サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

158日目「ロシア構成主義のまなざし(東京都庭園美術館)」白金台

2010年04月30日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ GW入って、今日はほんとにヌクヌクしたお天気ね。庭園美術館の芝生に寝っころがるのにもってこい。 キミオン叔父 古本屋で安く本を物色して、この庭園で寝転んで読むのは、最高の贅沢だな。メグは何読んでるの? 「幽」の創刊号が、100円で出てたの。定価は1490円よ。日本初の怪談専門誌よね。最初の特集は、「小泉八雲松江怪談紀行」よ。分厚くて読み応えあるな。おじさんは? 松本清張の文庫本だけどね . . . 本文を読む
コメント

しょうゆ味のせんべい(密売人の連絡記録のなんだか度80点)

2010年04月29日 | それでも世界は回る
密売連絡先「せんべいにメモ」 JAYWALK中村被告 2010年4月29日(木)01:15  覚せい剤やコカインを所持したとして覚せい剤取締法違反などの罪に問われたロックグループ「JAYWALK」のボーカル中村耕一被告(59)の初公判が28日、東京地裁であった。検察側は被告が現行犯逮捕される直前、警察官から職務質問されそうになった際、密売人の連絡先を書いたせんべいを食べて証拠を隠そうとしたと主張 . . . 本文を読む
コメント

mini review 10453「母なる証明」★★★★★★★★☆☆

2010年04月28日 | 座布団シネマ:は行
凄惨な女子高生殺人事件を皮切りに、事件の容疑者となった息子と、息子の無実を信じて真犯人を追う母の姿を追ったサスペンス。監督は『殺人の追憶』などで国際的に評価される名匠ポン・ジュノ。主人公の母を“韓国の母”と称される国民的人気女優キム・ヘジャが演じ、その息子を『ブラザーフッド』のウォンビンが演じている。カンヌ国際映画祭でも絶賛されたポン・ジュノ監督の卓越した演出と、兵役後の復 . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (47)

第四十一話

2010年04月27日 | 夢脳
見渡すと、あちこちのビルにすっぽりと網がかぶさっている。 なにかの訓練だろうが、特殊部隊のような人たちが、上下にビルをすごいスピードで駆け下りている。 一方では、横に移動したり、斜めに移動したりする部隊もいる。 空中を闊歩しているように見える。 一般の人たちも参加している。 次第に、マスゲームのように、視野全体に無数の人が、空間を蠢いているさまになる。 まるで蟻の群れが大地ではなく、空間に拡がって . . . 本文を読む
コメント

長距離走者の孤独/アラン・シリトー(作家)/82歳

2010年04月26日 | 毎日がメメント・モリ
英作家アラン・シリトー氏が死去、82歳 4月26日12時41分配信 ロイター  [ロンドン 25日 ロイター] 英国の作家で詩人のアラン・シリトー氏が25日、82歳で死去した。現地の複数のメディアが伝えた。  シリトー氏は、1950年代に出現した「怒れる若者たち」と呼ばれる体制批判派の1人で、大戦後の英国の労働者階級の人々の生活を鮮明に描いた気骨ある小説で知られた。  代表作「土曜の朝 . . . 本文を読む
コメント

mini review 10452「フォース・カインド」★★★★★★★☆☆☆

2010年04月25日 | 座布団シネマ:は行
行方不明者が多発するアラスカ州ノームを舞台に、原因不明の現象の究明に迫る衝撃的な実録スリラー。2000年に起こった凄惨な出来事の渦中にいた心理学者が録画した記録映像の一部を本編に用い、『バイオハザード』のミラ・ジョヴォヴィッチがナビゲーターと、心理学者を演じる再現映像で世にも恐ろしい異変を描く。犠牲となった人たちの混乱と悲痛な叫び声、さらには現実のものとは思えないショック映像に息をのむ。[もっと詳 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (36)

157日目「奥羽旬彩・田上正富写真展(富士フィルムフォトサロン)」六本木

2010年04月24日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ 天候不順でこのところお野菜の値段が上がってるわね。 キミオン叔父 そうなんだよね。キャベツが一個350円とかね。だから、買い物していても、ついついモヤシ35円とかに目がいっちゃうね。相対的に植物工場栽培なんかは、計画栽培だから値段が変わらなくて、この時期だと安く思える。 でも本当に大変なのは農家の人たちよね。雨の影響や気温や霜の影響や。 そう。一晩でイチゴが全滅とか、茶畑が壊滅状態とか . . . 本文を読む
コメント

お見事!(78歳の唸りたくなるような女優魂度80点)

