サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

驚異的視聴率(紀香はたいしたものだ度90点)

2007年05月31日 | それでも世界は回る
陣内ピアノ演奏で視聴率49.2%(スポーツニッポン) - goo ニュース 陣内ピアノ演奏で視聴率49.2% 2007年6月1日(金)06:13  日本テレビ系で30日に中継された女優・藤原紀香(35)とお笑いタレント・陣内智則(33)の結婚披露宴の平均視聴率は関東地区で24・7%だったことが31日、ビデオリサーチの調べで分かった。 関西地区は40・0%。85年以降の有名人の披露宴中継では、郷 . . . 本文を読む
コメント

狙って獲ったグランプリ(個人的には???度80点)

2007年05月30日 | それでも世界は回る
ミス・ユニバースで森理世さん優勝 最終選考でミス・ユニバースに決定した瞬間、驚きの表情を見せる日本代表の森理世さん。世界各国から集まった78人の美女の頂点に立った(28日、メキシコ市) 【AFP=時事】 (日刊スポーツ) 2007年5月30日(水)10:01  07年ミス・ユニバース・コンテストが28日、メキシコ市で開かれ、日本代表の森理世(りよ)さん(20=ダンスインストラクター、 . . . 本文を読む
コメント (2)

mini review 07234「手紙」★★★★★★☆☆☆☆

2007年05月30日 | 座布団シネマ:た行
殺人を犯した兄のせいで、人生を狂わされる弟の苦悩を描く東野圭吾のロングセラー小説を映画化した社会派ドラマ。『電車男』の山田孝之が、兄の罪に翻弄される弟としての重みある演技をみせる。直貴(山田孝之)の兄(玉山鉄二)は、... 続き 「最後の場所」を静かに暖かく、東野圭吾は保存している。 ある女性から打ち明けられたことがある。 実兄が人を殺めてしまった、と。 妹である彼女と両親は、その十字架を背 . . . 本文を読む
コメント (20)   トラックバック (68)

真相は墓場の中に/山崎進一(森林開発公団元理事)/76歳

2007年05月29日 | 毎日がメメント・モリ
緑資源の前身・森林開発公団の元理事が自殺2007年5月29日(火)16:01  29日午前5時15分ごろ、横浜市青葉区青葉台1丁目のマンション駐車場で、男性が頭から血を流し、うつぶせで倒れているのを近くの人が見つけ、管理人が119番通報した。神奈川県警の調べでは、男性はこのマンションに住む、緑資源機構の前身にあたる旧森林開発公団元業務担当理事の山崎進一さん(76)で、飛び降り自殺とみられる . . . 本文を読む
コメント

年齢不詳の歌姫/坂井泉水(ZARDボーカル)/40歳

2007年05月28日 | 毎日がメメント・モリ
ZARDの坂井泉水さん死去 5月28日12時33分配信 時事通信  人気ポップスグループZARDのボーカル、坂井泉水(さかい・いずみ、本名蒲池幸子=かまち・さちこ)さんが27日午後3時10分、東京都新宿区内の病院で死去した。28日所属事務所が発表した。40歳だった。神奈川県出身。葬儀は近親者で行い、後日お別れの会を開く予定。  坂井さんは、子宮頸(けい)がんのため昨年6月に手術 . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (1)

ホタルを見に行こう(純朴そうな巡査部長度90点)

2007年05月27日 | それでも世界は回る
事故現場で“一目ぼれ” 警察官がデートに誘う2007年5月25日(金)20:46  松江署の30代の男性巡査部長が、追突事故の現場で当事者の20代女性に一目ぼれ、聴取で知った携帯電話に連絡してデートに誘っていたことが25日、分かった。巡査部長は独身で「好みの女性でつい電話してしまった」と話しているといい、島根県警は処分を検討している。約1カ月間に数回、連絡があり「一緒にホタルを見に行こう」 . . . 本文を読む
コメント

プライバシーなどない(もう慣れっこになってしまった度80点)

2007年05月26日 | それでも世界は回る
年間2,223万人が情報漏洩被害Winny流出も急増~JNSA調べ2007年5月26日(土)00:30  日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は25日、2006年に報道された情報漏洩事件をとりまとめた「2006年度情報セキュリティインシデントに関する調査報告書」を公表した。JNSAの「情報セキュリティ被害調査ワーキンググループ」が集計したもので、2006年1月から12月までに発生した . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

重量感のある女流/大庭みな子(作家)/76歳

2007年05月25日 | 毎日がメメント・モリ
<訃報>大庭みな子さん76歳=作家 5月24日14時25分配信 毎日新聞  「三匹の蟹」や「寂兮寥兮(かたちもなく)」など生と性の深みを前衛的な手法で描いた小説家の大庭みな子(本名・美奈子=みなこ)さんが24日、腎不全のため死去した。76歳。葬儀は近親者のみで行う。自宅は非公表。喪主は夫利雄(としお)さん。  東京都出身。終戦の年に救護隊の一員として被爆地・広島の惨状を目撃した . . . 本文を読む
コメント

