サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 08324「魍魎の匣」★★★★★★☆☆☆☆

2008年08月29日 | 座布団シネマ:ま行

累計500万部を超えるベストセラー・シリーズの映画化第2弾。第49回日本推理作家協会賞に輝き、シリーズ最高傑作の呼び声も高い同名小説を原作に、古書店主の“京極堂”こと中禅寺秋彦と仲間たちが、3つの事件にかかわる恐るべき秘密を追う。監督は『突入せよ!「あさま山荘」事件』の原田眞人。主人公の京極堂を堤真一が演じる。原作者の京極夏彦に「びっくりした」と言わしめた大胆なアプローチと、独特のムードが漂う作品世界を堪能できる。[もっと詳しく]

世の中に不思議なことなど何もないのだよ、kimion20002000君。

ミステリー好きなものたちは、ついつい夜更かしをしてしまう。
謎解きやサスペンスの興奮に入ってしまうと、読み始めるときは今日はこの章でなどと予定しているくせに、頁をめくるのが止められず、気がつけば夜が白々としてくるのだ。
僕も、中学・高校の頃から、そんなミステリー小説好きの一人なのだが、京極夏彦の登場以来、というより京極夏彦のことにデヴュー作「姑獲鳥の夏」(95年)以来の講談社ノベルズ「百鬼夜行シリーズ」を枕元に常備薬のように置くようになってからは、寝床での本の読み方が、がらっと変わってきたのだ。



まず、「百鬼夜行」シリーズはとてつもなく分厚い。その分厚さから「レンガ本」「サイコロ本」などとも愛情を込めて、呼ばれている。
枕にできるかどうかは別にして(笑)、僕がいま枕元に置いている「塗仏の宴」なんかは上下巻に分かれているとはいえ、1248頁という厚さなのである。
で、僕が京極夏彦を読むときは、だらだらだらだらと、読み続けるのである。
これがまた、寝入りばなに、ちょうどいいのだ。



たしかに、延々と続く哲学問答や衒学めいた妖怪論議などが睡魔を誘うこともあるのだが、難解な思想書などを読みながら、睡眠薬がわりにしていくのとは少し異なる。
このシリーズを通底する物語そのものが、夢でもあり、現でもあり、というところで、つねに登場人物たちの存在基盤そのものが妖しく揺れ動いており、なにが本当のことなのか、もう意識そのものが薄明の中で朧に翳んでいくような、靄がかかっているような、そういう気分に包まれるのだ。
だから、ストーリーを追うとか、トリックを見破るとかいうことよりも、たまたま開いた頁に目を落としながら、すぐに、京極夏彦の物語世界に棲みついている、妖怪や霊や精たちがこちらに入り込んでくる始末なのだ。
「この世に不思議なことなど何もないのだよ、kimion20002000君」などと、京極堂の主でありかつ「憑き物落とし」士でもある中禅寺秋彦に冷笑されながらも、寝入りばなの入眠現象に似て、どこからどこまでが読書をしているのか、半分寝入っているのか、物語から連想される妄想の世界に入っているのか、わからないような状態になってしまう。
それは、とても心地よいことでもある。



その京極夏彦の百鬼夜行シリーズで映画化されたのが「姑獲鳥の夏」(05年)であり、監督はあの「ウルトラマン」シリーズやATGを中心にした耽美派作品で一世を風靡した、鬼才実相寺昭雄であった。
京極堂店主中禅寺秋彦に堤真一、その妹で編集者の中禅寺敦子に田中麗奈、過去を幻視できる唯我独尊の探偵榎木津礼二郎に阿部寛、荒れる刑事木場修太郎に宮迫博之などなど、病気で永瀬正敏から椎名桔平にキャスティング変更されたいつも馬鹿にされる小説家関口巽をのぞいて、御馴染みの登場人物は変わらず、この2作目「魍魎の匣」は、監督が原田真人にチェンジされた。



