サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 09378「まぼろしの邪馬台国」★★☆☆☆☆☆☆☆☆

2009年08月16日 | 座布団シネマ:ま行

昭和40年代の日本に邪馬台国ブームをもたらした目の不自由な文学者・宮崎康平と、彼を支え続けた妻・和子のきずなを描く感動ドラマ。監督は『明日の記憶』の堤幸彦。邪馬台国を探し出すことに執念を燃やす一方、とっぴな行動で注目を集めた康平を竹中直人が演じ、どこか憎めない康平に惹(ひ)かれ、二人三脚の人生を歩む和子を吉永小百合が演じる。九州の美しい大自然を舞台に描かれる、太古のロマンを追い求めた夫婦の愛の物語を堪能したい。[もっと詳しく]

堤幸彦監督のジャンルを問わない小器用さが、まったく裏目に出た駄作。

この作品も、製作委員会の中に木下工務店と加賀電子が入っている。
アメリカの画像関係の会社との提携路線の中で、デジタル映像ソリューション路線を標榜する加賀電子はともかくとして、木下工務店のスポンサードの名前を見かけるたびに、フーンという気持ちが去来する。
何度もこの個人的な映画レヴューに書いていることだが、映画を製作するということは、カネの段取りをつけることがほぼ90%の比重を持つと思ったほうがいい。
構想10年などと、もったいをつけている作品は多いが、そのほとんどは予算がつかなかっただけのことである。
日本でいえば、東映・東宝をはじめとするメジャー映画社のプレゼンツであろうが、商社とかが入りながら、資本市場で大混乱を招いているJDC(ジャパン・デジタル・コンテンツ)などのコンテンツ信託を基盤としながら、ファンド形式で(あくまで形式だけで実体はお寒いものなのだが)製作委員会方式でつくりあげられている「話題の作品」であろうが、製作会社が現状に絶望しながら、背伸びをする形で、リスクをもってプロデュースしているようなインディペンダントな映画作品であろうが、結局のところ、製作費をどう確保するかということが、最大のミッションであることはいまさらいうまでもない。



木下工務店の映画出資を判断するのは、キノシタマネージメントの代表、木下直哉である。
木下工務店は、ある時期に資本にM&Aされているので、木下といっても偶然の一致で、創業一族と無関係だ。
40代の木下直哉は、映画好きで、1万本以上の映画に淫しているらしい。
僕と同じだ(笑)
彼のインタヴューは以下を参照。

http://www.bunkatsushin.com/modules/bulletin1/article.php?storyid=106

出資は、かなりの数にのぼるのだが、「兇悪な出資ライン」として楽しく揶揄されているのは、「破壊屋」さん。

http://hakaiya.web.infoseek.co.jp/html/2009/20090618_1.html


最初の出資が、森田健作の製作・企画・原案・脚本・出演の「日本に渇!」の『I am 日本人』(06年)。
その後に、『未来予想図』『築地魚河岸三代目』『櫻の園』と続いて本作『まぼろしの邪馬台国』に続く。
今後のラインアップも上記を参照。まさに、兇悪なラインアップである(笑)。
まあ、サラリーマン担当者が船頭多くして責任の一端もとろうとしない、日本の幼稚な製作委員会システムに比べれば、オーナー企業に近い木下直哉のお遊び(本人に言わせれば正統で効果的な広告投資らしいが)はまだましだとも思えるが、センス悪すぎ!という奴である。



『まぼろしの邪馬台国』の舞台となっている島原は、たまたま相方の関係で、十回近くは訪れている。
島原鉄道も、バスやタクシーやフェリーも、観光・交通機関は、現在はさまざまな出資母体の混成だとしても、元は宮崎一族からつながっているものだろう。
映画のロケ地となっている島原城近くの武家屋敷跡や雲仙岳・霧島温泉郷も見慣れたものであり、この作品でいえば、阿蘇地方や有明を望む宇土半島も、いくつかの古墳群や佐賀で発掘され弥生期最大の環壕集落跡とされる吉野ヶ里遺跡も、訪れたことは何度もある。
そして、「邪馬台国論争」そのものも、一応は大学で歴史学を専攻していたこともあり、外野の野次馬だとしても、現在までの論争の変遷は、おおよそは把握しているつもりだ。



たしかに、三輪山麓の纏向(まきむく)遺跡から貴重な発掘がなされていることも含め、邪馬台国あるいは卑弥呼の墓の場所の同定に関しては、畿内説と九州説でいえば、ほぼ8割~9割がたは、畿内説に学会レベルでは傾いているように思える。
ただ、僕個人は、九州説のほうが、なんとなく浪漫が感じられて魅かれるところがある。
結局のところ、1世紀から3世紀にかけて親魏倭王として中国の「魏志倭人伝」などに繰り返し記述され、鬼道を使いながら王国を統括していた卑弥呼という存在を、天照大神に擬したり、神功皇后と同定したり、有力ではあるが一地方の部族長とみなしたりという推理が戦わされることになる。
ここでは高天原の天孫降臨や記紀にみられる東遷伝説、そしてなによりヤマト王権(天皇制)の起源を巡る論争であり、推定でもあるのだ。
もちろん、日本人はどこからきたのか、その歴史的起源の問題とも重なっている。



