サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

背筋が凍るよ!(天袋住み付き女の恐怖度90点)

2008年05月31日 | それでも世界は回る
知らない女、天袋に住み着く!? 住居侵入容疑で逮捕 粕屋署2008年5月29日(木)10:30  押し入れの中に、見ず知らずの女が住み着いていた!? 福岡県警粕屋署は28日、同県志免町の男性(57)宅に忍び込んだとして、住居侵入の現行犯として住所不定、無職堀川タツ子容疑者(58)を逮捕した。押し入れ内の天袋にマットレスを持ち込み、生活までしていたという。  同署によると、男性は1人暮らし . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

ミンゲラに次いでの訃報/シドニーポラック(映画監督)/73歳

2008年05月30日 | 毎日がメメント・モリ
故シドニー・ポラック監督の映画企画の行方は? 5月30日11時37分配信 eiga.com シドニー・ポラックの遺作は7月12日公開「近距離恋愛」  [eiga.com 映画ニュース] 5月26日にシドニー・ポラック監督がガンのため死去したことで、彼の製作会社ミラージュ・エンタープライズが準備していた数々の映画プロジェクトの行方が注目を集めている。  同社はポラッ . . . 本文を読む
コメント

白衣の魅力/川田亜子(アナウンサー)/29歳

2008年05月29日 | 毎日がメメント・モリ
川田アナ「報道志望」仕事に行き詰まり… 5月29日10時3分配信 日刊スポーツ  26日に自殺した元TBSアナウンサーでフリーの川田亜子さん(享年29)が、亡くなる数日前にカウンセラーに悩みを打ち明けていたことが28日、分かった。川田アナが訪れたのは都内在住のカウンセラーA氏(38)で、主に仕事に対する行き詰まりを打ち明けたという。また、所属事務所はこの日までに川田アナの密葬を . . . 本文を読む
コメント

mini review 08301「たとえ世界が終わっても」★★☆☆☆☆☆☆☆☆

2008年05月28日 | 座布団シネマ:た行
短編映画「演じ屋」シリーズやテレビドラマ「駄目ナリ!」で、若いファンを獲得した野口照夫の長編映画デビュー作。この“時をめぐる3部作”と題する連作の第1作で描かれるのは、生と死をめぐるスピリチュアルなファンタジー。日本、イタリア、カナダの合作映画『シルク』のヒロインに抜てきされた新人の芦名星に、TEAM NACSの安田顕、そして大森南朋といった実力派が競演。ヒロインが再生していく過程は、切ないながら . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (3)

mini review 08300「グッド・シェパード」★★★★★★★☆☆☆

2008年05月27日 | 座布団シネマ:か行
CIAの誕生をめぐり、1人の男が運命に翻弄(ほんろう)されていく様を描いた壮大な人間ドラマ。『ブロンクス物語/愛につつまれた街』以来13年ぶりにメガホンを取ったロバート・デ・ニーロが、監督、製作、出演の3役をこなす。主演の諜報部員役にマット・デイモン、その妻役にアンジェリーナ・ジョリーがふんする。これまであまり描かれることのなかったCIAメンバーの、1人の人間としての苦悩が胸に突き刺さる。[もっと . . . 本文を読む
コメント (18)   トラックバック (32)

mini review 08299「中国の植物学者の娘たち」★★★★★★★★☆☆

2008年05月26日 | 座布団シネマ:た行
『小さな中国のお針子』のダイ・シージエ監督が、中国ではタブーとされる同性愛に挑んだ禁断の愛の物語。互いに孤独な境遇で生きてきた2人の娘が、心を寄せ合い愛を育んでゆく姿を幻想的な映像で紡ぐ。主演は、フランスと中国の血を引くミレーヌ・ジャンパノイと、『かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート』のリー・シャオラン。緑が生い茂る植物園の情景やロケ地の美しい景色、そして中国に古くから伝わる風習が、エキゾチック . . . 本文を読む
コメント (14)   トラックバック (28)

53日目「百段階段 源氏物語(目黒雅叙園)」/目黒

2008年05月25日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ おじさん。おとついがお誕生日だったんでしょ。おめでとさん。どこで、迎えたの? キミオン叔父 ほら、メグとも行った宮前平の「湯けむりの庄」で、午前零時を迎えたんだ。星空を見つめながらね・・・。あ~あ、またひとつ、年を重ねちゃった、と。 おじさんらしいなあ(笑)お誕生日も、いくつぐらいまでが、ちょっとしたイベントだったの? そうだなぁ。10代後半から20代の頃はまだ、ちょっと感傷的にね。誕 . . . 本文を読む
コメント

mini review 08298「包帯クラブ」★★★★★★☆☆☆☆

2008年05月24日 | 座布団シネマ:は行
心に傷を負った人々を癒すため、依頼の場所に包帯を巻いて回るクラブを結成した若者たちの青春ストーリー。「家族狩り」の天童荒太が書き下ろした原作を、『明日の記憶』の堤幸彦監督が映像化した。奇抜な行動を繰り返す主人公ディノを『誰も知らない』柳楽優弥、ディノと出会う女子高生ワラを『北の零年』の石原さとみが好演するほか、注目の若手キャストが集結。人知れず傷ついている少年少女たちの心の再生劇に胸が熱くなる。[ . . . 本文を読む
コメント (18)   トラックバック (47)

4年目に入りました!