原田真人のこの作品における最大の工夫は、昭和27年に生起するこの物語の舞台を再現するために、大幅に中国上海ロケを取り入れたことだ。
実はそのことは、公式サイトを読むまでは気づかず、僕はどうやってこういうセットを造ったのかに、感心しきりであったのだ。
CGとVFX再現を見慣れた現在だが、「魍魎の匣」では、砂埃が舞い上がっているような、終戦から10年足らずの日本の回復期の、たぶんそのころにしかなかったであろう夢幻のような造形が、見事に誂えてあるのだ。
予算の問題などを考えても、なかなか日本では再現しにくいものを、上海を舞台にロケシーンとセットシーンをうまく組み入れたのであろう。
昭和27年といえば、ほぼ僕の生まれた頃の物語である。
なんとなく懐かしい、けれど虚構も含めたある一瞬の異国性をも含みこんだ不思議な景観の中で、役者たちがいきいきと演技をしている。



映画は、原作を大きく換骨奪胎している。
大部のノベルスであり、登場人物も複雑に入り組んでいるから、そのことに何の問題もない。
後半の美馬坂近代研究所のマッドサイエンティストである美馬坂幸四郎博士(柄本明)の過剰な演技や、それ自体が「魍魎の匣」であるかのような、あるいは奇怪な不死の生命体であるかのような、崩壊する研究所の中での対決のシーンは、ちょっと子どもっぽいサービス精神が過剰すぎるかなと思うが、映画やノベルズですっかり御馴染みになった登場人物たちのキャラクターを追っていくのは、愉しいものがある。



物語そのものは、美少女が誘拐され、手足がばらばらにされ、匣詰めにされるという、猟奇的な怪奇事件といった傾向が強いものである。
そこに、軍で人間機械(人工兵士)を研究する博士や、人肉食嗜好を持ってしまった博士の助手や、人気の映画女優でありつつ謎の行動を続ける美女や、「穢れ封じ御筥様」を信奉する教団がからんだりしながら、妖しげな京極ワールドが炸裂する。



映画ではかなり改変されているとしても、僕が気に入ったシーンは、ふたつある。
ひとつは、楠本頼子(谷村美月)と柚木加奈子(寺島咲)という仲良し中学生が、事件に巻き込まれ悲惨な境遇を辿るのだが、少年言葉の財閥の娘である加奈子と、不幸な家庭環境で暗い性格の頼子が、「互いが互いの生まれ変わり」と寄り添い合う姿に、なんともいえないエロスが感じられるところである。
ことに寺島咲は、大林宣彦の秘蔵っ子ということだが、不思議な魅力が備わっている。
もうひとつは、普段は京極堂で引篭もって古今東西の書や資料を読み漁っている中禅寺秋彦が、教団に乗り込んで、教主相手に「憑き物落とし」をするシーンだ。
ここでは、陰陽道の術なのかどうか、怨霊沈めの言霊を饒舌に繰り出しながら、邪気を退散させるため、京極堂は迫力あるパフォーマンスを仕掛けることになる。
ここでの堤真一の空間を支配するような緊張感のある演技は、なかなか堂に入っている。



ぼんやりとした境界の中に、人を惑わす怪異が存在する。
それは不思議なことでもなんでもないのだよ、kimion20002000君。
君っていう存在そのものは、もともとあやふやなものであり、単に記憶に頼っているだけであり、その記憶だって、本当に君が経験したことかどうかは、分からないんだよ。
君が狂っているのか、世界が狂っているのか、いったい誰が、判定できるというのかね。
毎日のように寝床で、どこから読み始めたら続きなのかが半ばわからなくなりながら、文字が朧気に躍り出してくる。
京極堂の思考方法が、自分の脳細胞に、じわりじわりと、浸透してくる。
京極夏彦の文体の特徴は、主要な登場人物のそれぞれの饒舌な叙述が、入れ子のように組み合わされて表現されていることだ。
もう半ば夢の世界に入りつつある僕の思考も、いつしかその分厚いノベルズに溶解するようになり、どこまでが京極夏彦の小説で、どこからが自分の脳が紡いだ幻想なのかが、いつのまにか判然としなくなっていくのだ。


コメント (10)   トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
« mini review 08323「KIDS」... | トップ | さば読み(騙し続けて欲しか... »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました。 (sakurai)
2008-09-01 10:06:14
京極堂は、二度ほど挑戦しましたが、断念しました。
読みきれませんでした・・・・。
なので、2時間ちょっとで、かの世界に浸れるのは、ずいぶんお得だなと思って鑑賞でした。
原田眞人版は、ずいぶんとっつきやすくなったなあとの感でしたが、これっていいことなんでしょうか。
sakuraiさん (kimion20002000)
2008-09-01 14:00:32
こんにちは。

