サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

199日目「きらめく装いの美/香水瓶の世界(東京都庭園美術館)」目黒

2010年10月31日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ おじさん、鼻は効くほう?キミオン叔父 うん?嗅覚が優れてるかってこと?まあ嗅覚といっても刑事のような世界から、グルメの世界まであるからなぁ。単純に、五感のひとつの生理的な嗅覚よ。それがさぁ、よくおばさんにも叱られるんだけど、冷蔵庫の中の腐りかけのものとかあるだろ、おばさんは匂ってみればわかるじゃないのというんだけど、オジサンは嗅げないの。なにそれ。嗅覚障害?そうじゃなくってさ。無意識に . . . 本文を読む
コメント (2)

国際機関アンクル/野沢那智(声優)/72歳

2010年10月30日 | 毎日がメメント・モリ
<訃報>野沢那智さん72歳=俳優 声優、演出でも活躍 毎日新聞 10月30日(土)18時56分配信  アラン・ドロンの吹き替えなどで知られた俳優の野沢那智(のざわ・なち、本名・のざわ・やすとも)さんが30日、肺がんのため死去した。72歳。葬儀は近親者のみで行う。後日しのぶ会を開くが、日取りは未定。喪主は長男で俳優の聡(そう)さん。 東京都出身。1958年、演出家を目指 . . . 本文を読む
コメント

mini review 10497「17歳の肖像」★★★★★★★☆☆☆

2010年10月29日 | 座布団シネマ:さ行
イギリスの人気記者リン・バーバーの回想録を基に、ベストセラー作家のニック・ホーンビィが脚本を手掛けた注目の青春ムービー。年上の男性と劇的な恋に落ち、それまでの人生が一転する少女の変化と成長を描く。賢くキュートなヒロインを演じるのは『プライドと偏見』のキャリー・マリガン。その幸運な相手役に『エスター』のピーター・サースガード。傷ついてもしっかりと前を見つめて進んで行く主人公の凛(りん)とした姿がすが . . . 本文を読む
コメント (8)   トラックバック (37)

mini review 10496「時をかける少女」★★★★★☆☆☆☆☆

2010年10月28日 | 座布団シネマ:た行
今まで何度も映像化・映画化されてきた筒井康隆原作のSF短編小説「時をかける少女」を新たな視点で映画化した上質の青春映画。母の代わりに1970年代にタイム・リープした娘の切ない体験を丁寧に描写する。ヒロインを演じるのは、アニメーション版『時をかける少女』でも主人公の声を担当した仲里依紗。その相手役の純朴な青年を『ROOKIES -卒業-』の中尾明慶が演じている。今も昔も変わらない人を思う気持ちにじん . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (39)

トップ・ライト/コロンビア・ライト(漫才師)/83歳

2010年10月27日 | 毎日がメメント・モリ
訃報 コロムビア・ライトさん83歳=トップさんと漫才 毎日新聞 10月26日(火)21時23分配信 拡大写真 コロムビア・ライトさん コロムビア・ライトさん83歳(<本名・鳥屋二郎=とりや・じろう>漫談家)26日死去。葬儀は近親者で行う。  東京都生まれ。1949年にコロムビア・トップさん(故人)と漫才コンビ「青空トップ・ライト」(後に「コロムビア・トップ・ライト」 . . . 本文を読む
コメント

mini review 10495「牛の鈴音」★★★★★★★★★☆

2010年10月26日 | 座布団シネマ:あ行
韓国で観客動員数累計300万人という大ヒットを飛ばし、インディペンデント映画初の興行成績第1位、歴代最高収益率を誇る感動のドキュメンタリー。農業の機械化が進む中、牛とともに働き、農薬も使用せず、頑固に昔ながらの方法で畑を耕す老夫婦の日常を静かに見つめる。これが初監督作となるイ・チュンニョルは、3年余りの月日を費やして本作を完成。ただ黙々とともに働き、心を通わせる牛と翁の何げない日常が観る者の琴線に . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (19)

第五十八話

2010年10月25日 | 夢脳
なにやらお通夜が営まれている。自宅の一室でひっそりと執り行われているが、誰なのか私にはわかっていない。焼香をあげて外に出ると、M嬢がいる。眼を泣き腫らしているので、彼女の知り合いかもしれない。M嬢は付き合ってほしいところがある、と言って私を古びたスポーツジムのようなところに連れて行く。中に入ってみると、そこはジムではなくなにやら研究所のようなたたずまいで、あちこちで裸体の男女がトレーニングのような . . . 本文を読む
コメント

不適切授業(新米教師たちのなにを考えているんだか度80点)

