サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

神頼み(1時間前の殺人決意度80点)

2008年03月31日 | それでも世界は回る
「1時間前に決めた」容疑の少年供述 岡山駅突き落とし2008年3月31日(月)15:36  岡山市のJR岡山駅で岡山県職員假谷(かりや)国明さん(38)が線路へ突き落とされて死亡した事件で、殺人容疑で送検された大阪府大東市の少年(18)が岡山県警の調べに対し、事件の約1時間前に「電車にひかせて人を殺そうと決めた。一番近くにいる人を押した」と供述していることがわかった。県警は、計画的な犯行だ . . . 本文を読む
コメント

4万冊に囲まれて/草森紳一(エッセイスト)/70歳

2008年03月30日 | 毎日がメメント・モリ
<訃報>草森紳一さん70歳=評論家 3月29日20時51分配信 毎日新聞  草森紳一さん70歳(くさもり・しんいち=評論家)20日、心不全のため死去。葬儀は近親者で行う。  北海道出身。慶応大中国文学科卒。「婦人画報」などの編集者を経て、美術、写真、文学、漫画など古今東西の文化史の幅広い領域で評論活動を展開した。硬軟の題材に関心を寄せ「物書き」を自称。読書家としても知られた。 . . . 本文を読む
コメント

41日目「コレクションの新地平 20世紀美術の息吹 展(ブリヂストン美術館)」/京橋

2008年03月29日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ ぽかぽかぽか・・・。あったかくなったわねぇ。おじさんっちの桜の樹も満開でしょ? キミオン叔父 そうだね。今年は、開花から満開まで、あっという間だったな。朝、家を出るとき、毎日、すげえなと、その生命力に驚かされていたよ。 あたしは、多摩堤を自転車で走って、あちこちで桜見物をしたわ。ワインを飲みながら時間を過ごしていたら、ついつい土手でうつらうつらしちゃった。 僕は、家の近くにぶらぶら散歩 . . . 本文を読む
コメント (2)

mini review 08287「めがね」★★★★★★☆☆☆☆

2008年03月28日 | 座布団シネマ:ま行
海辺の町を訪れた主人公の女性を中心に、そこで旅館を営む宿の主人、旅館に集う人々などの穏やかな人間模様をつづったヒューマンドラマ。監督の荻上直子を始め、大ヒット作『かもめ食堂』のスタッフが結集。主人公の女性・タエコを『かもめ食堂』にも出演していた小林聡美が、彼女を見守る謎の女性・サクラをもたいまさこが演じる。海を背景にした心地よい風景、おいしそうな食べ物の並ぶ食卓が作品を彩る。[もっと詳しく] 南の . . . 本文を読む
コメント (36)   トラックバック (82)

屁にもふくまれるが(無機洗剤を追放する千載一遇のチャンス度80点)

2008年03月27日 | それでも世界は回る
増える硫化水素自殺 ネット情報 若者あおる 周囲も危険/後遺症の恐れ2008年3月27日(木)16:45  家庭用洗剤などから硫化水素を発生させる自殺がまた起きた。27日、神戸市でアルバイトの男性が図った自殺は家族も巻き込む惨事に発展。インターネット上では「練炭自殺に代わる新しい自殺方法」と紹介され、昨年1年間に少なくとも6人、今年に入ってからはこれまでに9人が命を落としている。男性は浴室の . . . 本文を読む
コメント

ひなたぼっこ(介護が認められないなど言語道断度90点)

2008年03月26日 | それでも世界は回る
春うらら、ひなたぼっこの至福 たかが散歩、されど散歩2008年3月26日(水)18:00  ◇「がんばらない」鎌田さん 空気や景色、大きな力に  春うらら。桜の開花宣言が全国あちこちから届く季節になった。春雨、花冷え……春の天気は気まぐれなだけに、うららかな日差しの日には、思わず外に出たくなる。暖かな春の光の下、「ひなたぼっこ」を考えてみた。【太田阿利佐】  何日か雨が続いた後の晴れ上がっ . . . 本文を読む
コメント

挫折(これが環境立国を標榜する国の現在度80点)

2008年03月25日 | それでも世界は回る
自家発電もうやめた 原油高で旅館もスーパーも2008年3月23日(日)10:34  原油高で燃料費が高騰し、自家発電を取りやめる事業所が相次いでいる。中部電力など10電力によると、04年4月以降に自家発電から電力購入への切り替えは約3800件。出力は計約370万キロワットで、日本最大級の浜岡原発5号機の2.9基分に相当する。電気代を払うより、重油を調達して自家発電をする方が安上がりなため広 . . . 本文を読む
コメント

YOSHIKI無念(高野連の相変わらずのことなかれ主義度80点)

