サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2010年、合掌!を捧げた人たち

2010年12月31日 | みなみなさまへ
「メメント・モリ」という言葉がずっと昔に藤原新也の写真集のタイトルに使われていて、その本を持ってよく旅をしていたりしたことがあった。 藤原新也の『東京漂流』が上梓された1983年のことで、僕は30歳だった。 出版社が企画した「東京漂流ツアー」に僕もなぜか参加し、「夢の島」など藤原新也の撮影ポイントをバスで「漂流」した。 半日ツアーが終了し、語り足りない藤原新也とツアー客数十人が議論できる場所を探し . . . 本文を読む
コメント

2010年「姪っ子メグとお出かけ」先ベスト10

2010年12月30日 | みなみなさまへ
姪っ子メグとのお出かけは、今年は77回記録されています。だいたいどこかの美術館に行ったりするときは、画廊のぞきをしたりもするので100回ぐらいなにかしらの催し物を冷やかしたりのめりこんだりがっかりしたりしたのでしょう。そのなかで2010年のお出かけベスト10は以下です。大半はこぶりの催しなんですけどね。「姪っ子メグとお出かけ」の過去レヴューはココ。 205日目「小林礫斎 手のひらの中の美(た . . . 本文を読む
コメント

座布団シネマ2010 馬鹿野郎映画発表です!

2010年12月29日 | みなみなさまへ
昨日の「お薦め映画」に続き、「馬鹿野郎」映画発表です。★1個から★3個が対象なのですが、今年は4作しかありませんでした。もちろん100作近くは、その★の数の暫定評価であったのですが、レヴューするエネルギーがなかったのかな。それでは、発表です。「引き出しの中のラブレター」★★「PUSH 光と闇の能力者」★★★「サヨナライツカ」★★★「愛の予感」★★★ちなみに昨年は以下の5作でした。「ラッシュライフ」 . . . 本文を読む
コメント (1)   トラックバック (1)

座布団シネマ2010 お薦め映画発表です!

2010年12月28日 | みなみなさまへ
はい、恒例の「お薦め映画発表」です。毎回、エクスキューズしていますが、kimion20002000の90%の映画鑑賞は、「座布団シネマ」でDVD鑑賞なので、公開映画の基準から行くと、1年以上はずれこんでいます。あくまでも2010年に鑑賞して、一応レヴュー出来たものからの「極私的推奨」です。今年、レヴューで取り上げたのは87本。通常、テレビ連作ドラマやアニメ作品をのぞいてほとんどの鑑賞作品は、goo . . . 本文を読む
コメント (16)   トラックバック (68)

激動の日々(大凶殺を抜け出られないのかもしれない度80点)

2010年12月27日 | それでも世界は回る
山路徹氏26日会見…食い違い主張弁明へ 2010年12月26日(日)08:00 (サンケイスポーツ)  タレント、大桃美代子(45)の元夫で、タレントの麻木久仁子(48)との再婚が明らかになったAPF通信社代表の山路徹氏(49)が26日、都内で会見することが25日、発表された。“不倫”をめぐる麻木と大桃の食い違う主張に、山路氏はどう弁明するのか。また、麻木の援助を受けるほど山路氏が困窮して . . . 本文を読む
コメント

mini review 10513「息もできない」★★★★★★★★☆☆

2010年12月26日 | 座布団シネマ:あ行
冷徹で粗暴な借金取りの男が、勝気で男勝りの女子高生と運命的に出会い、互いに過去のトラウマから解放されていく姿を描く純愛ストーリー。俳優としてキャリアを重ねたヤン・イクチュンが、若手注目株のキム・コッピを相手役に迎え、パワフルな演出で初監督と主演とを務める。強権的で絶対的な存在の父親から逃れられないという似たようなトラウマを抱えた男女が、魂の交流を重ねることで心情が変化していく解放のドラマに注目だ。 . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (32)

mini review 10512「グリーン・ゾーン」★★★★★★★☆☆☆

2010年12月25日 | 座布団シネマ:か行
『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』のマット・デイモンとポール・グリーングラス監督が、3度目のタッグを組んだサスペンス・アクション。イラク中心部のアメリカ軍駐留地域“グリーン・ゾーン”を舞台に、大量破壊兵器の所在を探る極秘任務に就いた男の決死の捜査を描く。共演には『リトル・ミス・サンシャイン』のグレッグ・キニア、『ハリー・ポッター』シリーズのブレンダン・グリーソンらが顔をそろえる。 . . . 本文を読む
コメント (12)   トラックバック (89)

師走(残業したのに、懲戒処分のなんとなく可哀想度80点)

