感染症診療の原則

研修医&指導医、感染症loveコメディカルのための感染症情報交差点
(リンクはご自由にどうぞ)

ICAAC2015 「先進国と途上国における結合型肺炎球菌ワクチンの有効性」#5

2016-06-23 | 青木語録
本日から演者はAnne von Gottberg先生 南アフリカのCtr. for Resp. Dis. and Meningitis, Natl. Inst. for Communicable Diseases

演題は「Impact of PCV on Invasive Pneumococcal Disease in South Africa」


■PCVワクチンが効果があるのは分かってる
・大事なのは一番酷い地域、人口でその効果を測定する事(例:南アフリカの乳児)
・低所得国の感染症で最大の死因は肺炎(次は下痢)

Liu L, Johnson HL, Cousens S, Perin J, Scott S, Lawn JE, Rudan I, Campbell H, Cibulskis R, Li M, Mathers C, Black RE; Child Health Epidemiology Reference Group of WHO and UNICEF.
Global, regional, and national causes of child mortality: an updated systematic analysis for 2010 with time trends since 2000.
Lancet. 2012 Jun 9;379(9832):2151-61.
PMID: 22579125


■南アフリカの現状
・人口5000万人
・2012年現在:640万人がHIV感染。妊婦の1/3はHIV+。
・ARTへのアクセス改善→HIVの母子感染が低下
・2012年現在:5歳以下の最多死因は肺炎

■肺炎球菌
・90種類以上の血清型。Polysaccharide型ワクチンは23価。
・結合型は小児に有効
・侵襲性の肺炎球菌感染症IPDは↓

①非HIV感染者(青)では乳児にPeak。
②HIV感染者(赤)では乳児のPeakに加えて20-40代の若者にもPeak


Epidemiology of invasive pneumococcal disease in the pre-conjugate vaccine era: South Africa, 2003-2008.
von Gottberg A, Cohen C, de Gouveia L, Meiring S, Quan V, Whitelaw A, Crowther-Gibson P, Madhi SA, Whitney CG, Klugman KP.
Vaccine. 2013 Aug 28;31(38):4200-8.
PMID: 23684826


■南アフリカにおけるPCVの導入の実際
・PCV7は2009年、PCV13は2011年に
・3回接種(6週、14週、9ヶ月)
・カバー率:1回目は100%、3回目は99%
・全ての年齢でIPDは低下。


・15歳以下では更に低下


・2歳以下で詳細にみると非ワクチン株は増加


・IPDの減少はペニシリン耐性肺炎球菌PRSPも減少


この記事についてブログを書く
« ICAAC2015 「先進国と途上国... | トップ | National HIV Testing Day »
最近の画像もっと見る

青木語録」カテゴリの最新記事