する歌謡曲をモチーフに、11人の個性豊かな監督たちが大胆な発想で撮りあげた短編オムニバス。『ウォーターボーイズ』の矢口史靖監督と妻夫木聡が久々にタッグを組んだ『逢いたくて逢いたくて』、漫画家としても活躍する蛭子能収が武田真治を主演に迎えた『いとしのマックス/マックス・ア・ゴーゴー』など、ユニークな12作品が勢ぞろい。昭和テイストあふれる曲とストーリーが見事に融合したアンサンブルを楽しめる . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (11)

mini review 08278「サイドカーに犬」★★★★★★☆☆☆☆

2008年02月20日 | 座布団シネマ:さ行
芥川賞作家、長嶋有のデビュー作を映画化した、心温まるヒューマンドラマ。『雪に願うこと』の根岸吉太郎監督が1980年代の夏を舞台に、内気な少女と破天荒な女性の心の交流を優しくつづる。2年ぶりの映画出演となる竹内結子がヒロインを好演し、さばさばした勝ち気な女性という役でこれまでにない魅力を発揮。子役の『ハリヨの夏』の松本花奈と息の合った芝居をみせる。等身大の登場人物たちの悩みや苦しみが共感を呼ぶ。[も . . . 本文を読む
コメント (10)   トラックバック (42)

mini review 08277「街のあかり」★★★★★★★★☆☆

2008年02月19日 | 座布団シネマ:ま行
『浮き雲』で人間賛歌を、『過去のない男』で再生のドラマを語ったフィンランドの名匠アキ・カウリスマキの“敗者三部作・最終章”。人間性の回復をテーマに、街の片隅で生きる男の生き様が描かれる。『過去のない男』や『10ミニッツ・オールダー 人生のメビウス』のカウリスマキ監督編にも出演したヤンネ・フーティアイネンが孤独な主人公を好演。チャップリンの名作『街の灯』へのオマージュも込められた、感動的なヒューマン . . . 本文を読む
コメント (30)   トラックバック (29)

mini review 08276「ボルベール<帰郷>」★★★★★★★☆☆☆

2008年02月18日 | 座布団シネマ:は行
カンヌ映画祭で最優秀脚本賞と最優秀女優賞を受賞し、各映画賞を席巻している珠玉のヒューマンドラマ。母として、娘としてのままならない人生をたくましく生きる女性たちの生き様を描き上げる。監督は『バッド・エデュケーション』のペドロ・アルモドバル。主演はアルモドバル監督と『オール・アバウト・マイ・マザー』以来の顔合わせとなるペネロペ・クルス。アルモドバルらしいビビッドな色彩の中で展開する人生賛歌を堪能できる . . . 本文を読む
コメント (33)   トラックバック (60)

mini review 08275「大日本人」★★★☆☆☆☆☆☆☆

2008年02月17日 | 座布団シネマ:た行
ダウンタウンの松本人志が、企画・初監督・主演を務めて撮り上げた長編映画。映画配給会社の松竹とタッグを組み、映画製作に乗り出した吉本興業の第1作目でもある本作は、松本自身の考える“ヒーロー像”を描いた異色作。脚本は松本の盟友で人気放送作家の高須光聖との共同執筆。出演は竹内力、UA、神木隆之介、後輩芸人でもある板尾創路。あくまでテレビの延長線上と位置づけ、面白さを追求するコンセ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (32)

38日目「山本武夫展ー美人画と舞台美術ー(目黒区美術館)」/目黒

2008年02月16日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ 目黒で待ち合わせは、いつも西口の喫茶WESTね。 キミオン叔父 うん。まあ、僕の雰囲気にはちょっとあわないほど、上品な店なんだけどね。ウインナーコーヒーがおいしくて、おかわり自由だからね。ケーキもおいしいし。だから、目黒シネマで2本立ての名画を観てさ、で映画館にあるチラシをぜーんぶ持ってきてさ、それをぐだぐだ読んでいる時間が最高なんだ。 でもねぇ、悲しい事が発覚してさ、ここ4月から全面 . . . 本文を読む
コメント (2)

全裸宣言!(ショコタンは軽くていいな度90点)

2008年02月15日 | それでも世界は回る
しょこたん公約、全裸で商店街走る2008年2月12日(火)09:47 (日刊スポーツ)  歌手中川翔子(22)がストリーキング宣言!? 11日、都内でプレミアライブを開催したしょこたんが、3月19日に発売される初アルバム「Big☆Bang!!!」でチャート1位を獲得できれば全裸で商店街を走ることを大胆公約した。  ライブ途中での取材会から興奮していた。実は焼き肉を食べた直後のぽっこり . . . 本文を読む
コメント