サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

406日目「降臨!神業絵師 伊藤彦造という男(弥生美術館)」東大前

2014年01月03日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ おじさん、アケオメ!年末・年始はゆっくり休めたの?キミオン叔父 ああ、今年の年末・年始はわりとあったかかったな。除夜の鐘は近くの円融寺で、そのあと碑文谷八幡さんに回って、ご祈願。円融寺さんはこぶりだけどあたしも好きだな。入り口入ると、黒漆塗りの仁王像が迎えてくれる。で、釈迦堂に進むわけだけど、あそこは室町期に出来ていて、たしか東京でも最古の木造建築でしょ。そう。釈迦堂は戦後すぐに、大規 . . . 本文を読む
コメント

405日目「小津安二郎の図像学(東京国立近代美術館フィルムセンター)」京橋

2013年12月15日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ おじさん、先週松阪に帰ったんだって?キミオン叔父 ああ、久しぶり。ちょっと墓参りもしたくてさ。おじさんの生まれた伊勢市岩渕町。宇治山田駅からすぐだけど、そこから少し歩いたところだったよね。外宮に近いから、昔の同級生と地元の情報誌のオーナーとまず食事して、外宮を少し歩いて、そのあと、墓地まで。メグも行ったことあるけど、伊勢の駅前から外宮までの参道が、昔とずいぶん変わってさ。式年遷宮もあっ . . . 本文を読む
コメント

404日目「幸田文展(世田谷文学館)」世田谷区

2013年11月24日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ 目黒美術館の「土屋幸夫展」。あたしはこの人のこと、全然知らなかった。キミオン叔父 ああ、オジサンも。昭和の初期に独立美術展に入選してから、シュールレアリズムを追求、戦後もアヴァンギャルド活動を続け、フランスに渡ってアンフォルメル運動の最先端に触れて抽象絵画に入り、その後も構造主義や記号論なども学んできて、斬新な作品を残している。時代順に見ていくと、青年時代からこの人がどのように模索して . . . 本文を読む
コメント

403日目「ジョセフ・クーデルカ展(東京国立近代美術館)」竹橋

2013年11月17日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ 今日は駆け足で三つの展覧会に行きましょう!ということで、まずは三井記念美術館で『国宝「卯花墻」と桃山の名陶』展。これは今も見る人の心を揺さぶる桃山時代後期のやきもの群ね。キミオン叔父 岐阜県美濃地方。「志野」「黄瀬戸・瀬戸黒」そして「織部」。もうどれをとっても、そしてオジサンみたくやきものの世界のど素人でも惹きつけられる。なかでも「志野」はやっぱりこの時代の陶磁でも最高の人気。白土に長 . . . 本文を読む
コメント

402日目「幕末の北方探検家/松浦武四郎(静嘉堂文庫美術館)」世田谷区

2013年11月16日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ おじさん、また岩崎清七さん関係のお仕事してるんだって?前に評伝書いたの、2012年だったよね。キミオン叔父 お孫さんたちにあるラインから頼まれてね。本屋に流通させるものではなく、関係者に配布する位置づけで。そのお孫さんたちも皆さん70歳代だったから、祖父の仕事をもう一度若い人たちに伝えようと言うことで。岩崎清七さんは、これはもうすごい実業家なんだけど、オジサンも全然知らなかった。彼自身 . . . 本文を読む
コメント

401日目「トスカーナと近代絵画(損保ジャパン東郷青児美術館)」新宿

2013年11月10日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ 文化学園は創立90周年になるのね。その特別展で今回は「明治・大正・昭和戦前期の宮廷服/洋装と装束」というタイトルの展示。平安の貴族文化の時代は、女性たちも十二単など贅をつくして着飾っていたようだけど、あの頃はだけど高貴な女性は人前に出ることは禁止されていたんでしょ。貴族文化の絵巻物なんかで宮廷の儀式や祭事なんかを描いたものがあるけど、基本的には男性ばかり。女性は、後ろの方で、御簾の内側 . . . 本文を読む
コメント

400日目「川瀬巴水展(大田区郷土博物館)」馬込

2013年11月09日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ おじさん、馬込文士村のあたりは、もう何回も来たけど、いつもなんか新しい発見があるね。散策するには、ひとつはJR大森駅から歩くコース。西口からすぐに、文士レリーフがあるもんねぇ。ちょっとあの「群像」レリーフ、怖いけどさぁ(笑)。キミオン叔父 文士の半分ぐらいは、名前言えるかな。それと、西馬込周辺を散策するコース。こちらもなかなかいい。もともと、宇野千代と尾崎士郎のモダンコンビが関東大震災 . . . 本文を読む
コメント

