サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年もそろそろ終わりです。来年もよろしく。

2007年12月31日 | みなみなさまへ
今年もそろそろ終わりです。 今日は朝から葉山にドライブしてまいりました。 葉山の家の主が、九州に里帰りしており、残されたグッピー嬢たちに、餌をあげにいくのが目的です。 本当は何日か、葉山に詰める予定でした。 20年近く葉山で飼っていたポチ君が、この半年あまりさすがに介護が必要となったからです。 主が10日ほど年末年始に里帰りをするので、その間の何日間か介護をシェアしようという予定でした。 けれ . . . 本文を読む
コメント (1)

予定原稿(アメ横は不滅です度80点)

2007年12月30日 | それでも世界は回る
「ここは安くてありがたい」アメ横に買い物客50万人2007年12月30日(日)20:46 (読売新聞)  東京・上野の「アメ横商店街」は30日、正月用の食材を求める家族連れなど50万人以上の買い物客でにぎわった。  カニやマグロが並んだ海産物店はどこも客でごった返し、「早くしないと無くなっちゃうよ」と、威勢良く客を呼び込む店員と値切りのやり取りを楽しむ、年末恒例の姿があちこちで見られ . . . 本文を読む
コメント

メラトニン(メールチェックの中味にもよるかも度)

2007年12月29日 | それでも世界は回る
本当?就寝前のメールチェックは不眠のもと2007年12月29日(土)18:48  【ロンドン=森千春】「就寝前に電子メールを読むと、不眠の原因になる」――。28日付の英紙デイリー・テレグラフは、エディンバラ睡眠センターのクリス・イジコフスキ博士によるこんな研究結果を報じた。  コンピューターなど電子機器からの光が、睡眠を誘うホルモン「メラトニン」の分泌を妨げ、脳が眠りに向かうための準備が止 . . . 本文を読む
コメント

火薬庫の宿命/ベジナル・ブッド(元パキスタン首相)/54歳

2007年12月28日 | 毎日がメメント・モリ
ブット元首相暗殺 数発発砲し自爆 車に乗り込む直前狙う2007年12月28日(金)09:49  爆発で投げ出された血まみれの遺体と逃げまどう支持者、燃えさかる炎…。ブット元首相が暗殺された集会所は惨状と混乱を極め、救急車のサイレンと怒号がけたたましく鳴り響いた。  ロイター通信は現場の警察官の話として、「自爆テロ犯はブット元首相の車に向かって拳銃を発射し、ブット元首相がしゃがんでのけぞる . . . 本文を読む
コメント

鍵盤の皇帝/オスカー・ピ-ターソン(ジャズピアニスト)/82歳

2007年12月27日 | 毎日がメメント・モリ
「鍵盤の皇帝」オスカー・ピーターソン氏が死去 12月25日11時12分配信 読売新聞  【ニューヨーク=佐々木良寿】20世紀最高のジャズピアニストの一人で、「鍵盤(けんばん)の皇帝」と呼ばれたオスカー・ピーターソン氏が23日、カナダ・トロント郊外のミシソーガの自宅で死去した。82歳だった。  死因は腎不全。AP通信などが伝えた。  ピーターソン氏はモントリオール生まれ。独学 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (1)

人手不足(寺院もハイテク化度80点)

2007年12月26日 | それでも世界は回る
除夜の鐘、自動鐘つき機で「ゴ~ン」? 後継難で急増2007年12月26日(水)17:46  無人で鐘を突く機械式の撞木(しゅもく)を採り入れる寺院が増え、今や全国約1600カ所に広がっている。住職が高齢化したり、過疎化で後継者がいなくなったりする突き手不足の中、地域の鐘の音を守りたい住民らの願いがのぞく。タイマーで動く撞木を唯一、製造しているのは奈良市の上田技研産業。日本人の「心のふるさと . . . 本文を読む
コメント

よく闘った!/山本孝史(参院議員)/58歳

2007年12月25日 | 毎日がメメント・モリ
<山本参院議員死去>「命」をテーマに政治活動…悲しみの声 12月23日20時10分配信 毎日新聞  学生時代から交通遺児を支援し、薬害エイズ問題や自殺対策など「命」をテーマに政治活動を続けてきた民主党参院議員、山本孝史さん(58)が22日、亡くなった。「がんイコール、リタイアではない」「命をかけて命を守る」。がん患者であることを国会で告白し、闘病しながら政治家でありつづけた山本 . . . 本文を読む
コメント