『まぼろしの邪馬台国』の主人公、宮崎康平は何度も運命的な事件に巻きこまれている。
1917年島原の土建業宮崎組の息子として生まれているが、早稲田大学に進み、森繁久弥などと演劇活動をしており、脚本家になろうと映画会社に入社したりしている。
長崎原爆を被爆もしているが、戦後すぐ宮崎組は倒産、父の代からの島原鉄道の経営に就くことになる。
49年、昭和天皇の島原地区への行幸に際して、その準備の過労のため、眼底網膜炎を患い、目が不自由となる。
妻にも逃げられ、幼いこどもをふたり抱えながら、労働争議などでもたいへんな時に、出会ったのが当時ラジオ局で勤めていた和子である。
59年、諫早大水害で島原鉄道は大きな被害を受ける。
その際に、土器を見つけ、島原鉄道の役員からも解任を受けた宮崎康平は、以降は「まぼろしの邪馬台国」を求めて、和子と二人三脚で調査・研究を続け、67年口述筆記で書き上げた『まぼろしの邪馬台国』が第1回吉川英治賞を夫婦で受賞、ベストセラーとなり以降の「邪馬台国」ブームを巻き起こすことになるのである。
宮崎康平は学生時代から文学青年でもあり、歴史好きでもあった。
城山三郎は「盲人重役」というタイトルで、彼をモデルに小説をしたためている。
妻に去られ、途方に暮れて、子供をあやしている時に、子守唄としてつくったのが『島原の子守唄』。島倉千代子やペギー葉山がヒットさせた。
また、さだまさしと父親がらみで親交があり、『関白宣言』は宮崎康平をモデルにしているといわれる。
とにもかくにも、個性的で破天荒な人物であったのだろう。



監督に堤幸彦。脚本に朝ドラでも人気の大石静。音楽は現在乗りに乗っている大島ミチル。卑弥呼のテーマをセリーヌ・ディオンに歌わせてもいる。
『母べえ』に続いて、吉永小百合が出演し、テレビなどを通じて、結構宣伝もしている。
しかし、映画として観た場合は、僕にはとんでもない駄作のように思える。
エキセントリックな宮崎康平という人物を、竹中直人が演じているのだが、普段でも暑苦しい演技の竹中直人が、結構のめりこんで役作りをしたのだろうが、そのぶん、余計に暑苦しくなっている。
綾小路きみまろ、大槻義彦、草野仁、大仁田厚などをチョイ役で登場させているが、別にお遊びにもなっていない。
島原鉄道の経営をめぐる確執も、底の浅い権力劇にしかみえない。
歴史的人物を評伝風に扱った教育映画なのか、夫婦による歴史発掘という心温まるヒューマン・ドラマなのか、宮崎康平という破天荒の男をユーモラスに扱った涙と笑いの映画なのか、太古の卑弥呼の時代を想う古代ロマン映画なのか、さっぱりわからない。
堤幸彦監督は、結構苦労人であり、ジャンルが違うような題材をそこそこ器用にまとめあげる監督なので、いまや売れっ子ではある。
けれども、『まぼろしの邪馬台国』では、その小器用さが、まったく裏目に出ているのかもしれない。












 

コメント (2)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
« 白馬童子/山城新伍(映画俳優... | トップ | 直木賞作家/海老沢泰久(作家... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
弊記事までTB&コメント有難うございました。 (オカピー)
2010-04-25 23:02:21
採点には格を重んじるところもあるので、まあまあというところにしてありますが、kimionさんのがっかりと言うかお怒り具合もよく解ります。

>・・・古代ロマン映画なのか、さっぱりわからない。
最初に妻となる和子の少女時代のエピソードが置かれていることから判断して、彼女の立場から観た夫婦愛の映画なんでしょう。
でも、映画にきちんとした方向性のある作り方がされていないのは確かで、こういう双葉さん的な評価の仕方に感動致しました。(笑)

>竹中直人
単調でちょっと戴けなかったです。

>大槻義彦
実社会では論破する人が論破される役を演ずると言うパロディーでしたね。
オカピーさん (kimion20002000)
2010-04-26 10:35:20
こんにちは。
吉永小百合の卑弥呼も頑張っているんでしょうが、日本ではなんか「神話」的な時代映像はみすぼらしくなるんですよね。平安時代以降はまあまあ演出手法が蓄積はされていますけど。
「タイタン」じゃないけど、スサノオあたりで見ごたえのある活劇でもやって欲しいんですけどね。

