サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 09413「路上のソリスト」★★★★★★★☆☆☆

2009年10月24日 | 座布団シネマ:や・ら・わ行

ロサンゼルス・タイムズの記者スティーヴ・ロペスのコラムを基に、路上に暮らす天才音楽家ナサニエル・エアーズとロペス自身の心揺さぶる魂の交流を描いた人間ドラマ。監督は『つぐない』のジョー・ライト。ナサニエルを『Ray/レイ』のジェイミー・フォックス、ロペスを『アイアンマン』のロバート・ダウニー・Jrが演じる。実話ならではの驚きと感動に満ちた展開と、ハリウッドきっての実力派スター二人による熱演が堪能できる。[もっと詳しく]

誰にも分け隔てなく、耳を澄ます者に、音楽は深い慰藉を与える。

特典映像に、実在のスティーブ・ロペス記者と、天才音楽家ナサニエル・エアーズが登場している。
この二人が隣り合って、言葉を交し合っている光景が、とてもいい。
少しユーモラスに、お互いを気遣いながら、そしてなによりお互いに相手を尊敬しあっているたたずまいがある。
これは、『路上のソリスト』でそれぞれを、ロバート・ダウニー・Jrとジェイミー・フォックスが演じ、そのラストシーンで互いを尊称で呼び合いながら、温かく友情の存在を確認するかのように握手をするシーンと、僕たちにはつながってみえる。



実在のロペス記者は、少しはにかみ屋でユーモアを解する繊細で誠実な男性のように見える。
彼を演じたロバート・ダウニー・Jrは、好きな役者だ。
チャップリンを演じた『チャーリー』(92年)が代表作で、一時期麻薬中毒なども懸念されたが、僕は個人的にはニコール・キッドマンと共演した『毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレート』(06年)の、フリークスの役が印象に強い。
ロスに移住後、地震に見舞われ、離婚も体験し、少し欝におちいっているかのような危機の時期のロペス記者の微妙な感情の揺れを、とてもリアルに演じている。
一方で、実在のナサニエル・エアーズはアーチストとしてとてもいい表情をしている。
彼を演じたジェイミー・フォックスは、盲目のジャズメンであるレイ・チャールズを演じた『Ray/レイ』の見事な演技でアカデミー賞を受けているが、僕たちにとっては、コメディアンでもありミュージシャンでもある才能豊かなタレントだ。
実在のナサニエル・エアーズのカラフルな衣裳をこの作品でも忠実に模倣したのであろうが、あまりに「なりきった」のであろう演技に、本物を垣間見ても区別がつかないほどの(顔立ちではなくたたずまいが)印象があり、さすがだなぁ、と改めて思わせられた。



週刊誌などではときおりすぐれたコラムに唸らされたりするが、日本の新聞で(といって海外の新聞に目を通しているわけではないが)とても不満なのが、ろくなコラムにお目にかかることがないことだ。
最近では、新聞社に所属する記者の「署名記事」という形式も増えてはきているが、名物コラム記者などはいたためしがない。
「ロサンゼルス・タイムズ」に所属していたスティーブ・ロペスのコラム集などを読んだことはないのでわからないが、この作品で窺い知れる独特の文体、人間観察は、多くの読者に楽しみと感動を与えていた名物コラムニスト(ジャーナリスト)であるんだろうな、と推察できる。
想像でしかないが、「シカゴ・トリビューン」のコラムニストであったボブ・グリーンや、東海岸では「ニューヨーク・ポスト」の常連であったピート・ハミルなどは、翻訳本をほとんど読んでいるが、彼らのような人間や街への独特のスケッチが得意な人ではないのかなと思っている。



ナサニエル・エマーズは世界からトップレベルの音楽家が集うジュリアード音楽院を2年で、中退している。
この頃から、幻聴をともなった統合失調症が発現したのが理由らしい。
統合失調症は(以前は日本では精神分裂症と呼ばれていた)世界で2400万人、日本でも7万数千人が症例として認められている。
発症率としては、おおむね0,8%、120人にひとりにあたる。
脳の器質障害なのかどうか、まだはっきりとわかっていないところもある。
昔は電気痙攣療法などが主流で、いろんな問題点が指摘され、現在は薬物療法が中心になっているが、その効果に疑問をさしはさむ向きもある。
近い将来には、分子レベルでの解明ができるのではないかと、期待されてもいる。
症例はいくつかに分類されるが、一般的に「スムーズに話せない」=他人に思考にわりこまれると混乱するとか、「的外れの応答」=他人の問いかけに対して憂鬱になったり的外れの応答をする、などが特徴ともされる。
僕たちが誤解しやすいのは、かりに脳に器質障害が認められたとしても、脳の水準が劣っているわけではないことだ。発達障害ということではない。
たとえば、日本でもコンテンポラリー・アートの第一人者とされ、積極的な表現活動で世界に注目されている草間彌生氏も、統合失調症だといわれている。