>原田眞人版は、ずいぶんとっつきやすくなったなあとの感でしたが、これっていいことなんでしょうか。

どうなんでしょう。賛否両論ありますね。
京極さんはアートディレクションもなさる方ですから出版に関しては厳格ですが、他の媒体に関しては、別物だからお任せします、というスタンスですね。
実相寺さんの第1作も、原田監督にとっては、やりやすい部分とそうでない部分と両方あったでしょうね。
京極ファンにとっては、映画の「わかりやすさ」は、賛否両論があることでしょうね。

Unknown (りお)
2008-09-02 01:03:53
原作オタクとしてはなかなか切ない出来でした。
あの世界観を映像化しようとするのが無茶なのでしょう。
別物と思った方が幸せですね…
りおさん (kimion20002000)
2008-09-02 02:13:18
こんにちは。
そうですね。
京極世界の入門版のようなものかもしれませんね。
江戸川乱歩の怪奇小説は、基本的には短編からの料理になりますが、京極さんの場合は、長編が主になりますから、ことに難しいでしょうね。
こんばんわ。 (michi)
2008-09-15 03:59:57
TBありがとうございました。

>哲学問答や衒学めいた妖怪論議

私は、映画を観た感想がまさにこれで、
最後は自分が理解しているかどうかもわからなくなっていました 汗。
それでスッキリするために原作を読もうとしたのですが、あっけなく挫折。。。
面白そうなのにその世界に入れない自分がもどかしいです。
michiさん (kimion20002000)
2008-09-15 19:16:23
こんにちは。
京極さんのノベルズシリーズは、ほとんど同じ時代の(昭和20年代後半)のものなんですが、いくつかの小説群が、もちろん単独でも読めるのですが、微妙に重なっているんですね。
1冊も大部だし、だから好き嫌いというよりも、もしかしたら京極世界に淫するような、タイミングみたいなものがあるのかもしれませんね。
TBありがとうございました(遅 (さぼりーまん)
2008-11-19 17:33:28
自身のブログの設定が悪く、今更のお礼です。m(__)m
女子中学生の部分はおっしゃるとおり!
私はこの二人をまったく知らなかったのですが、いまや結構美少女系で有名のようで・・・

しかし、やはり私は好きになれないです。中国ロケなど努力は認めますが・・・(何様?
さぼりーまんさん (kimion20002000)
2008-11-19 23:31:31
こんにちは。
僕は、京極ファンなんで、単純に、監督は誰でもいいから、もっと映画化に挑戦してくれと・・・(笑)
TB有難うございました。 (オカピー)
2008-12-11 03:49:42
ミステリーを読まなくなって20年くらい経ち、京極夏彦もその例に漏れないのですが、ポー、ヴァン・ダイン、江戸川乱歩、小栗虫太郎・・・ミステリーの衒学傾向を引き継いでいそうなところが嬉しいですね。

妖美で大がかりな仕掛けもあるところは江戸川乱歩風。
映画はなかなか気に入りましたが、原作も面白そうですね。こういうのを見ると、到底映画化できないだろうと思っていた小栗の全編衒学オンパレード作品「黒死館殺人事件」なんかも映画化できるかもと期待したくなります。

>上海ロケ
中国にしか見えないという人も多いですが、そういう意見の人に限ってその時代をよく知らない若い年齢層のような気がします。
僕も海外にロケをしているとは気付かなかったですね。
古い欧州を描く作品がチェコにロケしているケースの多いことには気付いていたのに。
オカピーさん (kimion20002000)
2008-12-11 10:01:26
こんにちは。
日本ではやはり、「ドクラマグラ」「虚無への供物」「黒死館殺人事件」の本格映画化が待たれます。