2010年12月24日 | それでも世界は回る
残業注意され体当たり、係長停職 京都市、「カッとして」 2010年12月24日(金)14:08  京都市は24日、「ノー残業デー」の日に定時を過ぎて勤務していたことを上司に注意され、激高し体当たりをしたとして、同市右京区役所納税課の男性係長(47)を停職5日の懲戒処分にした。市によると、12月1日午後5時半ごろ、納税関連の事務をしていた係長に、納税課長が何度も早く帰るよう指示。係長 . . . 本文を読む
コメント

愚か者一覧(愚か者を愚か者と言ってなにが悪い度80点)

2010年12月23日 | それでも世界は回る
asahi.com(朝日新聞社):「愚か者一覧」中学校廊下に掲示 青森の教諭処分 - 社会2010年12月20日12時20分青森県の中学の男性教諭が昨年7月から11月にかけて、担任をしていた同県黒石市の市立中学2年の学級で宿題など提出物を出さない生徒の実名を「愚か者一覧」などとするリストに書き出し、廊下に掲示していたことが分かった。男性教諭は今年1月、訓告処分を受け、4月から別の中学で教諭をし . . . 本文を読む
コメント

mini review 10511「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」★★★★★★★★☆☆

2010年12月22日 | 座布団シネマ:た行
『エグザイル/絆』などで世界中から注目を集めるジョニー・トー監督が、娘一家を犯罪組織に殺された元殺し屋の男の復讐(ふくしゅう)を描くハードボイルド・アクション。主演は、フランスの国民的大スター、ジョニー・アリディ、共演にはアンソニー・ウォン、ラム・シュー、サイモン・ヤムらジョニー・トー作品の常連俳優がそろう。スタイリッシュな映像美と斬新なガン・アクション、そして血脈よりも固いきずなで結ばれた男たち . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (32)

就活狂想曲(親も走る就活の馬鹿ばかし度80点)

2010年12月21日 | それでも世界は回る
就活、親が走る時代? 説明会に同行、代理でセミナー…(1/3ページ) 2010年12月20日12時33分     うちの息子や娘は、内定を取れるのだろうか。厳しい就職状況が心配で、じっとしていられなくなった親が、大学へ相談に行ったりセミナーに参加したりするなど、「就活」している。思いあまって、周囲から見ると驚く行動をとる親も。就職活動を見守る心得とは――。  都内の大学が開いた就職セミナー . . . 本文を読む
コメント

第五十九話

2010年12月20日 | 夢脳
橋を渡ってすぐの道が、車で左折できないので、住民は困っている。どういうわけか私に解決を求められて、奔走することになるが、そんなに簡単なことではない。現地の調査に赴いて、左折した道の先の方に歩いていくと、そこは迷路状態になっていて、道らしきものはなく、継ぎ足し継ぎ足しの九龍の建物のようになっている。あちこちの隙間に、住民は入り込んで、勝手に占拠しているようだ。そうこうしているうちに、巨石に行く手を阻 . . . 本文を読む
コメント

210日目「NARASIA2010(奈良県文化会館)」奈良市

2010年12月19日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ ああ、奈良も久しぶりだわ。薬師寺はあたし10年ぶりかな。キミオン叔父 オジサンは薬師寺はえーと30年ぶりだな。学生時代はよく奈良には来ていたけど。一番好きだったのは、小ぶりだけど、秋篠寺。伎芸天立像よね。とても艶かしいよね。芸術のお守りみたいなところがあるんでしょ。今日は薬師寺で、久しぶりに薬師如来や月光、日光像とご対面したけど、いいよね。独特の丸みを帯びたやさしさと、ちょっと腰を捻っ . . . 本文を読む
コメント

209日目「名古山霊苑仏舎利塔(名古山霊苑協会)」姫路市

2010年12月18日 | 姪っ子メグとお出かけ
姪っ子メグ いやいや、東京から東名走って、最後は中国道の山崎ICまで片道600km、長かったなぁ。キミオン叔父 お疲れ様。いつも運転まかせて、恐縮してるよ(笑)。関西のおば様は、オジサンのお父様の妹さんよね。その娘さんの13回忌。Mおばさんはちょうど1年前に、娘さんの旦那に呼ばれて、大阪から宍粟市の方に引っ越したんだけどね。Mおば様は、絵が上手なのねぇ。先祖が、和歌山紀州藩のお抱え絵師であった狩野 . . . 本文を読む
コメント

ティファニーで朝食を/ブレーク・エドワーズ(映画監督)/88歳

2010年12月17日 | 毎日がメメント・モリ
「ティファニーで朝食を」のブレーク・エドワーズ監督死去 ロイター 12月17日(金)13時3分配信 拡大写真  12月16日、映画「ティファニーで朝食を」などを手掛けた映画監督兼脚本家のブレーク・エドワーズ氏が死去した。2004年2月撮影(2010年 ロイター/Fred Prouser)  [ロサンゼルス 16日 ロイター] 映画「ピンク・パンサー」シリーズや「ティファ . . . 本文を読む
コメント (1)