真面目な社会派監督/熊井啓(映画監督)/76歳

2007年05月24日 | 毎日がメメント・モリ
映画監督の熊井啓さん死去 「海と毒薬」など 2007年05月23日16時54分  映画「サンダカン八番娼館・望郷」「海と毒薬」など、社会派作品で知られる映画監督の熊井啓(くまい・けい)さんが23日午前9時51分、くも膜下出血のため死去した。76歳だった。葬儀は近親者で行い、後日、お別れの会を開く予定。喪主は妻でエッセイストの明子さん。 熊井啓監督  熊井さんは18日朝、自宅前で倒れてい . . . 本文を読む
コメント (1)

3年目に入りました!!

2007年05月23日 | みなみなさまへ
早いものです。 blogはじめて3年目になりました。2年前の誕生日スタートです。今日で、僕は54歳。当初は、「ボケ防止」なんて言ってたけど、なんかメタボリックの方が、進行しているなあ。オフ会でもあれば、もうちょっと大盛り定食=デブヤ路線を、変更できるかもしれないが(笑) 1年目は皆勤賞でした。2年目は、半年ぐらいは、映画(座布団シネマ)のみで、ぐっとUP本数が減りました。「こりゃあかん」と . . . 本文を読む
コメント (8)

カエルもヘビもよろし!(世界が共同研究すべき度70点)

2007年05月22日 | それでも世界は回る
中国の動物園、カエルやヘビの地震予知能力を調査 (ロイター) 2007年5月22日(火)13:56  [北京 22日 ロイター]中国・広東省の広州動物園では、動物の地震予知能力を調べるための観察が行われている。22日付のチャイナ・デーリー紙が報じた。それによると、地震学研究所に情報を提供するため、園内のカエル、ヘビ、クジャク、カメ、シカ、リスの近くにそれぞれ、行動を観察・記録するための観 . . . 本文を読む
コメント

時代の落とし子(24時間都市の象徴かもしれない度80点)

2007年05月21日 | それでも世界は回る
悪質店一掃、大阪府警がネットカフェ250店立ち入りへ (読売新聞) 2007年5月21日(月)14:42  少年らがインターネットカフェに寝泊まりしながら犯罪に走るなどのケースが後を絶たないため、大阪府警は府内の全ネットカフェ約250店に対し、今週中にも、府青少年健全育成条例に基づく強制的な立ち入り調査を初めて実施することを決めた。 ネットカフェへの大規模な一斉立ち入りは全国でも異例。 . . . 本文を読む
コメント

mini review 07233「とかげの可愛い嘘」★★★★★☆☆☆☆☆

2007年05月20日 | 座布団シネマ:た行
いつもポケットにとかげを入れた黄色いレインコートを着て嘘ばかりついている転校生のアリ。そんなアリを好きになったジョガンだが、ある日アリは忽然と姿を消した。10年後、高校生になった二人は再会するものの、またもアリは行方を... 続き きっと誰もが、自分たちだけの、「秘密の呪文」を持っていたいのだろう。 タイトルだけで、ファンタジー映画だとわかる。 韓国映画の場合、まあ7割~8割の確率で、この種 . . . 本文を読む
コメント (18)   トラックバック (15)

mini review 07232「隠された記憶」★★★★★★☆☆☆☆

2007年05月20日 | 座布団シネマ:か行
テレビ局の人気キャスター・ジョルジュは、編集者の妻アンと一人息子ピエロの三人で平穏に暮らしていた。そんなある日、一本のビデオテープと不気味な絵が何者かによって送りつけられる。テープには、ジョルジュの家の前の風景が延々... 続き ヨーロッパ知識人の「罪」の意識は、簡単には払拭できない。深層心理サスペンスドラマと銘打ってある。けれども、ヒッチコック以来の、ハリウッドのお得意の心理サスペンスとは、まる . . . 本文を読む
コメント (28)   トラックバック (41)

mini review 07231「バッシング」★★★★★★☆☆☆☆

2007年05月19日 | 座布団シネマ:は行
北海道のとある町。アルバイト先のホテルを解雇された高井有子(占部房子)は、ボランティア活動で中東に滞在中、武装グループに拉致、監禁され、人質となった過去を持つ。無事解放されて帰国しものの、自己責任を問われて世間から冷た... 続き あの「自己責任」議論の厭な空気を、決して忘れることはない。 2004年、イラク日本人人質事件。まだ数年前のことである。 世界中でイラクへのアメリカの「侵略」とよん . . . 本文を読む
コメント (16)   トラックバック (15)