『路上のソリスト』で、ロペスの問いかけに対し、早口でずれたような対応を繰り返す(ようにみえる)エマーズの思考回路にも、そういう特徴がすぐに見て取ることが出来る。
ロペスはエマーズの芸術的資質を尊敬するがゆえに、そして偶然なのか必然なのか自分がかかわってしまったがために、善意で一時期施設に入院させて、薬物治療を受けさせようとする。
室内での居住さえも拒み、ガラクタ(生活用品)を山と積み込んだショッピングカートを引きながら、路上生活をよしとするエマーズは激しく抵抗する。
そのことに、ロペスは無力感に苛まれ、戸惑い、怒りも覚えたりする。
このことはとてもよくわかるし、僕も似たような体験をしたことがある。
世界でもっとも路上生活者が多い都市といわれるロスアンゼルス、その象徴とも言えるスキッド・ロウ地区。
ディズニー・ホールの近くのダウンタウンだから、だいだいその場所は僕にも分かる。
略奪者がいる、麻薬の売人がいる、酔っ払いが倒れこんでいる。ゴミ箱をあさっている浮浪者も多いし、あちこちで、諍いと喧嘩が絶えず、安全が脅かされることもある。



そこにあるキリスト教系だろうか、支援センターがあり、ロペスは「チェロ」をプレゼントすることをきっかけにして、エマーズを支援センターに、強引に連れてくる。
そこのさまざまな路上生活者の「病い」に、長く観察しつきあってきた黒人のカウンセラーは、ロペスに諭すように語り掛ける。
「診断なんて役に立たない。必要ないのは、彼を病人扱いする人間だ」
最初は、そのカウンセラーの長い経験からの発言を、ロペスはそれほど理解していないように見える。
多くの心身の病を持った人間たちが、支援センターに集っている。
そこで、エマーズはチェロをひとりで演奏する。
普通であれば「病人扱い」される弱々しげな人たちが、その音にたちまちのように惹かれ、深く癒されているようにみえる。
ロペスがはじめてロスアンゼルス公園で、2弦しかないヴァイオリンを弾くエマーズに思わず引き込まれたように・・・。
あるいは、彼のコラムに感動した老音楽家からエマーズのためにチェロを寄贈され、そのチェロを高速道路の脇で5分間だけ弾いてもいいよ!と渡したら、ベートーヴェンの交響曲三番「英雄」の旋律が響き出し、ロペスが思わず深い癒しを感じたのと、なにも変わらない「病人」たちの反応だった。



『プライドと偏見』(05年)でオースティン、『つぐない』(07年)でイアン・マキューアンという女流作家の原作を見事に文芸映画として発表した英国のジョー・ライト監督だが、『路上のソリスト』では、脚本にスザンナ・グラントを得て、見事なLAを舞台とした現代の「魂と友情の物語」を創り上げたな、と感心する。
ジョー・ライト監督が、引き受けるに際しての条件は、スキッド・ロウ地区の路上生活者や支援センターと協力し合って制作するということだった。
綿密なロケハンもそうだが、支援センターを中心に、彼らの日常の生活に支障をきたさないように、近くに2平方マイルの場所を借り受け、この地区を再現し、エキストラなどに路上生活者を積極的に雇用したのだ。
実在のロペスとエアーズはもちろん、有名なロスアンゼルス交響楽団が全面協力した。
関係者の、温かい配慮や気配りが伝わってくる。