2010年04月23日 | それでも世界は回る
有馬稲子が市川崑監督との不倫、堕胎告白 2010年4月22日(木)10:06  女優有馬稲子(78)が日本経済新聞朝刊に連載中の「私の履歴書」で50年以上前の市川崑監督との不倫を告白し反響を呼んでいる。有馬本人が書き、連載は1日付から始まったが、12回目から4回にわたり20歳代での不倫を告白した。  映画「華々しき一族」出演時の監督について「21歳の私の心は騒いだ」と書いたが、市川監督であること . . . 本文を読む
コメント

権力のありか/ファン・アントニオ・サマランチ(元IOC会長)/89歳

2010年04月22日 | 毎日がメメント・モリ
サマランチ氏死去 五輪商業化、功罪相半ば 剛腕、希代の野望家 4月22日7時56分配信 産経新聞  21年間に渡って会長として国際オリンピック委員会(IOC)に君臨したフアン・アントニオ・サマランチ氏が21日、死去した。たぐいまれな人心掌握術でIOC委員たちを取りまとめる術はまさに“剛腕”。五輪を「世界最高の大会」に押し上げたのも事実で、1988年ソウル五輪ではテニスのプロ選手に門戸を . . . 本文を読む
コメント

免疫論/多田富雄(免疫学者)/76歳

2010年04月21日 | 毎日がメメント・モリ
<訃報>多田富雄さん76歳=東京大名誉教授 4月21日20時1分配信 毎日新聞  国際的な免疫学者でエッセーや能の作者としても知られた東京大名誉教授の多田富雄(ただ・とみお)さんが21日、前立腺がんのため死去した。76歳。葬儀は近親者のみで行う。「偲(しの)ぶ会」を6月18日午後6時半、東京都千代田区丸の内3の2の1の東京会館で開く。喪主は妻式江(のりえ)さん。  多田さんは茨城県生 . . . 本文を読む
コメント

第四十話

2010年04月20日 | 夢脳
自転車で知らない町を走っている。 とある狭い裏道で、手作り風の店が何軒も並んでいて、そのなかに知人がいる。 どうやら「癒し」系の店であるようだ。 入っていくと奥に通される。 一室でなかなか綺麗な中年の婦人が白衣を着ている。 昔、有名な女優であったらしいが、名前が思い出せない。 全身をアロエかオイルかわからないが、体の中央線に沿って、マッサージをしている。 なんだかかなりセクシュアルだ。 知人は私の . . . 本文を読む
コメント

mini review 10451「2012」★★★★★★☆☆☆☆

2010年04月19日 | 座布団シネマ:な行
マヤ暦による2012年終末説を題材に、『インデペンデンス・デイ』『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒが手掛けるディザスター・ムービー。地球滅亡を目の前になすすべもない人々が、巨大な自然災害から必死に逃げまどう姿を描く。偶然にも地球の危機を知ってしまうリムジン運転手に『ハイ・フィデリティ』のジョン・キューザックがふんし、大事な家族を守るために奔走する。大地震、火山噴火、津波など最新CG技術による . . . 本文を読む
コメント (8)   トラックバック (59)

現場/村本博之(映像ジャーナリスト)/43歳

2010年04月18日 | 毎日がメメント・モリ
村本さん死亡 東京・青山葬儀所で告別式 500人が別れ 4月18日18時53分配信 毎日新聞 拡大写真 タイで亡くなった村本博之さんの告別式で、ダライ・ラマ14世などを取材した映像が流された=東京都港区南青山で2010年4月18日午前10時42分(代表撮影) タイで発生したタクシン元首相派のデモ隊と治安部隊との衝突で死亡したロイター通信日本支局のカメラマン、村本博之さん . . . 本文を読む
コメント

第三十九話

2010年04月17日 | 夢脳
マニラかバンコクか、アジアのどこかの町。 ホテルから彷徨い出た私は、夜の喧騒に満ちた街並みに足を踏み入れる。 ずっと裏通りを歩く。危険な香りがする。野良犬がそこここにうろついている。 私は向かってくる人にぶつからないように注意して歩く。 大通りに出ても混雑は変わらない。あちこちに銃を構えた兵士が立っている。 目的の場所はあるスポーツ雑貨店でどうやらそこでなにかを受け渡しするようだ。 その雑貨店はど . . . 本文を読む
コメント

合法化(いい加減にあらぬ心配はなくしてほしい度80点)

2010年04月16日 | それでも世界は回る
日本でカジノ合法化なら…3地域が有力候補に浮上 2010年4月15日(木)00:10  カジノが合法化されれば「どこに設立されるのか」が関心の的になる。民主党案は施行地域について「当面2カ所、最大10カ所とし、段階的に実施する」としており、議連内では当面の施行地域に東京都、沖縄県、北海道が上がっている。  最有力候補は東京都。海外からの旅行者の玄関口であるうえ、東京全体がもつ総合的なエンターテイ . . . 本文を読む
コメント