2008年03月24日 | それでも世界は回る
YOSHIKIは母校の応援行けず…高野連から「来場控えて」2008年3月23日(日)07:01  人気ロックバンド、X JAPANのリーダー、YOSHIKI(年齢非公表)が22日、第80回選抜高校野球に初出場した母校の千葉・安房高の応援観戦を急きょ、とりやめた。  X JAPAN制作運営管理委員会によると、球場にファンが殺到する可能性があり、高野連から「現警備体制では対応しきれないので来 . . . 本文を読む
コメント

信用できない(自分と家族と新聞だけは信頼している悲しさ度80点)

2008年03月23日 | それでも世界は回る
企業・人「信用できない」6割  2008年03月21日15時44分  いまの日本には「信用できない企業が多い」と思っている人は60%。「信用できない人が多い」も64%で、企業や人への不信感が目立つ――朝日新聞社が全国3千人を対象に2月~3月上旬に郵送で実施した全国世論調査(政治・社会意識基本調査)で、世の中の信用・信頼が揺らいでいる実態が浮き彫りになった。政治家や官僚への信用は18%と低く、教師 . . . 本文を読む
コメント

mini review 08286「夕凪の街 桜の国」★★★★★★★★★☆

2008年03月22日 | 座布団シネマ:や・ら・わ行
第9回手塚治虫文化賞新生賞、平成16年度文化庁メディア芸術祭漫画部門大賞を受賞した、こうの史代の同名傑作コミックを、『出口のない海』の佐々部清監督が実写映画化したヒューマンドラマ。広島原爆投下から13年後と現代に生きる2人の女性を通して、現在までに至る原爆の悲劇を描く。主演は、若手実力派女優の田中麗奈と麻生久美子。共演には中越典子、藤村志保、堺正章ら多彩な顔ぶれが集結。登場人物たちの人生や何気ない . . . 本文を読む
コメント (26)   トラックバック (59)

私設トイレ(あんたも不法投棄したミャー度80点)

2008年03月21日 | それでも世界は回る
川に尿を垂れ流し、名古屋市15職員が“私設トイレ”使用2008年3月20日(木)21:13  し尿などを収集している名古屋市緑区鳴海町の市環境局緑環境事業所で、職員が、天白川に流れる排水路に尿を垂れ流していたことがわかった。  市は廃棄物処理法違反(不法投棄)の可能性もあるとみて、職員らから事情を聞いている。  同事業所によると、境界の金網に穴を開け、廃材のガードレールを排水路まで通して“ . . . 本文を読む
コメント

大衆感情(抗議の応酬は飽きるまでやればいい度85点)

2008年03月21日 | それでも世界は回る
「橋下知事いじめるな」 直言職員に抗議メール1千通2008年3月19日(水)06:10  大阪府の橋下徹知事に批判的な発言をすると、抗議が殺到する状況になっている。朝礼で橋下知事に直接意見を言った職員には、18日までに1000通を超える抗議のメールが府に届き、府議会での野党議員の発言にもクレームが相次いだ。  「府民の代表に対し礼儀がなっていない」「あんな職員はクビにしろ」 >> 続きは . . . 本文を読む
コメント

宇宙の旅/アーサー・C・クラーク(SF作家)/90歳

2008年03月20日 | 毎日がメメント・モリ
「2001年宇宙の旅」作者、スリランカで死去 3月19日8時36分配信 ロイター 「 拡大写真  3月19日、小説「2001年宇宙の旅」の作者アーサー・C・クラークさんが死去したことが明らかに。写真は昨年1月撮影(2008年 ロイター/Buddhika Weerasinghe)  [コロンボ 19日 ロイター] 小説「2001年宇宙の旅」で知られる英国人サイエンスフ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

異邦人/アンソニー・ミンゲラ/映画監督/54歳

2008年03月19日 | 毎日がメメント・モリ
『イングリッシュ・ペイシェント』の監督、アンソニー・ミンゲラ急死 3月19日6時5分配信 VARIETY 拡大写真 急死したアンソニー・ミンゲラ監督  3月18日、『イングリッシュ・ペイシェント』(96)でアカデミー賞を受賞した映画監督・脚本家のアンソニー・ミンゲラがロンドンで死去した。54歳だった。 盟友シドニー・ポラック監督とアンソニー・ミンゲラ監督の写真 . . . 本文を読む
コメント

mini review 08285「クローズド・ノート」★★★★★★☆☆☆☆

2008年03月18日 | 座布団シネマ:か行
前の住人が忘れていった1冊のノートを読んだことによって、ヒロインが真実の愛に出会うまでを描く感動作。携帯サイトで連載され100万アクセスを突破した雫井脩介の同名小説を基に、1冊のノートによって結ばれていくかけがえのないきずなをつづる。『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督がメガホンをとり、『手紙』の沢尻エリカと『いま、会いにゆきます』の竹内結子が初共演を果たした。運命が巡り合わせる切ないドラマに . . . 本文を読む
コメント (14)   トラックバック (51)