ナサニエル・エマーズとほぼ同時期にジュリアード音楽院に在籍していたのが、チェロの世界的奏者ヨー・ヨー・マであった。
ヨー・ヨー・マは、エマーズと再会を喜び、そっと自分のチェロを置いて、席を離れたという。
エマーズがチェロを弾き出したのをじっと聞きながら、静かに後ろから近づいて、そっと肩に手を置いて、「僕と君とはいっしょの世界を見ているよ」と優しく声を掛けたらしい。
エマーズには「高貴」ななにかがある、とロペスは言う。
それは「恩寵よ、神の愛ね」と別れた妻は言う。
音楽へのピュアな愛。



「信じるものがたったひとつあれば、生きていける」とエマーズは言う。
たとえ、路上生活であろうが、2本の弦しかなくても、街から音が聴こえ、鳩がその羽ばたきで拍手をくれる、と言う。
エマーズが好んだ数々のベートーヴェンの作品。
彼だって、難聴なのに、音を感じて生きてきたのだ、と。
成功しているかどうかは別として、ジョー・ライト監督は、光と色が生命のように音楽の旋律とともに呼吸するような幻想的な映像を、エマーズの崇高な音楽の表現として、編み出してもいる。
ニール・ダイヤモンドの「ミスター・ボージャングル」のサウンドが心いい。
まことに音楽の世界は、少なくともその音楽が響いている間だけは、その音に耳を澄まそうとする者たちに、誰にも分け隔てすることなく、深い慰藉を与えてくれるものなのだ。

kimion20002000の関連レヴュー

毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレート
プライドと偏見
つぐない







コメント (6)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
« mini review 09412「スラム... | トップ | mini review 09414「ミルク... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
下手な (sakurai)
2009-10-26 20:05:28
感動作にするのではなく、結構現実の様相を、客観的に表していたようにも思えました。
そこは、アメリカ人の監督ではないあたりが出てるのかなと。

ロバート・ダウニー・Jrはいい役者になりましたね。
若い時のやんちゃぶりからは、こんなにいい役者になるとは思いもしませんでした。
sakuraiさん (kimion20002000)
2009-10-26 20:16:46
こんにちは。

「アイアンマン」は興行的には成功しましたが、僕は面白くなかったですけどね。
でも、この人の表情の、いいですねぇ。
しみじみしてしまいます。
Unknown (latifa)
2009-10-27 13:40:48
こんにちは~kimionさん。
いつも写真が一杯あって、内容もですが、とても充実した記事をアップしていらっしゃいますね~。

私の借りたDVDには、特典映像がついてなくて、ショック・・・。kimionさんはご購入されたのかな?
あ~あ、、私も実在の方の映像とか見たかったよぉ・・・。
latifaさん (kimion20002000)
2009-10-27 14:45:18
こんにちは。

へえ、そうなの?
普通の特典映像の中に入ってたんだけどな。
別にスペシャル版じゃなくて。

僕はDVDは原則として買いません。
そこまでは、きりがない(笑)

わかんないけど、本人たちはいまもそれぞれ活躍している人だろうから、画像検索でひっかかるんじゃないかな?


弊記事までTB&コメント有難うございました。 (オカピー)
2010-05-06 01:01:49
>魂と友情の物語
僕は俯瞰撮影に惑わされて愚にもつかないことを書き散らしましたが、最終的なテーマはここですよね。
一応僕の結論もそういうことになっている。(笑)

日本のコラムと言えば、通常第一面の下の方にあるあれですが、アメリカ辺りのコラムはまた違うようですね?
まともに読んだことがないのでよく分らないのですが。
オカピーさん (kimion20002000)
2010-05-06 01:24:02
こんにちは。
僕も向こうにすんだことはありませんが、欧米はコラムで新聞の人気のかなりが決まるようなんですね。
日本でも、いろんな作家とかに書かせていますけれど、あれはまあ意見とかエッセイとかの依頼原稿ですよね。
本当のコラムというのはコラミニストがジャーナリストのように、取材し、テーマを追いかけ、発表するんですね。
まあ、雑誌ジャーナリズムに近いですが、発表する舞台が新聞なので、やはり大衆性も必要になってくるんですね。

