楽農piano協奏曲

楽農生活とピアノとウクレレとエゴマ。チャレンジ中。

平成30年度全国短歌フォーラムin塩尻 

2018年09月29日 | 文化芸術

 

 文化の祭典「全国短歌フォーラムin塩尻」が幕を開けた。

29日は午後0時過ぎから選者による短歌の講評が行われる。

 

 塩尻市の受賞者

最優秀賞 熊井友里

     生きるのをやめたガゼルがゆっくりと沼に溶けゆく夜中のテレビ 

 

優秀賞  中山由美子

     まだ残るテレビカードを清算す落ちる硬貨は退院祝い

入選   胡桃慶三

     例えれば炭出しの折の灼熱に似たる自我(あらじ)を閉じ込めたる子よ

同    藤森相貴

     蜘蛛の巣に囚われているあの虫はすでに虫ではなくなっていた

同    藤森円

     AIは僕の代わりに子供らを叱ったことも悩んでくれるか

同    羽多野美香

     久しぶり講座に参加初託児泣いていないか淋しいのはママ

 

 

 

コメント

広丘探検隊郷原

2018年08月29日 | 文化芸術


 8月26日広丘探検隊パート2郷原区の散策。

「郷原宿の秘密」

市文化財保護審議委員の太田秀保さんが講師。

北国西街道(善光寺街道)の宿場として栄えた郷原宿の生い立ちや

営みを学んだ。参加者は15人。

街道に面した宅地の幅は狭いが奥行きは百間(約180m)を所有した。

一番奥には青垣根に囲まれた自宅墓地がある。




コメント

おわら風の盆前夜祭

2018年08月24日 | 文化芸術


 8月24日風の盆前夜祭に出かけた。







今夜の当番町は今町で、聞名寺の門前町だ。

コメント (2)

詠み会in塩尻

2018年07月29日 | 文化芸術


 市教育委員会が主催する「詠み会しおじり」を観た。えんぱーく。7月28日午後1時から。

この日には大門商店街で市民祭の玄蕃祭りが予定されていたが、台風12号の襲来が予想されるため中止になった。

歌人の小島なお&テレビ番組プレバトで俳句の異才を見せる村上健志&短歌に造詣のある芸人のみのるチャチャチャ

この3人の回転の良いトークで転回する。

 会場には30人ほどが訪れていた。

あらかじめ3人の詠んだ歌を発表。意見を言いあいながら話しは進む。

そして来場者の拍手で優劣が決まる。

 90分の時間は呆気ないほど早く過ぎた。

小島なおさんの母親は歌人の小島ゆかりさん。

6月17日短歌館で行われた短歌大学でお話しを聴いたばかり。

母娘とはいえよくぞここまで似ている?