コメントを投稿

座布団シネマ:ま行」カテゴリの最新記事

16 トラックバック

「まぼろしの邪馬台国」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
「まぼろしの邪馬台国」、私もン十年前に読みましたが、こういう方が書いていたとは
『まぼろしの邪馬台国』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
 吉永小百合が圧巻。彼女が演じてなかったら、あの関係は「愛」に見えなかったかもしれない。 『まぼろしの邪馬台国』 2008年・日本・118分 ...
まぼろしの邪馬台国 (だらだら無気力ブログ)
昭和40年代の日本に邪馬台国ブームを巻き起こした全盲の文学者・ 宮崎康平と彼の目となり彼を支え続けた妻・和子の夫婦を描いたドラマ。NHK福岡で勤務していた和子はひょんなことから島原鉄道の社長であり 郷土史家の宮崎康平と出会う。和子は康平の勧めにより、島原...
「まぼろしの邪馬台国」映画館で鑑賞 (流れ流れて八丈島)
今日は午前は普通にお仕事、午後は茗荷谷の研修センターで研修でした。おかげで、5時過ぎには都心で解放されたので、帰路途中下車で池袋のシネマサンシャインで「まぼろしの邪馬台国」を観ました。実は公開直後にヤフオクで300円くらいで入手してあった劇場鑑賞券です。....
[映画『まぼろしの邪馬台国』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆昨日、残業に次ぐ残業で、終了したのが本日の午前3時^^;  でも、本日の休日はちゃんと満喫しようと、映画館に向かう。  あまり乗り気でなかった鑑賞だが、とても面白かった。  なにぶん睡眠時間が少ないので、疲れていて、短めの感想ですみまへんが・・・^^...
映画感想『まぼろしの邪馬台国』 結構いい感じですね (レベル999のマニアな講義)
内容島原では知らない人がいない町の名士、島原鉄道社長・宮崎康平(竹中直人)は、盲目ではありながら多くの書物を読み、ある事を生き甲斐にしていた。それは、邪馬台国探し。ある日のこと。その趣味が高じて、福岡のラジオ番組に招かれる。その番組の司会・長浜和子(吉...
「まぼろしの邪馬台国」を学術的に一応批判します (再出発日記)
「主人は文学者でした」監督:堤幸彦原作:宮崎康平脚本:大石静出演:吉永小百合、竹中直人、窪塚洋介、風間トオル、平田満、柳原可奈子、黒谷友香、麻生祐未、石橋蓮司、ベンガル、江守徹、大杉漣、余貴美子、由紀さおり実はこの夏はひつこいくらい予告が流れていたもの...
まぼろしの邪馬台国 (映画鑑賞★日記・・・)
2008/11/01公開(11/24鑑賞)製作国:日本監督:堤幸彦出演:吉永小百合、竹中直人、窪塚洋介、風間トオル、柳原可奈子、石橋蓮司、江守徹、大杉漣、余貴美子、由紀さおり二人の旅が、やがて日本中に旋風を巻き起こす。
まぼろしの邪馬台国 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
まぼろしの邪馬台国 [DVD]超多作な堤監督のヒューマン・ドラマは丁寧だがインパクトが弱く、優等生のよう。美しき大女優・吉永小百合が、まだ存命の女性を演じるとあっては、過激な演出もできないというところか。昭和40年代に邪馬台国ブームを巻き起こした盲目の文学者で...
まぼろしの邪馬台国 (映画君の毎日)
ストーリー//昭和32年、災害の際に土器の破片を見つけたのを機に、邪馬台国の探求を始めた目の不自由な康平(竹中直人)。そんな夫に妻の和子(吉永小百合)は魏志倭人伝、日本書紀、古事記などを繰り返し読み聞かせ、九州各地を二人で旅しながら、康平の口述を和子が書き...
『まぼろしの邪馬台国』 (Mooovingな日々)
まぼろしの邪馬台国を見ました。堤幸彦監督、吉永小百合、竹中直人、窪塚洋介ほか。 島原では有名人の宮崎康平の生涯にフィクションを交え耶馬台国の場所に迫る。 ユニークで破天荒な性格の島原の子守歌を作ったり、島原鉄道の社長で後に吉川英治賞を取った宮崎さんの...
未来予想図 (虎犇秘宝館)
「やっぱり、ダメだ。梨里子ちゃんとうまくやっていく自信がない。梨里子ちゃんは、ママと二人きりで支え合う生活が全てだったから・・・僕は梨里子ちゃんからママを奪う存在に過ぎない」 高層住宅の狭間、小さな公園。僕は梨里子のママと砂場に沿ったスロープに手を添え...
【まぼろしの邪馬台国】 (日々のつぶやき)
監督:堤幸彦 出演:吉永小百合、竹中直人、窪塚洋介、風間トオル、余貴美子 「和子はラジオの収録の仕事で、目の不自由な康平と出会った。その後職を失い康平の元を訪ねたのがきっかけとなり彼の後妻となった。 邪馬台国の探求を続ける康平の目となり魏志倭人伝、
まぼろしの邪馬台国 (5125年映画の旅)
昭和中期。島原で鉄道会社を経営していた宮崎康平は、ラジオ出演の際に司会を務めた女性・和子に惚れ込み、彼女をバスガイド教育員として会社に招く。バス観光は成功したが、会社運営よりも遺跡発掘に力を入れるようになった宮崎は社長の座を降ろされる。宮崎は、和子...
カラフル 文庫 (カラフル 文庫)
カラフル 文庫
映画評「まぼろしの邪馬台国」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2008年日本映画 監督・堤幸彦 ネタバレあり