30日目「ムンク展」(国立西洋美術館)/上野

2007年12月24日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ メリークリスマス! キミオン叔父 はい、メリクリ!でも、いいのかい、今日はクリスマス・イブだぜ。誘ってくれる人もいなかったのかい? フン。イブにデートなんて、ダサイわよ。 負け惜しみじゃないの?さっきから、周囲のカップルを見る目つきが、挑戦的だぞ。 なーに、言ってんのよ。でも、今年のイブって、なんか大人しいような。 祝日になっちゃってるからなあ。おじさんも若かった時はさ、なんか、昼間か . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

mini review 07270「棚の隅」★★★★★★★☆☆☆

2007年12月23日 | 座布団シネマ:た行
直木賞作家、連城三紀彦原作の短篇を映画化した珠玉の愛の名作。かつて夫婦だった中年の男女が再び出会い、互いに新たなスタートを切るまでの葛藤(かっとう)を描く。主演は『悪夢探偵』など300本以上の作品に出演しているベテランの大杉漣。そのほかの出演者も『無花果の顔』の渡辺真起子や、『嫌われ松子の一生』の榊英雄など実力派たちが顔をそろえる。派手なドラマはないが、等身大の登場人物たちの悩みや迷いが胸にしみる . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (4)

情けない!(たった二日の自殺旅行度80点)

2007年12月22日 | それでも世界は回る
「アキバで死にたい」 グッズ片手に徘徊 兵庫の28歳を保護2007年12月22日(土)04:00  「大好きなアキバで死にたい」と東京・秋葉原をさまよっていた兵庫県尼崎市の無職の男性(28)が、警視庁万世橋署に保護されていたことが21日、分かった。  調べでは、男性は18日夕、自宅で母親(65)にしかられた後、「生きていても仕方がない」と書き置きを残し失踪(しっそう)。20日昼過ぎに男性 . . . 本文を読む
コメント

勝新の育ての親/田中徳三(映画監督)/87歳

2007年12月21日 | 毎日がメメント・モリ
「座頭市」「眠狂四郎」の映画監督、田中徳三さん死去 2007年12月21日11時14分  「悪名」「座頭市」「眠狂四郎」シリーズなどを手掛けた映画監督の田中徳三(たなか・とくぞう)さんが20日、脳出血で死去した。87歳だった。葬儀は近親者で行う。自宅は公表していない。後日、偲(しのぶ)ぶ会を開く。  大阪市生まれ。48年、大映京都撮影所に入り、「化け猫御用だ」(58年)で監督デビュー、市川雷蔵主 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

怖いなぁ(事故調査委員会は外部で度80点)

2007年12月20日 | それでも世界は回る
院内感染で男性、両足などを切断 五所川原市、賠償金支払う /青森2007年12月20日(木)10:41  ◇賠償金1億7180万円支払う  五所川原市立西北中央病院で手術を受けた北津軽郡の30代の男性がメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)に院内感染し、両手指や両足を切断していたことが分かった。市は男性に1億7180万円の賠償金を支払う。  同病院によると、男性は昨年、左ひざ骨折の手術を . . . 本文を読む
コメント

29日目「バードハウス展 小鳥を呼ぶ家」(INAXギャラリー)/京橋

2007年12月19日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ ねぇねぇ、恵比寿のオフィスで時々働いておられたIさんがご結婚されたんだって?! キミオン叔父 うん、サプライズでね。先日、昔の仲間たちが80人ぐらい集まってさ、「祝う会」をやったんだけど。 綺麗な人でしたものね。結構、がっかりして、寝込んじゃった人もいるんじゃないの? Iさんは、50歳にして独身だったからね。男どもよりも、仲良しの女友達たちが「負け犬の会」をつくっていたから、彼女たちの . . . 本文を読む
コメント

たった1日で(吉本芸人は突っ込むぞ度80点)

2007年12月18日 | それでも世界は回る
大阪・難波の新名物「絶叫マシン」、1日で営業休止2007年12月18日(火)11:41  大阪・難波に13日オープンした複合レジャー施設「namBa HIPS(ナンバ ヒップス)」の外壁に取り付けられた絶叫マシン「ヤバフォ」が、運転中に異音がしたとして、オープン翌日の14日夜から営業を休止していることが分かった。解体して原因を調べているが、再開の見通しは立っていない。  施設を運営する平川 . . . 本文を読む
コメント

中韓論争(日本も参戦したらよい度80点)

2007年12月17日 | それでも世界は回る
中韓、ルーツ論争激化 「漢字」「囲碁」「孔子」2007年12月17日(月)19:51  中韓の間で文化の起源をめぐりホットな論争が起きている。「漢字」や「活字印刷技術」「中医(漢方)」の発明は「当然中国だ」「いや韓国だ」と熱が上がる。「端午の節句」「道教」「囲碁」の起源、「古代高句麗」の歴史、さらには「孔子の韓国人説」と争いのタネは尽きない。  中韓両国間の“文化の闘い”は最近、韓国の歴 . . . 本文を読む
コメント