コメント

短歌フォーラム入賞作品集

2018年07月06日 | 文化芸術


 塩尻市で開催される全国短歌フォーラムイン塩尻は今年で32回目を数える。

その歴史の中で関連する書籍も出版されている。

この作品集には第1回から13回までの入賞歌が紹介されている。

奨励賞、入選、佳作、優秀賞、特別賞、最優秀賞295作品。

少し調べたいことがあり、塩尻短歌館から借用した。

第1回最優秀賞作品は富山県の宮本壽夫さんの歌。



私が好きな歌は埼玉県の岡部すず子の歌。



 ここ三日間の長雨。晴耕雨読という心境になれないほどの降雨量。
コメント

6月の文芸サロン

2018年06月17日 | 文化芸術


 6月14日塩尻短歌館で文芸サロンを開催した。

今回講師に迎えた方は大桑村在住の原田紗知子さん。

福音館社外講師として活躍されている。

また自宅には数千冊の児童文学書を所蔵し、地域の子供達に開放。私設児童文庫「ぶんこモモ」

「私の出会った宮口しづえ先生」

宮口しづえ(1907-1994)は小諸市出身。父親の威太郎は広丘小学校校長を勤めていたが大正7年在職中に亡くなっている。



広丘小学校校長室に飾られている歴代校長の写真より。

ゲンと不動明王、箱火ばちのおじいさんをはじめ有名な作品が多数。

優しい語り口で宮口しづえとの出会い、交流などの場面を話された。

「おはぎのかなしみ」の朗読を聴き、参加された60人は感激していた。



講演のあとはミニコンサート。中沢美佐子さんの歌を米久保みゆきさんのピアノ伴奏で。

コメント

上村松園美の世界

2018年04月18日 | 文化芸術


 日本画家上村松園さんが描いた女性の姿に圧倒された。

17日長野市の水野美術館を初めて訪れた。

4月14日から5月27日まで開かれている。美術館開館15周年記念のビッグイベント。

信州では初めての回顧展で、下絵・素描も合わせ80点の松園芸術に触れる絶好の機会。





入館料千円を払いパンフレットをいただく。エレベーターで3階フロアに。

平日ということもあり比較的空いていて松園さんの世界をゆっくり観賞できた。

売店で求めた葉書は一枚百円。



「鼓の音」:昭和15年 松伯美術館所蔵


松園さんは昭和23年女性で初めて文化勲章を受章した。

その翌年74歳で生涯を閉じた。





コメント

上條喜美子 春

2018年03月13日 | 文化芸術


 毎月第一日曜日信濃毎日新聞紙上「ライフスタイル 森を泳ぐ風になる」

唯川恵さんのエッセイで、一年の連載を終えた。

このコーナーに寄り添った上條喜美子さんの絵画。

 丘中学校の誇らしい同窓生だ。

彼女の個展が松本の井上百貨店ギャラリーで開かれている。今日13日まで。

コメント

切り絵展

2018年02月23日 | 文化芸術


 JA塩尻市広丘支所の一角、切り絵が展示されている。

広丘郷原在住の中倉治郎さんの作品である。

 細部までカッターナイフの刃が研ぎ澄まされていて、心が引き付けられる。





 裏側にはアカザの杖や肩たたきも並んでいる。なんと頂けるとのこと!

一本恵んでもらった。足元がおぼつかなる時のために。


コメント

大和希さんの個展

2018年02月06日 | 文化芸術



 松本市のギャラリータカハシで大和希さんの個展が開かれている。

1日~6日まで。

 のぞみさんが広丘野村区在住ということを知って驚いた。

お父さんやお母さんは存じており、お母さんにテルして確かめた。



 20点が展示されていた。大きな絵画に登場する虎さん。ひょっとしたら彼女はトラキチ?

リンゴを描いた小作品にも心が暖められる。

 作品の写真はギャラリータカハシのホームページから。

 

 

 

 

コメント

さよなら。広丘公民館

2018年01月11日 | 文化芸術


 広丘公民館の建物といよいよお別れ。

来年度建設が予定されている北部交流センターのためにこの3月までに解体される。

地区文化活動の拠点として58年4月オープンした。場所は広丘駅の北側。

商店街も近く大勢の人に親しまれてきた。

最後の仕事は1月4日開かれた『平成30年広丘地区団体役員新年会』で、

数十人の役員が別れを惜しんだ。

今月半ばから片付けられ、重機も入って解体されるとのこと。

市公民館50年の歩みには、広丘公民館の発足が記されている。





コメント

VanGogh&japan

2017年12月09日 | 文化芸術


 上野の東京都美術館に向かう。浜離宮から。

大江戸線汐留駅から上野御徒町駅。そこから上野公園まで徒歩。そう遠くはない。



シニアは入館料が1,000円。年齢の分かるものを提示する。

パンフレットの表裏。






ゴッホは浮世絵の影響で絵画表現が変わった。


 ☆本日10日09時NHKEテレで『日曜美術館選 ゴッホ』が放映される。






コメント

日展鑑賞

2017年12月08日 | 文化芸術


 孫連れの娘に付き添いつれ合いと上京した。

久しぶりの東京。

 娘達の家を15時においとまし、地下鉄乃木坂駅に向かう。

国立新美術館にストレートに入って行ける。

 チケットを求めたら二人で600円と言われて、『???』。

16時以降入館は一人300円となるとのこと。普通なら1200円の高級チケットなのに。

もっとも2時間しか観れないから。

 油絵展だけ観れた。

長野県関係者が3人。絵葉書コーナーにはお二人のものが。

長野市の小沼さん、塩尻市の小松さん。

特選の萌芽の輝きは私のお気に入り!本山二郎さん。

今度の日曜日まで。







コメント

平林家国登録文化財に

2017年11月18日 | 文化芸術


 今朝の市民タイムスにうれしいニュース。

広丘原新田にある民家平林家主屋が国の登録文化財に。

国登録文化財は市内に17件ある。

平成12年指定:須山家

平成21年指定:笑亀酒造 古田晃記念館 塩尻短歌館 

平成23年指定:秋山家 田中家 小林家 荻上家

平成25年指定:丸山漆器

平成26年指定:南内田公民館

平成27年指定:岩垂家



市内には6つの民家が国重要文化財に指定を受けている。

昭和48年指定:堀内家 小野家 小松家 島崎家

平成17年指定:深澤家  平成19年指定:手塚家

コメント

短歌フォーラム

2017年09月26日 | 文化芸術


 31回全国短歌フォーラムin塩尻が23~24日に開かれた。

レザンホールでの選者による講評は人気の的だったが、今年はだいぶ空席が目立った。





会場の外に並んだブース。

コメント