サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第三十三話

2010年02月28日 | 夢脳
洞窟の入り口のようなところから暗い冥界への入り口のような道を奥に進むと、数百メートルでいきなりとてつもなく大きな地下の奇妙な広場のようなところに出た。 鍾乳洞のなかの博物館のようなつくりで、あちらこちらに不思議なモニュメントがあり、多くの子どもたちが覗き込んでいる。 不思議なことに、大人の姿が見当たらない。 そうこうするうちに、ゴーゴーといった地鳴りのような響きがあり、洞窟全体が揺れ始める。 子ど . . . 本文を読む
コメント

mini review 10446「おと・な・り」★★★★★★★☆☆☆

2010年02月27日 | 座布団シネマ:あ行
都会のアパートの隣同士に暮らし、一度も顔を合わせたことはないが、音によって惹(ひ)かれ合っていく男女の恋の行方を描くラブストーリー。監督は『ニライカナイからの手紙』の熊澤尚人。進むべき道を模索するカメラマンを岡田准一、30代の女性として揺れ動きながら夢の実現を目指すヒロインを麻生久美子が演じる。さまざまな葛藤(かっとう)を抱えた男女の心情をリアルかつ丁寧にすくい取った、等身大のラブストーリーとして . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (34)

mini review 10445「カムイ外伝」★★★★★☆☆☆☆☆

2010年02月26日 | 座布団シネマ:か行
白土三平原作の傑作コミックを『血と骨』の崔洋一が実写化したアクション娯楽大作。忍びのおきてに背き、たった一人で追っ手から身をかわす不屈の主人公の苦悩と孤独を浮きぼりにする。孤高のヒーローをその抜群のセンスで演じるのは、『L change the WorLd』の松山ケンイチ。ヒロインを『ラスト・ブラッド』の小雪が演じている。人気脚本家、宮藤官九郎と監督が共同で手掛けた脚本からあふれ出す人間味に満ちた . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (55)

149日目「文学の森へ 神奈川と作家たち(県立神奈川近代文学館)」横浜

2010年02月25日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ 今日は午前中、珍しくとても深い霧だったわね。東京湾が霧につつまれて、羽田空港も欠航が相次いだみたい。 キミオン叔父 春一番も吹いたようだな。今日は、もうジャケットを手に持って歩いてる状態だものね。 ほんとに暖かい。いまは、梅が見ごろだし、もう数週間で桜が開花しそうだし。山下公園から海沿いをぶらぶらして、外国人墓地からぐるっと谷戸坂を上ってきて、港の見える丘公園に入り込んだんだけど、すっ . . . 本文を読む
コメント

mini review 10444愛のむきだし」★★★★☆☆☆☆☆☆

2010年02月24日 | 座布団シネマ:あ行
『紀子の食卓』が世界的に高く評価された園子温監督が、実話をベースに描く究極の純愛物語。幼少時に母親を亡くし理想の女性像を追い求める主人公を、人気グループAAAの西島隆弘が熱演。ヒロインに『プライド』の満島ひかり、彼らに近づく新興宗教団体の女に『風の外側』の安藤サクラがふんするほか、渡辺真起子、渡部篤郎ら実力派が脇を固める。カリスマロックバンドのゆらゆら帝国が、初めて映画に楽曲を提供しているのも話題 . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (40)

第三十二話

2010年02月23日 | 夢脳
悪い夢を見たのであろうか。 私は、全身汗だくで、うなされている。 起き上がることも出来ない。 尿意をもよおし、少し洩らしてしまったらしい。 小動物の臭いのような甘く饐えた臭気がして、ますます不快な状態になる。 相方が戻ってきて、私の様子を見て、黙ってバスタオルを持ってきて、 顔や上半身を拭いてくれる。 有難かったが、パンツが小水で濡れているのを見られたくなくて、困惑する。 もういいよというが、まだ . . . 本文を読む
コメント

疾走した編集人/石井慎二(編集者)/68歳

2010年02月22日 | 毎日がメメント・モリ
<訃報>石井慎二さん68歳=洋泉社社長 2月14日19時4分配信 毎日新聞  石井慎二さん68歳(いしい・しんじ=洋泉社社長)12日、食道がんのため死去。葬儀は17日午前10時半、東京都中野区中央2の33の3の宝仙寺大師堂。喪主は妻式子(しきこ)さん。  JICC出版局(現・宝島社)の編集者だった76年に「別冊宝島」を創刊、ムック市場を開拓した。「田舎暮らしの本」を創刊し、田舎暮らし . . . 本文を読む
コメント

mini review 10443「レスラー」★★★★★★★☆☆☆

2010年02月21日 | 座布団シネマ:や・ら・わ行
自らの生き様を貫き通す中年プロレスラー役がミッキー・ロークのはまり役となり、数々の映画賞に輝いたエネルギッシュで感動的な人間ドラマ。監督は『π』『ファウンテン 永遠つづく愛』のダーレン・アロノフスキー。主人公の一人娘には『アクロス・ザ・ユニバース』のエヴァン・レイチェル・ウッドがふんし、主人公が好意を寄せるストリッパーを『いとこのビニー』のマリサ・トメイが演じる。栄光の光と影、落ちてもなお失 . . . 本文を読む
コメント (12)   トラックバック (72)