2008年05月23日 | みなみなさまへ
55歳になりました。 5のぞろ目。嬉しくもなんともありませんな(笑) このblogは、52歳の誕生日からですから、今日から4年目に突入となります。 もうそろそろ、隠居したいなあ!と昨晩は星空を見上げて、ため息をついていましたら、相方から「暇そうなblogを弄んでいるんだから、もう十分に隠居体制に突入しているじゃないの」なんて言われてしまいました。 さておき。 ぞろ目の感慨ついでに、どうでも . . . 本文を読む
コメント (6)

ガッツポーズ(ガッツ石松の講義をライブで見たい度85点)

2008年05月22日 | それでも世界は回る
ガッツ石松さん人生訓を講義2008年5月22日(木)14:00 (中国新聞)  広島国際学院大現代社会学部の客員教授に就任したガッツ石松さん(58)の初講義が21日、広島市安芸区の上瀬野キャンパスであった。元プロボクシング世界王者やタレントなど多彩な経歴、経験から繰り出されるパンチの効いた人生訓に、約300人の学生は圧倒されていた。  ガッツ教授は冒頭からヒートアップ。「辛(つら)い . . . 本文を読む
コメント

餌付け商法(横の連絡網があれば防げる度80点)

2008年05月21日 | それでも世界は回る
格安パンで「餌付け商法」7社に業務停止命令 東京都 2008年05月21日17時13分  3斤で100円の食パンなど格安食品で客を誘い、高額商品の売買契約を結ばせたのは特定商取引法で禁じる「販売目的の隠匿」などにあたるとして、東京都は21日、都内や埼玉、愛知県の計7社に対し、3カ月間の業務停止命令を出した。都は格安商品で消費者を集める「餌付け商法」への注意を呼びかける。  7社は、アール・エフ . . . 本文を読む
コメント

エリート不良外人(六本木の高い麻薬度80点)

2008年05月20日 | それでも世界は回る
メリルリンチ証券社員ら10人逮捕=クラブでコカイン所持-警視庁2008年5月19日(月)14:30  東京・六本木の「クラブ」と呼ばれる飲食店で、コカインを隠し持っていたなどとして、警視庁組織犯罪対策5課などは19日までに、麻薬取締法違反の現行犯などで、メリルリンチ日本証券社員エドワード・ハリー・ジェームズ・ジョーンズ容疑者(29)ら客10人を逮捕した。同容疑者は「ポケットにいつの間にか入 . . . 本文を読む
コメント

王滝村の決意(絶対の権力などありえない度90点)

2008年05月19日 | それでも世界は回る
<ニッポン密着>もう国に甘えない 借金返済、村民の決意--長野・王滝村2008年5月18日(日)13:00  自治体の借金返済割合を示す実質公債費比率が42・2%(06年度決算)と全国最悪となり「財政再生団体」転落が確実とみられていた長野県王滝(おうたき)村。「奇策」ともいうべき借金返済術で「第二の夕張」化を回避できる見通しとなった。背景には、村民らの「もう国には甘えない」という自立への決 . . . 本文を読む
コメント

最新鋭機材(国際貢献のあたらしいかたちの待望度80点)

2008年05月18日 | それでも世界は回る
いちるの望み…最新鋭機材駆使する日本チーム被災地入り2008年5月16日(金)15:00  死者が推計5万人以上に達し、被害が拡大している中国・四川大地震。  がれきの下の生存者を一人でも多く救出しようと、人命探査装置などを備えた日本の国際緊急援助隊の第1陣が16日、被災地入りした。  地震発生から5日目を迎え、救出への条件は厳しさを増す一方だが、16日午後に成田空港を出発する第2陣ととも . . . 本文を読む
コメント

mini review 08297「遠くの空に消えた」★★★☆☆☆☆☆☆☆

2008年05月17日 | 座布団シネマ:た行
『春の雪』の行定勲監督が7年間温めてきた物語を映画化した感動作。平和な田舎町で空港建設をめぐる大人たちの争いに巻き込まれながらも、たくましく生きる子どもたちが起こす小さな“奇跡”を描く。都会から来た主人公を演じるのは『妖怪大戦争』などの天才子役、神木隆之介。共演は『北の零年』『SAYURI』などで注目されている大後寿々花。彼らの名演が、忘れかけていた大切な“信じる心”を思い起こさせる。[もっと詳し . . . 本文を読む
コメント (10)   トラックバック (30)