コメントを投稿

座布団シネマ:や・ら・わ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

28 トラックバック

路上のソリスト (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『奏で続ければ、いつかきっと誰かに届く。』  コチラの「路上のソリスト」は、かつて天才と呼ばれたチェリストだった路上で暮らす男ナサニエル(ジェイミー・フォックス)をLAタイムズのコラムニストのスティーヴ・ロペス(ロバート・ダウニー・Jr)が追った、実在...
路上のソリスト (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
LAタイムズの有名コラムニスト、スティーヴ・ロペスが書いた実話を映画化した作品。 LAタイムズにコラムを書いているロペスは、ある日、流れてくる音楽に心を惹かれます。それは、ホームレスのナサニエルが、2本しか弦のないヴァイオリンで奏でるものでした。ロペスは...
「路上のソリスト」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  最近、ロバート・ダウニー・Jr.の出演作にはハズレがない気がします。実話を基にした作品でした。LAタイムズのコラムニスト、スティーブ・ロペス(ロバート・ダウニー・Jr.)が路上でバイオリンを奏でるホームレス、ナサニエル・エアーズ...
09-177「路上のソリスト」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
あなたと友達でよかった  人生に行き詰まっていたLAタイムズのコラムニスト、スティーヴ・ロペス。  ある日彼は、2弦しかないバイオリンで美しい音色を奏でるホームレスの男と出会う。ナサニエル・エアーズと名乗るその男が名門ジュリアード音楽院に通っていたと知...
友情なのか偽善なのか・・・。『路上のソリスト』 (水曜日のシネマ日記)
新聞でコラムを書く記者と音楽の才能を持つ路上生活者の物語です。
★路上のソリスト(2009)★ (CinemaCollection)
THESOLOIST奏で続ければ、いつかきっと誰かに届く。上映時間117分製作国アメリカ公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2009/05/30ジャンルドラマ/音楽【解説】LAタイムズの記者スティーヴ・ロペスが、偶然出会ったホームレスの天才音楽家ナサニエル・エアーズとの交流....
路上のソリスト (映画君の毎日)
●ストーリー●バイオリンを演奏する路上生活者のナサニエル(ジェイミー・フォックス)に出会ったロサンゼルス・タイムズの記者ロペス(ロバート・ダウニー・Jr)。かつてジュリアード音楽院に在籍し、チェロを演奏していたというナサニエルに興味を抱いたロペスは、ナサ...
路上のソリスト (ぶっちゃけ…独り言?)
5.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) いや~、当然の如く、泣く気満々で観たんですよね~。 観たんですけど・・・ う~ん、思ったほどグッとは・・・ 何ですかねぇ・・・ すっごく良いお話だし、キャストだって良いしで、特に何か不満があ...
「路上のソリスト」本当に大切なこと (ノルウェー暮らし・イン・London)
正直、よくわからなかった。 それは、見る前に読んだ解説に惑わされたからかもしれない。 そこには『二人の騙しあい』のようなことが、書かれていた。 どこにもそんなシーンは、感じられなかったのに・・・・ もっと素直に、彼の演奏を目の前で聞くような、そんな気持...
路上のソリスト/ジェイミー・フォックス (カノンな日々)
ロサンゼルス・タイムズの記者スティーヴ・ロペスによる実話に基づいたコラムを原案に『つぐない』のジョー・ライトがジェイミー・フォックスとロバート・ダウニー・Jrを主演に映画化した作品です。新聞記者と路上生活のバイオリン奏者との心の交流を描いた感動作だとか。...
『路上のソリスト』 (再出発日記)
原題は「THESOLIST」ということにになっている。いまやカメレオン俳優の代表格となったジェイミー・フォックスがジャズメンではなくチェリストを演じるということで、音楽映画なのかと思いきや、これはじつは社会派映画だというへき作品だった。題名も「野宿者」としたほ....
路上のソリスト (心のままに映画の風景)
人生に行き詰まっていたLAタイムズのコラムニスト、スティーヴ・ロペス(ロバート・ダウニー・Jr)は、 美しい音を奏でる路上生活者のナサニ...
【路上のソリスト】 (日々のつぶやき)
監督:ジョー・ライト 出演:ロバート・ダウニーJr.、ジェイミー・フォックス、キャサリン・キーナー、トム・ホランダー、リサ・ゲイ・ハミルトン    奏で続ければ、いつかきっと誰かに届く。 「ナサニエル・エアーズは路上でヴァイオリンを弾くホームレス