コメントを投稿

座布団シネマ:ま行」カテゴリの最新記事

41 トラックバック

魍魎の匣 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました <新宿ミラノ> 監督・脚本:原田眞人 原作:京極夏彦 戦後7年の東京。探偵の榎木津礼二郎は、元映画女優の柚木陽子から娘の捜索を依頼される。同じ頃、売れない作家の関口巽は、少女バラバラ連続殺人の記事を書くために、記者の中禅寺敦子と新興宗教“...
魍魎の匣 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ハコの中には 何がある?』  コチラの「魍魎の匣」は、京極夏彦さんのベストセラー京極堂シリーズ映画化第2弾となる、12/22に公開されるすべての人の想像を超える超高速展開サスペンス!!なのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ~♪  2005年に公開された「姑...
魍魎の匣/堤真一、阿部寛 (カノンな日々)
京極堂シリーズ好きなんですよ。といっても原作は読んだことはないんです。前作「姑獲鳥の夏」は観に行こうと思っていたら堤監督好きで京極ファンのブロガーさんが酷評されてたのでスルーしちゃってDVD観賞にしたんだけど、たしかに期待ハズレというか宣伝負けしてました...
魍魎の匣 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
京極夏彦さんの本が大好きなので、原作は刊行当時に読んでいま~すでも内容はうろ覚え(汗)・・・映画を楽しむには丁度いいよねっ【story】戦後間もない東京で、美少女連続殺人事件が発生。引退した元女優・陽子(黒木瞳)の娘も姿を消し、探偵の榎木津(阿部寛)が行方...
『魍魎の匣』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「魍魎の匣」  □監督・脚本 原田眞人 □原作 京極夏彦「魍魎の匣」 □キャスト 堤 真一、阿部 寛、椎名桔平、宮迫博之、田中麗奈、黒木 瞳、柄本 明、宮藤官九郎 ■鑑賞日 1月13日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5...
魍魎の匣 (ネタバレ映画館)
戦時中、日本軍はゾンビ兵計画を企てていた?
「魍魎の匣」試写会 (今日という一日。)
友達からのお誘いで「魍魎の匣」の試写会に行ってきました。ベストセラー小説「京極堂(百鬼夜行)シリーズ」。いくつかの謎が絡み合うミステリーです。 ストーリーの前半は登場人物の把握に加え、時間軸が行ったり来たりして、かなり頭を使います。ラストになってハコ...
魍魎の匣 (迷宮映画館)
京極の題名は、変換で出てこない・・・。
魍魎の匣 (Akira's VOICE)
原作ファンの皆さん! 予習はしないでおきましょう!
魍魎の匣(映画館) (ひるめし。)
すべての謎はハコの中
『魍魎の匣』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
ジェネオン エンタテインメント魍魎の匣の箱[DVDソフト]魍魎の匣スタンダード・エディション(通常版)京極夏彦原作の京極堂シリーズの映画化2作目。前回の実相寺昭雄監督から、原田眞人監督にバトンタッチ。メインキャストはほぼ引き続きなものの関口役は、永瀬正敏か...
「魍魎の匣」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「魍魎の匣」公式サイト京極夏彦原作の第2弾。さしてキャストに違和感感じなくなってるのは1作目の「姑獲鳥の夏」で免疫できてるから??でも 関口役が永瀬正敏から椎名桔平へ変更されててびっくりしました!あんな体格いい関口君て?!て思っ...
魍魎の匣 (● N I K K I ●)
そして一昨日さすがにハシゴ出来なかったので、今日(もう昨日になるのか)ようやく 魍魎の匣 を観てきました! 多少ネタバレあるので観ようと思ってる方はご注意を、、 いやぁーとりあえずびっくりしましたよ。 宮藤さんがこんなに重要な役だったなんて!(笑)...
魍魎の匣 (映画鑑賞★日記・・・)
【魍魎の匣】2007/12/22年公開(2008/01/04鑑賞)製作国:日本 監督:原田眞人原作:京極夏彦 『魍魎の匣』(講談社刊)出演:堤真一、阿部寛、椎名桔平、宮迫博之、田中麗奈、黒木瞳、宮藤官九郎、柄本明日本人はハコ好き。そこにハコがあればあけてみたくなるもの~
魍魎の匣 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
