Hanews-はにゅうす

ウィーン歌曲歌手、「はにうたかこ」の毎日のちょっとしたことを書いています

マザーテレサを観てきました。

2005年10月24日 09時59分51秒 | Weblog
マザーテレサを観てきました。
オリビアハッセーが、これほどの女優だとは思ってもみませんでした。最初のアップでもう涙がドーッと出てました。なんてことないシーンなんですが、その目ヂカラに圧倒でした。

映画自体は、マザーテレサの人生を二時間にまとめるのは無理だったって感想が一番にでるけど、要所要所のオリビアハッセーを観察?するだけで元とれます。できればもう一度みたいです。一回では話の流れにひっぱられて、オリビアハッセーの表現したかったことが読み取れてないような気がします。

残念なのは、まわりは品のよさげなご婦人ばかり。若い人は、オリビアハッセーが、誰かわからないらしい。布施明の別れた奥さんといっても、まだ???。ロミオとジュリエットの!なんのことやらさっぱり。世代のギャップを久々に感じました。

それにしても、重たい宿題もらってきたようで、ちょっとしんどい映画ではありますが、でもお勧めです。






コメント (4)

シンデレラマン観てきました。

2005年10月17日 17時08分23秒 | Weblog
ブリジットジョーンズの日記でふくらんでいたレニーがお母さんとは…。
似合わんやろうなあ、と思いながらも行ってみました。友達は好きだと言ってましたが、わたしはやっぱり??? 女は感じるが、母かといわれると、ちょっと。基本的にああいうネコタイプの女は苦手です。

反対に主人公のラッセルクロウはよかったです。私ははずかしながら、この人よくしらないんですけど、画面の中あちこちで、ふっとひかれるものがありました。また、彼のためにみなが祈るシーンは感動もんでした。

お茶行きたそうな友達ふっきって、その感動のまま家路についたのでした。

しかし!そのラッセルクロウを上回ってよいなぁ、と思ったのが、マネージャーのおじさん。ポール・ジアマッティという役者さんです。この人が出ているシーンは目が釘付けでした。
ボクシングのシーンや血がでるシーンも多いけど、きれいに作ってあるので、女性もどうぞ。

コメント

ルードヴィッヒⅡ世とワーグナー

2005年10月11日 11時11分31秒 | Weblog
昨日はお誘いをうけて、滋賀の栗東へ、ルードヴィッヒⅡ世(ドイツバイエルン州)がワーグナーと自然にどれほど影響をうけたか?という講座をうけに行ってきました。
先生はドイツ人の美術史家。あまりに単語が専門なので七割くらいしかわからなかったけど、通訳があったので、よく理解できました。
昨日講義にでていたルードヴィッヒⅡ世のリンダーホーフ城は昨年訪れ、内部も見学したのですが、内容がわからん上、ガイドのおじさんのなまりがひどいので、さっぱりでしたので、昨日になってやっと、「そうだったのか!」と納得。
いつかまた訪れて‥‥みたくもないんです。あの金ぴかは趣味じゃないんです。目がいたくなるくらい金ぴかって想像できます?
そうそうワーグナーですけど、こちらも趣味じゃない。まだそのよさがわからない?のかもしれませんが、ワグネリアンにはなれそうもありません。

コメント (3)

ああ、御堂筋パレード!

2005年10月09日 22時15分52秒 | Weblog
用事で淀屋橋にでて、見てみたら、御堂筋パレードではないか!
一瞬すご~くうれしかったけど、よくみると、パレードの一番最後。
え~っ?っておもっているうちにきえていった・・・残念。


それより、ひらぱ~の菊人形ことしで最後ってほんと?
電車のつり広告にそんなことが・・・・
小学校のえんそくでもいった菊人形。べつにおもしろいわけでもなんでもないけど、
最後にもう一度みておこう。
コメント

アロマテラピー

2005年10月06日 22時18分02秒 | Weblog
この秋、マンションの下にエステがオープン。一回試してみようと、今日予約して行ってきました。「アロマテラピー」と言って、何種類かのアロマ、つまり、ハーブとかのエキスとオイルを、その日の体調や気分で調合し、気になる部分をゆっくりマッサージしてくれます。
今日は、ラベンダーにレモングラス、あとは忘れた。
ほんとにヌルヌルと、背中から腰をマッサージしてもらいました。
施術後はハーブティーをいただいて・・・あー極楽極楽!

このお店、女性専用なのであしからず。

コメント (2)

バレエの世界

2005年10月02日 23時32分41秒 | Weblog
知り合いのバレエの先生の、門下生の発表会にいってきました。
バレエの世界は久しぶり。ずいぶん様変わりしていて、
特に「今回はじめての試み」といっていた、ミュージカル仕立ての作品は、とても前向きにとらえることができました。

しかし、みていて目がいくのは、うまい人ではなく、「音楽をきいている子」。
みていてわかります。「この子、音がわかっているなぁ~」きいていないこは、バレエみたいなからだのうごき。←スポーツみたいなかんじ。
まだ小さくて、うまくうごいてなくても、
音をきいている子は芸術の手前にいる。そんなかんじがしました。
全員が出る発表会ではどうしようもないですが。(それはうたもおなじこと)

それでも、おはなし仕立てにして、みなが楽しめるように構成された先生には拍手です。
だって、すごい労力だってわかってるから、その辺にイジョーにかんしんしてしまう。

お友だちの純奈あかりさんも出演。スペイン人形もよかったけど、私は最初のお針子の役?や二部の花祭りのほうが好きかな!


コメント

国勢調査

2005年10月01日 22時26分00秒 | Weblog
なんだか、あんまりかきたくない。そんな気分にさせる国勢調査。
市役所に電話してきいてみても、「義務」と「ご協力」をくりかえす。
全部の人に義務があるなら、段ボールに住んでいる人にも、調査員は行っているのだろうか?
男女しかえらべないから、どっちでもない人は困るだろうなぁ。「愛人」は、続柄ではその他になるんだろうか?いままで二人の旦那が死別と離別の場合は両方に○するんだろうか?
昨日ニュースでやっていた、国籍がなくなりそうなタイ人のおとこの子は、国籍なしってかくのだろうか?私の仕事は「収入のおおい仕事」か「時間をかけている仕事」か「自分で仕事だとおもっている仕事か」どれだろう?そして、毎日違う場所に仕事にいっている人間に一か所だけ場所をかけといわれても・・・

もちろん出します。出すことにしました。そして未記入部分について電話かけてきてもらいましょう。その上で、どんなふうに判断されるかきいてみましょう。

そして、とどのつまり、これって何の役にたつわけ?
(まじめに冊子の裏にかいてあることを、おしえてくれなくてもいいです。読みました。)






コメント