Hanews-はにゅうす

ウィーン歌曲歌手、「はにうたかこ」の毎日のちょっとしたことを書いています

ハンス・カンというピアニストをご存知ですか?

2005年07月01日 22時43分54秒 | Weblog
さっき、友だちからのメールでピアニストのハンス・カン氏が亡くなったらしいよ。という連絡がきました。78才だったそうです。

みなさんはこのピアニストをご存知でしょうか?昔々、私がはじめてピアノを習い、そして家族が一軒家に引っ越した時、我が家にはピアノの他に、大きな(当時は大きい方がよかった)ステレオがやってきました。その時に買ってもらった10枚セットのピアノ曲集の演奏がすべてハンス・カンさんだったのです。好きな曲は何度も何度も聴いて、勝手にピアノで弾いていました。今でも「かっこう」という曲と「わすれな草」という曲は、まだ一度も楽譜を見たことがないのに弾けます。

そしてウィーンで本物のハンス・カンさんに出会いました。実は、カンさんは、私の最初の大家さんだったのです。知り合いに紹介してもらって入った家は、最初からピアノがおいてある2部屋のアパートでした。しかし当時の私には広すぎたのと、家賃も他に比べて少し高かったので、しばらくして身の丈にあったアパートに引っ越しましたが。

最初に紹介してもらったとき、車で迎えにきてくれたのが、カンさんでした。もちろん私はドイツ語はほとんど話せなかったのですが、レコードを持っていること、毎日聞いていたことなどをなんとか(たぶん向こうが日本語も少しできたような記憶がある)伝えました。だって10年以上聞いていた、あのレコードの中の人がここにいるんだから、どれくらい興奮したかわかってもらえますか?でも、こちらは、すごい偉いピアニストだと思って話をしているのですが、向こうは普通のおじさん(大家さん)なんですよ。
もちろん当時のウィーンでは演奏会もよくしておられたので、舞台の上ではピアニストなんでしょうが、「シャワーの排水が詰まったので困っている!」と電話したら、我が家までやってきて、クリーニングでもらうようなハンガーを分解して、「こういうのはたいてい髪の毛が詰まっているんだよ。」といいながら排水溝を掃除してくれる親切なおじさんでした。

この時、私ははじめて、「有名な音楽家も人間やねんなぁ・・・」と思うことができ、留学の緊張も少し解けたのでした。
心からご冥福をお祈りします。
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« スーパーのレジ袋 | トップ | 久しぶりに本を買いました。 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そういえば… (Megumi)
2005-07-02 12:25:10
はにーちゃんの初めの大家さん、カン先生だっのね。先生、とつい言ってしまうのは、国立音大のピアノ科の先生だったから。入試、卒試とも聴いてもらったし。友達や先輩がカン先生のクラスで、いろんなエピソードも聞いてました。二人目?の奥さんが日本人だったのと、日本で客員教授だったので、聞くほうは殆どわかったみたい。レッスンで{あなたへたくそ。私上手。」とか「あなたキチガイ」と言われた人も。懐かしい。合掌。
ハンス・カン (はに~)
2005-07-02 20:14:13
最初に会ったときは、奥さん韓国人でした。

その時に、「もう日本人より、韓国や中国の学生の方がいい。」という事を言っていました。もちろん耳に痛かったけど。

「あなたへた・私上手」っていいながらほんとに上手に弾くんだから、しかたないか。

でも78才はヨーロッパでは長生きのほうに入るよね?

そうそうケーラー先生いまどこ?



初めまして (パートシュフ)
2005-07-08 08:02:44
はにーさん初めまして、パートシュフです。

ハンス・カン氏が大家さんだったなんて、貴重な経験をお持ちなんですね!

私も小さい頃たくさんレコードを聴いていたので、今回の訃報を知って、とても残念です



TBさせていただきました。
>パートシュフさん (はに~)
2005-07-08 19:52:40
>パートシュフさんコメントありがとうございます。

私もハンスカン氏のレコードで育ったので、同じ世代ですね。

最近は子育てが落ち着いてから、音楽を再開する人もおおいですよ。私の生徒さんもそう。歌にピアノに、趣味だけど、本格的にやておられます。ぜひ人生のお供に音楽をまた!
カンの演奏会 (ミワ イサオ)
2017-11-02 23:03:28
早稲田大の大隈講堂での演奏会〜60年程以前のこと。モーツアルトでとても綺麗なタッチが印象に残っています。当時 彼は音大での教師で日本に滞在していたようです。
懐かしいです (はに~)
2017-11-03 12:46:05
ずいぶん前に書いた記事ですが、いまだに浮かび上がって読んでくださる方がいるんですね。懐かしい記事です。ハンスカンさんの記憶は子供の頃の記憶と留学時代の記憶と、大変楽しい記憶です。日本で教鞭をとられていたとは知りませんでした。ありがとうございます。
懐かしい! (Josef Hiroshi Nishioka)
2018-04-06 09:07:47
Hallo! 1988年のMusikvereinのGoldener Saalで第九を一緒の舞台で歌った者です。あの時の練習風景のことを今でも思い出します。もうあれから30年。OMG!
ハンス・カンは芋虫みたいな太い指でしたね。よくあれで指が鍵盤の間に挟まらないものだと不思議でした。3区のプラター前にアパート持ってましたね。あの後、ハニーさんはFleischmanngasseに移ったんでしたね。ウィーンフィルの定演には毎回出掛けているので、今でもあの近くには時々出没します。じゃあ、また!
Josef Hiroshi Nishioka様 (はに~)
2018-04-06 09:39:00
ムジークフェラインで第九を歌ったことがあるのは覚えているけど、どこのオケでソリストが誰で~とか何も覚えていないです。こうやってブログに昔の知り合いからコメント来るとドキッとします。昔々のはずかしい思い出を掘り出されそうで・・・FBやってますので、よかったら探してください。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事