それは決して開けてはいけない匣__箱を祀る奇妙な霊能者。箱詰めにされた少女達の四肢。そして巨大な箱型の建物――箱を巡る虚妄が美少女転落事件とバラバラ殺人を結ぶ。 物語の舞台は1952年の晩夏。東京で行方不明になった少女たちの四肢が、箱詰めで見つかる...
[遅ればせながら、映画『魍魎の匣 』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
▼公開から三週間ほども経過したのだが、いつものMOVIX昭島に『魍魎の匣』を観に行った。 面白かった^^ 私は、原作の京極夏彦著作に人並みにはまった時期があって、京極堂シリーズ第四作の発売『鉄鼠の檻』発刊の時にはサイン会にも赴いたほどだ。 その時、応援...
この結末を君は知ることができない (CINECHANの映画感想)
3「魍魎の匣 もうりょうのはこ」(日本)  戦後間もなくの東京。美少女連続殺人事件が世間を騒がしている。そして元・女優、陽子の娘が行方不明になり、探偵・榎木津が捜査を依頼される。一方、作家・関口と記者・敦子は、不幸を匣(はこ)に封じ込める謎の教団の陰謀...
「魍魎の匣」 (てんびんthe LIFE)
12月17日「魍魎の匣」試写会 一ツ橋ホールで鑑賞 前作もみていないし、京極作品も読んでいないので、この作品がどうのといえないんですが、豪華キャストをみる作品ですかね? ミステリーなんでしょうが、匣のなかは結局よくわからなかったし(ちょっと寝たかしら...
魍魎の匣 (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
もうすぐ終わるので観てきました。 1945年、海軍中尉の榎木津は味方が全滅した戦場で久保という兵士に出会い、行動を共にする。その道中、至近距離で炸裂した照明弾で左目をやられた榎木津は、他人の過去を見る能力を身につける。榎木津が見た久保の過去は、「ハコ」の女...
魍魎の匣 (そーれりぽーと)
豪華なキャスティングと、東京事変の曲に誘われて『魍魎の匣』を観てきました。 ★★★ 京極堂シリーズ第二段なのか… えー!これって『姑獲鳥の夏』と同じシリーズだったの? などと、観終わって帰ってから気がついた俺。 いくら『獲鳥の夏』が★1個しか付けない程に面...
魍魎の匣 (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞魍魎の匣 2007年/日本/133分 監督: 原田眞人 出演: 堤真一/阿部寛/椎名桔平/宮迫博之/田中麗奈 公式サイト 昭和27...
★「魍魎の匣」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週は平日連休が取れたので、シネコンはしごでもう2本。 その1本目。 ヤケに難しい漢字ばっかり使う京極夏彦原作の映画化第二弾。 第一弾の「姑獲鳥の夏」も劇場鑑賞したけど、記憶薄っ。
魍魎の匣 (風我)
“ハコの中には何がある?” 京極夏彦原作、『姑獲鳥の夏』(2005年 日本ヘラルド映画)に次ぐ映画シリーズ第2弾。 1945年、太平洋戦争末期―。戦場で命を長らえた海軍中尉 榎木津礼二郎(阿部寛)は、屍骸に埋もれ身を隠す久保竣公(宮藤官九郎)なる一兵卒を...
「魍魎の匣(もうりょうのはこ)」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「魍魎の匣(もうりょうのはこ)」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:堤真一、阿部寛、椎名桔平、宮迫博之、田中麗奈、黒木瞳、マギー、堀部圭亮、荒川良々、笹野高史、大森博史、大沢樹生、右近健一、寺島咲、谷村美月、清水美砂、篠原涼子...
魍魎の匣☆独り言 (黒猫のうたた寝)
監督が違うと、これだけカラーが変わるのか~っと・・・思った京極夏彦原作の『魍魎の匣』これ、実は原作読んでしまったんだなぁ~でも、結構忘れてる部分もある(笑)原作の感想はこれかつて、榎木津が視えるようになったきっかけは戦時中・・・ある男久保と遭遇したこと...
「魍魎(もうりょう)の匣(はこ)」(2007・日) (ほぼ映画感想、ときどき舞台レビュー)
京極夏彦の「京極堂」シリーズ二作目が 監督および関口役を変えて再び映画化。 「魍魎の匣」映画版、やっと観ました。 久々に原作を読み直してから観るか~、と本を読んでから 映画館に行ったのですが。 ……あまり意味がなかった。 というのは、多少設定が同じ...
映画 【魍魎の匣】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「魍魎の匣」 京極夏彦のベストセラー・シリーズの映画化第2弾。 おはなし:戦後間もない東京で美少女連続殺人事件が発生。引退した元女優・陽子(黒木瞳)の娘も姿を消し、探偵の榎木津(阿部寛)が行方を追うことになる。一方、作家の関口(椎名桔平)と記...