2010年10月24日 | それでも世界は回る
正解は「妹を殺す」 小学校で不適切授業 杉並 2010年10月24日(日)08:00  東京都杉並区は23日、区立浜田山小学校で女性教諭(23)が3年生の算数の授業中、児童に「妹を殺せば会える」という答えが正解となる不適切なクイズを出題していたと発表した。21日に同校に届いた匿名の投書で発覚した。  区教委によると、教諭はクラス担任で、19日の算数の授業中、21人の児童に . . . 本文を読む
コメント

198日目「ドミニク・ペロー/都市というランドスケープ(東京オペラシティアートギャラリー)」初台

2010年10月23日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ アートギャラリーの今回の若手作家支援の河井美咲はどうよ。キミオン叔父 どうって言われても・・・(笑)。「へたうま」と言ってしまえばそれまでなんだけど、まあ迫力はあるよな。二十歳過ぎの頃かな、ユースホテルに泊まりながら、路上でスケッチブックに描いたドローイングを売ってたらしいよ。それをある彫刻家が目に付けて、それからニューヨークの連中たちに認めたらしいけどね。天真爛漫かもしれないし、草間 . . . 本文を読む
コメント

第五十七話

2010年10月22日 | 夢脳
なにやら数十人が参集して、野原で各自に剣が渡されて、1対1の対戦が行われるようだ。私も当事者のひとりなのだが、中学校の時に体育の時間に剣道をやったことがあるぐらいで、まるで自信がない。各人二回の対戦ということらしいが、私の最初の相手はスナップの草薙君であった。あんまり強そうではないが、たしか時代劇で太刀をやっていたから基本は出来ているんだろうなぁ、と漠然と思う。草薙君も照れ笑いをしながら、それでも . . . 本文を読む
コメント

キグレサーカス(ジンタの音が寂しく響く度80点)

2010年10月21日 | それでも世界は回る
asahi.com:キグレサーカス事業停止 負債総額5億8千万円 - 社会 2010年10月20日19時25分サーカス団体「キグレサーカス」(札幌市中央区、水野利枝社長)が事業を停止したことが20日わかった。19日付で、負債総額は約5億8800万円。今後は任意整理を予定しているという。 帝国データバンク札幌支店によると、キグレサーカスは1942年創業で、木下サーカスやポップサーカスと並ん . . . 本文を読む
コメント

付き添い(一世代離れればうまくいくことは多い度80点)

2010年10月20日 | それでも世界は回る
大学生が付き添い買い物 1人暮らしの高齢者お手伝い 2010年10月20日(水)08:00 (産経新聞)  1人暮らしの高齢者が地域で安心して暮らし続けられるよう、品川区は19日、大学生が買い物に付き添うモデル事業を始めた。5年前に夫が入院して以来、1人暮らしを続ける南品川の入江利子さん(78)に、区内にある清泉女子大1年の鈴木佳子さんと小林涼子さんが、入江さん方から約700メートル先のスーパ . . . 本文を読む
コメント

覚せい剤の久万(洒落にならない弘法も筆の誤り度80点)

2010年10月19日 | それでも世界は回る
裁判員裁判の弁護人逮捕、異例の事態 神戸地裁   覚せい剤を所持したとして、大阪府警に覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された大阪弁護士会所属の弁護士久万知良容疑者(70)が、神戸地裁で公判前整理手続き中の裁判員裁判で弁護人を務めていることが18日、分かった。裁判員裁判の弁護人が逮捕されるのは全国初とみられる。裁判は元暴力団組長が覚せい剤を多数回譲渡するなどしたとされる事件。初公判は未定 . . . 本文を読む
コメント

mini review 10494「霜花店(サンファジョム) 運命、その愛」★★★★★★★☆☆☆

2010年10月18日 | 座布団シネマ:さ行
『卑劣な街』のチョ・インソンと、『カンナさん大成功です!』のチュ・ジンモが共演した壮大な歴史絵巻。高麗時代末期の朝鮮半島を舞台に、陰謀渦巻く宮廷で危険な愛に身を焦がす3人の男女の関係をドラマチックに描く。『マルチュク青春通り』のユ・ハ監督は、本作では豪快なアクションと大胆な同性愛シーンや濃厚なベッドシーンにも挑戦。チョ・インソンの肉体美を楽しむともに、きらびやかな衣装の数々や、見事な剣さばきも堪能 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (6)

197日目「幕末・明治の超絶技巧/世界を驚嘆させた金属工芸(泉屋博古館)」六本木

2010年10月17日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ 大倉集古館で「西洋磁器の誕生」を見てきたけど、今年はマイセン開窯三百年なのね。キミオン叔父 マイセン磁器工房が出来たのは1710年。ドレスデンの近くのアウグストという王様が「磁器」に憧れたんだね。東洋への憧れ。で、柿右衛門などをセッセト模写するんだけど、だんだん西洋が混じってきて、東洋と西洋の微妙なハーモニーを奏でる。なんか「お宝鑑定団」では、よくマイセンが登場するじゃない。で、いつも . . . 本文を読む
コメント