148日目「収蔵絵画展(台東区立一葉記念館)」台東区

2010年02月20日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ 都電荒川線はいつ乗ってもほのぼのするわね。 キミオン叔父 もう東京では、玉電の一部を使った世田谷線とこの荒川線のふたつだけになっちゃったのかな。このたらたらしたスピードがなんともいえないね。それと、2、3分間隔の駅で、踏み切りがそれほど邪魔にならないのね。おばあちゃんでも、電車の姿が見えてるのに、悠然と線路を渡っている。あのスピードでは万が一の時にでも、急停止できそうだしね。 終点、三 . . . 本文を読む
コメント

147日目「パリ・オペラ座バレエ・リュスプログラム(NHK教育・芸術劇場)」目黒区

2010年02月19日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ 今日のお出かけは、久しぶりに大岡山のおじさんっち。 キミオン叔父 いらっしゃい。今日はオジサン手づくり料理を食べながら、テレビでも見ようと。 おじさんは映画ばっかりで、あんまりテレビは見ない人でしょ? うん、見る番組がもう決まってるの。ドラマはほとんど見ないね。だけど例外的に木曜日というのは、夕方からテレビ見っぱなしなの。この日は夜の外出はほとんどしてない。 ふーん。じゃあ、たとえば昨 . . . 本文を読む
コメント (3)   トラックバック (1)

あたり前田のクラッカー/藤田まこと(俳優)/76歳

2010年02月18日 | 毎日がメメント・モリ
「必殺仕事人」俳優の藤田まことさん死去 2月18日11時54分配信 サンケイスポーツ 拡大写真 藤田まことさん(写真:サンケイスポーツ) 時代劇「必殺」シリーズの中村主水役や「はぐれ刑事純情派」の安浦刑事などで親しまれた俳優の藤田まことさん(ふじた・まこと=本名・原田真=はらだ・まこと)が17日、大動脈からの出血のため大阪府吹田市の病院で死去した。76歳、東京都出身。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

競馬ミステリー/ディック・フランシス(作家)/89歳

2010年02月17日 | 毎日がメメント・モリ
「競馬ミステリー」ディック・フランシス氏死去 2月15日1時7分配信 読売新聞  【ロンドン=鶴原徹也】AP通信によると、「競馬ミステリー」のジャンルを開拓した英国の作家ディック・フランシス氏が14日、カリブ海の英領ケイマン諸島の自宅で死去した。 89歳だった。 英ウェールズ地方で騎手を父に生まれ、自身も騎手となり、通算345勝を挙げた。1953~54年のシーズンには全英チャンピ . . . 本文を読む
コメント

mini review 10442「ココ・シャネル」★★★★★★☆☆☆☆

2010年02月16日 | 座布団シネマ:か行
現在でも世界中で愛されるトップブランドの創始者でデザイナー、ココ・シャネルの半生を描く伝記ドラマ。第二次世界大戦後、亡命生活を終えてファッション界へカムバックを果たした1954年以降のシャネルが、自身の駆け出しの時代を追想する2部構成で、世界で最も有名なデザイナーに肉迫。シャネル役は、オスカー女優シャーリー・マクレーン。ビンテージの宝石やバッグなど、それぞれの時代のシャネルファッションにも注目。[ . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (46)

第三十一話

2010年02月15日 | 夢脳
体育館の天井に近いような高さで、私は床屋の椅子のようなものに座っている。 顔は上を向かされており、顔より下は視界に入らない。 下には斜め45度離れた位置で、高校の同級生であるUが座り込んでいるようだ。 なにかのゲームらしいのだが、Uは私の仰向けの顔に届くように、チョコレートの丸い塊のようなものを投げることになる。 私は、視界に入った瞬間に、それを掴み、下に投げ返すことになる。 どうしてこういう目に . . . 本文を読む
コメント

146日目「南桂子展 まなざしの彼方(ミュゼ浜口陽三)」水天宮

2010年02月14日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ バンクーバーオリンピックが始まったわね。 キミオン叔父 うん、開会式を見たけどね。とてもよかったな。1998年の長野オリンピックの開会式は、総合演出が浅利慶太大先生だったけどね。おぞましかったよ。 覚えてるよ。善光寺の鐘の音がボーン、御柱が出てきて、曙の土俵入りもあったわね。森山良子が子どもといっしょに歌って。困ったものだったね。 今回はオリンピック史上はじめて室内会場での開会式だった . . . 本文を読む
コメント