魍魎の匣 (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「魍魎の匣」の感想です
「魍魎の匣」:豊洲駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}遠くのほうにぼんやりと浮かび上るあの建物は何かしら? {/kaeru_en4/}うーん、魍魎の匣かな。 {/hiyo_en2/}そんな縁起の悪いこと、言わないでよ。「魍魎の匣」は映画だけでたくさんよ。 {/kaeru_en4/}でも、意外におもしろかったぜ、原田真人の「魍魎の匣」...
『魍魎の匣』 @丸の内TOEI (映画な日々。読書な日々。)
戦後間もなくの東京。元・女優、陽子の娘が行方不明になり、探偵・榎木津が捜査を担当していた。一方、作家・関口と記者・敦子は、不幸を匣(はこ)に封じ込める謎の教団の陰謀を掴むべく調査していた。更に巨大なはこ型の建物の謎を追う刑事・木場。全ての事件は、複雑に
日本?(映画/試写会:魍魎の匣) (美味!な日々)
映画『魍魎の匣(もうりょうのはこ)』の試写会に行ってきました。原作はいわずと知れた京極夏彦の京極堂シリーズ。分厚すぎて読んだことありませんけどね(笑)。。ちなみに映画1作目も観ておりません。。。
【映画】魍魎の匣 (新!やさぐれ日記)
■状況 シネマックス足利店にてレイトショウで観賞 ■動機 篠原涼子ファンに連れられて ■感想 いや、面白かったんだが、なんだろう・・・ ■あらすじ 戦後間もない東京で、美少女連続殺人事件が発生。引退した元女優・陽子(黒木瞳)の娘も姿を消し、探偵の榎木...
魍魎の匣 (とりあえず、コメントです)
京極夏彦氏のベストセラーが原作の『姑獲鳥の夏』に続くシリーズ第2弾です。 実相寺監督の前作とはガラリと変わった雰囲気で楽しかったです(^^) ある日、元女優の柚木陽子(黒木瞳)の娘加奈子が失踪した。 その失踪には遺産騒動が絡んでいると感じた彼女は、娘を救う...
今回の事件はまるで魍魎だ! (Ondul Blog ver.β)
映画 『魍魎の匣』 感想2008年1月5日、記念すべき今年一発目に鑑賞した映画です。 一言で言えば、見る人を選ぶ映画ですね。キャスティングだけ見て安易にこれをチョイスすると痛い目に遭うかも(笑前作以上にコアな人向けというか、この『お好きな人だけどうぞ♪』ってい...
「魍魎の匣」映画館レビュー 映画愛 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
久々の映画館で映画。映画を観て、幸せ。
魍魎の匣 (caramelの映画日記)
【鑑賞】丸の内TOEI 【公開日】2007年12月22日 【製作年/製作国】2007/日本 【監督】原田眞人 【出演】堤真一/阿部寛/椎名桔平/宮迫博之/田中麗奈/マギー/黒木瞳/宮藤官九郎/柄本明/寺島咲/谷村美月 【原作】京極夏彦「魍魎の匣」 戦後間もない東...
映画評「魍魎の匣」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・原田眞人 ネタバレあり
【映画】魍魎の匣…何故ここまでアレンジしたのか…その答えを知ることの方が難解!? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
毎回記事の冒頭には近況だの雑談だの書く私ですが… 今回映画記事の内容が長すぎて、投稿限界イッパイイッパイなのです{/ase/} なので早速、本日{/hiyoko_cloud/}は映画鑑賞記録です{/ase/} 「魍魎の匣」 (監督:原田眞人、出演:堤真一、阿部寛、椎名桔平、2007年...
『魍魎の匣』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ戦後間もない東京で、美少女連続殺人事件が発生。引退した元女優・陽子(黒木瞳)の娘も姿を消し探偵の榎木津(阿部寛)が行方を追うことになる。一方、作家の関口(椎名桔平)と記者の敦子(田中麗奈)は不幸をハコに閉じ込める教団に遭遇。榎木津、関口、敦子ら...
映画『魍魎の匣』(お薦め度★★) (erabu)
監督・脚本、原田真人。2007年日本。ホラー映画。出演、堤真一(中禅寺秋彦・京極
魍魎の匣 87点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
分かいドライバー 公式サイト 京極夏彦の看板シリーズである『京極堂シリーズ』から、2005年に実相寺昭雄監督により映画化された『姑獲鳥の夏』に続き、シリーズ二作目の同名小説を原田眞人監督により映画化。 原作の京極堂シリーズは、文庫で見るとタテだかヨコだ...