「路上のソリスト」みた。 (たいむのひとりごと)
ロサンゼルス・タイムズのスティーブ・ロペス記者が連載してたコラムからの実話、・・というのは最後に知った(遅っ)。予告編以外の前知識は皆無のため、心を病む天才音楽家と新聞記者の交流から音楽にまつわる感動
路上のソリスト (迷宮映画館)
人との出会いの妙が味わえる
「路上のソリスト」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Soloist 」2009 UK /USA/フランス “奏で続ければ、いつかきっと誰かに届く...”ホームレスとコラムニストの友情を描くヒューマン・ドラマ。 ナサニエル・エアーズに「Ray/レイ/2004」「ドリームガールズ/2006」「マイアミ・バイス/2006」のジェイミー...
路上のソリスト (こんな映画見ました~)
『路上のソリスト』 ---THE SOLOIST--- 2009年(アメリカ) 監督:ジョー・ライト 出演: ジェイミー・フォックス、ロバート・ダウニー・Jr 、キャサリン・キーナー LAタイムズの記者スティーヴ・ロペスが、偶然出会ったホームレスの天才音楽家ナサニエル・エ...
「路上のソリスト」う~ん・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
これは、私が勝手に想像し期待したのとは違った内容の映画でした・・・。
路上のソリスト (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ホームレスの音楽家と大手地方紙の人気コラムニスト。まったくかけ離れた存在である2人の出会いと交流を、事実を基に描く。 物語:ロサンゼルス・タイムズの記者スティーヴ・ロペス(ロバート・ダウニー Jr.)が公園を歩いていると、ふと美しい音色に気づく。 そこでは...
『路上のソリスト』 (Rabiovsky計画)
『路上のソリスト』公式サイト 監督:ジョー・ライト 原作:スティーヴ・ロペス 出演:ジェイミー・フォックス、ロバート・ダウニーJr.、キャサリン・キーナー    トム・ホランダー、リサ・ゲイ・ハミルトン おはなし Yahoo!映画 バイオリンを演...
路上のソリスト ▲81 (レザボアCATs)
'09年、アメリカ原題:The Soloist監督:ジョー・ライト製作:ゲイリー・フォスター、ラス・クラスノフ製作総指揮:ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー、ジェフ・スコール、パトリシア・ウィッチャー原作:スティーブ・ロペス脚本:スザンナ・グラント撮影:シーマ...
【映画】路上のソリスト…アライグマと尿は何を象徴してんですか? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
え~っと、今日{/kaeru_fine/} は昨日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/}の行動記録詳細をば… ということで、映画観に行ったのでそちらと合わせての報告って事になります。 レンタルDVDでは先に観た映画も沢山報告せずに残っているのですが{/ase/}、とりあえずこちらを忘れ...
「路上のソリスト」(THE SOLOIST) (シネマ・ワンダーランド)
「プライドと偏見」(05年)や、「つぐない」(07年)で知られる新進気鋭の英国若手監督ジョー・ライトの長編3作目にあたるヒューマン・ドラマ「路上のソリスト」(09年、米、117分、スザンナ・グラント脚本、ユニヴァーサル映画配給)。この映画は、LAタイム...
THE SOLOIST♪路上のソリスト (銅版画制作の日々)
 これは「ユニークな友情の物語」400万人が住む街で誰かと会ったことがふたつの人生を変えた 6月1日、ファーストディに東宝シネマズ二条で鑑賞しました。 アメリカ、ロサンゼルス・タイムズのコラムニスト、スティーヴ・ロペスが紙上でナサニエル・エアーズについ...
「路上のソリスト」 (古今東西座)
この『路上のソリスト』も最近多い実話の映画化なんだそうな。新聞『ロサンゼルス・タイムズ』に『弦2本で世界を奏でるヴァイオリニスト』というタイトルでスティーブ・ロペスによって書かれたコラムが発端になっており、好評で続編も書かれて最終的には単行本になり、そ...
路上のミルク (Akira's VOICE)
「ミルク」 「路上のソリスト」 
映画評「路上のソリスト」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督ジョー・ライト ネタバレあり
路上のソリスト / The Soloist (勝手に映画評)
ロサンゼルス・タイムズの有名コラムニスト、スティーヴ・ロペスが書いた実話の映画化。昨年公開されたとき、行くか行くまいか悩んだ結果、行かなかった作品。再度公開しているところがあり、やっぱり行けばよかったなぁと思っていたので、見てきました。 ロバー...