399日目「TOKYO1970 時代を挑発した9人の写真家たち(アルマーニ銀座タワー)」銀座

2013年10月20日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ おじさん、東京に住まいを移したのはいつなのよ。キミオン叔父 大阪にあった大学に5年間在籍していたからね。別にろくに就職活動なんてしなかった。もともと大学の新聞会関係の 先輩たちがやっていた会社があってね、まあ学生時代から出入りしたり、バイトしてたりもあって、なんとなくリクルートされた。確固として、面接あってということより、まあフリーターみたいなもの。東京と大阪でやってたけど、メンバーは . . . 本文を読む
コメント

397日目「松本かつぢ展(弥生美術館)」東大前

2013年10月06日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ 今回は、竹久夢二館では小林かいぢ特集。弥生美術館では松本かつぢ展。どちらも大注目で、おじさん好きでしょ。キミオン叔父 もちのロンだね。小林かいぢは前に伊香保温泉の保科美術館に行ったろ。あそこが日本では常設展示されている。とにかくずっと「謎のデザイナー」「幻の抒情版画家」とされてきたの。 もともとは京都の図案家、木版絵師なんだけど、大正末から昭和にかけて、京都の京極にあるみやげ . . . 本文を読む
コメント

396日目「ネコライオン 岩合光昭写真展(東京都写真美術館)」恵比寿

2013年10月01日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ おじさん、このところフェイスブックでよく食べたラーメンアップしてるじゃん。キミオン叔父 はは、食べたものなんかアップするのは恥ずかしいぞ!なんて言ってたのにねぇ。たまに、独り酒で呑み屋にいますよ、なんて程度だったのに。フェイスブックのグループでね、ラーメン部というのがあって、ちょっと知り合いがいたから入ってみたの。人のを見ながら、ああ、あそこで食べた、ここも食べたなんて頷いているうちに . . . 本文を読む
コメント

395日目「伊万里 染付の美(泉屋博古館分館)」六本木

2013年09月28日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ 「ぐるっとパス」でおじさんと美術館・博物館めぐりをするときは、だいたいコースが決まってるよね。まずは目黒だと目黒美術館と庭園美術館だったけど、庭園の方が長く改装でお休み。だから恵比寿の写真美術館とセットでまわる。キミオン叔父 日本橋の方だと、ブリヂストン美術館とフィルムセンターをのぞいて、ついでに無料のLIXILギャラリー、元気があれば三越前の三井記念美術館。 上野だと、無料 . . . 本文を読む
コメント

394日目「竹内栖鳳展 近代日本画の巨人(東京国立近代美術館)」竹橋

2013年09月22日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ おじさん、日比谷図書文化館の「終わりから始めるものがたり/25の問いと100冊の本」の特別展、すごくむっつりしてたね。キミオン叔父 どうでもいいけど、腹が立ってさ。これもともと日本科学未来館でやってた企画をもとにして、こちらでもやったわけ。オジサンは科学未来館の方は、行ってないけどね。それでさ、まあ25の問いも、関連するような本の紹介も、かまわないけど、学芸員のような係りの人がこちらに . . . 本文を読む
コメント

393日目「アンリ・ルソーから始まる 素朴派とアウトサイダーズの世界(世田谷美術館)」用賀

2013年09月21日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ 素朴派の画家と言うと、やはりアンリ・ルソーが代表格だし、日本でもすごくファンが多いよね。キミオン叔父 そうだね。法律事務所に勤めて軍役を5年ほどやってから、パリの税関の職員となる。税関には22年ほど勤めて日曜画家をしてたわけだけど、絵に専念したくて早々と年金生活に入る。アポリネールやゴーギャンやピカソや評価した少数の理解者はいたけど、アンデパンダン展に出品しても、なんだこりゃと生前はと . . . 本文を読む
コメント

392日目「モローとルオー/聖なるものの継承と変容(パナソニック汐留ミュージアム)」新橋

2013年09月15日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ おじさんさ、この人は自分の「師匠」だと言える人いる?キミオン叔父 うーん。残念ながらいないな。「本」を読んだり、「映画作品」に触れたりしながら、深く影響されている人は何人もいるよ。でも、実際の自分が生きてきた世界で、生身の人とそういう付き合い方をしてこなかった。これは、こっち側の欠陥かもしれない。欠陥と言うと?たとえばさ、学生時代の生涯の恩師とか言うじゃない。あるいは仕事の世界でもいい . . . 本文を読む
コメント

391日目「宮沢賢治 詩と絵の宇宙/雨ニモマケズの心展(世田谷文学館)」芦花公園

2013年09月14日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ おじさんちの近くにお住まいになってる藤城清治さん、この前NHK美術館で見たけど、89歳になってすごいエネルギーね。キミオン叔父 ああ、見たよ。近くに大きな看板がかけられていてさ、なんか四箇所ぐらいの展示会の案内が出てるの。今年は那須に「藤城清治 美術館」も開館したしね。オジサンもその番組を見たよ。歩いて三分ほどだからね、昔なにかのイベントがあって、アトリエも見に行ったけどね。 . . . 本文を読む
コメント